【PHP入門】echoによる文字列出力の総まとめ

PHPではブラウザで文字列を出力するためには、echoを使用します。

この記事では、

・echoとは
・echoの基本的な使い方

という基本的な内容から、

・文字列をHTMLに出力する方法

など文字列を出力するための方法を解説していきます。

今回はそんなechoの使い方について、わかりやすく解説します!

文字列を出力する

ここでは、ブラウザに文字列を出力する基本的な方法について解説します。

echoとは

ウェブブラウザに1つ以上の文字列を出力するにはechoを使用します。

引数のパラメータには出力したい文字列や変数などを指定します。

出力したい文字列が複数あるの場合は、,(カンマ)で区切って指定します。

echoは関数ではなく言語構造のため、使用時に括弧は必要ありません。括弧を指定するとエラーとなります。

また、関数のように動作しないため注意が必要です。

echoの基本的な使い方

ここでは、実際にechoを使用してブラウザに文字列を出力してみましょう。

以下にechoを使用したさまざまな例を紹介します。

このようにechoを使用して、さまざま表現で文字列が出力できることがわかりますね!

ブラウザで文字列を改行するには「echo ‘<br>’;」を指定することで改行が可能です。

「echo <<<END(ヒアドキュメント)」を使用すれば、少し長い文章の記述も簡単にできます。

また、printを使用して文字列を出力することも可能です。

echoやprintを使用して文字列を出力する詳細については、以下の記事で詳しく解説しています!

【PHP入門】文字列の出力をマスターしよう!(echo/print)
更新日 : 2019年6月4日

文字列をHTMLに出力する

PHPはウェブサービスの開発を行うためのプログラミング言語ですので、通常はHTMLタグと一緒に使用します。

echoはHTMLタグの中で文字列を出力するときも使用できます。

HTMLに文字列を出力するさまざまな方法については、以下の記事で詳しく解説しています!

まとめ

ここではechoを使用して文字列を出力する方法や、HTMLタグで文字列を出力する方法について解説しました。

echoはブラウザで文字列を出力するときに、よく使いますので仕組みを理解しておきましょう。

もし、echoの使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説