【プログラミング】向いていない人の特徴とは?転職もあり?

プログラマーになったけど、もしかしてプログラミングに向いてない?
プログラミングが向いていない人ってどんな人?

プログラミングを勉強して就職したものの、実際にプログラマーとして仕事をしていると、自分はプログラミングに向いてないんじゃないか…と思うことってありますよね。

そこでこの記事では、まずプログラミングが向いていない人の特徴を確認した上で、向いていないときの解決法を紹介していきます。

プログラミングが向いていない人の5つの特徴とは?

画像:プログラミングが向いていない人の5つの特徴

プログラミングが向いていない人の特徴をひとつずつみていきますが、あくまでも傾向的な特徴なので該当していたら、即座に向いていないというわけではありません。向いてない人の特徴を知ることで、「自分を振り返って改善点が見付けられるかも」程度に留めておいてください。

仕事が楽しくないと感じる

「頑張ってプログラミングを勉強して就職したけど、いざ仕事を始めると楽しくない」というのは珍しくありません。

前提として、社員として雇われている以上は、自分のやりたいことを自分のペースでやれる仕事はありません。そうではなくて、そもそもプログラミングに向いていないのであれば考える必要があります。

雇われている仕事であっても、何らかのやりがいや楽しさは必要です。毎日繰り返すことなので、仕事がまったく楽しくないのは憂鬱になりますよね。何もかも嫌になる気分のときもありますが、あまり続くようでしたらプログラミングの仕事に向いてないのかもしれません。

勉強するモチベーションが続かない

プログラマーとして仕事をしていくなら、どうしてもプログラミングの勉強は続けなければなりません。IT業界は動向が激しく進化の速い分野で、同じプログラミング言語にしてもバージョンアップしたり新たなライブラリが主流になったりします。第一線のプログラマーとして活躍するには、日々のキャッチアップは欠かせません。IT技術やプログラミングに強い興味と関心がないと、モチベーションが持続しないでしょう。

何事についても言えることですが、興味や関心、モチベーションというのはどうにもならないところがあります。どうしても勉強するモチベーションが保てないなら、プログラミングの仕事は向いていないでしょう。

論理的に考えられない

プログラミングはコンピューターという論理でガチガチの塊を動かすわけですから、プログラマーになる時点である程度の論理的思考が必要です。よくわからなくてもサンプルコードをコピペすれば正常に動いたりしますが、業務としてプログラミングする際には、しっかりした論理的思考が必要になります。

プログラマーが記述するコードは、動けばいいというものではありません。チームでの開発やデバッグ、メンテナンスのために可読性の高いコードの記述が求められます。また、人が記述したコードを読んで理解する必要もあります。

自分の書いたコードを論理的に説明できないようであれば、プログラミングの仕事を続けていくのは難しいでしょう。

コミュニケーションが苦手

一人でプログラミングするのであれば、コミュニケーション能力は必要ありません。しかし実際のプログラマーの仕事では、理解力と説明力といったコミュニケーション能力が求められます。

SE(システムエンジニア)やチームのメンバーが、意図している内容を詳細に理解しなければ、要求されているように動作するコードは書けません。また、自分が行っている作業を正確に伝えなければ、他のメンバーに仕事を頼んだりエラーに対するアドバイスを受けることもできません。

場合によってはプログラミングの知識のない人との、コミュニケーションも必要になります。意思疎通がうまくいかないことで、記述したコードを作り直さないといけなかったりトラブルを招く結果になります。

仕事上、意思疎通の行き違いが稀に起こるのは仕方ありませんが、頻発するようなら問題です。プログラマーの仕事は黙々と机に向かって作業するだけではないのです。

将来の目標がない

「他の仕事に比べてプログラマーの給料は高い」という理由だけで就職した場合、将来的な目標が見えないのではないでしょうか。目標の有無はやりがいや楽しさにも繋がる要素です。

プログラマーとしても、職場でステップアップを目指すことは大切なことです。仕事上の責任や大きく重要な仕事に携わることで、仕事が誇らしくなります。また、SE(システムエンジニア)へのキャリアアップという道も良いでしょう。職種やその業界において将来の目標を持てないとしたら、やはり向いていないと言えます。

プログラミングが向いていないを解決するには

画像:プログラミングが向いていないと感じたときの対策

プログラミングが向いていないとしたら、そのまま仕事を続けるのは得策ではありません。人生において、仕事は生活時間の大半を占めます。そのため、向いていないのであれば対策や解決策を考えましょう。これは人生設計にも関わる大事な問題です。

