プログラミングとは?できることや仕組みをわかりやすく簡単に解説

プログラミングとはどんなもの?
プログラミングでできることは?
プログラミングの勉強法とは?

小学校でプログラミング教育が必修化され、プログラミングは現在とても注目されています。

プログラミングに関して、上記のような疑問を抱えている方も多いですよね。

今回は、初心者の方に向けてプログラミングの基礎知識から学び方まで、網羅的に解説します。初心者の方によくある質問についても回答していますので、ぜひお読みください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間高校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、侍エンジニアのインストラクターを始め、フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも登壇している。

プログラミングとは?初心者が知っておくべき基礎知識

プログラミングとは

プログラミングとは、「コンピュータを動かすための指示書を書くこと」です。

コンピュータは人間と違い、指示された通りのことしかできません。コンピュータを動かし思い通りの結果を出すためには、正しい指示書の作成が必要です。

この指示書が「プログラム」であり、プログラムの作成によってコンピュータに指示を伝える作業がプログラミングといえます。

なお、プログラミング初心者向けの基礎知識については、次の記事で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

プログラミング初心者がプログラムの基礎から学べる入門ガイド
更新日 : 2022年1月20日

プログラムがパソコン上で動く仕組みとは?

プログラムがパソコン上で動く仕組み

プログラムがパソコン上で動くまでには、上図の3ステップが必要です。

最初に、「プログラマー」がパソコンを使ってプログラムを作成します。人間のようにプログラムにも「言語」が存在し、書き方は言語によってさまざまです。

このプログラムは人間が理解しやすい形(命令を単語に近い形にして記述するテキスト)となっており、コンピュータが指示を理解できる形(0と1で表される機械語)にはなっていません。そのため作成したプログラムを実行するには、読み込む工程が必要となります。

人とコンピューターの間でプログラムを読み取ってくれる
人とコンピューターの間でプログラムを読み取ってくれる

プログラムの読み込み方式は、2種類あります。「コンパイラ」「インタプリタ」のいずれかです。「コンパイラ」は、あらかじめプログラム全体をコンピュータが理解できる形に変換します。

「インタプリタ」は、プログラムを実行する際に1行ずつ変換してコンピュータに指示を出します。いずれの読み込み方式にしても、変換した指示内容をコンピュータが解釈することでプログラムが実行されるのです。

コンパイラ・インタプリタの違いについて詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください。

コンパイラとは?基礎知識やインタプリタとの違いをわかりやすく解説
更新日 : 2021年12月23日

プログラムで人間の生活が快適になる理由とは?

人間が行っていた作業をプログラムで効率化できる

コンピュータにより人間の生活は豊かになりました。そのコンピュータを動かしているのは、他でもないプログラムです。人間はプログラムにより指示を与えることで、コンピュータによる利便性を得られます。

コンピュータは大量のデータを高速に処理できるため、人間では大変な作業を正確かつ効率的にこなしてくれます。またネットワークを介して離れた人とつながれるのも、コンピュータあってこそです。

コンピュータは「パソコン」に限らず生活の至る所に存在し、いずれもプログラムによって動いています。その例は、次のとおりです。

  • スマートフォンを便利にするスマホアプリ
  • 電化製品を使いやすくする組み込みシステム
  • 離れた人と情報共有できるSNS

スマートフォンはもちろん、テレビのような電化製品にもプログラムが組み込まれています。プログラムによって、テレビのチャンネルを変えたり、離れた相手とやり取りしたりできるのです。

小学校でプログラミング教育が必修化された意味とは?

小学校では2020年に学習指導要領が改訂され、プログラミング教育が必修化されました。

文部科学省が発行した「小学校プログラミング教育の手引(第三版)」によると、その大きな狙いは次の3点です。

  • 1. 「プログラミング的思考」を育むこと
  • 2. 情報技術の重要性を知ること
  • 3. 他教科の学習効率を上げること

1点目の「プログラミング的思考」とは、コンピュータを意図どおり動かすため論理的に思考する能力のことです。問題解決といった多くの場面で活用できるため、プログラミング教育の中で最も重要視されています。

2点目は、プログラミング教育を通して、コンピュータを活用した情報技術の重要性を知ることです。情報化社会の中で、今後コンピュータの活用がより重要となります。その意欲を高めることで社会基盤を担う人材を増やす狙いがあります。

3点目は、プログラミングに触れることで育まれる論理的思考力を、他教科の学習に役立てる狙いです。

プログラミング学習で得られる論理的思考は、教育課程でも求められます。このように初等教育でも採用されているほど、プログラミング学習は価値が高いのです。

プログラミングでできることや活用事例とは?

