ブクマ必至!Linuxコマンド一覧表【全33種】

兵政和
書いた人 兵政和
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

こんにちは!兵政和です。

突然ですがあなたは、

「Linuxコマンドを知りたいけど、どうすればいいのか・・・」
「よく使うものだけでも一通り覚えたいな・・・」

こんな風に思ってはいませんか?

僕も初めてLinuxコマンドに触れた時は、あまりの数の多さや小難しさに挫折寸前になってしまったことを鮮明に覚えています。

ですが、実際によく使うものはそこまで多くなく、使っていればすぐ慣れて簡単にLinuxコマンドを使いこなすことができます。

なので今回は、まずはこれだけ覚えておけば大丈夫!というLinuxコマンド一覧表をご紹介します。

数あるLinuxコマンドの中でも、初心者がまず覚えるべき、よく使われるコマンドを厳選しました。

加えて、使えると便利なターミナルのショートカットキーや、さらに困った時の対処法なども網羅して載せています。

これから初めてLinuxを触っていこうとしている方は、この1ページを覚える、またはブックマークだけでもしておけばひとまずは困らないでしょう。

それではどうぞ!

そもそもLinuxとは?

「そもそもLinuxってなに?」
「なぜLinuxコマンドを覚えるべきなのか?」

という根本がわかっていると、コマンドの習得や活用に活きてきます。

その辺りはこちらの記事で詳しい説明をしていますので、知りたい方はまずこちらから目を通してみてください!

よく使うLinuxコマンド一覧

まずは、Linuxでよく使うコマンドを紹介していきます。

ここで紹介しているコマンドは使用頻度が高いので、ぜひ実際にコマンドを打って動作を確認してみましょう!

コマンド説明使用例

cd


ディレクトリ(フォルダ)移動


cd 移動したいフォルダ名


ls


フォルダの内容をリスト形式で表示する


中身をみたいフォルダに移動して、ls


mv


ファイルを移動


mv (移動元ファイル名/フォルダ名) (移動先ファイル名/フォルダ名) 


cp


ファイルやフォルダをコピーする


cp (移動元ファイル名/フォルダ名) (移動先ファイル名/フォルダ名) 


clear


消さずに画面を綺麗にする

-

mkdir


フォルダを作成する 


mkdir フォルダ名


touch


ファイルを作成する

touch ファイル名

rmdir


空のフォルダを削除する


rmdir フォルダ名


rm


ファイルやフォルダを削除する


rm ファイル名/フォルダ名


pwd


現在いる位置を表示する

-

find


ファイルの検索をする

find / -name ファイル名

cat


ファイルの内容を表示する


cat ファイル名


diff


ファイルとファイルの内容の違いを表示する


diff 旧ファイル名 新ファイル名


grep


指定した文字列がテキスト内に存在した場合その行を抽出する


grep "検索したい文字" * ファイル名


chmod


ファイルやフォルダのアクセス権限を変更する


chmod 権限ファイル名


chown


ファイルやフォルダのオーナーやグループを変更する


chown 変更したいユーザー名 変更したいファイル名


history


コマンドの履歴を表示する


-


ln


ファイルやフォルダにリンクを設定する


ln リンク元ファイル名 リンク先ファイル名/フォルダ名


man


コマンドのマニュアルを表示する

man コマンド

apropos


manページの内容を検索する


apropos キーワード


less


テキストファイルを閲覧する


less ファイル名


more


ファイルをページ単位で閲覧する


more ファイル名

その他目的別でよく使うコマンド

目的別にLinuxコマンドを使いたい時があると思います。

その中でとくによく使うものをご紹介しますので、これだけ覚えておいて、細かいものはその都度調べてみてください。

ユーザー管理したいとき

コマンド説明

useradd/adduser


ユーザーを新規作成する

deluser


ユーザーを削除する


groupadd


グループを新規作成する


groupdel


グループを削除する


chfn


ユーザー情報を変更する

システム管理したいとき

コマンド説明

free


空きメモリや、使用中メモリを表示する


last

最近ログインしたユーザー名を表示する


finger


ユーザー情報を表示する

ネットワーク関連を設定したい時

コマンド説明

route


ルーティングの表示や設定を行う


ftp


ファイルをFTPで転送する


ssh


sshでログインする

Linuxコマンドは他にもたくさんありますが、全部覚えようとしても効率が悪いです。
せっかく覚えても一生使わないものもあります。

まずは上で紹介しているものだけで十分ですので、ぜひ実際に手を動かして試しながら使ってみてください。

覚えておくと便利なショートカットキー

覚えておくと非常に役立つショートカットキーをご紹介します。

これは頭で覚えるというより、指に慣れさせましょう。
便利そうだなーと思ったものから早速つかってみるといいでしょう。

必須というわけではありませんが、これを使いこなすか否かで、効率性が2~3倍違ってきます。

ショートカットキー説明

↑ ↓


コマンド履歴を順に表示


tabキー


フォルダやファイル名の予測変換


Ctr(control) + a


カーソルを先頭に


Ctr + e


カーソルを終端に

Ctr + b


カーソルを一文字戻す


Ctr + f


カーソルを一文字進める

Ctr + d


カーソル位置の文字を消す


Ctr + h


カーソル位置の左側の文字を消す


Ctr + w


カーソル位置の左側の単語を消す


Ctr + r


コマンド履歴の中で検索する

困ったときの調べ方

Linuxのコマンドはコマンドごとにオプションが用意されています。

たとえば、「ls」コマンドだったらファイルを一覧で表示させたり、更新されたファイル順に表示させたいときもあるでしょう。

そんなときは「man」コマンドを使用すると、対象のコマンドの使い方や使用できるオプションを調べることができますので、使い方はぜひ覚えておきましょう!

manコマンドは以下のように記述します。

また、上でも説明していますが、Linuxコマンドは全てを覚える必要はありません。

現役のエンジニアやプロでも全て覚えている人はほとんどいないでしょう。

では日々どうやってプログラミングしているのかというと、「必要になったら調べている」のです。

その正しい調べ方を知っていれば、どんな問題も怖くなくなります。

この記事の冒頭の「そもそもLinuxとは」のリンク先の記事でも、調べ方のコツを載せていますので、こちらもぜひ目を通してみてください。

まとめ

ここでは、まずはこれだけ!というLinuxコマンド一覧をご紹介してきました。

初めは難しく感じるかもしれませんが、現在プロとして活躍しているエンジニアも誰もが最初は初心者でした。

この記事を参考に、Linuxコマンドを使いこなしてくれれば嬉しいです。

関連記事


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーランスをされている市川友哉さん。33歳で、プログラミングを学び始め、4ヶ月という短い期間でフリーランスエンジニアとして独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


未経験者でも安心の徹底サポート!まずは完全無料の体験レッスン!

「プログラミングに興味があるけど未経験だし、、、」とお悩みの方はご安心ください。

  • 24時間質問し放題
  • あなただけのオーダーメイドカリキュラムで学習の効率化
  • 仕事獲得方法からオリジナルアプリ開発方法

侍エンジニア塾では徹底したサポートによる「オーダーメイドカリキュラム」を作成しています。

まずは無料体験レッスンで、「挫折しない学習方法」や「あなただけの学習ロードマップ」を知り、学習の効率化をしましょう。独学の難点である「オリジナルアプリの作り方やエラーの対処法」についてもアドバイスさせていただきます。

詳しいサービス内容は、下記よりご参照ください。

cta_mtm1

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

兵政和

兵政和

フリーランスコンサルタント。侍メディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。好きなショートカットキーは、command + w。愛機はMac Book Air。漢字は違うけど、名前がキングダムしがち。