Linux入門者に必要な知識をすべて解説!おすすめサイトや本もご紹介

Linuxを入門するためにはどんな知識やスキルが必要なの?
Linux入門者におすすめのサイトや本は?
Linuxのメリットやデメリットについて知りたい
Linux環境を構築方法する方法について詳しく知りたい

Linuxの学習を始めたいものの、何から学習すれば良いか分からない方は多いのではないでしょうか?普段WindowsやMacのパソコンを使っている方からすれば、Linuxは難しそうなイメージもありますよね。

Linuxはサーバー構築などの目的で多くの企業に使われており、需要が高まってきています。Linuxのスキルを身に付けたい方は、今のうちに理解を深めておくべきでしょう。

そこで今回は、Linuxのスキルを習得するために必要な以下の情報をすべてお伝えします。

  • Linux入門者向けの基礎知識
  • Linuxを使うメリット・デメリット
  • Linuxの導入方法
  • Linuxのおすすめ入門サイト・入門書

WindowsやMacの環境でもLinuxを使える方法もご紹介しますので、ぜひお読みください。

目次

Linux入門者向けの基礎知識

Linux入門者向けの基礎知識

画像:Linux入門者の女性

この章ではLinuxの概要や、Linuxを語る上で欠かせない3つの用語について、入門者向けに解説していきます。

  • カーネル
  • ディストリビューション
  • コマンド

なおLinuxについては以下の記事でも解説していますので、こちらもおすすめです。

【エンジニア監修】Linuxとは何か?初心者目線でやさしく解説してみた
更新日:2024年4月29日

そもそもLinuxとは

Linuxは、フィンランド人のリーナス・トーバルズ氏によって開発されたOS(オペレーティングシステム)のひとつ。OSとはパソコンを制御するシステムのことで、Linux以外ではWindowsやMacが挙げられます。

LinuxOSを個人で導入する場合は、古いパソコンにインストールしたり、後ほど解説する仮想環境にインストールしたりする方法が一般的です。

また、マウスを使ったグラフィカルな操作がメインのWindowsやMacとは異なり、Linuxではキーボード操作がメインとなります。ここまで読んだ限りでは、Linuxは他のOSと比べてかなり独特に思えますよね。

ところがLinuxのOSシェアは年々高まっており、マイナビニュースによると2020年5月には3.2%という過去最高のシェアを記録しました。シェアの増加を後押ししているLinuxのメリットについては後ほど解説するので、最後までご覧くださいね。

Linuxカーネルとは

カーネルとは、OSにおける基本的な制御を担っているプログラムです。たとえば、テキストエディタでファイルを編集した場合、カーネルの機能によって編集内容がハードディスクに書き込まれます。

このように、カーネルの役割はアプリケーションとハードウェア間のやり取りを仲立ちすることです。カーネルはWindowsやMacといったOSにも存在しますが、Linuxのカーネルには、前者とは大きく異なる点があります。

それは、Linuxカーネルはオープンソース(プログラムの中身が公開されている)であることです。オープンソースのため、Linuxカーネルには利用者が自由に内容を変更できるという特徴があります。

Linuxのディストリビューションとは

前述のLinuxカーネルだけあっても、テキストエディタなどのアプリケーションがなければ不便ですよね。そこで、Linuxカーネルと様々なアプリケーションをまとめて使いやすくしたものが「Linuxディストリビューション」です。

Linuxカーネルはオープンソースのため、それをカスタマイズしたLinuxディストリビューションは誰でも配布可能です。そのため、多くの企業や団体が独自に作成したLinuxディストリビューションを公開しています。

ここでは、その中でも代表的なLinuxディストリビューションを3つご紹介します。

動作の軽さが魅力「Linux Mint」

Linux Mint

出典:Linux Mint

「Linux Mint」は軽量で動作が軽く、人気の高いLinuxディストリビューションです。画面のデザインも良く、頻繁にアップデートされておりサポートも充実しています。

