プログラミングができない3つの理由「できる」に変える秘訣も紹介

勉強してるのにプログラミングができるようにならない...
どうしたらプログラミングができるようになるの?

プログラミングを習得したい気持ちはあるものの、できない原因がわからず気持ちが折れかけている人は多くいますよね。また、できるようになるイメージも湧かないため、このまま学習を続けてプログラミングスキルが身につくのか不安な人もいるはず。

そこで、今回はなぜプログラミングができないのか、その理由を学習が続かない人の共通点も交えて紹介します。また、できないプログラミングを「できる」に変えるコツも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

プログラミングができない3つの理由

さっそく、なぜプログラミングができないのか、その代表的な3つの理由を解説します。

理由1:エラーに対する耐性が足りない

プログラミングができない人は、エラーに対する耐性が足りない場合が多いです。

未経験からプログラミングを学ぶ場合、エラーが発生するのは当たり前です。しかし、エラーに慣れていないためパニックを起こしてしまうこともあります。

経験をある程度積んでいけばエラーの状況を見て、適切な対策が取れます。しかし、最初のうちはどうしたらいいか分からず、行き詰ってしまうケースも多いです。

解決できればいいが、解決できなければ分からないままとなるため、挫折してしまいます。また、分からないところを自力で解決しようとしている人は、プログラミングができないままの状況に陥りやすいです。

事実、弊社の調査では

  • 不明点を聞ける環境になかった
  • エラーが解決できなかった
  • モチベーションが続かなかった

などの理由から、87.5%が「プログラミング学習で挫折や行き詰まりを感じた」と回答しています。

87.5%の人がプログラミング学習時に挫折を経験
不明点やエラーが解決できずプログラミングを挫折した人が多数

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

上記の調査から、分からないときに質問できる環境を整えることは、スキル習得にはとても大切なことだと分かります。

誰にも相談できずエラーが解決できなければ先に進めません。また、スキルを習得できている実感も湧きにくいです。

しかし、プログラミングができない人のなかには、自分で解決することにこだわってしまう人も少なくありません。

現役のプログラマーであっても、分からないところはネットで調べたり、第三者に質問したりしながら開発を行います。プログラミングを学び始めたばかりのころは、分からないところがあって当たり前です。

自力で解決するために頑張るのはよいことですが、いつまでも自力で解決することに固執してしまうと学習が先に進みません。また、できないことがつらくなり、挫折やプログラミングの苦手意識につながってしまう場合があります。

理由2:どのプログラミング言語から学べばいいのか理解していない

どのプログラミング言語を学べばいいか理解していないことも、プログラミングができない理由の1つです。

次のように、プログラミング言語はたくさんありますが、それぞれの習得難易度は異なります。

難易度が高いといわれる言語Java・C言語・C#など
難易度が低いといわれる言語Python・Ruby・Swiftなど

プログラミングができないと感じている人のなかには、JavaやC言語・C#などの難易度が高い言語から学び始めている人もいます。

概念や文法が難しいことや、コードも多く記載しなければいけないことから、初心者がいきなり難易度の高い言語から学び始めても習得するのは困難かもしれません。

また、難しいといわれる言語は業務システムや基幹システムなど、比較的古くからある大規模システムの開発に使われます。

こうしたシステムは私たちが目にする機会が少なく、具体的な完成目標のイメージが掴めず、学習目標を立てにくいです。そのため、モチベーションを維持しにくく、挫折する可能性もあるといえます。

理由3:プログラミングに必要なものが揃えられていない

プログラミングに必要な開発環境が揃えられないのも、プログラミングができない理由の1つです。

プログラミングのコードを作成したり、実行したりするには開発環境が必要です。

例えば、コードを書くためのテキストエディタ、プログラムの実行を確認するためのデバッガーなど開発環境を準備する必要があります。実際には、必要な環境がまとめられている統合開発環境というソフトウェアを導入することが多いです。

これらの開発環境はダウンロード・インストール・初期設定などやるべき準備がたくさんあります。慣れないとそれぞれの設定が難しく、開発練習に入る前に挫折することもあるのです。

