WordPress初心者がホームページを作成する全手順を分かりやすく解説

こんにちは! 最近WordPressでホームページづくりをしているナナミです。

ホームページはWordPressがなくても作れるんですが、やはりWordPressで作ると何かと便利です。この記事にたどり着いたということは、あなたもそうお考えなのでは?しかし、

でもどうやって作ればいいんだろう…
そもそも自分で作れるのかな…

という疑問を、お持ちの方も多いでしょう。そこで今回は、WordPressでホームページを作る流れやメリットなどをご紹介して、あなたの疑問を解決していきます!

  • WordPressでホームページを作る時のポイント
  • 初心者でもできる作成方法

などなど、WordPressのホームページづくりについて色々な角度から解説します。これを読めばWordPressでホームページを作りたくなること間違いなし。ぜひお楽しみください!

この記事の目次

WordPressを使用するメリット

WordPressはブログを作るツール。そう思っていた人も多いと思います。実はWordPressはブログだけのものではありません。ホームページ作りにも大活躍してくれるんです。

サイト構築が簡単にできる

普通にHTMLCSSで作成したホームページは、更新にちょっと手間がかかります。しかしWordPressで作れば、管理画面で簡単に更新ができるようになるのです。

ちょっとした更新なら、難しい知識がなくてもできるので、誰かに「ここだけ直して!」とお願いすることもできちゃいます。複数人で運営する場合に便利ですね。

さらに、ホームページ内にブログを設置したい場合も、WordPressの機能をそのまま使うことができます。別のブログを契約したりする必要もありませんし、見た目も自分の自由に作成することができます。一石二鳥どころの騒ぎではないほど、WordPressで作られたホームページは便利なんです。

テーマが豊富でデザインが簡単

Webサイトをどうせ公開するなら、コンセプトに合ったきれいなデザインのサイトにしたいですよね。しかし、初心者が1からサイトデザインを考えるのは至難の業です。

WordPressでは、デザインクオリティの高いテーマを使用してデザインができます。無料・有料のテーマがありますが、無料テーマでも充分におしゃれで機能性に優れたテーマがあるのも優れた点です。

もちろん、ビジネス等で使用するのであれば初期投資として有料テーマを導入した方がすぐにコンテンツの作成に望めるのでおすすめです。

プラグインで機能を追加できる

WordPressは様々な開発者が作ったプラグインで、機能を拡張していくことができます。問い合わせフォームを作成したりショッピングリンクの埋め込んだり、やりたいと思うことはほとんどプラグインを入れることで実現できると言えるでしょう。

ただし、プラグインを入れすぎると思わぬ不具合に繋がったりサイトが重くなってしまうこともあるので、本当に必要なプラグインかどうか見極めた上で導入していくことが大切です。

広告が表示されない

無料のブログ等であれば、自分が意図しない位置に広告が表示されてデザイン性が損なわれてしまうということがありますが、WordPressでは広告が表示されません。いくら良いコンテンツを作っていても、広告が表示されているとサイトから離脱してしまうユーザーもいますよね。

WordPressであれば勝手に広告が貼られることはありませんし、自分が収益の為の広告を貼るのも自由です。

無料で使える

後述するドメインとレンタルサーバーにお金が掛かりますが、WordPress自体は無料でインストールして使えます。多くの機能があり高品質なサイトが作れるWordPressが、世界中のWebサイトで利用されているのも納得できますよね。

WordPressを始めるために必要なもの

ここではWordPressを始めるために用意するものを解説します。どうやって始めたら良いか分からないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

レンタルサーバー

サーバーは、簡単に言うとWebサイトに関わるデータを保管する場所です。WordPressを始めるには、サーバーを用意しそこにインストールする必要があります。

サーバーは、24時間稼働し多くのアクセスがあっても落ちないようなサーバーを用意する必要があります。しかし、個人で上記のようなサーバーを用意するのは難しいですよね。そこで、レンタルサーバーを利用します。

専門のレンタルサーバーを利用すれば、セキュリティ対策やサーバーのバックアップなど、安定してサーバーを運営することができます。最近は、サーバーを借りると1クリックでWordPressをインストールできる業者も多く、WordPressを始めるのも簡単になってきています。

