31歳エンジニア女子が語る未経験・地方在住でもスキルが身についたオンライン学習術

_DSC9312
早川弘晃
書いた人 早川弘晃
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

どうも!侍エンジニア塾ブログ編集部の早川弘晃です!

最近ますます「フリーランスエンジニアになりたい」「リモートワークで自由にどこでも働きたい」そんな声は首都圏だけでなく、地方でも多く聞こえますよね。

しかし実際に地方在住者の人に話を聞いてみると、

  • 地方在住で周りにIT系の知り合いがいなくて、話を聞けない
  • 一緒に勉強している人がいないのでスキルが付いているかどうか分からない
  • ゆくゆくは田舎に帰りたいんだけど、フリーランスとかリモートワークって本当に出来るの?

などなどの疑問が上がっていて、イマイチ勇気を出して一歩踏み出せないのも事実。

そこで本日は31歳・岐阜在住・未経験でプログラミング学習を開始した野村まどかさんにインタビューしてきました。

野村まどかさん
岐阜県出身の31歳。大学は生命工学を専攻し、製造メーカー→医療関係→派遣事務の仕事に携わる。派遣のお仕事をしている最中に転勤になったことがきっかけで、働く場所を自分で選べるエンジニアに興味が湧く。

無料学習教材では満足できず、さらに勉強したい!仕事にしたい!と思って、侍エンジニア塾への入塾を決意。 現在は派遣の仕事が契約終了したため、本格的に転職活動を始めている最中です。

半強制で転勤になったことが不満マックスだった

_DSC9294

早川
本日ははるばる岐阜からありがとうございます!よろしくお願いします!

早速ですが、野村さんはどうしてエンジニアになろうと思ったんですか?

野村さん
よろしくお願いします。以前は派遣の事務系の仕事をしていました。

仕事をしている中で、1回契約が終了しちゃったので、違うところに変わって、それで静岡に住むことになったんです。

早川
そうだったんですね。 静岡って岐阜から結構遠いですよね?
野村さん
静岡でも一応岐阜寄りのところだったんですけど、自分の働く場所を選べないのは嫌だな、っていう気持ちになって。

選べる仕事に就きたいな、っていうのがすごいその時、すごいマックス不満がたまってて。

早川
それで、働く場所を自分で選べるようになりたいなと?
野村さん
なりたいなっていう。

結構いろんなとこに行くのが好きなので、いろんなところに行ける自由な身になりたいな、って思いました。

_DSC9299

早川
本当にいいですよね、フリーランスの働き方って。

実際プログラミングに関してはどんな印象だったんですか?

野村さん
実は私、小学生の時に図書室でプログラミングの世界、みたいな感じの難しい本を読んでいたのを思い出したんです。
早川
めちゃめちゃ早いですね。笑
野村さん
そうですね。
お父さんが結構、パソコンとかたまに自作とかするとかそんな感じだったので身近な存在ではありました。

でも小学生の私からしたらちんぷんかんぷんで、もうすぐ諦めちゃったんです。

早川
なるほど。大人の今でもプログラミングは難しいなと思います。笑
野村さん
笑。

それで、ちょっと一回やってみようと思ってやったら、今結構いろいろ無料サイトとかでわかりやすいところがあったんで、めっちゃわかるしめっちゃ楽しいと思ってw

早川
そのちょっと1回やってみようが大事なんですよね!

独学での学習継続のコツはシンプルに習慣化

_DSC9337

早川
独学での挫折率は90%を超えるというプログラミング学習ですが、野村さんはどうやって学んでたんですか??
野村さん
一番最初勉強し始めた時は、たぶんProgateとかやっていました。

Progateっていろいろできるじゃないですか、言語。いろいろぽんぽんぽんとやってて、どれが面白そうかな、と思ったら、Rubyが一番自分にハマってそれでやっていました。

早川
Rubyは直感的で分かりやすいで有名ですよね。Progateでは物足りないくらいがりがりがりがりはまっていったんですか?
野村さん
そうですね、Rubyをやってて、Railsの最後の章までやって。この先も見たいなと思いながら。ドットインストールとかその辺も見て勉強する、みたいな。
早川
その二つ良いですよね。学習時間の確保とかモチベーションとかってどうやって保っていたんですか?
野村さん
平日の夕方仕事終わってから勉強していました。

とりあえず、もう家に帰ったらすぐにパソコンを開くっていうのを決めて、パソコン開いて、クラウドナインを開きさえすればやる気が出るので、それを習慣にしました。

帰ったらもうすぐに開く!みたいな。パソコン開いて、昨日やっていたところまで飛ぶ、みたいな。

早川
すごい徹底ぶりですね。その独学の期間はどのくらいあったんですか?
野村さん
一ヶ月ほどです。Progateさんとかドットインストールさんとかそういうところを中心に勉強してたんですけど、やっぱ基礎的なことばっかなので、自分でその先に行こうとしてもたぶん詰まっちゃうんだろうな、と思って。

それだったらどっか学べるところがあればいいなあと思って、プログラミングスクールを考え始めました。

東京に行く際に、侍エンジニア塾さんと他社さんの無料体験レッスンをブッキングさせたんですよ。笑

自分で出来るようになっている実感が湧いたマンツーマンレッスン

_DSC9312

早川
大事ですよね。むしろ他社さんと比較してくださった方が侍の魅力も伝わると思うので。

実際にプログラミングスクールを選ぶ際はどういったところを基準に選んだんですか?

