スライドショースライドショースライドショー

超初心者でもわかる!GitHubの使い方をわかりやすく解説!

GitHubを使えばGUI操作でGitによるバージョン管理を行うことができます。

GitHubって名前を最近よく耳にするけど、そもそもGitやGitHubって何?
GitHubってどうやって使えばいいの?

と疑問に思っている方に向けて、この記事では以下の内容で解説していきます。

  • Gitとは
  • GitHubとは
  • GitHubの導入
  • GitHubの基本的な使い方

GitHubの導入から基本的な使い方まで網羅していますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもGitHubとは

Gitとは

Gitはプログラムなどを記述したソースファイルを管理するための「バージョン管理システム」のことを言います。Gitを使うことで、複数人で開発したソースファイル一式を一元管理することができます。

具体的には以下のようなことが可能です。

  • ファイルの変更履歴を管理
  • 過去のバージョンに戻せる
  • さまざまなファイルを管理できる
  • チームで作業を共有できる


GitHubはプログラマーに限らず、デザイナーやライターなどの職種でも、原稿やイラストなどを共有して管理するなどの使い方もされています。

GitHubとは

GitHubはGitのリポジトリを「Web上のGUI操作でグラフィカルに扱うことが可能」なツールです。(そもそもリポジトリとは、ソースファイルが格納されたディレクトリなどを保存する箱のようなものです。)

導入することで、GitHub上で管理しているプロジェクトをメンバーごとにコピーしてローカルで作業を行い、修正したファイルをGitHub上で共有する。なんてことが可能です。GitHubでは、「ローカルリポジトリ」「リモートリポジトリ」と言った概念があります。

  • 自分のPCで作業する「ローカルリポジトリ」
  • GitHubなどでサーバ上で管理する「リモートリポジトリ」


基本的に作業はローカルリポジトリで行います。ローカルで作成・修正したファイルをリモートリポジトリにプッシュ(送信・更新)する流れで作業します。

そんなGitHubの基礎の基礎については、以下の記事を参考にしてください。

GitHubを導入しよう

GitHubでユーザー登録しよう

GitHubに登録していない場合はサクッと登録をすませておきましょう。登録自体は数分で終わります。

まずはGitHubの公式サイトにアクセスして、「Username」「Emal」「Password」を入力して「Sign up for GitHub」をクリックします。

引用元:GitHub https://github.com/

プランの選択ではデフォルトでFreeプランである「Unlimited public repositories for free.」がチェックされていることを確認して「Continue」ボタンをクリックします。

次の画面ではそのまま「Submit」ボタンをクリックします。GitHubから確認のメールが来ますので、「Verify email address」をクリックします。

「Welcome to GitHub!」のメールが来たら登録が完了です。

リポジトリを作成しよう

ではさっそくGitHub上でリポジトリを作成してみましょう。リポジトリを作成するには、GitHubにログインした状態で「New Repository」ボタンをクリックします。

次の画面で「Repository name」にリポジトリ名を入力します。ここでは「Sample」としています。「Description」にはこのリポジトリの内容や情報を任意で入力しておきます。

リポジトリの種類が「Public(公開)」「Private(非公開)」の2つありますが、Privateは有料会員のみですので、ここはPublicを選択したままにしておきます。

「Initialize this repository with a README」は、READMEファイルを作成しておきたい場合はチェックを入れます。READMEファイルはあとから追加できます。「Create repository」をクリックすることでリポジトリが作成されます。

次の画面でURLが表示されていますが、このURLがリポジトリのアドレスになります。このアドレスは、ローカル環境でリポジトリにアクセスしてリポジトリを取得するときや、更新作業などをするときに使用します。

GitHubの基本的な使い方

Github上でリポジトリを作成したら、次はローカルリポジトリを作成して作業をしていきます。

作業の流れとしては、以下のとおりです。

  • ①ローカルリポジトリを作成する
  • ②ローカルリポジトリにファイルを追加する
  • ③追加したファイルをリポジトリに登録する
  • ④追加・編集したファイルをリモートリポジトリにプッシュする


ローカルリポジトリの作成からプッシュまでの具体的な方法は以下の記事で詳しく解説しています!
【Git初心者向け】リポジトリの作成からpushまでを解説
更新日 : 2019年10月14日

また、以下の記事ではGitのコミットについて、より詳しく解説しています!

ブランチを作成してみよう

ブランチを使えば、masterブランチから処理を分岐して開発を行うことができます。Gitは基本的に複数人で作業を行うため、安全に管理するために個別にブランチを切って作業を実施します。

ブランチの作成や切り替えの方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

Gitの設定内容を確認・変更する

Gitの設定内容を確認・変更する場合は「git config」コマンドを使います。

git configで設定内容を確認したり、設定内容を変更する方法については、以下の記事で詳しく解説しています!

ファイルを比較しよう

「git diff」コマンドを使用すると、2つファイルを比較して差分を確認することができます。たとえば、リモートリポジトリに変更したソースファイルをマージするとき、「変更内容が反映されているか」「他の担当者が編集した内容を消してしまってないか」などを確認するときにdiffを使用します。

そんなgit diffの詳しい使い方については、以下の記事で解説しています。

リポジトリにtagをつける

「git tag」コマンドを使用すると、リポジトリに参照しやすいようにタグをつけることができます。コミット毎にバージョンを付けて管理したい場合などによくタグ付けを行います。

そんなgit tagの詳しい使い方については、以下の記事で詳しく解説しています。

サブモジュールを作成する

サブモジュール(submodule)とは、外部のgitリポジトリを現在のプロジェクトに追加するときに使用するコマンドです。外部リポジトリを自分のプロジェクトでライブラリとして参照したいときや、パラメータを参照するときによく使われます。

そんな「git submodule」については、以下の記事で詳しく解説しています。

Gitのよく使うコマンド

Gitにはさまざまなコマンドを使用します。Gitでよく使うコマンドについては、以下の記事で詳しく解説しています。「あれ、このコマンドどうやって使うんだっけ?」となったらぜひ参考にしてください。

よく使う基本Gitコマンド集【厳選19選】
更新日 : 2018年2月2日

まとめ

ここではGitHubの導入から基本的な使い方について解説しました。

  • Gitとは
  • GitHubとは
  • GitHubの導入
  • GitHubの基本的な使い方


GitHubは最初は覚えることが多く、とっつきにくいと感じるかもしれませんが、慣れてしまえばそれほど難しくありません。ここで紹介した内容を参考にしていただいて、ぜひGitHubのはじめの一歩を踏み出してみましょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

侍テック編集部

侍テック編集部

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説