ドメイン

ドメインとは、簡単に言うとインターネット上の住所です。当サイトを例に出すと、URLの「sejuku.net」の部分がドメインになります。レンタルサーバーを借りる際にセットでドメインを取得できることも多いので、選ぶのが難しい初心者の方はその方法が楽で良いでしょう。

取得したドメインは、お金を払い続ければずっと使い続けることができます。ただし、自分が目当てのドメインを誰かに取られていれば手放されてない限り使うことはできません。

ドメインは世界で重複することのないように管理されているので、商用利用されていそうなドメインを取得する場合は早めに取得すると良いでしょう。

メールアドレス

レンタルサーバーやドメインの契約、WordPressの運用に必要になります。受信が出来るのであればGmailやYahooなどのフリーのメールアドレスでも良いので、持っていない方は作っておきましょう。

サイトのコンセプトを決めておこう

それでは、さっそくWordPressでホームページを作りましょう! と言いたいところですが、ちょっと待った。まずはホームページのコンセプトからしっかり決めていきましょう。

この記事を読んでいる人は、そもそもホームページ作りが初めてという方も多いのではないでしょうか? そんな方にも超素敵なホームページを作っていただくために、ホームページ作りのキモであるコンセプトについてから解説していきましょう。

コンセプトを決める重要性

別にコンセプトなんて決めなくても……

と思った方も多いと思いますが、コンセプトは超重要です。ちょっとわかりやすく、チラシに置き換えて考えてみましょう。

画像:チラシのイメージ

左のチラシと右のチラシ、どっちがわかりやすいですか? どちらかといえば右という方が多いでしょう。

左のチラシは情報が多すぎて読む気になれないし、何を伝えたいのかわかりづらいですよね。対して右のチラシは見出しにポイントがあったり、誰を対象としたキャンペーンなのか、どんなキャンペーンなのかがわかりやすく配置されています。

情報を伝える時は、このように「整理されている」「明確である」ことが求められます。ただ言いたいことをずらーっと並べても伝わりづらいのです。この情報を整理したり、デザインの方向性を考える時に重要なのがコンセプト。このホームページは誰に対して、何を伝えたいのかを考えることなんです。

ターゲットを決めよう

まずコンセプトとして大事なのは、「誰に伝えたいか」です。あなたのホームページは、どんな内容を掲載する予定ですか? お店の情報やイベント情報、会社の情報など色々あるでしょう。

お店ならファミリー向けやカップル向け、飲食店ならランチよりもディナーの方がメインなど、色々なパターンがありますよね。それらを整理して、このホームページのターゲットを決めていきましょう。整理する際は、下記の項目を埋めてみるとよりわかりやすくなりますよ。

  • 何のホームページなのか
    例)飲食店の情報、雑貨屋さんの情報、イベント情報、会社の情報など
  • 誰向けなのか
    例)他の会社向け、ファミリー向け、カップル向けなど
  • どんなシチュエーションで使うのか
    例)デート、ランチ、ディナー、仕事を依頼したい、通販など

何を伝えたいのかを決めよう

なんとなく、あなたのホームページを見てほしい人が見えてきましたね。そんな人がホームページに来て「何を知りたいのか」そして「あなたが何を伝えたいのか」を考えてみましょう。

飲食店でディナー向け、カップルのデートに使って欲しいなら、デートにぴったりだという情報を伝えたいですよね。ロケーションやメニュー、カップル向けサービスがあればそれも伝えたい……

そうなると「ロケーションのページ」「メニューのページ」「スペシャルサービスのページ」を作る必要があるということに気づきます。こうやってターゲットに対して必要な情報を整理することで、そのホームページに何が必要なのかが見えてくるのです。

イメージカラーを決めよう

ここまで情報が整理できたら、あとはホームページのイメージを固めていくだけ! ポイントとなるのは、ズバリ色です

ホームページを開いてまず入ってくる情報は文字ではなく色です。その一瞬の情報も逃さず活用することで、ホームページの有用性はぐぐっと上がります。どんな色がいいのかなかなか思い浮かばない時は、色見本などを見るとかなり参考になるのでおすすめです。

初心者でもできるWordPressのホームページ作成方法

コンセプトが決まれば、あとはどんどん作っていくだけ! 今回はWordPress初心者かつHTMLやCSSなどもちょっとしかわからないという方向けに、初心者でもできるホームページ作成方法をご紹介していきます。

この手順でやれば、誰でも簡単にホームページが作れちゃいます。レッツチャレンジ!

WordPressのインストール

まずは、WordPress自体を用意する必要があります。サーバーを用意して、WordPressをインストールしましょう。細かい手順は下記の記事で詳しく解説しているので、こちらをご参照ください。

WordPress初心者でもすぐにできる使い方と注意したい5つのポイント
更新日 : 2020年5月28日

テーマを用意する

WordPressのインストールが完了したら、今度はテーマを用意しましょう。

テーマとは、WordPressのホームページの見た目を決めているファイルです。ブログとかでテンプレートのテーマとか色とかありますよね。それのWordPress版だと思っていただければOKです。

このテーマはいろんな人が作って配布しており、その中にホームページ向けのテンプレートもたくさんあります。ブログ系ではなく、ホームページ系のテンプレートを探すようにしましょう。例えばこちら、シンプルかつオシャレなホームページを作れるテーマになっています。

Lightning

引用元:Lightning https://lightning.nagoya/ja/

他にもオススメのテーマがたくさん! 下記の記事でまとめているので、参考にしてみてくださいね。

これで決まり!WordPress(ワードプレス)のおしゃれデザインテーマ7選
更新日 : 2018年12月13日

自分好みにカスタマイズ

もちろん、テーマをそのまま使うのでは、あなたが思い描く理想のホームページとは違ってしまいますよね。どんどんカスタマイズして、思い通りのホームページに仕上げていきましょう。

WordPressの管理画面のサイドバーに、カスタマイズという項目があります。

これをクリックすると、カスタマイズ画面を表示することができます。色やロゴの設定など、簡単なカスタマイズならここでぽちぽち変更するだけでOKです。もっと細かいカスタマイズをしたい場合は「CSS」というホームページの見た目を変えるものを使う必要があります。

下記の記事でCSSについて詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

CSSとは何かがたった5ステップでわかる初心者のための取扱説明書
更新日 : 2019年10月11日

伝えたい情報を入れていこう

見た目が整ったら、あとは伝えたい情報をどんどん追加していきましょう。WordPressのホームページは、それぞれのページを「固定ページ」という機能で作成します。サイドバーから選んで編集画面を表示しましょう。

ここに各ページの情報を入れ込んで行けばOK。デフォルトのサンプルページなどを参考にしてみるとわかりやすいと思います。固定ページの詳しい解説は下記の記事をご覧ください。

WordPressの固定ページとは?活用法からカスタマイズまで徹底解説
更新日 : 2019年9月1日

各ページへのリンクを用意しよう

ページの準備ができても、そこに飛ぶためのリンクがないと意味がないですね。本当ならHTMLのコードを書かなければいけないのですが、WordPressなら管理画面で設定をすることができます。

管理画面のサイドバーに「メニュー」という項目があります。

ここを開くと、テーマに対応したメニューの設定をすることができます。下記の手順で追加していきましょう。

1.好きなメニュー名を入れて「メニューを作成」ボタンをクリック

2.メニュー項目を追加の下にある「固定ページ」の中から追加したい固定ページを選んで「メニューに追加」をクリック

3.表示したい箇所にチェックを入れて保存。

ホームページに向いているテーマなら、これで問題なくリンクの設定を行なうことができます。難しい知識いらずで便利ですね!ここまでやればWordPressのホームページは出来上がり。

