文系出身でもエンジニアになれる!必要なスキルや就活テクニックも紹介

文系出身でもITエンジニアになれるの?
ITエンジニアとして採用してもらえるか不安...

「ITエンジニアになるなら理系の方が有利」といったイメージから、ITエンジニアになれるか不安な人は多くいますよね。

しかし、実際は理系出身者に限らず、文系大学生でもITエンジニアを目指せます。

この記事では、理系出身者と比較しながら文系大学生でもエンジニアになれる理由を、就職率や入社後の年収・待遇などの観点から紹介します。また、文系大学生がITエンジニアへの採用率を高める就活テクニックも解説するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間高校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、侍エンジニアのインストラクターを始め、フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも登壇している。

文系出身者でもエンジニアになれる

前述したとおり、文系大学生でもITエンジニアになるのは可能です。

基本的に、大学でプログラミングの授業を行うのは情報系の学部です。そのため、理系出身者のなかにも大学でプログラミングを学ばない人も多くいます。プログラミングの経験がなければ、文系大学生とほとんど変わりませんよね。

また、最近では、IT業界の人手不足の影響もあり、文系大学生を採用するIT企業も増えています。入社してから育成する方針を取る企業も多く、意欲と伸びしろがあれば文系出身でもエンジニアとして活躍できます。

とはいえ、実際に文系大学生がエンジニアとしてどれくらい活躍しているのか気になる人もいるでしょう。では、文系出身エンジニアの割合をみてみましょう。

文系出身エンジニアの割合

文系出身者のITエンジニアは全体の約30%といわれています。

独立行政法人情報処理推進機構の「IT人材白書2020」によると、AI・データサイエンス・IoT・自動運転などの先端IT従事者のうち、IT・情報系以外の文系は30.2%、非先端IT従事者で34.6%いるというデータがあります。

先端IT従事者・非先端IT従事者の両方で、3割以上文系出身者というデータから、現役エンジニアには一定数の文系出身者が活躍していることが分かります。

理系出身者の方が多いことに変わりはありませんが、スキルを身につければ、文系出身でも最先端技術の開発に携われるのは夢がありますよね。

また、つぎの新卒求人からわかるように、プログラミング未経験の文系大学生を採用している企業も数多くあります。

新卒採用では伸びしろや性格などの素質も評価されるため、文系だからといってITエンジニアを諦める必要はありません。

文系・理系出身エンジニアの違い

文系と理系ではITエンジニアになった後の待遇や働き方に差があるのではと不安な人もいますよね。

ここからは、2つのトピック別に文系・理系出身エンジニアの違いを解説します。

年収

採用時から3年目までの昇給金額

リクナビが2004年に行った独自調査によると、文系と理系の年収はほぼ同水準という結果が出ています。

入社時は少し理系出身者が高い傾向にあるものの、経験を積むごとに双方の差はなくなります。

初任給は理系出身者が21.04万円に対し、文系出身者が19.98万円と約1万円ほど理解出身者の方が高いようです。しかし、昇給によって差がつまり、30歳以降の年収には大きな差が見られません。2004年と少し古いデータではありますが、現状の年収事情を考えるうえで参考になるデータです。

プログラミングを大学で学んでいる理系と学んでいない文系を比較すれば、入社時に理系出身者にアドバンテージがあります。しかし、入社後努力を重ねれば、技術面は追いつくことが可能です。

また、一般的には理系より文系の方がコミュニケーション力・企画・提案・プレゼン力などは高いといわれています。

もちろん個人差はありますが、大学でプレゼンやグループワークなど、コミュニケーションを取る機会が多いのは文系でしょう。こうした技術以外のスキルを活かせば、理系出身者に負けずに活躍し年収アップを実現することも可能です。

とくに、年収が高くなる上流職(システムエンジニアやプロジェクトマネージャー)では、マネジメント力やコミュニケーション力など、技術面以外のスキルも重視されます。

こうした場面で文系出身者のスキルを活かせれば、ITエンジニアとして稼ぐのは可能といえます。

仕事量・残業時間

ITエンジニアの残業時間や1人あたりの仕事量は、文系・理系の違いは関係ありません。

残業時間や1人当たりの仕事量は、基本的に入社した企業によってかわります。企業が社員の働き方改善に取り組んでいる場合や、人材に余裕があれば残業・労働量は減ります。

一方、ブラック企業といわれる労働環境が厳しい企業であれば、人材不足で業務がうまく回っていなかったり納期がギリギリに設定されていたりするため、残業や労働時間の増加につながりやすいです。