向いていないと感じる理由について深堀りしてみる

プログラミングの仕事が向いていないと感じていても、何か解決策があるかもしれません。まずは理由について深堀りしてみましょう。

「仕事が楽しくないと感じる」の解決策

仕事が楽しくないと感じるのは、物事への視野が狭まっているためかもしれません。仕事は細かい作業の連続なので、意識的に視野を広くしないと狭い範囲の考えに陥りがちです。少しでも視野を広げて仕事を見つめてみると楽しさが見つかるかもしれません。

「勉強するモチベーションが続かない」の解決策

入社して仕事に就くと、とにかく覚えなければいけないことが多すぎて目が回ります。業務上、ゆっくり新人教育というわけにはいかないので、表面には出さなくても新人のときに疲弊して自信をなくしてしまう人も多いでしょう。

自分なんかが頑張って勉強しても大したことはできない、なんて思っていませんか? 実際には新人の期間を乗り越えた時点で合格点です。自信をモチベーションにして勉強すると、きっと成果が出ますよ。

「論理的に考えられない」の解決策

プログラミングでは機械学習などは別にして、高度な数学的知識は必要ありません。プログラミングに求められる論理的思考は、訓練することで身に付きます

実際、論理的思考については苦手意識が先行している人が多いようです。プログラミングのコードの仕組みをひとつずつ確認して、論理的に考える訓練をすると良いでしょう。

「コミュニケーションが苦手」の解決策

コミュニケーションについても自分は苦手、と思っていませんか? 仕事上のコミュニケーションなので、友達付き合いのようなコミュケーションとは根本的に異なります。

日本の企業で日本語の言語能力があるなら、コミュニケーションは難しくありません。仕事上の関係という距離感とルールを意識するだけで、コミュニケーションがスムーズになります。もっと深いコミュニケーションを取るのは業務以外の場面で、ということです。

「将来の目標がない」の解決策

将来の目標が現在の仕事に関連することだと、仕事の楽しみや勉強のモチベーションに繋ります。また、昇進への意欲は会社側からもやる気として評価されて一石二鳥。しかし、将来的なことは個人の人生設計の問題です。あまり他人がとやかく言うことではないでしょう。

上司や同僚に相談してみる

成人して社会に出ている大人ですから、自分のことは自分で決めなければいけません。その判断の参考として周囲の人の意見を聞いてみましょう。他人が自分に対して抱いている印象と、自分が抱いている印象とはかけ離れているかもしれません。他人の印象や意見が必ずしも正しいとは言えませんが、何か自分では気付けなかった発見があるでしょう。

上司が普段厳しい態度ばかり取っているからといって、評価が低いとは限りません。当然、上司は業務の技能も経験も自分より豊富なわけですから、相談してみると思ってもみなかったアドバイスが得られるかもしれません。しかし、人は悪くなくても仕事が忙しすぎると、仕事上の用事で声かけても睨まれたりして相談しにくいこともあるでしょう。

そういった場合は、WebサイトのQ&Aサイトを利用するのがおすすめ。気軽に相談することができ、特殊な相談でなければいくつも回答してくれます。また、SNSを活用すれば頻回なやり取りがしやすく、具体的な相談も可能です。Q&AサイトやSNSで回答してくれる人は中立性を意識していることが多いので、周囲の人よりも偏りのない意見が聞けます。

どうしても向いてないと感じるなら転職も検討してみよう

画像:転職を考えるのも1つの手

プログラミングの仕事がうまくいかなくて向いていないと感じていても、今の会社が自分に合っていないという可能性もあります。同じ職種であっても会社によってやり方も雰囲気も違うので、実際に就職して仕事してみないとわからないのが現実です。

今は、新卒・終身雇用という時代ではありません。どうしても向いていないと感じるなら、思い切って転職を検討するのもいいでしょう。向いていないと思うのに我慢して続けるのは、自分によっても会社にとってもよくありません。先は長いですから、早い段階で自分にあった会社を見つけることをおすすめします。

以下のエンジニアの転職先を紹介してくれる転職エージェントの記事にて、エンジニアの求職案件を扱っているおすすめの転職エージェントと利用する際のポイントを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

エンジニア向け転職エージェントのおすすめ10選と選び方5選を詳しく紹介
更新日 : 2020年5月4日

まとめ

プログラミングが向いてない人の特徴と解決策を解説しました。

プログラミングを勉強してプログラマーになれたのであれば、適正は十分にあります。将来的な目標が見えない、仕事を続けるモチベーションがなくなった、ということなら仕方ありませんが、仕事がうまくいかないからといってプログラミングに向いていないとは限りません。今の会社が自分に向いていないだけかもしれません。

人生において仕事に費やす時間の割合は大きいですから、本記事を参考にして熟慮と有意義な決断ができることを願っています。

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー