Redmineの更新をSlackに通知する方法とは?おすすめ方法を2つ解説!!

みなさん、Redmineの更新をSlackに通知する方法を知っていますか?

Redmineの更新をSlackで確認できるようになれば、Redmineでプロジェクト管理する人も楽になるのではないでしょうか。

そこで今回は、


・RedmineからSlackに通知する2つの方法

といった基礎的なことから、


・Slackに通知する2つの方法のメリット・デメリット
・通知機能を導入する方法・おすすめの使い方

といった応用的な方法まで、徹底的に解説します!

RedmineからSlackに通知する方法とは?

はじめに、RedmineからSlackに通知する方法について、解説します。

RedmineからSlackに通知する方法は、大きく分けて2つあります。


・SlackでRSSアプリを使う方法
・RedmineのSlack用プラグインを使う方法

それぞれメリット・デメリットがあるので、詳しく解説しますね。

「SlackでRSSアプリを使う方法」のメリット・デメリット

まず、「SlackでRSSアプリを使う方法」のメリット・デメリットについて、解説します。

メリット:


・Redmineの設定が不要なので導入の敷居が低い
・フィルター条件に合わせて通知することもできる

デメリット:


・プロジェクトが増えるたびに、rssを登録しないといけない

通知の設定を細かく設定できるため応用は聞くのですが、プロジェクトの数分設定を追加しないといけないのが、少し厄介ですね。

プロジェクト数が少なく、細かい条件で通知したい場合は、この方法がおすすめです!

「RedmineのSlack用プラグインを使う方法」のメリット・デメリット

次に、「RedmineのSlack用プラグインを使う方法」のメリット・デメリットについて、解説します。

メリット:


・「Redmine → Slack通知」で一番有名な方法なので、ネットに情報が多い
・一度設定すれば、プロジェクトごとに設定をしなくて良い

デメリット:


・設定するまでの操作が多く、最初のセットアップに時間がかかる

最初のセットアップは頑張る必要がありますが、一度設定してしまえば追加設定不要で使えるのが特徴ですね。

SlackのRSSアプリを使った通知のセットアップ方法

次に、「SlackのRSSアプリを使った通知のセットアップ方法」について解説します。

導入方法

まず、導入方法についてです。

導入方法は、次のとおりです。

連携用URLの取得

まず、Redmineを連携するための「URL」を取得します。

取得方法は次のとおりです。

1. Redmineのチケットタブを開き、「他の形式にエクスポート:Atom」をクリック

2. 表示したページのURLをコピー

URLは後々設定で使うため、メモ帳にメモしておくのがおすすめです!

SlackのRSSアプリをセットアップ

次に、Slack上でRSSアプリをセットアップします。

セットアップ方法は、次のとおりです。

1. Slackの画面左下にある「App」をクリック

2. 「RSS」を入力し、表示されたRSSアプリの「インストール」をクリック

3. 「インストール」をクリック

4. RSSインテグレーションの追加をクリック

5. インフィードURL(先ほどメモしたURL)、通知するチャンネル名を入力し「このフィードを購読する」をクリック

これで、設定が完了です。

チケットの登録・更新をすると、「#generalチャンネル」に通知されるようになります。

ちなみに、Slackでアプリを追加する方法については以下で詳しく解説しています。

Slackにまだ慣れていない方は、以下を見るのがおすすめです!

Slackのアプリ連携について!基礎の基礎を1から紹介
更新日 : 2019年7月22日

おすすめの使い方

RSSアプリを使ってSlackに通知する場合は、フィルターで絞り込んだデータを通知することができます。

たとえば、作成日が「今日」のデータのみ表示して通知するよう設定しておくと、「今日作成したチケット」のみSlackに通知することもできます。

作成日を「今日」に設定したRedmineの画面例:

このように、「特定の条件を通知する方法」を覚えておくと便利です!

RedmineのSlack用プラグインを使った通知のセットアップ方法

次に、「RedmineのSlack用プラグインを使った通知のセットアップ方法」について解説します。

導入方法

まず、導入方法についてです。

導入方法は、次のとおりです。

Redmineにプラグイン「Redmine Slack」をインストール

Redmineをインストールしたサーバで、インストール用の以下コマンドを実行します。

1. pluginフォルダへ移動

※「C:\Bitnami\redmine\」の部分はインストールしたサーバのURLに置き換えてください。

2. 「redmine_slack」をインストール

3. gemをインストール

4. DBマイグレーション

これで、「Redmine Slack」のインストールが完了です。

「管理」→「プラグイン」でプラグインを確認し、「Redmine Slack」があればインストールが正常にできています。

「Webhook」でSlack通知用URLを取得

次に、Slack通知用のAPI情報を取得します。

取得方法は次のとおりです。

1. Appをクリック

2. 「incoming webhooks」を入力し、「インストール」をクリック

3. 「設定を追加」をクリック

4. インテグレーションの追加をクリック

5. 追加後に表示されるURLをメモ

これでURLの取得はOKです。

Redmine上でプラグイン「Redmine Slack」の設定をする

最後に、Redmine上で「Redmine Slack」の設定をします。

設定方法は次のとおりです。

1. Redmineで「管理」→「プラグイン」を開き、「Redmine Slack」をクリック

2. 設定画面に先ほどメモしたURL、チャンネル名などを入力して「適用」ボタンクリック

設定画面の主要な入力項目:

No入力項目意味
1Slack API URL取得したURLをを入力します
2Slack Channel通知するチャンネル名を、「#」を含めて入力
3Slack Icon指定のアイコンがあれば入力
4Slack Username通知するユーザーの名称を入力

これで設定が完了です。

新しくチケットを登録すると、Slackに通知が飛びます。

まとめ

今回は、Redmineの更新をSlackに通知する2つの方法について解説しました。

コミュニケーションツールSlackと連携できれば、進捗が管理しやすくなり、チームの連携も高まるのではないでしょうか。

今回紹介した2つの方法はどちらも簡単なので、ぜひ使ってみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

Sanshiro Wakizaka

Sanshiro Wakizaka

フリーランスエンジニア兼ライターのワキザカ サンシロウです。
ExcelVBAの自動化ツール開発、WEB開発をメインにエンジニア業務をこなしつつ、サムライエンジニアにてライター業務をしております。

プログラミングをこれからやってみたい方に向けて、ためになる記事を全力で書いていきますので宜しくお願い致します!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説