プログラミングでできることや活用事例
プログラミングでできることや活用事例

プログラミングでできることを一言でいうと「問題を解決すること」です。さまざまな問題に対して、システムやソフトを開発し解決することができます。

プログラミングで開発できるものの例としては、次のとおりです。

  • Webアプリ開発/Webサイト制作
  • スマホアプリ開発
  • AI(人工知能)開発
  • ゲーム開発
  • システム開発

ひとつずつ、活用事例を含めてご紹介します。

なおプログラミングでできることは次の記事でも紹介していますので、あわせて参考にしてください。

プログラミングでできることは?日常生活の活用例と言語の種類を解説!
更新日 : 2021年11月22日

Webアプリ開発/Webサイト制作

Webアプリ開発/Webサイト制作
Webアプリ開発/Webサイト制作

プログラミングによって、Webブラウザ上で動作するWebアプリやWebサイトを制作できます。インターネット上で目にするWebサイトは、全てプログラムで作られています。

■活用事例

  • 商品を購入・販売できる「Amazon」
  • 動画を視聴・共有できる「YouTube」
  • Webページを検索できる「Google」

Googleのような検索エンジンも含めて、インターネットで閲覧するあらゆるページがプログラムで動いています。

スマホアプリ開発

スマホアプリ開発
スマホアプリ開発

プログラミングによって、スマートフォンにインストールして使えるスマホアプリの開発も可能です。「App Store」や「Google Play」で配信されていますね。

これらのアプリも、プログラムで作られています。

■活用事例

  • チャットができる「LINE」
  • 人気のゲーム「モンスターストライク」

スマホアプリ開発は、今や生活に欠かせないスマートフォンの可能性を広げられるのが魅力です。

AI(人工知能)開発

AI(人工知能)開発
AI(人工知能)開発

判断・推測といった人間の思考をコンピュータで再現するAI(人工知能)も、プログラミングで開発可能です。AIといえばロボットのイメージが多いですが、それ以外にも幅広いシーンで活用されています。

■活用事例

  • 物体認識する「Roomba(ルンバ)」
  • 音声認識する「Siri」

AIの活用はビジネスでも広がっており、特に将来性の高い開発分野といえます。

ゲーム開発

ゲーム開発

プログラミングで開発できるゲームは、前述のスマホゲームだけではありません。ゲーム機やゲームソフトを使う「コンシューマーゲーム」や、VRゴーグルを用いる「VRゲーム」などあらゆるゲームはプログラムで作られています。

■活用事例

  • RPGの定番「ドラゴンクエスト」
  • 世界中でヒットした「Minecraft」
  • 日本を疑似体験できる「VR JAPAN」

ゲームのジャンルは幅広く、使われるプログラミング言語もさまざまです。

システム開発

システム開発
システム開発

「システム開発」とは、業務効率化や業務革新を目的とした企業向けのシステムを開発することです。企業が独自で使っているあらゆるシステムは、プログラミングで作られています。

■活用事例

  • 銀行口座管理システム
  • 新幹線の発券管理システム
  • 小売店の販売管理システム

上記の例はほんの一部で、プログラミングで開発できるシステムは多岐にわたります。

プログラミングを学ぶべき3つの理由とは?

プログラミングは生活を変える手段
プログラミングは生活を変える手段

プログラミング未経験の方には、ぜひプログラミングの学習をおすすめします。その理由は、下記の3点です。

  • 人材不足で仕事が探しやすい
  • 収入アップも狙える
  • 柔軟な働き方ができる

それぞれ、詳しく解説していきます。

理由1:人材不足で仕事が探しやすい

プログラミングの仕事を扱うIT業界では、常に優秀な人材を求めています。経済産業省の試算によると、2030年には約79万人のIT人材が不足する恐れがあるのです。

このことから、プログラミングの仕事は売り手市場となる可能性が高いといえます。プログラミングを習得しておけば、安定して仕事を探せる強みとなります。

理由2:収入アップも狙える

プログラミングを習得してエンジニアになり、キャリアアップすれば大きな収入アップも狙えます。

一例として、Webエンジニアの平均年収を見てみましょう。求人検索エンジンの「求人ボックス」によると、2021年6月現在のWebエンジニア平均年収は約598万円です。

