【Java資格一覧】各試験の難易度とおすすめ資格、勉強方法まで完全網羅

こんにちは、井上です!

「Java SE 8」が2014年3月に発表され、このバージョンに対応する資格の登場が熱望されていました。そして、ついに2015年7月リリースされ、前年比+38%の資格受験者と、爆発的な伸びを見せました。

一部では「プログラミングの資格ブーム」とまで言われ、2019年現在も資格取得する人は増えています。しかし、

Javaの資格ってたくさんあってよくわからない..
結局どの資格がオススメなの?難易度は?

と疑問に思っている人が多いのではないでしょうか?中には、そもそも資格を取るとどんなメリットがあるんだろう..と感じている人もいる事でしょう。

そこで今回は侍エンジニア塾インストラクターである私が、Javaの資格の種類や難易度、おすすめ資格などを紹介すると共に、資格を取るメリットや勉強方法などJava資格の全てを網羅して解説していきたいと思います。

これから資格を取ろう!というプログラミング初心者の方でもわかるように説明していきますので、どうぞ最後までお付き合いください。そもそもJavaとはどのようなものなのかを知りたい方はこちらの記事で確認してください。

そもそもJavaの資格とは?種類を紹介

test01_2016-03-28-15.23.37-640x204

そもそもなんですが、Javaの資格ってなんなの?ってところから説明していきます。少しややこしいのですが、Javaの資格は以下2つの種類に分けられます。


この二つが主なJavaの資格になります。他にも「Android技術者認定試験」という民間資格や、「基本情報技術者試験」という国家資格がありますが、これらはJavaの直接的な資格ではないため、今回は割愛させて頂きます。

では、まずこの二つの資格の概要を簡単に紹介しておきます。

Oracle認定Javaプログラマ

運営団体 Oracle社
試験区分 ・Bronze(ブロンズ)
・Silver(シルバー)
・Gold(ゴールド)
資格区分 ベンダー資格(民間資格)
公式サイト http://www.oracle.com/jp/index.html

Oracle認定Javaプログラマは、Javaの開発元が提供する公式ベンダー資格になります。なので、こちらを取得すれば、世界共通で通用するJavaのスキル証明となる資格になります。

ブロンズ、シルバー、ゴールドという3つのコースに分類されています。

ベンダー資格とは
ベンダー資格とは、企業が自社製品に関する知識や技能が一定水準以上であることを認定してくれる民間資格の事を指します。

Javaプログラミング能力認定試験

運営団体 一般社団法人サーティファイ
試験区分 ・3級
・2級
・1級(実技試験)
資格区分 民間資格
公式サイト http://www.sikaku.gr.jp/js/jv/

ビジネス能力認定の株式会社サーティファイが提供する資格がJavaプログラミング能力認定試験による民間資格になります。

3級試験は比較的入門者向けになっていて、2級までは筆記試験になりますが、1級では実技試験になることが特徴です。

各試験の難易度、受験料を比較

難易度比較

Oracle認定Javaプログラマのブロンズ、シルバー、ゴールド。Javaプログラミング能力認定試験の3級、2級、1級の総合的な難易度は一般的に以下のように言われています。

  • 3級 < ブロンズ < 2級 < シルバー < 1級 < ゴールド

全体的にOracle認定Javaプログラマの方が一段階ずつ難しいと感じる人が多いそうです。

受験料比較

Oracle認定Javaプログラマ:ブロンズ 13,600円
Oracle認定Javaプログラマ:シルバー 26,600円
Oracle認定Javaプログラマ:ゴールド 26,600円
Javaプログラミング能力認定試験:3級 5,100円
Javaプログラミング能力認定試験:2級 6,200円
Javaプログラミング能力認定試験:1級 7,600円

受験料はOracle認定Javaプログラマの方が全体的に高くなっています。割引制度や再受験料無料キャンペーンなどもあるので、公式サイトをチェックしてみてください。

おすすめ資格はOracle認定Javaプログラマ

どっちの資格がいいの?
その中でおすすめのコースはどれ?