GUI機能が充実している「Lubuntu」

Lubuntu

出典:Lubuntu

「Lubuntu」は、人気のLinuxディストリビューション「Ubuntu」を軽量化して使いやすくしたもの。Linux Mintよりは若干重くなりますが、GUI機能が充実しているのでマウス操作がしたい方におすすめです。

安定性が魅力の「CentOS」

CentOS

出典:CentOS

「CentOS」は、Ubuntuに次いでシェアの高いLinuxディストリビューションです。動作の安定性が高く企業で使われることが多いので、Linuxを仕事で使いたい方におすすめします。

Linuxディストリビューションについてさらに理解を深めたい方には、以下の記事もおすすめです。

【Linux】ディストリビューションとは何か?
更新日:2024年5月6日

Linuxコマンドとは

「Linuxコマンド」とは、LinuxOSを動かすための「命令」のことです。この命令をLinuxカーネルが処理することで、ファイル操作やネットワーク設定など様々なことを簡単に行えます。

Linuxでコマンド実行の際に使うものが、「シェル」と呼ばれるWindowsの「コマンドプロンプト」に相当する画面です。シェル上に任意のコマンドを入力してEnterキーを押せば、Linuxコマンドが実行できます。

Linuxを使ったシステムでは、WindowsやMacとは異なりマウスが使えない場面も少なくありません。よって、Linuxを使いこなすためにはLinuxコマンドの知識が必要不可欠です。

とはいえ、Linuxコマンドにはとてもたくさんの種類が存在します。以下の記事では、主要なLinuxコマンドを33種ご紹介しているので、これからLinuxを使用する方はぜひ参考にしてください。

【全37種】よく使うLinuxコマンド一覧!基本的な使い方も紹介
更新日:2024年5月13日

Linuxを使う3つのメリット

Linuxを使う3つのメリット

画像:Linuxを使うメリット

先ほど解説した通り、LinuxのOSシェアは年々高まっています。シェアを押し上げている要因ともいえる、Linuxのメリットは以下の3つです。

  • メリット1:基本的に無料で使える
  • メリット2:自分なりにカスタマイズできる
  • メリット3:動作が軽く、サーバー構築などに使いやすい

ひとつずつ順番に解説していきます。

メリット1:基本的に無料で使える

Linuxカーネルは無料でダウンロード可能です。また、LinuxカーネルをカスタマイズしたLinuxディストリビューションについても、その多くが無料で公開されています。

MacやWindowsのOSをパソコンに導入する場合、必ずコストが発生してしまいますがLinuxは無料でダウンロードできるため、導入時にコストがかからないのは大きなメリットです。

メリット2:自分なりにカスタマイズできる

自分なりにカスタマイズできる

画像:Linuxを自分でカスタマイズする様子

Linuxカーネルはオープンソースのため、ユーザーが独自にカスタマイズできるのもメリットです。自分自身が使いやすいように新しい機能を追加したり、不要な機能を減らして性能向上させたりできます

ただし、カスタマイズするためにはLinuxカーネルの知識が必要となります。とはいえカスタマイズに失敗したとしても、無料でLinuxカーネルを入れ直せるのでリスクが低く、挑戦しやすいでしょう。

メリット3:動作が軽く、サーバー構築などに使いやすい

Linuxは、WindowsやMacほどグラフィック関連の機能が充実していない分、動作が軽いのもメリットです。古くてスペックの低いWindowsやMacのパソコンでも、Linuxを導入すれば特に問題なく使えます。

そのためLinuxは、パフォーマンスが重視されるWebシステムのサーバー構築にとても良く使われます。サーバー構築を専門としたエンジニアもいるほどで、Web開発をしたい方はLinuxを覚えておいて損はありません。

