スライドショー

【Ruby入門】Hash(ハッシュ)の基礎文法【コロン=シンボル】

こんにちは! フリーエンジニアの長瀬です。

みなさんはHash(ハッシュ)を使いこなしていますか?

この記事では、ハッシュの使い方についてまず、コロンの正体がシンボルであることを説明した後、Rubyで使われるハッシュについて基礎文法を網羅しました。

コロンを使った表記は珍しいので、初めは違和感があると思いますが、しっかりマスターして、できるRubyistに一歩前進しましょう。

コロンとは

コロンの意味

「:」コロンはRubyにおいて、そのオブジェクトがシンボルであることを明示するための記号です。

hash1 = {:Ruby=>"Rails",:Python=>"Django"}
hash2 = {Ruby:"Rails",Python:"Django"}

例えばRubyを勉強しているかたなら、上記のようなコロンのついている文字を見かけて、なんで:(コロン)がくっついているんだ気持ち悪い!と一度は思ったことがあると思います。

この:(コロン)をつけて表現すると、Rubyはシンボルとしてそのオブジェクトを扱います。

シンボルを使う理由

「別にシンボルなんてものがなくても、文字列だけでいいじゃないか」と思った方も多いのではないでしょうか?

しかし、実はシンボルを使うと文字列で普通に定義した時と比べて、少しだけ処理を高速化することができるからです。

まずシンボルはRuby内部では数値として扱われるので、文字列と比べればメモリサイズが軽くなります。

さらに文字列は定義するごとに新しいオブジェクトを生成しますが、シンボルはただ1つしか生成されず、その後呼び出したときはすべてその1つから値を参照します。

つまり、1つのオブジェクトだけで済むのでメモリを節約できます。

例えば、さきほどの例にあった:nameは表示の上では:nameですが、Rubyは:nameのことを数字だと思って扱っています。

あくまでも、イメージですが:name=3898 :Ruby=2232は表示の上では文字列です。

けれど、Rubyは3898,2232の数字にしか興味がないのです。

少し例が悪いですが、それは囚人番号のようなものです。

そうです囚人番号で呼べば、看守(Ruby)は何百人もの囚人の名前を覚える必要がない分、楽ができるというわけです。

Rubyは人間に比べれば記憶力がいいので、何百人であろうと名前を覚えることができますが番号を使った方がはるかに楽なことがわかります。

また囚人番号の例を使えば、シンボルのオブジェクトがただ1つだけ生成されるということも理解しやすいです。
そうです、現実でも同じ人間は2人存在しませんよね?

というわけで同じように、シンボルも重複して生成されないのです。

では、そんなシンボルを使ったハッシュの基礎文法を学んでいきましょう。

シンボルについてはこちらでまとめられているので参考にしてみてください。

【Ruby入門】コロン記号の意味とシンボルのやさしいまとめ!
更新日 : 2017年12月20日

ハッシュの基本形(リテラル)

ハッシュは、ブレース「{}」で囲み、カンマ「,」区切りで記述します。

キーと値のペアを「=>」で関連づけます。

キーと値には、数値や文字列を使うことができます。

# name、scoreはキー、samurai、80は値
{ "name" => "samurai", "score" => 80 }

# キーはシンボルでも可能
 { :name: => "samurai", :score => 80 } 

# キーがシンボルの場合は省略形が使える(コロン「:」の位置が逆になる)
{ name: "samurai", score: 80 }

ハッシュの基本的な使い方

値の取得

hash = { 1 => "Samurai", 2 => "Ruby", "third" => "Rails" }
 
hash[2] = "Samurai"
hash["third"] = "Rails"

値の追加

hash = { 1 => "Samurai", 2 => "Ruby", "san" => "Rails" }
 
hash[4] = nil
hash[5] = "Python"

値の更新

hash = { 1 => "Samurai", 2 => "Ruby", "san" => "Rails" }
 
hash[1] = "Python"

値の削除

hash = { ruby: 'Rails', python: "Django" }

hash.delete(:ruby)

要素数の取得

# sizeメソッドかlengthメソッドを使用する
hash.size

hash.length

ハッシュでよく使うメソッド


【Ruby入門】sortの使い方まとめ 【to_hash sort_by】
更新日 : 2019年1月7日

【Ruby入門】findメソッドの使い方まとめ【ハッシュ 参照渡し】
更新日 : 2018年6月15日

【Ruby入門】配列の基礎から応用的な使い方まとめ
更新日 : 2019年7月17日

逆引き!RubyHash便利メソッドまとめ【each/map/sort/key/merge】
更新日 : 2016年10月18日

参考書籍

たのしいRuby 第5版


ハッシュの作成方法、操作方法をはじめ、Hashクラスの基本的な使い方が解説されています。

また、応用問題まであるので使い方の練習をすることもできます。

パーフェクトRuby (PERFECT SERIES 6)


こちらもHashの作成方法、操作方法などについて解説されていますが、大型本なので豊富なサンプルコードをもとに解説されています。

より理解を深めたい場合に参考になりました。

侍編集部のおすすめ

侍編集部では、入門・中級・上級にレベル分けをしてRubyの書籍を紹介しています。

自分のレベルにあった書籍がきっと見つかるので、参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、コロンがシンボルだということが判明した後に、ハッシュの基本文法を解説しました。

この記事を読んだ方が少しでもコロン(シンボル)の違和感を解消できれば、ライターとして幸いです。

シンポルを上手に使いこなせるようになると、メモリを節約できるようになるのでぜひマスターしておいてください。

もしシンポルの意味やハッシュの基本文法について忘れてしまったらこの記事を確認してくださいね!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

長瀬来

長瀬来

Unityを使ったiOSアプリのリリース、フリマサイト運営の経験があります。

経験した言語はC、C#、Javascript、R、Python、Ruby、PHPなど

言語が好きで、英語や中国、ドイツ語を勉強しました。
将来的には海外で生活したいです。

現在はRuby on Rails5やCocos2dxの勉強を主にしています。

ライターとしては
できるだけ初心者にわかりやすい文章になるように心がけています。

趣味は語学、読書です。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説