そう思っている人も多いことでしょう。まず、おすすめの資格はOracle認定Javaプログラマになります。Javaの開発元による公式ベンダー資格なので世界中で通用するという事と、就職や転職の際にも有効的な資格と言えるからです。

では、Oracle認定Javaプログラマの中で、どのコースがいいのでしょうか?またどのバージョンで資格を取るのがいいのでしょうか?各コースの難易度と対象レベル、最もオススメのコースを併せて紹介していきます。

Oracle認定Javaプログラマの各難易度と対象者レベル

  • Bronze
    • …プログラミング開発の経験がなく、Javaによるオブジェクト指向プログラミングの知識を持つプログラマ向け
  • Silver
    • …Javaアプリケーション開発に必要なプログラミング知識を持ち、上級者の指導の下で開発作業ができる開発者向け
  • Gold
    • …Javaアプリケーション開発に必要な汎用的なプログラミング知識を持ち、設計者の意図を正しく理解して、独力での機能実装が可能な開発者向け


↓非常にわかりやすい画像が公式から出ていたので、引用します
test04_fig02-a-640x680

バージョンはJava SE8がおすすめ

まず、「どのバージョンで資格をとるのか」というところですが、それは圧倒的に「Java SE8」が人気です。

test05_fig03-a-640x442

Gold/Silver/Bronzeでおすすめはどれ?

そして、その中で、もっともおすすめなのが、「Silver」です。正式名称でいうと「Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8」ですね。

Goldを取れることならまちがいないですが、そもそもSilverを合格していないとGoldの受験資格がないので、当然といえば当然です。Bronzeでは、入門者レベルという位置付けなので、ちょっと価値が薄いです。受験料も安くないので、あまりオススメできません。

Silverなら「Bronzeを取得していなくとも受験可能」 + 「Javaが使えるという確固たる証明」にもなるので、おすすめです。そこまで難しくもないのもメリットです。

Silverを持っていれば前出にもあるように、上級者の指導のもとで開発できるという証明にもなるので、今後につながります。

Java資格の比較一覧表

項目/資格 Oracle認定Javaプログラマ Javaプログラミング能力認定試験
資格区分 ベンダー資格 民間資格
レベル ブロンズ シルバー ゴールド 3級 2級 1級
価格 136,00円 26,600円 26,600円 5,100円 6,200円 7,600円
合格率 非公開 65.30%(平均)
受験環境 オンライン 会場 会場
解答方法 選択形式 選択形式 実技
受験者数 非公開 44,599名(累計)

資格をとるメリットって?

test02_shutterstock_349139363-640x366

画像:shutterstock

そもそも資格を取るメリットはあるの..?

という疑問を持っている人も少なからずいるのではないでしょうか。はっきり言って、Javaの資格を持っているからと言って、収入が急に上がったり、仕事が急に増えたりすることはないです。

間接的な要因としてなら大いにありえますが、直接的な要因としてはないですね。これは、資格全般に言えることでもあると思います。

では、具体的なメリットは?というところですが、Java資格試験の監修者のひとりでもある、日本オラクル岡田大輔氏のコメントが非常にわかりやすかったので引用させてもらいます。

ここで、一つ考えておきたいのは、Javaを「きちんと使える」とはどういうことなのか?ということです。

それには「知識」と「経験」が両立していることが求められます。多くの開発者は、年数を経ることで経験を積み重ねてきています。

しかし、エンジニア個人の経験だけでJava技術のすべてを網羅できるかというと困難であると言わざるを得ません。

いままで経験してきた業務に未知の技術要件が加わったら?そのとき経験不足を補うのは知識なのではないでしょうか。

認定資格は、エンジニアが対象の技術について網羅的かつ体系的にまとまった知識を習得していることを証明することができる客観的な指標です。

Java認定資格は、エンジニアがJavaを「きちんと使える」ことを知識の側面から証明する指標と言うことができます。/ https://thinkit.co.jp/article/9477

資格取得勉強に向けて開発環境を整えよう

書籍を購入してこれからPCで演習をはじめようとしたとき、プログラミング初心者の方がつまずきやすいのが開発環境の構築です。

この「プログラミング言語を扱える環境」を整える作業ですが、プログラミングをある程度扱える人でも半日〜数日かかることは決して珍しいことではありません。プログラミング初心者にとってはなおさら高いハードルなのです。

そこで、開発環境で挫折しないためにも「統合開発環境(IDE)」という開発環境をあらかじめ構築したものを用意してくれている便利なツールを2つご紹介します。

どちらもJavaだけでなく様々な言語に対応していますので、まだ開発環境が整っていない方や今後Java以外の言語を扱う予定がある方はぜひご覧ください。

Eclipse

こちらは「Windows」を使っている方向けの記事なっていて、インストールの手順から日本語化の仕方まで初心者の方にもわかりやすいように画像を使って丁寧に説明しています。

