【C#入門】CompareToメソッドで大小を比較する(文字列/日付)

こんにちは!エンジニアの中沢です。

C#には文字列などを比較するための「CompareToメソッド」があります。

「CompareToメソッド」は文字列や日付を比較することもできるので、上手く活用してください。

この記事では、

・CompareToメソッドとは
・CompareToメソッドの使い方
・文字列の大小を比較する方法

という基本的な内容から、

・戻り値の覚え方
・日付の大小を比較する方法

などの応用的な使い方に関しても解説していきます。

今回はこれらの方法を覚えるために、文字列の比較をするさまざまな使い方をわかりやすく解説します!

CompareToメソッドとは

CompareToメソッドは文字列や日付の比較をするために使います。

Equalsメソッドの等しいかどうかの比較とは違い、CompareToメソッドでは比較した値のどちらが大きいか、または同じかを比較することができます。

戻り値の覚え方は「左の値 – 右の値」

CompareToメソッドは戻り値が正の値か、負の値かで大小関係を把握します。

しかし、この戻り値が正の値のときはどちらが大きいのかを忘れてしまうことがよくあります。

そこで、戻り値の簡単な覚え方を紹介します。

戻り値の覚え方は、「左の値 – 右の値」になると覚えてみてださい!

CompareToメソッドの戻り値を次のプログラムで確認してみましょう。

実行結果:

このプログラムの実行結果から、文字の「A」よりも「B」の方が大きいことがわかります。

CompareToメソッドの使い方

文字列の大小を比較する方法

ここでは、CompareToメソッドで文字列の大小を比較する方法を解説します。

CompareToメソッドの戻り値は3種類なので、switch文を使って条件分岐させると便利です。

次のプログラムで確認してみましょう。

実行結果:

このようにCompareToメソッドを使って処理を分岐させることができました。

日付の大小を比較する方法

ここでは、CompareToメソッドで日付の大小を比較する方法を解説します。

日付は文字列と同様に比較することができます。

次のプログラムで確認してみましょう。

実行結果:

このようにして、日付の比較をすることができました。

日付の処理についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。

【C#入門】DateTimeで日付の処理をする方法総まとめ(ToString/parse)
更新日 : 2019年7月11日

文字列の比較総まとめ

文字列を扱う様々な方法はこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ確認してください。

【C#入門】文字列を比較する方法 総まとめ (Compare/Equals/==演算子)
更新日 : 2019年4月2日

まとめ

いかがでしたか?

今回はCompareToメソッドで比較する方法を解説しました。

文字列以外にも日付を比較することができるので、ぜひ活用してくださいね。

もし、CompareToメソッドで比較する方法を忘れてしまったらこの記事を確認してください!

エラーばかりでプログラミング学習が進まない、と悩んでいませんか?

プログラミング学習を始めたけれど、エラーの原因がよく分からなかったり、調べてみたけれど解決されず「どうやって進めればいいんだろう」と放置してそのまま挫折しかけていませんか?

一度進め方が分からなくなるとやる気も失せてしまいますよね。

そんなあなたにオススメしたいのが、「侍エンジニア塾」の無料体験レッスンです。独学で1000時間以上の学習が必要と言われているところを300時間に短縮する「プログラミング独学法」をお伝えします。

下記の無料体験レッスン予約カレンダーよりお申し込みいただけます。あなたのご相談を心よりお待ちしております。

LINEで送る
Pocket

書いた人

中沢 丈

中沢 丈

フリーランスエンジニア。
システム開発からコンテンツ作成まで幅広く対応します。

連絡先はこちらです。
[email protected]

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説