Linuxを使う2つのデメリット

Linuxを使う2つのデメリット

画像:Linuxを使うデメリット

Linuxにはメリットもあれば、以下2つのようなデメリットもあります。

  • デメリット1:使いこなすには知識が必要
  • デメリット2:CUIのため操作が難しい

それぞれ順に解説していきます。

デメリット1:使いこなすには知識が必要

先ほども軽く触れましたが、Linuxカーネルをカスタマイズするにはさまざまな知識を身に付ける必要があります。特に、Linuxカーネルの開発に使われている「C言語」というプログラミング言語の知識は欠かせません。

LinuxカーネルはOSの中核に当たる部分なので、カスタマイズに失敗すると最悪の場合、動作しなくなる恐れも。また、カスタマイズの過程でエラーも発生しやすく、それなりの知識がないと自己解決は難しいでしょう。

このように、Linuxを自分で使いやすくするために覚えることが多いのはデメリットといえます。C言語について詳しく知りたい方には、以下の記事もおすすめです。

C言語とは?意味や特徴、できることをわかりやすく解説
更新日:2024年4月29日

デメリット2:CUIのため操作が難しい

「CUI(Character User Interface)」とは、コマンドのような文字列を使ってパソコンを操作する方式のことです。WindowsやMacはマウスで視覚的に操作する「GUI」が基本ですが、Linuxはコマンドで操作するCUIが基本。

Linuxは操作方法が独特なため、WindowsやMacを使ってきた方には慣れるまで大変というデメリットがあります。しかも、Linuxの操作に欠かせないコマンドには種類がとても多く、使いこなせるレベルまで覚えるのは大変です。

Linuxの導入方法

Linuxの導入方法

画像:Linuxを導入する様子

これからLinuxの勉強を始める方の中には、今使っているWindowsやMacをそのまま使い続けたい方も多いですよね。そういった方におすすめなのが、「VirtualBox」というツールを使ったLinux仮想環境です。

VirtualBoxを使うと、WindowsやMacのパソコン上でもLinuxのコマンド操作やカスタマイズを実践できます。たとえLinuxのカスタマイズに失敗しても、仮想環境をインストールし直せばよいだけなので、心配無用です。

VirtualBoxと任意のLinuxディストリビューションをインストールするだけで、Linux仮想環境が簡単に構築できます。VirtualBoxや仮想環境の構築方法について、もっと知りたい方は以下の記事もご覧くださいね。

いまさら聞けない!Virtualboxとは何か?基礎の基礎を解説!
更新日:2024年4月29日

Linuxの入門サイトおすすめ7選

Linuxの入門サイトおすすめ7選

画像:Linuxのおすすめ入門サイト

Linux入門に必要な知識が分かったら、実践して覚えるのがLinux習得への近道です。ここでは、Linux入門者向けにおすすめの入門サイトを7つ、ご紹介します。

その1:Schoo

Schoo

出典:Schoo

動画形式でさまざまな授業を受けられる人気の学習サイトですが、Linux入門者用の動画も充実しています。OS別のLinux環境構築方法はもちろん、ファイル操作・ユーザー管理・パッケージ関連などの基本スキルを習得可能です。

また、LinuxでWebシステムを構築するために必要なサービス管理なども学べるので、Linuxエンジニアを目指す方におすすめ。プレミアム会員(月額980円〜)の登録を行えば、豊富な動画から好きなものを選んで視聴できます。

その2:ドットインストール

ドットインストール

こちらも、動画でプログラミング学習ができるサイトです。上記のレッスンでは、ファイル操作やユーザー管理などの基本的なLinuxコマンドについて学習できます。

Linuxの環境構築などについては解説していないので、環境構築済みでCUI操作に慣れたい方におすすめです。レッスンの前半は無料公開されているので、気軽に受講してみると良いでしょう。

その3:$ cat user Linux

$ cat user Linux

ブログ形式で、Linuxについての知識を紹介しているサイトです。Linuxの基礎知識からネットワーク関連、サーバ関連、セキュリティなど上級者向けの情報まで詳しく解説しています。

また細かい概念については動画付きなので、テキストで基本事項を押さえてから動画を見て実践できます。基本的に無料ですべてのコンテンツが見られるので、学習にコストをかけたくない方におすすめです。