もっと細かいカスタマイズをとなると色々な知識が必要になりますが、ホームページを作るだけならWordPressは本当に楽だし、運用も楽チンな素敵ツールなのです。

ホームページ作成後にやっておきたい設定

ここでは、WordPressでのサイト作成後にやっておきたい設定をご紹介します。

投稿記事の表示件数を設定する

サイトを表示した際に表示される投稿記事は、初期状態では10件になっています。変更したい場合は、設定から変更が可能です。

WordPressの管理画面から「設定」→「表示設定」を選択しましょう。

1ページに表示する最大投稿数を変更することで、件数を変更できます。

サイトのタイトルとキャッチフレーズの設定

サイトタイトルはサイト表示時やGoogle検索時に表示されるので、初期設定のままの方は変えておきましょう。キャッチフレーズは、サイトの設定によってはタイトルと一緒に表示される場合があります。

WordPressの管理画面から「設定」→「一般」を選択しましょう。

「サイトのタイトル」、「キャッチフレーズ」を変更して保存します。

パーマリンクを設定する

パーマリンクとは、ドメインの後に付くURLのことだと覚えておけばよいでしょう。例えば、当記事では下記の強調した部分がパーマリンクに当たります。

https://www.sejuku.net/blog/101812

パーマリンクを設定することで、全てのコンテンツが設定したURLで作られます。できるだけシンプルにしておけばSEO的にも評価されやすくユーザーにも理解されやすいので、設定しておきましょう。

WordPressの管理画面から「設定」→「パーマリンク設定」を選択しましょう。

共通設定の中から、パーマリンクを選択して保存します。

カスタム構造を選択すれば、自分の好みのパーマリンクを設定することができます。サイト運営の途中で変更すると記事の移行が必要になるので、できるだけ初期段階でやっておきましょう。

パーマリンクの設定に迷う場合は、他のサイトを見てみたり自分がコンテンツを作成した際にどのようなURLになってほしいかをイメージすると良いですよ。

自分で作るか依頼するかは目的次第

WordPressのホームページを作ろうと思って色々調べると出てくるのが「ホームページ制作会社」です。素人はここに頼んでしまった方がいいのでは? と考えた人も多いでしょう。

確かに制作会社に頼むのは楽チンで、自分に知識がなくてもこだわりのホームページを作成することが可能です。しかしその分費用がかかったりすることも事実です。自分で頑張るか、誰かに頼むのかはきちんと考えて判断するべきです。

こんな人は自作してみよう

  • 自分でしっかり更新していきたい
  • 更新頻度が高い
  • デザインとかもどんどんブラッシュアップしていきたい
  • 作る時間を捻出できる
  • 依頼する予算がない

自作をすれば、どこがどうなっているのかを理解して運営できます。そのため、更新するときもスムーズに、自由に行なうことができます。時間をかけてHTMLやCSSの知識もつければ、カスタマイズの幅もグッと広がり、予算をかけずに素敵なサイトに仕上げることもできます。

まず大事なのは、作成の時間を取れるかどうかです。しっかり時間が取れるという方は、依頼する前にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

こんな人は依頼しちゃった方がいいかも

  • 自分で作る時間がない
  • そんなに頻繁に更新しない予定
  • 依頼する予算がある
  • 短期間でレベルの高いホームページを作りたい
  • 予約機能などややこしいシステムを組み込みたい

依頼のメリットはなんといっても「やり方はわからないけど入れたい機能を入れられる」ところです。制作会社はバッチリ知識を持っているので、要望を伝えればしっかり対応してくれます。

ただしその分費用はかかります。WordPressでのホームページ制作だと、30万円くらいが相場でしょう。さらに更新も依頼する場合、都度料金が発生したりするので、継続的な予算を確保する必要があります。

もちろんその分しっかり仕事をしてくれるので、安心とクオリティを買うと考えれば安い買い物かもしれませんね。そこにコストをかけられる人は依頼するのもアリです。

WordPressのホームページ作成Q&A

最後に、WordPressのホームページ作成あるあるな質問をご紹介します。ちょっとした疑問をサクッと解決して終わりましょう。

Q:出来上がるまで人に見せたくない場合はどうすればいい?