出典:求人ボックス 給料ナビ

平均年収だけでも全国平均より大幅に高いうえに、年収約800万円を超える方も少なくありません。開発分野や仕事内容によって収入は変わってきますが、エンジニアが不足している分野では特に収入アップが狙える場合が多いのです。

ただしプログラミングを覚えるだけで、収入アップできるわけではありません。経験を積んで、付加価値のあるエンジニアを目指していくことが大切です。

理由3:柔軟な働き方ができる

プログラミングの仕事は、パソコンとネットワーク環境さえあれば働くことが可能です。在宅ワークという選択を取りやすく、柔軟な働き方ができます。

仕事で使えるプログラミングスキルを習得すれば働き方の選択肢が広がり、時代の変化にも対応しやすいのです。具体的なプログラミングの働き方については、次章でご紹介します。

プログラミングに携わる3つの働き方とは?

プログラミングに携わる代表的な働き方は、下記の3種類です。

  • 就職・転職
  • フリーランス
  • 副業

それぞれの働き方について、順番に解説していきます。

安定感のある「就職・転職」

「就職・転職」は、正社員としてひとつのIT企業に勤める働き方です。急に仕事がなくなることが少なく、安定感の高さが魅力といえます。

一方で時間や場所の制約が大きいため、柔軟に働きたい方には不向きです。近年、IT人材の不足が日本全体の課題となっており、未経験から就職・転職する方も増えています。

自由度が高い「フリーランス」

「フリーランス」はひとつのIT企業に所属せず、さまざまなIT企業から案件を受注していく働き方です。仕事内容や取引先を自分で決められ、自由度の高さが魅力といえます。

案件によっては取引先に出向く必要がありますが、在宅ワークできる案件も豊富にあります。

就職・転職に比べて場所や時間の制約が少ないので、柔軟なスタイルで働きたい方におすすめです。

その反面、常に同じIT企業から案件を獲得できるとは限らないので、安定感には欠けます。そのため未経験からフリーランスを目指すのは容易ではなく、それなりの経験を積んだ方が独立するケースが大多数です。

フリーランスエンジニアになる方法を知りたい方は、次の記事をぜひお読みください。

未経験からフリーランスエンジニアとして仕事獲得するまでの全手順
更新日 : 2021年11月11日

すき間時間を有効活用できる「副業」

「副業」は本業を続けながら、空いた時間にプログラミングの案件を獲得する働き方です。すき間時間を有効活用して、本業の収入に上乗せできるという魅力があります。

副業では、在宅ワークの案件を中心に獲得していくのが一般的です。ただし本業の企業が副業を禁止している場合もあるので、事前に確認しましょう。

未経験からプログラミングの副業を始める手順を知りたい方には、次の記事がおすすめです。

プログラミング副業は稼げない?未経験から始めるための5ステップ
更新日 : 2021年11月18日

初心者におすすめのプログラミング言語5選

■調査概要
調査対象:現役エンジニア100名
集計期間:2021/9/20~2021/10/1
協力会社:株式会社クラウドワークス

ここからは、弊社が現役エンジニア100名にアンケートを行い、初心者が最初に学ぶべきと回答のあったプログラミング言語を5つご紹介します。

また、今回のアンケートでは、初心者向けのプログラミング言語だけでなく、さまざまな観点からプログラミング言語を紹介しているので興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

プログラミング言語おすすめランキング【現役エンジニア100人にアンケート】
更新日 : 2021年11月24日

覚えやすく汎用性の高い「Python」

「Python」は、AIをはじめとした多くの開発分野に使われているプログラミング言語です。文法がシンプルで分かりやすく、初心者でも比較的短期間で覚えやすいといえます。

また、Pythonは汎用性が高いため使われる分野もさまざまで、初心者でも仕事を探しやすいのも魅力のひとつです。

おすすめ言語にPythonを挙げた方の口コミを、2つ紹介します。

 

20代女性

エンジニア歴7年

これ一つでWebプログラミングからAI、データサイエンスなど、多種多様な分野で使えるからです。

 

50代男性

エンジニア歴25年

ライブラリが豊富でいろいろなアプリケーションの開発に適している、簡潔な記述ができて開発効率が良い

Pythonでできること・作れるもの

Pythonでできることの代表例は、次のとおりです。

  • AI(人工知能)開発
  • Webのバックエンド開発
  • データ分析
  • スクレイピング(Web上のデータ抽出)

「バックエンド開発」とは、Webシステムのデータを管理するWebサーバー上で動作するプログラムの開発です。一方、ユーザーのWebブラウザ上で表示や、動作を制御するプログラムの開発は「フロントエンド開発」と呼ばれます。