その4:Linux初心者入門講座

Linux初心者入門講座

その名の通りLinux初心者に優しい、テキストベースの入門サイトです。Linuxの概要や環境構築方法、ディストリビューションの種類など初心者が覚えておきたいことを学べます。

解説内容は少しあっさりしていますが、セキュリティ対策など幅広いテーマを取り扱っています。Linuxの知識を拡大したい方や、すっきりした解説を読みたい方におすすめです。

その5:Linux初心者の基礎知識

Linux初心者の基礎知識

こちらも、テキストベースでLinuxの基礎知識が学べる初心者向けサイトです。Linuxで使われる用語の解説や、コマンドの使い方などかなり細かく解説しています。

Linuxについての情報が分かりやすく整理されており、自分が知りたい情報だけをピンポイントで取得できるのものポイント。基本的に無料なので、利用してみて損はありません。

その6:一から始めるlinux

一から始めるlinux

主にLinuxのコマンドについて細かく紹介しているサイトです。Linuxコマンドを逆引きできるのが最大の特徴で、実現したい内容に応じて適切なコマンドを見つけられます。

Linuxコマンドを使ったCUI操作を実践したい方におすすめです。ただしLinuxの概要などについては解説していないので、基本事項を一通り勉強してから利用すると良いでしょう。

その7:LinuCイージス

LinuCイージス

「LinuC」と呼ばれる、Linuxスキルの認定資格について対策学習できるサイトです。Linuxの環境構築方法やコマンドについての知識はもちろん、ハードウェアなどの前提知識も得られます。

LinuCを取得していると企業へのアピールポイントになるので、将来Linuxを使った仕事がしたい方におすすめです。ただし、3区分中最も難易度が低い「LinuCレベル1」の知識しか得られないので、LinuC取得の第1歩として活用すると良いでしょう。

Linuxを学べるおすすめ入門書

Linuxを学べるおすすめ入門書

画像:Linuxを学べる入門書

入門書を読んで学習したい方のために、Linuxのおすすめ入門書についても2冊ご紹介します。

Linux未経験者向けに分かりやすく、導入方法や使い方を解説している入門書です。後半には練習問題もあるので、知識を付けられるだけでなく学習の成果も確認できます。

「LPIC」と呼ばれる、Linux認定資格の対策ができる書籍です。Linuxの基礎知識が分かりやすく網羅されているので、Linux入門書としても役立ちます。

この他にもLinuxに関する書籍を知りたい方は以下の記事で解説していますので、併せて読んでみてくださいね

Linuxを学ぶのにオススメの本10冊をレベル別に紹介
更新日:2024年5月4日

挫折なくLinuxの習得を目指すなら

ここまでの解説を踏まえ、独学でLinuxを習得しようと考えている人のなかには、

独学で習得できるかな…
途中で挫折したらどうしよう…

と不安な人もいますよね。

実のところ、Linuxといったプログラミングの学習途中で挫折する独学者は多くいます。事実、弊社の調査では

  • 不明点を聞ける環境になかった
  • エラーが解決できなかった
  • モチベーションが続かなかった

などの理由から、87.5%が「プログラミング学習で挫折や行き詰まりを感じた」と回答しています。

87.5%の人がプログラミング学習時に挫折を経験
不明点やエラーが解決できずプログラミングを挫折した人が多数

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

また、こうした背景もあってか、弊社がプログラミングに興味がある人100名へ実施した別の調査では

  • 確実にスキルを身につけられると思ったから
  • 独学では不安がある
  • 効率よく学べそう

などの理由から、61%が「プログラミングの勉強を始めるならスクールを選ぶ」と回答しています。

61%の人がプログラミングの勉強を始めるならスクールが良いと回答
確実にスキルを身につけられそうという理由でプログラミングスクールを選ぶ人が多い

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

加えて、プログラミングスクールの卒業生に「独学ではなくスクールを活用した理由」を聞いたところ「できるだけ短い期間でITエンジニアへの転職や副業に必要なスキルを身につけたかった」という回答も多く寄せられました。