A:サーバーに上がっているものは、当然ながら他の人が見れる状態になっています。でも未完成のホームページを見られるのは恥ずかしいですよね…。

そんな時は、WordPressの管理画面から「インデックスをしない」設定にしちゃいましょう。インデックスされないとは、Googleの検索結果に表示されないようにする設定です(厳密には違うのですが、詳細はややこしいので割愛します)

設定方法は簡単、管理画面の「設定」内にある「表示設定」をクリックし、「 検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れて保存しておくだけです。

これでもちょっと心配という方は、ホームページ自体にパスワードをかけるという手もあります。詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

プラグイン不要?Basic認証でWordPressアクセス制限をかける方法
更新日 : 2019年4月30日

Q:オススメのテーマは?

A:ナナミ一押しのホームページ用テーマは、記事中でもちらっと紹介した「Lightning」です。

Lightning

引用元:Lightning https://lightning.nagoya/ja/

Lightningは日本の会社が作っているテーマで、無料な上に設定方法などの解説が日本語なのも魅力のテーマです。独自の設定により「カスタマイズ」の画面で設定できる項目が増えており、HTMLやCSSを知らなくてもかなりレベルの高いホームページを作ることができます。

基本がシンプルなので、カスタマイズ次第で自分のオリジナリティをどんどん出していくことも可能。ぜひ触ってみていたただきたいテーマです。

Q:HTMLやPHPの知識は必須?

A:結論から言うと「なくてもいい」です。ただ、HTMLの知識はあった方がいいかもしれません。

HTMLは、ホームページに表示される文字や画像を書くための言語です。このHTMLは固定ページ内でも使うことができるので、覚えておくと更新が楽になります。HTMLに加えCSSも覚えるとカスタマイズ性が広がります。2つをセットで覚えると便利でしょう。

ただ、必須かと言うとそこまでではありません。なくても全然運用できるので、あれば便利程度に思っておきましょう。

さらにPHPとなると、正直いらないです。本格的にがっつりカスタマイズをしたり、テーマそのものを自作したいというレベルアップを考えている方は必須になりますが、ホームページを運用できればOKな方は全くと言っていいほど出番がありません。

まとめると

  • HTMLとCSSは必須ではないが、覚えておくと便利
  • PHPはホームページ運用だけなら不要

となります。無理にレベルの高いことをしなくても使えるのがWordPressの魅力のひとつなので、全力で甘えていっちゃいましょう。

Q:依頼はしたくない、でも自作する自信がない……

A

依頼には不安がある、でもテーマのカスタマイズもがっつりやりたい
自分で作りたいとは思っているけど、うまくできるだろうか

という不安がある方は、スクールでがっつり勉強してみるのはいかがでしょうか?

WordPressはひとりで勉強しなければならないなんてルールはありません。誰かの手を借りて知識をつけるのは独学よりも簡単で、なによりスピーディです

侍エンジニア塾では、そんな学習環境をご用意しています。あなた一人でWordPressのホームページをガンガン作って、更新もバッチリ、さらに細かいカスタマイズもできるようになるまでしっかりサポートします!

まずはどんなサービスなのか、自分はどんな風に勉強するといいのかなどをコンサルタントに相談してみませんか?無料体験レッスンなら、あなたの疑問をバッチリ解決し、次のステップへの道筋を示すことができます。ぜひお気軽にお申し込みください!

ホームページは作って終わりではない

今回、ホームページの作成について色々なお話をしましたが、ホームページは作って終わりではありません。情報を更新したり、たくさんの人に見てもらえるようSNSでアピールしたり、完成後の運用をしっかりすることでホームページの価値は高まっていきます。

WordPressのホームページは更新が手軽、つまり運用もサポートしてくれるのです。ぜひこの記事を参考に、WordPressで素敵なホームページを作成してみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

ナナミ

ナナミ

1991年生まれ。
文系大学卒業後、フリーターを経てフロントエンジニアになる。
HTML、CSS、 jQueryなどのコーディングやCMS設計に従事。
文系からエンジニアを目指す人にもわかりやすい記事を目指して、日々精進中。
体は日本酒でできている。

おすすめコンテンツ

いまならレッスン期間が2週間延長!この秋、プログラミングを学ぼう

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー