独学でゲームプログラミングを学べるツール9選|覚えるステップ3段階

プログラミングに興味がある方の中には、独学でゲームを作ってみたい方もいるでしょう。しかし何からはじめればいいのかわからない、どのようなゲームが作れるのかわからないといった方もいるのではないでしょうか。

ゲームプログラミングは独学でも十分習得可能と考えられます。

この記事では独学でゲームプログラミングが学べるツールについてご紹介していきますので、ゲームプログラミングに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の要約
  • ゲームでプログラミングを体験したい人は「Code Studio」
  • ゲームでコーディングを学ぶなら「CODEPREP」
  • 本格的なゲーム開発を学ぶなら「CodinGame」

なお、どのプログラミング言語を学べばいいのか、どう学習を進めればいいのかなどがあいまいな人は「プログラミング学習プラン診断」をお試しください。

かかる時間は1分ほど。4つの質問に答えるだけで、あなたにあう言語や学習プランを診断してもらえます。

これからプログラミングを学ぼうとしている人は、ぜひ一度お試しください。

\ 4つの質問に答えるだけ /

本記事の解説内容に関する補足事項

本記事はプログラミングやWebデザインなど、100種類以上の教材を制作・提供する「侍テラコヤ」、4万5,000名以上の累計指導実績を持つプログラミングスクール「侍エンジニア」を運営する株式会社SAMURAIが制作しています。

また、当メディア「侍エンジニアブログ」を運営する株式会社SAMURAIは「DX認定取得事業者」に選定されており、プログラミングを中心としたITに関する正確な情報提供に努めております。

記事制作の詳しい流れは「SAMURAI ENGINEER Blogのコンテンツ制作フロー」をご確認ください。

目次

独学でゲームプログラミングを修得したい

画像:Shutterstock

独学でゲームプログラミングを学べるツール

画像:Shutterstock

独学でゲームプログラミングをしようと考えている場合は、まずは独学でのゲームプログラミングに適したツールを探してみましょう。ここでは独学でゲームプログラミングを学べるツールを3つご紹介しますので、ぜひツール選択時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

Code Studio

引用元:Code studio

Code Studioは4歳からゲームでプログラミングを学べるサイトです。4歳~6歳を対象とした初心者のコース1から、9歳~18歳までを対象としたコース4まで4つのコースに分かれています。

ビジュアルプログラミングで視覚的にもわかりやすくなっているため、独学でプログラミングを学ぶのが初めての初心者でも挑戦しやすいでしょう。もともと英語のみで書かれていましたが、日本語への翻訳も進められています。

Smalruby

引用元:Smalruby

SmalrubyはRubyを利用した独学でゲームプログラミングを学べるRuby専用の学習ツールです。子ども向けのRubyのプログラミング教室などを開催しているNPO法人「Rubyプログラミング少年団」が運営しているサイト内で公開されています。

イベントのブロックを繋げるゲームなどで、簡単にRubyを使ったプログラミングを体験することができます。また、タブを切り替えることでRubyのコードも参照できます。

Scratch

引用元:Scratch

Scratchはマサチューセッツ工科大学のMITメディアラボが開発した、独学でゲームプログラミングを学べるツールです。他のサイトと同じようにビジュアルプログラミング言語になっており、ブロックを組み合わせることでプログラミングが学べます。

子どもから利用することができますが、非常にできることが多くやりこみ要素も多いため、3Dのシューティングゲームなどの本格的なゲームを作ることも可能です。

コーディングを覚えたい人向けツール

画像:Shutterstock

ここまでご紹介したゲームプログラミングができるツールは、全てブロックなどのビジュアルプログラミング言語で行うタイプになっています。

そのため、本格的にプログラミング言語を使ったコーディングを覚えたい人は、別のツールを使う方がおすすめです。ここでは独学でコーディングを覚えたい人向けツールをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

CODEPREP

引用元:CODEPREP

CODEPREPはプログラミングを書いて動かしながら学べる無料の学習サービスです。実践的にプログラミングを書いて、動かしながら独学で学習することができます。

プログラミング言語はHTML、CSS、Ruby、PHP、Python、Java、JavaScriptなどに対応しています。100冊以上あるブックを自由に学ぶことができ、1冊10分の穴埋め問題になっているため、隙間時間で独学することが可能です。

CodeMonkey

引用元:CodeMonkey

CodeMonkeyはゲーム感覚でプログラミングを独学で学べるサービスです。イスラエル生まれのプログラミングツールで、バナナを取られた猿のキャラクターがバナナを取り返していくという「コードの冒険」で、プログラミングの基礎を学びます。

ブラウザ上ですぐに利用でき、最初の30ステージまで無料で体験できるため、興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

Code Babes

引用元:Code Babes

Code Babesはセクシーな動画で独学でプログラミングが学べるサイトです。ここまでは子どもでも使える学習サイトをご紹介しましたが、Code Babesは大人向けの学習ツールです。

教えてくれるのはセクシーな女性講師で、1レッスンごとに動画とクイズがセットになっており、クイズにクリアするたびに動画の中の女性が脱衣していきます。言語はHTML、CSS、PHPを学べますが、日本語には対応していません。

上級者向けツール

画像:Shutterstock

ここまでは小学生などの小さな子どもからでもプログラミングを学べるツールを多くご紹介してきましたが、すでにある程度プログラミングができる人なら、もっと上級者向けのプログラミングツールを利用した方が良いでしょう。

ここでは上級者向けのプログラミングツールをご紹介しますので、初心者向けでは物足りないという方はこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

CODECOMBAT

引用元:CODE COMBAT

CODECOMBATはファンタジーRPGのような世界観で、ゲーム形式でプログラミングが学べる無料の学習サービスです。非常にデザイン性が高く、世界観も学習用のプログラミングツールとは思えないクオリティになっています。

ゲーム感覚で進められるため、単純なプログラミングツールではすぐに飽きてしまうという方でも続けやすいでしょう。対応言語はPython、JavaScriptとなっています。

CodinGame

引用元:CodinGame

CodinGameはさまざまなゲームが入っているプログラミングツールです。パズルやシューティングなどゲーム感覚でコーディングを独学で学べます。難易度も初心者向けから上級者向けまでわかれているため、自分のレベルに合わせて進められます。

C、C++、Java、JavaScript、Go、Perl、PHP、Ruby、Swift、VB.NETなど、25種類のプログラミング言語に対応しています。

code.9leap.net

引用元:code.9leap.net

code.9leap.netはゲームプログラミングに特化したプログラミング学習サービスです。独学でも豊富に用意されているお手本のサンプルコードを参考にでき、ゲームエンジン「enchant.js」を使った本格的なゲームプログラミングが体験できます。

また、作ったゲームは投稿することで他のユーザーにプレイしてもらうこともできるため、ゲーム作りの醍醐味も味わえるでしょう。

独学でゲームプログラミングを学ぶステップ

画像:Shutterstock

これからゲームプログラミングを本格的に勉強しようと考えている方の中には、どのような順番でプログラミング言語を学べばいいのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

プログラミング言語の中にはゲームプログラミングに適していないものもあるため、学習する言語や順番は非常に重要です。ここでは独学でゲームプログラミングを学ぶのにおすすめのステップをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

JavaScriptを学ぶ

JavaScriptはブラウザ側とWEBサービス側のやりとりを円滑にするために用いられる言語で、さまざまなサービスに用いられており、人気の高い言語です。その言語の特性から、JavaScriptはゲームプログラミングにもよく利用されています。

また、JavaScriptにはゲームプログラミングに適したライブラリが多く用意されているため、シューティングゲームやアクションゲームなどが作れます。

Cを学ぶ

Cはプログラミング言語の中でも歴史が古く、習得難易度も高い言語です。初心者には難しい言語ですが、Cを習得できれば他のプログラミング言語を習得するハードルも下がるでしょう。

また、C言語を拡張したC++、C++とJavaをもとに作られたC#はC言語よりもゲームプログラミングによく用いられている言語なので、こちらも押さえておくと良いでしょう。

Unityを学ぶ

Unityは世界中で使用されているゲームエンジンで、ゲームエンジンの中ではトップのシェアを誇ります。平面的な2Dゲームでもグラフィックの凝った3Dゲームでもどちらでも作ることができ、Windows、Mac、LinuxなどのOSやゲーム機、VRなどさまざまなプラットフォームにも対応しています。

ゲームプログラミングを本格的に行いたいなら、習得しておきましょう。

使いやすいテキストエディタ

画像:Shutterstock

テキストエディタはWindowsに入っているメモ帳などが代表的ですが、テキストを書く以外にも、プログラムの記述することでプログラミングソフトとして利用することができます。

ここまでご紹介したようなプログラミングソフトとは使い勝手が違いますが、ここでは使いやすいテキストエディタをご紹介しますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

Atom

引用元:Atom

Atomはソフトウェア開発のプラットフォームGitHubが公開している無料のテキストエディタです。多くのプラグインを提供しているため使いやすく、人気が高いです。

また、OSもWindows、Mac、Linuxなどに対応しているため、使う人を選びません。他のテキストエディタと比較しても役立つ機能が多いため、初心者や独学でプログラミングを勉強中の方にもおすすめです。

独学でゲームプログラミングを学べるサイトを利用しよう!

画像:Shutterstock

今回は、ゲームプログラミングを学べるサイト9選や覚えるステップなどを説明していきました。

インターネット上にはさまざまなプログラミング学習サイトがあります。独学でゲームプログラミングを学びたいと考えているなら、ゲームプログラミングに適したプログラミング学習サイトを利用するようにしましょう。

ぜひこの記事でご紹介したゲームプログラミングが学べるサイトを参考に、独学でゲームプログラミングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事の監修者

株式会社SAMURAI

中川 大輝

独学でプログラミング学習を始めるも挫折。プログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER」を受講し、Web制作を学ぶ。副業でWeb制作を行いつつ、「初心者がプログラミングで挫折しないためのコンテンツ制作」をモットーにWebライターとして侍エンジニアブログ編集部に従事。

この記事を書いた人

【プロフィール】
DX認定取得事業者に選定されている株式会社SAMURAIのマーケティング・コミュニケーション部が運営。「質の高いIT教育を、すべての人に」をミッションに、IT・プログラミングを学び始めた初学者の方に向け記事を執筆。
累計指導者数4万5,000名以上のプログラミングスクール「侍エンジニア」、累計登録者数1万8,000人以上のオンライン学習サービス「侍テラコヤ」で扱う教材開発のノウハウ、2013年の創業から運営で得た知見に基づき、記事の執筆だけでなく編集・監修も担当しています。
【専門分野】
IT/Web開発/AI・ロボット開発/インフラ開発/ゲーム開発/AI/Webデザイン

目次