【Django入門】Nginxを使ってWebサーバーを動かそう

ryo
書いた人 ryo
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

こんにちは。ryoです。

今回は、Nginx(エンジンエックス)からPythonのWebフレームワークであるDjangoを動かす方法を解説します。

DjangoでWebアプリケーションを作って公開をする際には欠かせない知識になります。

この記事では、

・Nginx
・Nginxで運用する際に必要となるuWSGI

について解説します。さらに、

・Nginxが動くDjango環境

についての解説を通して、実際にDjangoアプリケーションを公開してみましょう。

Nginxとは

今回使うNginxとは何かについて、知っておきましょう。

NginxとはWebサーバー向けのソフトウェアのことです。

WebサーバーでWebアプリケーションを公開するときに、DjangoのようなWebフレームワーク以外にも必要なアプリケーションがあります。

そのWebフレームワーク以外に必要な、ベースとなるアプリケーションこそがNginxやApacheになります。

DjangoのようなWebフレームワークでアプリケーションを公開するときには、Webサーバーソフトウェアが無ければ公開することが出来ません。

Apacheとの違いについて

似たようなWebサーバーソフトウェアにApacheがあります。

Webサーバーソフトウェアの主流はApacheでしたが、現在は半数近いWebサーバーがNginxで動いています。

Apacheは同時接続数が極端に多くなると対応をすることができなくなったり、レスポンスがとても遅くなってしまいます。

この問題を解決したのがNginxです。

他にも設計思想やメモリの使用量、Nginxのほうがシンプルな構成になっていることなどの違いはあります。

NginxはApacheよりも同時接続に強いことを覚えておきましょう。

DjangoとApacheの連携は、こちらの記事をご覧ください。

この先は無料会員限定となっております。
プログラミング学習効率をグンとUPさせる
有益情報や電子書籍も限定プレゼント中!

↓メールアドレスを記入して無料会員登録する↓

無料ブログ会員登録

パスワードをメールで送信します。

会員登録をクリックすると、
侍エンジニア塾のプライバシーポリシー利用規約
同意したことになります。






33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーランスをされている市川友哉さん。33歳で、プログラミングを学び始め、4ヶ月という短い期間でフリーランスエンジニアとして独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


自分にプログラミングなんて・・・と思っていませんか?

今後10年間で今ある職業の『77%』はなくなると言われています。

人工知能や機械学習を筆頭にVR、AR、ドローンなどの最先端技術の発達はこれからのあなたの働き方に間違いなく影響を与えるでしょう。

将来を見据えてプログラミングができるようになってエンジニアになりたい、自分だけにしかできないクリエイティブな仕事がしたい、、、とお考えの方も少なくないでしょう。

と、同時に「難しそう、、自分にはできないだろう、、、」と諦めている方も多いのではないでしょうか。

弊社マンツーマンレッスンは、お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、通常のスクールでは難しい、オリジナルアプリ開発や、フリーランスとしての仕事獲得まで支援しています。

まずは『無料体験レッスン』で弊社コンサルタントと一緒にあなた専用の学習カリキュラムを考えてみてはいかがでしょうか?

詳しくは下の画像をクリックしてください。

cta_mtm2

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

ryo

ryo

大学生です。主にPythonの記事を書いています。