スライドショー

ここから始める!Ruby on Rails環境設定の手順まとめ

Ruby on Rails 環境設定の手順まとめ


Ruby on Railsの学習をしたいけど、何から始めれば良いんだろう…

Railsの環境ってどうやって作るの?
いちど動かしてみたい!

こんにちは、エンジニアの遠藤です。Ruby on Railsの学習を始めたいと思っても、環境をどうやって作れば良いか分かりませんよね。

この記事では、

  • Ruby on Railsの環境を作りたい
  • まずはサーバではなく、ローカル環境で試したい

こんな方へ向けて、ローカルのWindows環境でRuby on Railsの環境設定をする手順を紹介します。

この記事を読んでいただけたら、PC内に必要な環境を作りブラウザでRailsの表示を確認する所でできますので、ぜひ最後までお付き合いください!

今回必要なもの

今回必要になるものは、以下の通りです。

  • Windows PC
  • コマンドプロンプトを使う基礎知識
  • ブラウザ

どれもハードルは低いです。もしコマンドプロンプトで使うコマンドの基礎が分からない場合は、以下の記事を参考にしてください。

【初心者必見!】コマンドプロンプトの基礎的なコマンド一覧
更新日 : 2019年6月13日

Ruby on Rails環境の導入手順

それでは、Rails環境の導入手順に入ります。

Railsを始めるには、Ruby環境を作ったうえでRuby on Railsをインストールする必要があります。

Ruby環境の導入

まずはRuby環境を作りましょう。

Rubyのインストール

WindowsでRubyをインストールするには、RubyInstallerを使います。
Ruby Installerのダウンロードページ

https://rubyinstaller.org/downloads/

引用元:RubyInstaller https://rubyinstaller.org/downloads/

ここでは、Ruby+Devkit 2.4.6-1 (x64)をインストールします。

推奨は2.5なのですが、執筆時点(2019年8月)では後で使うsqlite3とのバージョンの兼ね合いで動作しない恐れがあるため、安定して動作が確認できた2.4.6-1をインストールします。

ちなみに、Rubyだけでなく"+Devkit"となっている物を選ぶのがポイントです。

該当するリンクをクリックするとダウンロードが開始します。ダウンロードができたら、そのファイルを実行します。

RubyInstaller Landing
"I accept the License"にチェックし、Nextを選択します。

RubyInstaller Install Settings

インストール先を設定します。インストール先はそのままでも大丈夫ですが、"Add Ruby executables to your PATH"のチェックは外しておいてください。

この後解説しますが、Rubyのバージョン切り替えができる環境を作ります。

RubyInstaller Component

インストールするコンポーネントを選択

Nextを押すと、コンポーネントの選択になります。ここはそのままNextを押して、インストールを開始します。

インストールが完了したら、続いてuruの導入をします。

uruは使用するRubyのバージョンや環境を選択できるようにするものです。開発をしているとバージョンを切り替えたくなるタイミングがしばしばあるので、こちらも導入しておきましょう。

uruの導入

uruは以下からダウンロードできます。

uru

今回はWindowsを選択し、ダウンロードします。ダウンロードしたファイルは"7z"で圧縮されているので、解凍してください。

"uru_rt.exe"ファイルが出てきます。これをCドライブ直下に配置します。"C:\uru"という感じでフォルダを作ってそこに配置すればOKです。

配置ができたらWindowsの環境変数を設定し、"uru_rt.exe"があるフォルダにPathを通してください。

Pathを通せたら、続いて以下のコマンドを実行します。

$uru_rt admin install

※"$"の部分はコマンドであることの合図なので、実際には入力しなくて大丈夫です。

これで、C:\uru配下に"uru.bat"のファイルができていればuruのインストールは完了です。

 

今度はuruにインストールしてきたRubyを登録します。

$uru admin add C:\Ruby24-x64\bin --tag Ruby24

※上記のコマンドはRubyのインストール先が"C:\Ruby24-x64"の場合です

最後に以下のコマンドが正常に実行できればuruの導入は完了です!

$uru Ruby24

今後Rubyを使う際は、コマンドプロンプトを起動したときに上記のコマンドを実行して使う環境を指定します。

bundlerのインストール

Ruby環境の導入の最後に、依存性管理ツールである「bundler」をインストールします。

依存性管理とは「このパッケージはこれが無いと動かない」というような、依存関係を管理する事です。

bundlerについて詳しく知りたい方は以下を参考にしてください。

【Ruby入門】今更聞けない!Ruby bundlerとは
更新日 : 2019年1月11日

話は戻りまして、bundlerをインストールするには、以下のコマンドを実行してください。

$gem install bundler

 

これでbundlerのインストールができました。

ここまでの手順でも結構大変ですよね、お疲れ様です。環境設定はあと少しです!

Ruby on Railsのインストール

ここからは、Railsのインストールに入ります。

Railsのインストール

bundlerのインストールができたら、Railsをインストールします。

今回Ruby2.4を使っているので、最新のRailsがインストールできません。以下のコマンドでインストールできるRailsのバージョンを指定してインストールします。

$gem install rails --version="5.2.2"

インストールには少し時間がかかるので待ちましょう。インストールができたら、環境構築は完了です。

Railsをブラウザで確認しよう

Rails環境ができたら、実際に動かしてみましょう!

アプリケーションの生成

まずはアプリケーションを新規作成します。作成には以下のコマンドを実行します。

$rails new sampleApp

"sampleApp"はアプリケーション名です。ここは好きな名前にして大丈夫です。

コマンドを実行すると、実行したディレクトリ配下にアプリケーション名のフォルダが作成されます。

sqlite3のエラーが出る場合の対応

ただ、実行したコマンドを確認すると以下のようなメッセージが表示されているかも知れません。

sqlite3 error

sqlite3でエラーが起きている

sqlite3のエラーです。バージョンの関係で上手くいっていないようです。

こういう場合は、Gemfileを編集する必要があります。今回作成したsampleApp配下のGemfileをテキストで開いてください。

gemfile

Gemfileをテキストで表示

9行目に"gem 'sqlite3'"と書かれていますね。こちらのsqlite3のバージョンを指定します。

以下のように書き換えてください。

gem 'sqlite3', '~> 1.3.13'

こちらは、古いバージョンの"1.3.13"を使うという意味になります。

これができたら更新をします。以下2つのコマンドを実行します。

$cd sampleApp
$bundle install

 

これで先ほどのエラーが出なければOKです!

サーバを立ち上げて、ブラウザで確認する

これで環境が出来上がったので、サーバを立ち上げます。以下のコマンドを実行してください。

$rails s
rails server launch

Railsのサーバの起動

上記のように表示されればサーバが立ち上がっている状態です。

続いてブラウザのURL入力箇所に、コマンド上にも書いてあるように"localhost:3000"と入力してください。

browser url

ブラウザのURL欄に入力する

URLを入力して決定すると……

rails browser screen

Rails画面

Railsがブラウザに表示されました!

AWSでRails開発をするなら

備考として、今回ローカルで環境構築をしましたが、AWSを使ってウェブ上で開発を行うという方法もあります。

AWSとは"Amazon Web Service"と言い、ブラウザ上で様々なサービスを受ける事ができます。Rails開発も可能です。

AWSを使う事は少々難易度が高いのですが、RailsはWebアプリケーション開発に適したフレームワークであるので、AWSを学習することの意義は大きいです。

もしAWSにも興味を持った方は、以下記事から「AWSとは?」という所から詳しく学んみてください。

Amazon AWSとは?メリット/デメリットを初心者向けにわかりやすく簡単に解説!
更新日 : 2019年11月26日

まとめ

Railsの環境構築は大変でしたでしょうか?

SQLiteがRubyの最新バージョンをサポートしているかどうかという点などで、悩む事は多いかと思います。しかし、操作手順に慣れてしまえば10分程度で今回の作業はできるようになります。

それでは、ここからRails開発ライフを楽しんでください!

LINEで送る
Pocket

無料でSEからWebエンジニアへ転職しませんか?



侍エンジニア塾では、完全未経験の方から現在SEだけどプログラミングはやっていないという経験者まで、幅広い方々の人生を好転させるプログラミング指導を行ってきました。SEの方とお話していくなかで、

  • システムエンジニアという職業だけどコードが書けない
  • 事務作業が多くスキルがないため将来が不安
  • スクールに通うと完全未経験者と同じスタートになるからレベルが合わない
という、すでに知識があるSEならではのお悩みがあることに気づきました。そんな方におすすめなのが、弊社の「転職コース 」です。

弊社では、マンツーマンでレッスンを行いますので、現在お持ちの知識レベルからカリキュラムを作成いたします。さらにこちらの転職コースは無料で受講を始められて転職成功でそのまま卒業できるというとてもお得なコースとなっています。

既に知識のあるSEといっても転職は年齢が若いほど受かりやすいため、まずは無料体験レッスンで今の現状や理想の働き方について一緒に考えていきましょう。

まずは無料体験レッスンを予約する

書いた人

遠藤貴大

遠藤貴大

1991年生まれ。双子座。
理系大学で認証システムを学んだ後、アプリ開発者となる。
新しく学ぶ人に寄り添った記事を心がけて執筆します。
芸術が好き。いつか猫と暮らすのが夢。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説