ちなみに、厚生労働省が発表している「毎月勤労統計調査(令和4年5月結果速報)」によると、IT業界が属する情報通信業の所定外労働時間は「14.8時間」という結果が出ています。

毎月勤労統計調査(令和4年5月結果速報)
出典:Geekly Media

また、Geekly Mediaの独自調査では、1ヶ月の残業時間が23.2時間という結果が出ています。このことから、エンジニアの残業は約10~20時間程度が目安といえるでしょう。

もちろん、この結果は平均の残業時間であるため、繁忙期や待遇が悪い企業の場合はさらに残業時間が増える可能性もあります。

新卒で入社する際には、求人票に残業時間の記載があるかチェックし、不安があれば面接等で質問してみるのもよいでしょう。

文系出身者がエンジニアを目指すうえで強みになるスキル

文系出身者は技術面で大きくアピールするのは難しいため、文系出身者ならではの伸びしろやスキルでアピールするのがおすすめです。

ここでは、文系出身者がITエンジニアを目指すうえで、強みになるスキルを4つ紹介します。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、文系出身者がエンジニアを目指すうえで強みになるスキルの1つです。

文系といっても学部・学科は多岐にわたるため一概にいえませんが、文系大学生は理系大学生に比べるとリベートやグループ活動など多く経験している傾向があります。

理系大学生は研究室にこもり研究に集中する場合も多いです。一方、文系大学生はチームで話し合いをしたり、プレゼンテーションの準備をしたりする機会もたくさんあります。

在学中にコミュニケーションスキルを鍛えることができれば、エンジニアになってからプロジェクトで意思疎通を取るときに役立ちます。

また、経験を積み上流工程にチャレンジするとき、プロジェクトをまとめるコミュニケーションスキルが必要です。考え方が異なるメンバーをまとめるには、意見を貫き通すだけでもダメです。逆に全部の意見を聞こうとすると、意見がまとまらない原因にもなります。

こうした場面で、文系出身者であればうまく状況を整理しつつ、コミュニケーションスキルを使って意見をまとめることもできるでしょう。

また、クライアントに説明する場面で、分かりやすく説明するのも得意な傾向があります。文系出身者はゼロから学習してスキルを習得した経験があるため、知識があまりないクライアントに分かりやすく説明しやすいです。

このように、文系ならではのコミュニケーションスキルを活かせれば、技術面以外で活躍できます。

英語スキル

TOEICといった英語の資格・スキルは、ITエンジニアを目指す際のアピール材料になります。

例えば、最新のIT情報を収集するときに英語ができると便利です。

最新のIT情報は海外で発信されていることが多く、英語ができれば原文から情報を入手できます。とくにITエンジニアは、常に知識を学び続ける必要があり、最新情報を入手することも大事です。

IT業界の最先端を走るのは海外であるため、英語圏の情報を入手できれば、今後流行する技術やトレンドをいち早く把握し、スキルアップ時の参考にもできます。

英語スキルに自信がある人は、ぜひ海外のIT情報もチェックしてみてください。

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルも、ITエンジニアを目指すうえで強みになるスキルの1つです。

ITエンジニアは、企画会議や社内会議などでプレゼンテーションをすることもあります。パワーポイントや資料などを分かりやすく作成し、うまく発表できれば、社内の評価を高めることが可能です。

また、上流工程を担当するITエンジニアになれば、クライアントに直接プレゼンテーションすることもあります。プレゼンテーションスキルがあれば、クライアントに評価してもらえるだけでなく、案件獲得に貢献することができます。

文系大学生が就活をする際、スキルを記載する欄にPower PointやExcelなど、使用できるツールを記載しておけば、面接などでPRしやすいのでおすすめです。

文章スキル

文章スキルも、就活時に強みになるスキルの1つです。

文系大学生のなかには卒論やレポート作成をとおして、文章スキルを高めている人も多いでしょう。結論を先に述べてから根拠や具体例を記載し説明する方法や、分かりやすく解説するための日本語の使い方などは、ITエンジニアになっても使えます。

例えば、プレゼンテーション資料を作る場合、起承転結で文章を作成することで分かりやすい資料になります。また、正しい日本語を使って資料を作成すれば、読み手も分かりやすいです。

文章スキルがあるからといって、技術スキルが向上することはありませんが、開発以外の業務で役立つスキルです。マネジメント職や上流工程を担当するとき、とくに活きるスキルといえるでしょう。

文系からエンジニアになるためのロードマップ

文系大学生がITエンジニアを目指す場合、具体的に何から対策を始めればいいか分からない人も多いでしょう。大学生は比較的時間があるとはいえ、効率よく準備できれば、焦らずに就活を進められます。