また、環境が整っても、使い方を1から覚えるのも手間がかかります。開発環境の準備が原因でモチベーションが低下し、学習をやめてしまう人もいます。

プログラミング学習が続かない人の共通点5つ

プログラミングができない人のなかには「思うように学習が続かない...」と悩んでいる人もいますよね。

そこで、ここからはプログラミング学習が続かない人の共通点を5つ解説します。

共通点1:プログラミングを学ぶ具体的な目標がない

プログラミングを学ぶ具体的な目標がない人は、学習を継続できない場合が多いです。人間は精神面が行動に影響するため、プログラミングが理解できるかどうかはモチベーションの有無も重要です。

プログラミングを学ぶ目的が具体的に決まっていれば、その目標に向けてモチベーションを高めて継続学習できます。

一方、「プログラマーになりたい」「手に職をつけて稼ぎたい」などあいまいな目標を立てた場合は、途中でモチベーションが続かなくなり、何のために学習しているか分からなくなってしまうでしょう。

やる気が低下すれば、学習時間が確保できなくなり、余計に理解できなくなってしまいます。その結果、プログラミングができない状況になるのです。

共通点2:十分な学習時間を確保してしない

プログラミングが続かない人は、単純に学習時間が足りずに基礎知識が不足しているケースも多いです。

プログラミングを理解するには、まとまった学習時間が必要です。そのため、学習をスタートした段階では理解できなくて当たり前です。学習をはじめて数か月のタイミングでできないという人もいますが、短くても半年くらい学習しないとできないかどうか分かりません。

実際、プログラミングを独学で学ぶ場合、約1,000時間はかかるといわれています。学習時間が少ない段階では、基礎知識も十分身についていないため、ある意味できなくても当然です。

学習時間が足りずにうまくいかず学習に集中できないのであれば、トータルの学習時間を増やす必要があります。

共通点3:定期的に学習する機会を設けていない

プログラミングが継続できない人は、定期的に学習機会を確保できていない傾向があります。

先ほどプログラミングを習得するには学習時間が1,000時間ほど必要という説明をしましたが、いくら学習時間を積み重ねても、期間が長すぎるとスキルは身につきません。

例えば、1回10時間学習するのと、一日2時間5日間学習するのは同じ学習時間ですが、身につきやすいのは後者です。

人間は一度記憶したことでも、時間がたつにつれて忘れる性質があります。そのため、定期的に学習して学んだ内容をおさらいしたほうがスキルが身につくのです。

逆に学習頻度が少ないと、まとまった学習時間を達成するのに時間がかかります。また、覚えたはずのスキルも少しずつ忘れるため、効率が悪くなります。定期的に学習していなければ、結果的に学習時間を積み重ねたのに、身についていない状態になり、学習が継続できずに挫折します。

共通点4:基礎の理解をおろそかにしている

プログラミング学習が続かない人は、理解不足のまま学習を進めてしまって分からない状態に陥っている場合が多くあります。

本やWebサイトなどで学習する場合、項目ごとに順番に学習していく人が多いですが、よく理解できていないのに先に進んでしまう人がいます。

早く学習を進めたい気持ちは理解できますが、内容を理解できていなければ意味がありません。とくに基礎部分が理解できないまま先に進んでしまうと、そのあとの学習が理解できなくなってしまい、結局学習をやり直す必要があります。

また、基礎が分かっていないと応用は当然理解できないため、学習がどんどんつらくなります。結果、学習がいやになり継続できないのです。

共通点5:できなかったことを反省しない

プログラミングが続かない人は、エラーなどの失敗を反省しない場合が多いです。

プログラミングを学習していると、エラーが発生するのはよくあることです。しかし、できるようになるには、エラーの原因を見つけて解決し、次から失敗しないように反省する必要があります。

一方、プログラミングが続かない人はエラーが発生しても問題を解決することに集中してしまい、失敗を繰り返さないための反省をしない人がいます。反省ができないと何度も同じ失敗を繰り返してしまい、技術的に成長できません。

結果、プログラミングができない事態になり、やる気がなくなって継続できなくなるのです。

できないプログラミングを「できる」に変える4つのコツ

プログラミングができない状態を「できる状態」に変えるには、今までの学習方法や考え方を変える必要があります。ここでは、できないプログラミングを「できる」に変える4つのコツを紹介します。

プログラミングの学習目的を明確にする

プログラミングができるようになるには、学ぶ具体的な目的を確認することが大事です。

目標を明確にすることで、プログラミング学習のモチベーションをアップできます。また、目標が定まれば達成に向けて具体的な学習計画が立てられるので、ダラダラ学習することなく集中して取り組めます。

「エンジニアになる」「IT業界で働く」など抽象的な目的ではなく、「WebエンジニアになってSNSアプリを開発する」「AIエンジニアになってAIを搭載したIoT機器を開発する」などできるだけ具体的な目標を定めた方がいいでしょう。

具体的な目標があれば、自分に必要なスキルもわかり、学習計画も立てやすいです。

今のレベルにあうプログラミング言語を選ぶ

前述のとおり、プログラミング言語には難易度があるため、現状で悩んでいるなら言語を変更することを検討するとよいでしょう。

プログラミング言語にはそれぞれ特徴があり、対象となる開発対象も違います。そのため、どうしても開発したいものがある場合は言語の変更は難しいでしょう。

しかし、プログラミング言語にこだわりがない場合や、自分の目標とする開発対象にマッチしている言語が複数ある場合には、変更することが可能です。一から学習する手間はかかりますが、プログラミング言語を変えるとすんなりできたという話もあるので、試してみる価値はあるでしょう。

いきなり変えるのが怖い人は、まずは無料Webサイトで言語をお試しで学習してみて、できそうだと感じたらチャレンジするといいですね。

なお「どの言語が自分にあうのかわからないわからない...」という人は、弊社が提供している「プログラミング学習プラン診断」をご活用ください。

診断にかかる時間は1分ほど。4つの質問に答えるだけで、次のようなあなたにあうプログラミング言語やおすすめの学習プランを診断してもらえます。

どのプログラミング言語を選べばいいのかわからない人は、ぜひ一度お試しください。

自分にあうプログラミング言語を診断してみる

学習方法を見直す

現状の学習方法で理解できないのであれば、学習内容を根本的に見直す必要があります。

  • 自分にあった学習教材に変える
  • 理解できるまで先に進まない
  • 学習時間を確保する
  • 学習頻度を増やす

このように今までの学習方法と変えることで、できるようになる可能性があります。とくに独学の場合、思うように学習が進まないなら自分の学習方法があっているのかを確認してみましょう。

最近ではブログやSNS、YouTubeなどでプログラミング学習の体験記などを発信している人も多く、こうした人の学習方法なども参考にすれば効率的に学習できます。

わからないことを質問・相談できる環境を作る

プログラミングができるようになるには、分からないところを質問できる環境が大事です。

未経験者がプログラミングを学んでいると、必ず分からないところが出てきます。ネットで探して答えが見つかればよいですが、見つからない場合も多いです。そうなると、どうすることもできなくなり、最終的に挫折します。

プログラミングを学ぶ場合、独学であっても質問できる友人や知人を見つけた方がよいです。周囲にプログラミング学習時に頼れる友人や知人がいない人は「teratail」「侍テラコヤ」といったWebサイトや勉強会を活用しましょう。

特に、侍テラコヤは月定額2,980円で現役エンジニアに質問しながらプログラミング学習を進められるコスパの良さが特徴の学習サイトです。

700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
previous arrow
next arrow

無料のWebサイトは手軽にプログラミングを学べる一方、必ずしも聞いた質問に適した回答がもらえるとは限りません。しかし、侍テラコヤでは

  • 現役エンジニアが応える回答率100%のQ&A掲示板
  • 必要に応じて受けられる現役エンジニアとのオンラインレッスン

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談できます。下記の口コミからも、侍テラコヤなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

出典:侍テラコヤ

また、侍テラコヤは入会金不要・いつでも退会OKに加え、利用から1ヵ月の間は「全額返金保証制度」が適用されるので「他の学習サイトを選べばよかった」と後悔する心配もありません。

コスパよく効率的にプログラミングスキル習得したい方は、侍テラコヤをお試しください。

侍テラコヤの詳細を見る

挫折なくプログラミングスキルを習得できるか不安な人は

ここまで、プログラミングができない理由や学習が続かない人の共通点を「できる」に変えるコツも交えて紹介しました。

ただ、なかには

このまま独学で勉強を続けてプログラミングスキルを習得できるかな…
また挫折したらどうしよう…

と不安な人もいますよね。

先ほども解説したように、プログラミングの学習途中で挫折する人は多くいます。また、こうした背景もあってか、弊社がプログラミングに興味がある人100名へ実施した別の調査では

  • 確実にスキルを身につけられると思ったから
  • 独学では不安がある
  • 効率よく学べそう

などの理由から、61%が「プログラミングの勉強を始めるならスクールを選ぶ」と回答しています。

61%の人がプログラミングの勉強を始めるならスクールが良いと回答
確実にスキルを身につけられそうという理由でプログラミングスクールを選ぶ人が多い

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

加えて、プログラミングスクールの卒業生に「独学ではなくスクールを活用した理由」を聞いたところ「できるだけ短い期間でITエンジニアへの転職や副業に必要なスキルを身につけたかった」という回答も多く寄せられました。

独学でなく、プログラミングスクールにわざわざ入る理由とは?【インタビュー総集編】

上記から、1人でプログラミングスキルを習得できるか不安な人や短期間でスキルを習得したい人ほど確実性を求め、現役エンジニアといったプロの講師に質問できるプログラミングスクールを利用する傾向にあるのがわかります。

いざ独学でプログラミングを学び始めても、勉強の最中に挫折しまっては学習にかけた時間を悔やむだけでなく「プログラミングスキルを身につけるのって思っていたよりも難しいんだな...」とスキルの習得自体を諦めかねません。

仮にわからないことを飛ばしながら勉強を進めたとしても、ITエンジニアへの転職や副業での収入獲得を実現できる実践的なスキルが身につかなければ、結局後悔することになります。

そこで、おすすめしたいのが「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)」です。

700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
previous arrow
next arrow
料金月分割4.098円~
実績・累計指導実績3万5,000名以上
・受講生の学習完了率98%
・受講生の転職成功率99%

侍エンジニアをおすすめする最大の理由は「挫折しづらい学習環境」にあります。

先ほど述べたとおり、独学者の多くは自力で不明点やエラーを解決できないためにプログラミング学習を挫折しています。そのため、未経験者が現役エンジニアのようなプロに質問や相談できない状況で、プログラミングスキルを習得するのは非常に難易度が高いといえます。

しかし、侍エンジニアでは

  • 現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスン
  • 現役エンジニアに質問できるオンラインでのQ&Aサービス
  • 不安や悩み・勉強の進み具合を相談できる学習コーチ

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談可能です。「受講生の学習完了率98%「転職成功率99%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

侍エンジニアのサポート体制_01 (1)
侍エンジニアのサポート体制_02 (1)
侍エンジニアのサポート体制_03 (1)
侍エンジニアのサポート体制_04 (1)
侍エンジニアのサポート体制_01 (1)
侍エンジニアのサポート体制_02 (1)
侍エンジニアのサポート体制_03 (1)
侍エンジニアのサポート体制_04 (1)
previous arrow
next arrow

侍エンジニアのサポート体制

また、侍エンジニアではカウンセリングにて受講生一人ひとりの目的をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でもITエンジニアへの転職や副業での収入獲得に必要なスキルだけを効率的に習得可能です。

出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design (1)
2
3
4
5
6
出典:httpscodecamp.jpcoursesmaster_design (1)
2
3
4
5
6
previous arrow
next arrow

侍エンジニアのカリキュラム例

最短距離で目的を実現できるようカリキュラムが組まれているため、勉強する順番や内容を誤り非効率に時間や手間を費やす心配もありません。

なぜ侍エンジニアが挫折せずログラミングスキルを習得できるのか気になる人はぜひ公式サイトをご覧ください。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

今回は、なぜプログラミングができないのか、その理由を学習が続かない人の共通点も交えて紹介しました。

現状でプログラミングができないとしても、今回紹介したプログラミングを「できる」に変える4つのコツを実施することで、スムーズにプログラミングを習得できます。

  • プログラミングの学習目的を明確にする
  • 今のレベルにあうプログラミング言語を選ぶ
  • 学習方法を見直す
  • わからないことを質問・相談できる環境を作る

諦めるのではなく、どうやったら上手くいくか考えて行動してみましょう。

SAMURAI ENGINEER

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」トリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close