バージョンやビット数が気になるという方でも注意点として記載されているので安心して読み進めることができます。

【Java初心者必見!】Javaの開発環境を構築する方法を解説!
更新日 : 2019年5月7日

また、こちらではAndroid開発環境を構築できるサイトをMac、Linux、windows別でお届けしているので、こちらも合わせてご覧ください。

Android開発環境構築サイトまとめ!Windows、Mac、Linux別
更新日 : 2018年11月28日

Cloud9

こちらでご紹介しているCloud9は「Mac」「Windows」「Linux」と幅広く対応しています。この記事では主に

  • Cloud9について
  • Cloud9の登録方法
  • Cloud9でJavaを使って「Hello World」を出力する手順

についてお届けしていて、登録した後の「Hello World!」を出力するまでの流れをコメント付き画像と一緒にご説明しています。

初心者の方でも迷うことなく読み進めていけるかと思います。

【永久保存版】プログラミング初心者でもできるCloud9でJava開発!
更新日 : 2018年11月26日

Javaの資格勉強方法


画像:shutterstock

Javaの資格を取得するには、当然Javaをある程度扱えると思います。そのため、資格勉強を書籍だけで済ませようという方も多いのではないでしょうか?

確かに資格勉強はある程度、学習範囲が決まっています。書籍学習だけでも問題なく資格を取得できる方もいらっしゃいますよね。

しかし、書籍をただ読むだけでは技術は身につきません。書籍を購入する際は、実際に手を動かしながら学べる問題集のようなものを選びましょう。

実際に手を動かして、分からないところを理解するまでインターネット上で検索する。一般的な資格勉強方法ではありますが、やはり実際に手を動かして理解するというのが一番大切です。

なので、参考書を買うよりも問題集を購入して学習することをおすすめいたします。

Javaの資格勉強に困っている方へ

Javaの資格を最短距離で学習するならプログラミングスクールがおすすめです。なかには資格取得に特化したスクールもあり、「資格取得保証」コースといったものもあります。

専属講師から資格取得に特化したカリキュラムを教わることで、資格取得の確率は大きく上がります。プログラミングスクールで学習すれば、資格を取得したようなものですよ。

手前味噌ではございますが、弊社「侍エンジニア塾」では、Javaの資格取得からスキルアップまでを現役エンジニアがサポートいたします。Javaの理解を深めて、今の環境からステップアップを目指してみませんか?

いまなら無料体験レッスンを受講いただくことで、3つの特典をご用意させていただいております。

  • あなただけのフルオーダーメイドカリキュラム
  • プログラミング学習のノウハウが分かる電子書籍(非売品)
  • Amazonギフトカード1000円分)


毎月300名以上の独立支援に携わっている業界随一のコンサルタントから、Java学習や資格取得・今後のキャリアについてなど相談してみませんか?無料体験レッスンは対面とオンラインどちらも選択できますのでお気軽にご利用下さい。無料体験レッスンの詳細はこちら

まとめ

Javaは次世代のコンピューターテクノロジーには欠かすことのできない技術です。IT企業はもちろん、一般企業でも注目を集めています。

資格取得は「Java技術を使いこなすことができます」という証明になります。下手な実務経験よりも確固たる証拠になる可能性も大いにあります。

この機会に、資格取得に励んでみてはいかがでしょうか?

Javaカリキュラム無料公開中!

この記事はJava入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】の一部になります。このカリキュラムは、プログラミング入門者が、基礎学習からアプリ開発、さらには仕事獲得まで体系的に学べる内容となっています。

Java学習に必要な情報を一つにまとめていますので効率よくJavaを学ぶことが出来ます。この機会に是非活用していただければと思います。

Java入門からアプリ開発まで未経験者が知っておくべき基礎を総ざらい
更新日 : 2019年5月22日

最短でJavaを習得したい方へ

もし、あなたが、

「難しすぎて学習が全然進まない」
「学習量が膨大でゴールが見えない」
「エラーを解決するのに何日もかかってしまう」

など、プログラミング学習やキャリアに関してお困りであれば、まずは『無料体験レッスン』にお申し込み下さい。

あなたにとって、最適の解決策をご提案させていただきます。

詳しくは下の画像から詳しいサービス内容をご確認ください。

cta_bannar-java2
LINEで送る
Pocket

書いた人

井上 慎也

井上 慎也

侍エンジニア塾のインストラクター。フリーでWEB制作の受託や自身の事業の傍ら、侍ではWEBプログラミング方法の指導やプログラミング学習コミュニティの運用を行っている。
好きなショートカットキーは、command + w 。愛機はMac Book Pro。ブラウザのタブを大量に開きがち。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説