ここでは、文系からITエンジニアになるためのロードマップを5ステップで解説します。

ステップ1:ITの基礎知識を学ぶ

ITエンジニアを目指すことを決意したら、まずはIT基礎知識を学びましょう。

IT基礎知識がないと、プログラミングを学ぶときも効率よく学べません。例えば、プログラミングの意味や、開発環境の予備知識がないとプログラミングの本を読んでも理解するのは大変です。

漢字・カタカナなどを教わっていないのに、本を読んでくださいといわれても出来ませんよね。それと同じで、プログラミングスキルを学ぶ前に基礎となる知識を身につける必要があります。

まずは、プログラミングの意味や仕組み、ITエンジニアの種類や使用されているプログラミング言語など、基本的な知識を身につけましょう

IT基礎知識は、初心者向けのプログラミング・ITエンジニア向けの本に掲載されています。また、「ITパスポート」・「基本情報技術者試験」といった資格の勉強でも、基礎知識が学べます。

基本情報技術者試験は未経験者には多少難易度が高めなので、興味がある人はITパスポートからチャレンジしてみましょう。

ステップ2:自分が目指す職種にあうプログラミング言語を学習する

IT基礎知識が学べたら、次は自分が目指す職種にあうプログラミング言語を学習しましょう。

プログラミング言語は何を学んでもいいわけではなく、自分が目指したい職種にあわせた言語を選択する必要があります。例えば、Webサイトを開発したいならHTML/CSS・JavaScript、AIを開発したいならPythonといったように、開発分野ごとに適した言語があります。

学習方法はWebサイトや本などを活用し、あまり費用をかけずに学ぶといいでしょう。教材にも特徴があるため、自分にあった教材を見つけるまで時間がかかります。まずはお試しで学習してみて、自分にあう教材があれば、タイミングで有料プランや追加の本で知識を深めるのがおすすめです。

教材を使用しながら、プログラミング言語の文法やフレームワーク、ライブラリなど機能面の知識を深めましょう。

ステップ3:実践でコーディングを学ぶ

Webサイトや本で言語の特徴や文法が理解できたら、次は実際にコーディングをして実践スキルを学びましょう。

座学はもちろん大事ですが、座学だけではプログラミングは上達しません。プログラミングスキルを習得するには、実際に手を動かしてコーディングする必要があります。

Webサイトや本には、サンプルコードや問題集が付属していることが多いので、こうした教材を活用しながら実際にコーディングを行いましょう。

コーディングを経験するなかで、座学では分からなかったコードの書き方や、エラーが出たときの対処方法などが理解できます。

ステップ4:ポートフォリオを作成する

サンプルコードを参考にコーディングが問題なくできるようになったら、次はポートフォリオ作成に挑戦してみましょう。

ポートフォリオとは、実績を示す作品集のことです。ポートフォリオ作成をとおして開発経験が積めるだけでなく、作成したポートフォリオを使って就活時にスキルをアピールできます。

プログラミングができると言葉で伝えるだけでは、企業側も本当の話か判断できません。その点、ポートフォリオがあれば、作成できるスキルがあることを証明できます。

ちなみに、ポートフォリオにするのはWebサイトやアプリケーション、Webサービスなどが一般的です。しかし、それ以外の開発を行うエンジニア(インフラエンジニア・AIエンジニアなど)の場合、開発環境を用意することが難しい場合もあります。

そんなときには、企画・設計書などを作成し、知識があることをアピールする場合が多いようです。

ポートフォリオは必須ではありませんが、作成しておけば就活でのアピール材料になります。余裕がある人は、ぜひポートフォリオ作成に挑戦してみてください。

ステップ5:就職活動に励む

プログラミングスキルが習得できたら、いよいよ就職活動を始めましょう。

自分が学習した分野のITエンジニアを募集している求人を探し、業務内容やキャリアビジョンなどを確認してください。

同じ職種でも、企業によって残業時間・労働環境・収入などは大きく異なります。転職が一般的になりつつあるとはいえ、新卒で入社する企業選びは今後のキャリアにも影響します。

自分にあう企業を見つけ、文系出身者が培ったスキルとポテンシャルをアピールしましょう。しっかり準備をして就活に臨めば、文系大学生でも内定を勝ち取れます。

エンジニアへの採用率を高める文系大学生の就活テクニック

ここでは、ITエンジニアへの採用率を高める3つの就活テクニックを紹介します。

エンジニアを目指す理由を明確にする

文系大学生がITエンジニアを目指す場合、目指す理由を明確にすることが大事です。

一般的に文系大学生が大学で専攻している学問と、エンジニアが専門とするシステム開発は分野が異なります。そのため、企業側もどうしてエンジニアになりたいと考えたのか気になります。

志望理由が納得できるもの、仕事のモチベーションにつながるものであれば、入社後戦力になるかもしれないと期待してもらえます。

そのためにも、エントリーシートや面接などで志望理由を聞かれたとき、明確な理由を答えられるように準備しておきましょう。

なかにはエンジニアの待遇や将来性、給料の高さなど条件面だけに注目して目指す人もいます。しかし、企業側からするとあまりいい印象は受けません。

自分がエンジニアになりたい理由のなかで、企業側も納得してくれそうな理由を考えておくことが大事です。

例えば、社会に必要不可欠なITシステム開発をとおして社会に貢献したいという理由や、文系大学生として身につけたコミュニケーション・プレゼンスキルなどを、IT業界で活かして貢献したいなどが該当します。

理由は人それぞれ違いますが、企業側が興味を持てるような理由であればよいですね。

プログラミング学習を始めておく

就活では未経験OKという求人も多くありますが、内定をもらうには未経験でもプログラミング学習を始めておくのは大切です。

未経験OKとはいっても、自分から進んで努力できる学生の方が企業側の評価は高くなります。実際、ITエンジニア志望者の多くは、少なからずプログラミングに触れた経験があります。

文系大学生に対し、就活時点で開発に参加できるレベルのスキルは求められません。しかし、何もしなければ、やる気を疑われる原因にもなります。

最低限ITの基礎的な用語が理解できるように、学習計画を立て学習しておけばやる気をアピールすることができます。

学習をスタートしたら、面接などでどれくらい学習が進んでいるか説明できるように準備しておくとよいでしょう。

将来性・伸びしろをアピールする

未経験の文系大学生がエンジニアとして採用してもらうには、将来性や伸びしろをアピールすることが大事です。

新卒採用の場合、企業は即戦力を求めているわけでなく、鍛えることで戦力になる人材を求めています。そのため、継続して努力できる力を過去の経験をとおしてアピールできれば、伸びしろを評価してもらえる可能性があります。

例えば、大学時代にケガをして引退が頭をよぎったタイミングから、リハビリを経て選手復帰できた経験など、努力で成果を上げた事例をアピールしたとします。経験自体はプログラミングと何の関係もありませんが、努力を継続できる力とその努力を成果に結び付けられる人ということを伝えられるでしょう。

未経験者が現状の技術スキルをアピールするのは難しいので、人間性を含め将来性と伸びしろをアピールするのがおすすめです。

文系出身者がエンジニアを目指すなら

文系出身者がITエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールの利用がおすすめです。

プログラミングに興味がある方へ実施した弊社の意識調査では、約6割がプログラミングをスクールで学習したいと回答しました。

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

ちなみに、プログラミングスクールと独学、それぞれを選んだ具体的な理由は次のとおりです。

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

独学への不安や確実にスキルを身につけられるといったイメージから、スクールを活用してプログラミングを学びたいと考える方が多いようです。独学を選んだ方にも「スクールを利用するお金や時間に余裕がない」という理由を挙げており、やむを得ず独学している方が多い点からも、スクールを活用して効率的にプログラミングスキルを取得したいと考えている方は多くいるようです。

とはいえ、どのプログラミングスクールを選べばいいのか、わからない人もいますよね。

そんな人には、SAMURAI ENGINEERがおすすめです。

SAMURAI ENGINEERでは、現役エンジニアがマンツーマンでサポートしています。そのため、分からないところが出てきても、自分を知ってくれている講師にいつでも質問できます。

また、カリキュラムも完全オーダーメイドで作成しており、自分の理解度にあわせたペースで学習しやすいです。

くわえて、金銭面でも分割払いや、月額制のコースもあります。スクールは一度にたくさんの費用がかかるデメリットがありますが、SANURAI ENGINEERなら負担を軽減できます。

ちなみに、SAMURAI ENGINEERでは、無料カウンセリングを実施しており、スクールの内容や疑問点を質問することが可能です。ぜひ、お気軽にご参加ください。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

今回は、理系出身者と比較しながら文系大学生でもエンジニアになれる理由を、就職率や入社後の年収・待遇などの観点から紹介しました。

一般的にITエンジニアやプログラミングは、理系出身者が有利というイメージがあります。しかし、実際は差があるのは最初だけで、入社後は努力次第で徐々に差が埋まります

また、将来性があり育成すれば戦力になる文系出身者は、企業側も評価してくれる場合が多いです。文系出身だからといってITエンジニアを諦めるのではなく、ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る