さまざまな開発現場で活用される「Java」

Javaのプログラムは、「JVM(Java Virtual Machine)」という仮想環境上で動作することが最大の特徴です。この仮想環境はほとんどのOS上で動作でき、高い汎用性を持ちます。

また、プログラムの動作も比較的高速なため、処理速度が求められる組み込みシステム開発などにも利用されています。

おすすめ言語にJavaを挙げた方の口コミを、2つ紹介します。

 

20代男性

エンジニア歴7年

おすすめする理由は、スマートフォンのアプリ開発などでも用いられるから。Kotlinもありますが、Javaを理解していれば乗り換えもしやすいです。また、日本語のナレッジも多く、調べやすい部分も評価出来ます。

 

40代女性

エンジニア歴15年

Web系にも基幹系にも使えて、プログラムの基礎的なことが理解できる言語だから。また、オブジェクト指向を学べるためです。

Javaでできること・作れるもの

Javaでできることの代表例は、次のとおりです。

  • Webのバックエンド開発
  • Androidのスマホアプリ開発
  • 業務システム開発
  • 組み込みシステム開発

処理速度が早い「C言語」

C言語は、高速で無駄のないプログラムを書けることが特徴です。高い処理速度が求められる業務システム開発や組み込みシステム開発で安定した需要があります。

また、Javaをはじめとした多くの言語は、C言語を参考にして作られています。そのためC言語を学んでおけば、他の言語を学ぶときに活かしやすいのも魅力です。

おすすめ言語にC言語を挙げた方の口コミを、2つ紹介します。

 

40代男性

エンジニア歴23年

組み込み開発で使用されており、ハード制御をするときに、自由度が高い。参考書等も豊富で学習が容易。

 

30代女性

エンジニア歴5年

C言語を覚えれば大体他の言語にも応用がきくと思うし、幅広く使われている言語になるのでおすすめしたいです。

C言語でできること・作れるもの

C言語でできることの代表例は、次のとおりです。

  • 業務システム開発
  • 組み込みシステム開発

Web開発で需要が高い「PHP」

「PHP」もWeb開発に使われるプログラミング言語ですが、JavaScriptとは動作環境や役割が異なります。

JavaScriptが動作するのはユーザーのWebブラウザ上(フロントエンド)ですが、PHPが動作するのはWebサーバー上(バックエンド)です。PHPのプログラムは、Webサーバー上のデータベースからデータを取得して加工を行い、フロントエンドのプログラムに渡す役割を担当します。

PHPはバックエンド開発の需要が圧倒的に高く、初心者でも仕事を探しやすい言語です。

おすすめ言語にPHPを挙げた方の口コミを、2つ紹介します。

 

50代男性

エンジニア歴10年

Webシステム開発には必須と思います。この言語を理解していないと仕事にならないと思っています。

 

20代女性

エンジニア歴2年

Webページ作成時に使用することが多く、Javaに比べて学習しやすく習得しやすいと感じたため。

PHPでできること・作れるもの

PHPでできることの代表例は、次のとおりです。

  • Webのバックエンド開発
  • WordPressサイトのカスタマイズ

Webコンテンツを構築する「WordPress」は、PHPで作られています。そのため、WordPressサイトのカスタマイズにPHPが使われることもあります。

環境構築が不要な「JavaScript」

「JavaScript」は、Webサイトに動きを付けるプログラミング言語です。JavaScriptはあらゆるWeb開発で使われるため高い需要があります。スキル習得すれば、安定した仕事獲得が期待できます。

Webブラウザさえあれば動作を確認できるため特別な環境構築が不要で、初心者でも学びやすいです。

おすすめ言語にJavaScriptを挙げた方の口コミを、2つ紹介します。

 

50代男性

エンジニア歴21年

ブラウザさえあれば簡単に学習を始めることができるJavaScriptは情報も多く初心者にお勧めです。

 

20代男性

エンジニア歴2年

学習コストも少なく、実装したことが画面に反映されて実感が得られやすい。

JavaScriptでできること・作れるもの

JavaScriptでできることの代表例は、次のとおりです。

  • 動的なWebサイトの作成
  • ブラウザゲームの開発

初心者におすすめのプログラミング学習法4選

プログラミング初心者におすすめの学習法は、下記の4つです。

  • サイトやアプリを利用する
  • 本を読んで学ぶ
  • ゲームで学ぶ
  • スクールで学ぶ

ひとつずつ、解説していきます。

さっそくプログラミングを学びたいとう方は、次の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

プログラミングを独学でマスターできる勉強法【おすすめサイトや本も紹介】
更新日 : 2021年12月29日
プログラミング初心者がプログラムの基礎から学べる入門ガイド
更新日 : 2022年1月20日
プログラミングを始める前に知っておきたい基本と3つの鉄則
更新日 : 2021年11月5日

