【5分でわかる】GitHubとは?概要やメリットを簡単解説!

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部です。

GitHubってなに?
Gitとどう違うの?

「GitHub」に関してこのように思っている方も多いと思います。

GitHubは、今では開発者にとってなくてはならないサービスですし、デザイナーの方などにとってもすごく便利なものです。しかし、これからプログラミング学習を初めていこうとしている方や、初心者の方にとってはすこしわかりづらいですよね。

そこで今回は、GitHubとは?という概要やメリット、Gitとの違い、使うための前提準備などをわかりやすく簡単に説明していきます。なるべく専門用語などは少なめで解説していくので、初心者の方でもGitHubに関してすっきりと理解できるでしょう。

GitHubとは?Gitとの違いは?

まず、Gitとは?

「Git」は、プログラミングなどを用いた現場でよく使われている「バージョン管理システム」なのですが、そもそも「Git」がよくわからないという方もいると思います。

GitHubを理解する上では、まずはなんとなくでもGitを知っておいた方が理解しやすいです。Gitがあんまりわからない!という方は、こちらでGitの基本的な概要がわかりやすく学べます。

他に、よく使うGitコマンドや、Gitの学習方法など、Gitを使いこなすためのすべてがまとまっているので、GitHubを理解した後にでも参考にしてみてください。

GitHubとは?

GitHubは、その名の通り、「Git」の「ハブ:拠点・中心・集まり」です。

GitHubは、Gitの仕組みを利用して、世界中の人々が自分の作品(プログラムコードやデザインデータなど)を保存、公開することができるようにしたウェブサービスの名称です。GitHubはGitHub社という会社によって運営されており、個人・企業問わず無料で利用することができます。

GitHubに作成されたリポジトリ(保存庫のようなもの)は、基本的にすべて公開されますが、有料サービスを利用すると、指定したユーザーからしかアクセスができないプライベートなレポジトリを作ったりすることができます。

GitHubの特徴やメリットは?

GitHubは、 様々なプロジェクトのためにGitのリポジトリをホスティングできるサービスです。独自の便利な機能もたくさんあります。Gitは基本的にコマンドラインツール(ターミナルなどを使ってキーボードで扱うこと)ですが、GitHubはWEB上でグラフィカルに扱う(マウスでポチポチする)ことができます

また、各プロジェクトにwiki(メモ書き)やタスク管理ツールなど、コラボレーションのための機能も充実しているのが特徴です。

メリットは?

capture_pull_request1_1_2

引用元:サルでもわかるGit入門 https://backlog.com/ja/git-tutorial/

GitHubのメリットとしてはまず、「フォーク」という機能が挙げられます。

フォークとは、食器のフォークの先端のように、一つのプロジェクトが複数に分派していくことを言います。それをGitHubでは、誰かのリポジトリをほかの人がコピーすることによって行います。オリジナルのものに対する編集アクセス権がなくても、それを自分のところで改変することができます。

次のメリットとしては、「プルリクエスト」があります。自分が行った変更をオリジナルのものに反映したい時に使います。オリジナルのオーナーに「プルリクエスト」と呼ばれる通知を送ることができます。

最後のメリットは「マージ」です。先ほどのプルリクエストを受け取ったオーナーは、ボタンをクリックするだけで、その人のリポジトリに対して行われた変更を自分のリポジトリにも取り入れることができます。

人のコードを自分のコードに導入することを、「マージする」と言います。マージは、複数の開発者が関わるプロジェクトにおいて最重要な工程であり、GitHubではそれが安全確実迅速に行うことができます。

「フォーク」「プルリクエスト」「マージ」の3つの機能があることによって、GitHubが人気の高いサービスとして支持されているのです。

GitHubを使う上での前提知識

GitHubを使っていく上で、前提として知っておいた方が良い知識や用語があるので、それをご紹介しておきます。

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ

5min_git2

引用元:Casley Consulting, Inc. https://www.casleyconsulting.co.jp/blog/engineer/118/

リポジトリは、先ほど上でも出てきたファイルやディレクトリの状態を保存する場所です。変更履歴を管理したいディレクトリ(フォルダ)などをリポジトリの管理下に置くことで、そのディレクトリ内のファイルなどの変更履歴を記録することができます。

リポジトリは自分のPC内にある「ローカルリポジトリ」とサーバなどネットワーク上にある「リモートリポジトリ」の2箇所にあります。基本的にローカルリポジトリで作業を行い、その作業内容をリモートポジトリへプッシュする流れで行います。

コミットとプッシュ

  • コミット(commit) :ファイルの追加や変更の履歴をリポジトリに保存すること
  • プッシュ(push) :ファイルの追加や変更の履歴をリモートリポジトリにアップロードするための操作

ブランチ(branch)

capture_stepup1_1_1

引用元:サルでもわかるGit入門 https://backlog.com/ja/git-tutorial/

ソフトウェアの開発では、現在リリースしてるバージョンのメンテナンスをしながら、新たな機能追加やバグ修正を行うことがあります。

このような、並行して行われる複数のバージョン管理を行うために、Gitには「ブランチ(branch)」という機能があります。ブランチは履歴の流れを分岐して記録していくものです。

分岐したブランチは他のブランチの影響を受けないため、同じリポジトリ内でそれぞれの開発を行っていくことができます。

GitHubのアカウント作成方法

GitHubのアカウントを作成してみましょう。まずは、GitHubのサイトにアクセスしてみてください。

スクリーンショット_2016-07-13_16_07_45

引用元:GitHub https://github.co.jp/

ここで、ユーザ名とメールアドレス、パスワードを入力して、アカウント登録を行ってください。続いて、プランを選択します。有料のプランもありますが、まずは無料で使えるFreeプランを使ってみましょう。「free」を選んでから「Continue」ボタンをクリックします。

スクリーンショット_2016-07-13_16_12_19

引用元:GitHub https://github.co.jp/

あとは登録したメールアドレスに認証のメールが届くので、メールの内容に従いユーザ認証を行うだけで、GitHubのアカウント登録は完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

GitHubの概要やメリット、使うための前提知識などをご紹介してきました。GitやGitHubを使いこなすことができれば、プログラミングはもちろん、デザイナーなどの様々な仕事にも活かすことができます。

今回の内容を参考に、ぜひGitHubを使ってみてください。

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説