スライドショー スライドショー

在宅ワークとノマドワークの違い・なる方法【エンジニアが最適です】

働き方改革が進み、多様な働き方が増えてきた現代。

会社員として働くことにストレスが多いと感じ、在宅ワークやノマドワークに興味を持つ方も増えてきているように感じます。でも実際のところ、

在宅ワークとノマドワークの違いって何だろう?
そういうふうに自由に働いてみたいけど、ちゃんと仕事があるの?
在宅とかノマドって、ストレスないのかな?

上記のような疑問や不安はありますよね。

そこでこの記事では、現役で在宅ワークとノマドワークをどちらもこなしてる筆者が

  • 在宅ワークとノマドワークの違い
  • 在宅ワークとノマドワークのメリット・デメリット
  • 在宅ワークとノマドワークに向いている仕事(エンジニアがおすすめです)


この3点をまとめました。

ぜひご参考になさってください。

在宅ワークとノマドワークの違い

まず、在宅ワークとノマドワークの違いを簡単に説明しておくと、「自宅のみで仕事をするかどうか」の違いです。

※在宅ワークは自宅を拠点に働くことで、ノマドワークは特定の拠点を持たない、より自由な働き方です。

では、在宅ワークとノマドワークがそれぞれどんな働き方のことを言うのか、以下からより詳しくご紹介します。

在宅ワークとは?

画像:Shutterstock

在宅ワークは在宅勤務とも言い、その名前の指すように基本的には「自宅」を拠点として仕事をする働き方のことを言います。

就業形態は一般的には個人事業主で、上司・同僚とともに業務を進める会社とは違い、在宅ワークは基本的にクライアントと直接やり取りをし、仕事を進めます。

仕事の種類としては、パソコンを使ったデータ入力などの内職系の仕事の他、後述するプログラミングやウェブサイトの制作、翻訳やライティングなど多種多様な仕事が選べるのも特徴です。

ノマドワークとは?

画像:Shutterstock

ノマドワークは、ノートPCやスマートフォンなどを使いコワーキングスペースやWiFiのあるカフェ、あるいは旅行先など、オフィス以外の様々な場所で仕事をする働き方のこと。

「様々な場所」の中にはもちろん自宅も含まれるため、在宅ワークの拡張版とも言えるかもしれません。

より自由な働き方ができるのが魅力で、仕事の種類は基本的にはIT・Web系となり、在宅ワークに比べれば仕事の幅がやや限られます。

在宅ワークとノマドワークのメリット・デメリットまとめ

画像:Shutterstock

続いて、在宅ワークとノマドワークにはそれぞれどんなメリット・デメリットがあるのか確認してみましょう。

在宅ワークのメリット・デメリット

まずは自宅を拠点に仕事をする「在宅ワーク」のメリット・デメリットを挙げてみます。

【メリット】
  • 家事・育児をしながら仕事ができる
  • 衣食住すべてが揃う
  • 自分の最も落ち着ける環境で仕事ができる
  • 仕事の種類が豊富


【デメリット】
  • 家事・育児に仕事の進捗が左右される
  • 運動不足になりがち
  • 他人とのコミュニケーションが少ない(孤独感を感じやすい)
  • サボってしまいがち

ノマドワークのメリット・デメリット

続いては働く場所を自由に選べる「ノマドワーク」のメリット・デメリットのご紹介です。

【メリット】
  • 集中できる環境が選べる
  • 仕事をする時間が自由
  • 旅行しながらでも仕事ができる
  • 新たな人脈を増やしやすい


【デメリット】
  • 場所代・食事代など費用がかかる
  • ネット環境に仕事の進捗が左右される
  • 家庭を持っている人は実現しにくい
  • 基本的はWeb系の仕事のみ(在宅ワークに比べやや選択肢が狭い)

在宅ワークとノマドワーク、それぞれに向いてる人

では、ここまでを踏まえて在宅ワークとノマドワーク、それぞれどんな人が向いているのでしょうか?

在宅ワークに向いてる人

画像:Shutterstock

まず、在宅ワークに向いているのは以下に当てはまる人です。

  • 子どもがいる人・専業主婦
  • 場所代・食事代などを節約したい人
  • 未経験から挑戦したい人

ノマドワークに向いてる人

画像:Shutterstock

続いて以下に当てはまる人はノマドワーク向きと言えます。

  • 独身または子どもがいない人
  • 旅行好きな人
  • Web・IT系が好きまたは得意な人

在宅ワーク・ノマドワーク向きの仕事は断然「エンジニア」です

画像:Shutterstock

ここまで読んできて疑問になるのが

在宅やノマドに向いてる仕事って何なんだろう?

ということではないでしょうか。結論から言えば、在宅・ノマドどちらにとっても最もおすすめの仕事は「エンジニア」です。

エンジニアは、ノートPC1台とWiFiを用意すれば在宅でもコワーキングスペースやカフェでも場所を選ばず仕事が可能です。

これに加え、抜群の需要と高収入が見込め、さらには学習方法も豊富にあります。これほど在宅ワーク・ノマドワークに向いている仕事もありません。

当塾でも未経験からエンジニアを養成するプログラミングスクールを運営していますが、プログラミングをマスターして在宅・ノマドで働くエンジニアの卒業生が多数いらっしゃいますよ!

※エンジニアとして在宅ワーク・ノマドワークを実現した卒業生のインタビューは以下の記事をごください。

33歳ホテルマンがわずか4ヶ月でフリーランスエンジニアデビュー
更新日 : 2021年1月7日
「知識だけでは仕事に繋がらなかった」38歳接客業からフリーランスデビューできた理由
更新日 : 2019年11月5日
「ママ×プログラミング」でライフステージに合わせた働き方を手に入れるまで
更新日 : 2021年1月12日

未経験から最短でエンジニアを目指すなら「侍エンジニア」!

できるだけ早く、上記でご紹介した卒業生のような在宅ワーク・ノマドワークで働くエンジニアになりたい!

もしあなたがそう思うなら、ぜひ当塾「侍エンジニア」の無料体験レッスンを受けてみませんか?

当塾の特徴は、現役のエンジニア講師があなたに合わせた専用カリキュラムを作成し~完全マンツーマンでレッスン完了まで対応することにあります。

あなたの現在のレベルや「いつまでどんな仕事につきたい」等の希望に合わせた最適な学習プランを組み、年中無休で8~22時までチャットサポート。

未経験からエンジニアを目指す方に最適な「プログラミング学習環境」をご提供します。

まずはお気軽に無料体験レッスンをご予約いただき、現在抱えてる不安や、将来の目標・希望などを何でもお聞かせください!

以下のボタンからかんたんにご予約できますよ!

侍エンジニア
無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

れん

WordPress系言語(HMTL・CSS・PHP)を愛する6歳男の子パパ。2020年のプログラミング教育開始に向け、親子プログラミング学習をやってます。息子のプログラミング教室の送り迎えが日課です。
プログラミングスクールやプログラミング学習のブログ書いてます。