学習サイトや学習アプリを利用する

プログラミング学習に使えるサイトやアプリは、さまざまな種類が存在します。これらはパソコンで利用できるため、知識を得ながら実践しやすいのがメリットです。

無料で利用できるものも多いので、コストをかけずにプログラミングの基礎を習得したい方におすすめします。次の記事で学習サイト・学習アプリを紹介していますので、ぜひお読みください。

本を読んで学ぶ

プログラミングについて学べる入門書を読むのも、効果的な勉強法です。入門書には幅広い知識が詰まっているので、ひとつの教材でまずは概要から学びたい方に適しています。

プログラミングの入門書は大きく分けると、下記の2種類です。

  • プログラミングの全体像がわかるもの
  • あるプログラミング言語に特化したもの

初心者であれば、プログラミングの全体像が分かる入門書から読むことをおすすめします。学びたい言語が明確になっている方は、プログラミング言語別の入門書を読みましょう。

次の記事ではプログラミングのおすすめ入門書を9冊紹介していますので、ぜひお読みください。

【初心者向け】プログラミング入門書としておすすめの本9冊
更新日 : 2021年8月3日

学習ゲームで学ぶ

最近では、ゲーム感覚でプログラミングを学べるサービスも豊富にあります。このようなサービスを使うと楽しみながら学べるため、年齢を問わず学習を継続しやすいのがメリットです。

ただし学習サイトや入門書ほど、深く学べない場合もあります。プログラミングの基礎を身に付けるうえで、モチベーションを維持できるか不安がある方におすすめです。

次の記事では、ゲームでプログラミングを学習できるサービスを子供向け・大人向け合わせて18点紹介しています。ゲームで学びたい方は、ぜひ参考にしてください。

【2022年最新】プログラミングゲーム28選!無料・子供向け・大人向けを一挙紹介!
更新日 : 2022年1月4日

プログラミングスクールで学ぶ

プログラミングを習得するためには、実践学習が欠かせません。しかし前述した独学の勉強法では、実践学習で発生した問題点や不明点をすべて自力で解決することになります。

これはプログラミング初心者にとって大変難しいことです。次の記事にもあるとおり、独学の約90%の方がつまずいたり挫折したりする大きな原因となっています。

【挫折率90%】プログラミング学習に失敗する原因と正しい学習ステップ
更新日 : 2021年12月16日

挫折が不安な方には、プログラミングスクールを利用することをおすすめします。スクールならプロの指導の下でスムーズに問題解決できるため、挫折しにくいのです。

最近ではオンラインのスクールも多いので、すき間時間を有効活用して学べます。

初学者におすすめのプログラミングスクール3選

習得難度の低いプログラミング言語でも、習得までには多くの時間と苦労を要します。挫折せず効率的に学びたい方には、プログラミングスクールがおすすめです。

ここでは、おすすめのプログラミングスクールを3社ご紹介します。次の記事では今回紹介するプログラミングスクールも多く紹介しているのであわせてご覧ください。

【2022年1月最新】オンラインプログラミングスクールおすすめ12選
更新日 : 2022年1月20日

SAMURAI ENGINEER

previous arrownext arrow
Slider
学べる言語オーダーメイドカリキュラムなので全て
受講形式オンライン型
料金・期間(代表的なコース)デビューコース(4週間プラン)
・授業料68,000円
・入学金98,000円
エキスパートコース(12週間プラン)
・授業料498,000円
・入学金198,000円
フリーランスコース(12週間プラン)
AIコース(12週間プラン)
・授業料698,000円
・入学金298,000円

2021年9月時点の税込み価格を掲載しています。

「SAMURAI ENGINEER」は、マンツーマン指導が特徴のオンライン型プログラミングスクールです。受講者に合わせた専属の講師がサポートしてくれるので、分からないことがあってもすぐに相談できます。

カリキュラムはオーダーメイドで、基本的にどのプログラミング言語でも学べるのも魅力です。オリジナルサービスの開発学習が充実しており、仕事に役立つ実践的なスキルが身に付きます。