上記から、1人でプログラミングスキルを習得できるか不安な人や短期間でスキルを習得したい人ほど確実性を求め、現役エンジニアといったプロの講師に質問できるプログラミングスクールを利用する傾向にあるのがわかります。

いざ独学でプログラミングを学び始めても、勉強の最中に挫折しまっては学習にかけた時間を悔やむだけでなく「プログラミングスキルを身につけるのって思っていたよりも難しいんだな…」とLinuxの習得自体を諦めかねません。

仮にわからないことを飛ばしながら勉強を進めたとしても、ITエンジニアへの転職や副業での収入獲得を実現できる実践的なスキルが身につかなければ、結局後悔することになります。

そこで、おすすめしたいのが「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)」です。

300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
300x300-samuraiengineer (1)
6
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
previous arrow
next arrow
料金月分割4.098円~
実績・累計指導実績4万5,000名以上
・受講生の学習完了率98%
・受講生の転職成功率99%

侍エンジニアをおすすめする最大の理由は「挫折しづらい学習環境」にあります。

先ほど述べたとおり、独学者の多くは自力で不明点やエラーを解決できないためにプログラミング学習を挫折しています。そのため、未経験者が現役エンジニアのようなプロに質問や相談できない状況で、プログラミングスキルを習得するのは非常に難易度が高いといえます。

しかし、侍エンジニアでは

  • 現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスン
  • 現役エンジニアに質問できるオンラインでのQ&Aサービス
  • 不安や悩み・勉強の進み具合を相談できる学習コーチ

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談可能です。「受講生の学習完了率98%「転職成功率99%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

侍エンジニアのサポート体制_01 (1)
侍エンジニアのサポート体制_02 (1)
侍エンジニアのサポート体制_03 (1)
侍エンジニアのサポート体制_04 (1)
侍エンジニアのサポート体制_01 (1)
侍エンジニアのサポート体制_02 (1)
侍エンジニアのサポート体制_03 (1)
侍エンジニアのサポート体制_04 (1)
previous arrow
next arrow

侍エンジニアのサポート体制

また、侍エンジニアではカウンセリングにて受講生一人ひとりの目的をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でも効率的に必要なスキルだけを習得可能です。

6
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design
3
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design (2) (1)
4
5
6
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design
3
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design (2) (1)
4
5
previous arrow
next arrow

侍エンジニアのカリキュラム例

最短距離で目的を実現できるようカリキュラムが組まれているため、勉強する順番や内容を誤り非効率に時間や手間を費やす心配もありません。

なぜ侍エンジニアが挫折せずLinuxのスキルを習得できるのか気になる人はぜひ公式サイトをご覧ください。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

今回は、Linuxの入門者向けに以下の4点について解説しました。

  • Linux入門者向けの基礎知識
  • Linuxを使うメリット・デメリット
  • Linuxの導入方法
  • Linuxのおすすめ入門サイト・入門書

Linuxはサーバー構築などで多くの企業が使っており、シェアも増え続けているOSです。Windowsよりも使いこなせる人が少ない分、スキル習得すれば大きな武器となるでしょう。

忘れてしまったら、いつでもこの記事を読み返してくださいね。

この記事を書いた人

【プロフィール】
DX認定取得事業者に選定されている株式会社SAMURAIのマーケティング・コミュニケーション部が運営。「質の高いIT教育を、すべての人に」をミッションに、IT・プログラミングを学び始めた初学者の方に向け記事を執筆。
累計指導者数4万5,000名以上のプログラミングスクール「侍エンジニア」、累計登録者数1万8,000人以上のオンライン学習サービス「侍テラコヤ」で扱う教材開発のノウハウ、2013年の創業から運営で得た知見に基づき、記事の執筆だけでなく編集・監修も担当しています。
【専門分野】
IT/Web開発/AI・ロボット開発/インフラ開発/ゲーム開発/AI/Webデザイン

目次