無料カウンセリングがオンラインで受けられるので、少しでも興味を持った方は気軽にご利用ください。

公式サイトで詳細を見る  

TechAcademy

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
学べる言語Python/Ruby/PHP/JavaScript/Java/Swift/Kotlin/C#/C言語など
受講形式オンライン型
料金・期間(代表的なコース)ウケ放題(24週間)
・547,800円~
Webアプリケーションコース(4週間)
・174,900円~
AIコース(4週間)
・174,900円~

2021年9月時点の税込み価格を掲載しています。

「TechAcademy」は、学べる内容が幅広いオンライン型のプログラミングスクールです。Webデザインやゲーム開発など多くのコースを用意しており、やりたいことに合わせて幅広く学べます。

また受講者が能動的に学べるカリキュラムで、実践学習が充実しているのも魅力です。チャットでのサポート時間は15時~と遅めなものの、現役エンジニアの講師が丁寧にサポートしてくれます。

公式サイトで詳細を見る  

CodeCamp

previous arrownext arrow
Slider
学べる言語Python/Ruby/PHP/JavaScript/HTML/CSS/Java/Swiftなど
受講形式オンライン型
料金・期間(代表的なコース)エンジニア転向コース(4か月)
・528,000円~
(授業料495,000円+入学金33,000円)
Webマスターコース(2か月)
・198,000円~
(授業料165,000円+入学金33,000円)
デザインマスターコース(2か月)
・198,000円~
(授業料165,000円+入学金33,000円)

2021年9月時点の税込み価格を掲載しています。

「CodeCamp」も、オンライン完結のプログラミングスクールです。オンラインシステムが充実しており、学習状況や成果物の評価などをWeb上で一元管理できます。

また、年中無休で7:00~23:40のいつでも受講できるので、生活リズムに合わせて学びやすいのも魅力です。コースはWeb系が中心となりますが、就職・転職サポートも受けられるのでプログラミングを仕事にしたい方におすすめします。

公式サイトで詳細を見る  

プログラミングに関するQ&A

プログラミング初心者によくある疑問

ここでは、プログラミング初心者によくあるみっつの疑問に対して、回答していきます。

初心者でもプログラミングは簡単に覚えられるの?

言語や勉強法の選択を間違えなければ、初心者でもプログラミングを簡単に覚えられます。前述のとおりプログラミングの勉強法は豊富に存在し、初心者でも学びやすい環境が整っているのです。

各プログラミング言語の習得難度はそれぞれ異なるので、初心者でも習得しやすい言語を選びましょう。初心者におすすめのプログラミング言語は、後ほどご紹介します。

プログラミングが向いている人の特徴とは?

プログラミングが向いている人の代表的な特徴は、次の3つです。

  • 論理的思考力を持っている
  • 集中力がある
  • 学び続ける意欲がある

このような特徴が多く当てはまる方ほど、プログラミングをスムーズに習得しやすいといえます。上記の特徴は後からでもカバーできますし、当てはまらない方でも習得は可能です。

次の記事を読めば、プログラミングが向いている方のより詳しい特徴や適性検査ができるサイトを把握できます。

プログラミングが向いている人の特徴と適性検査ができるサイト3選
更新日 : 2021年10月26日

プログラミングはどれくらいの期間で覚えられるの?

プログラミングを基礎レベルで習得するためには、1~3か月ほど必要です。大手スクールの最短コースで集中的に学べば1か月程度ですが、独学ですき間時間に学ぶ場合は2~3か月程度かかります。

ただし仕事でプログラミングを使うのであれば、プログラミングの基礎レベルでは不十分です。弊社のエンジニア50人を対象とした独自調査によると、実務レベルで習得するためには15~18か月程度かかっています。

習得期間について詳しく知りたい方は、次の記事をお読みください。

プログラミング習得期間はどれくらい?独自調査を元に詳しく解説
更新日 : 2021年10月6日

まとめ

この記事では、プログラミングとはなにかといった基礎的なことから具体的な学習方法まで、まとめて紹介しました。

小学校で必修教科となったように、プログラミングはこれからの時代に役立つスキルです。今回の内容を参考にして、気になる方はプログラミング学習にチャレンジしてみてください。

この記事のおさらい

プログラミングとは?

一言でいうと「コンピュータを動かすための指示書を書くこと」です。

初心者におすすめのプログラミング言語とは?

「Python」「JavaScript」「PHP」を特におすすめします。いずれも需要が高く、初心者の方でも覚えやすいプログラミング言語です。

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close