野村さん
決め手は、私は岐阜に住んでいるので、渋谷にある学校に通うっていうのをメインにしてるのはちょっとなあ、ていう。

大変だし、たぶん通わないとそこの学校の強みが発揮されないんだろうな、と思ったのと、あと、大人数で授業を受けるとかそういうのがあまり得意ではなく。

学習するときはやっぱり1対1がいいなあと思ってオンラインで学べて、マンツーマンで講義が受けられる侍エンジニア塾にしました。

早川
そうだったんですね。オンラインかつマンツーマンだと他にもスクールさんあるんですけど、そこではなく侍エンジニア塾を選んで頂いたのはなんでだったんですか?
野村さん
そことかも検討してみたんですけど、フリーランスになるための仕事獲得サポート、ていうところとか、あと、現役のエンジニアの方がインストラクターになってくれるっていうのを侍エンジニア塾さんはやっているじゃないですか。

自分は働く場所を自分で選べるようになりたいので、フリーランスになってってところを考えると、ここが一番だなって思って。

_DSC9286

早川
いやーめちゃくちゃ嬉しいです。笑 実際のレッスンはどうでした?
野村さん
私は詰まった時に、ここがわからないですって言ったら、すぐにググって調べてくれて、ここをヒントにするといいよ、みたいな感じで、ググり方を教えてもらいました

参考になるサイトを的確に表示してくれて、自分では探せなかったやつをぽーんて出して載せて、それで、ていいう感じですかね。

早川
ググり方って本当大事なスキルですよね。当時に教えてもらった部分は実際どんなことに詰まっていたんですか?
野村さん
架空のカフェのサイトで、メニューとかが表示されたりとか、コンタクトページとかでお問い合わせができるようにしたりとかしていて、そのときに機能の追加がうまく出来なくてエラーが出てたんですよ。

そしたらその機能が実装されてるサイトを送ってくれて。でもそのまんまじゃなくてちょっと自分で考えなきゃいけない、みたいな感じで絶妙に勉強になるものでした。笑

やっぱり自分で探せなかったものを引っ張ってくれる、ってすごいなって。

早川
なるほど、まさに時短ですね、効率の良い勉強の仕方って感じがします。笑
野村さん
そうですねやっぱり、他の生徒さんのこととか気にせずにほんとのマンツーマンで、質問もすごいしやすかったですし。

週一のレッスンが終わる時に、次なにやる?とかそういう風で、希望とか聞いてくれてたりしたので、来週までに学ばなきゃいけないことがハッキリしていたのも良かったです。

早川
そうなると、レッスンの間の独学も捗りますよね。
野村さん
そうですね、インストラクターさんが自分のことをよくわかってくれているので、進捗とかも全部わかってくれていました。

最初の方は身についてるのかな?とかはちょっと思っていたんですけど、でも授業が進んでいって、実際になんかの機能をつけてみるとか、授業の終わりに、次までにこれを作ってきてね、とか言われて、それを作ってる最中に、自分でも、あ、ちゃんとできる、という感じで思えました。

だんだんやっていくうちに、身についてる気がする、って思うようになったって感じですかね。

早川
そうなってくると楽しさも増してきますよね。プログラミングをやっていて一番楽しいなと感じる瞬間っていつですか?
野村さん
やっぱ解決した瞬間ですかね。これでコード入れてみたらどうかな、って入れて、ちゃんと動いた!ってなったときにw

ドキドキしながらリロードボタンを押して。こいつだった!みたいな。

早川
表示されなかったものが表示されるって本当にうれしいですよね。

フリーランスもリモートワークも全て手段です

_DSC9335

早川
今後こういうもの作ってみたい!とかってありますか??
野村さん
大きいサービスを作ってみたいですね。

本を読むのとか好きなので、読書に関するサービスとか、読書記録とかをみんなでわいわい共有できたりとかするようなサービスとか、そういうのとか作ってみたいです。

早川
そうなると誰かと共同で開発をするっていう経験が必要になってきますよね。
野村さん
はい。ゆくゆくはリモートワークとかをするにしても、ほんとに今まだ未経験の状態で、三か月学んだって言っても、まだスタートラインにようやく立ったかどうかっていう感じなので、会社に入って、実際にオフィスみたいなところで、いろんな人と関わりながらいろんなことを学んでいきたいな、っていう気持ちがあって。

それだとリモートワークとかだとそういうことはできないかなっていうので、実際就職して、通って、通勤して、っていうかたちじゃないとできないかなって。

早川
ある種、業界がどうなっているのか見たい、ってことですよね。
野村さん
そう、どうなってるのか見たい。それはやっぱりそこに身を置かないとわからないのかな、と思って。一回身を置きたいなって。
早川
自分一人で勉強してると自分のレベル感とか、業界のスタンダードがわからないですよね。

_DSC9331

野村さん
ぼんやーりしてる感じですね。なのでフリーランスというのにゆくゆくはというのがあって、実際この業界の方に一旦身を置いて、そこからフリーランスになれたらいいな、っていう感じで今は思っています。

同時にフリーランスでなくても、リモートワークとかをさせていただける会社さんに就職したり、っていうのも一応考えてはいるんですよ。

早川
それはありですね。特に増えてきてると思います、今。うちみたいに。

侍エンジニア塾では人材紹介の方も行っているので、リモートワークOKの会社や、ゆくゆくはフリーランスへの移行OKの会社など、様々な会社あるので、是非是非相談してください!

野村さん
ほんとですか!お願いします。
早川
はい。今日は根掘り葉掘り聞かせて頂けてよかったです!
野村さん
いえいえ、私いろいろ検索をしてたときに、体験談とか、がちょこちょこあったりとかを見て。

そこでその侍エンジニア塾さんの学習者インタビューを見て学習を決めたので、まさか自分が出るとは思っていませんでした。笑

早川
あ、そうだったんですね。笑 読んで頂けて嬉しいです!野村さん、ありがとうございました!!

侍エンジニア塾では、「地方在住・未経験で一人で勉強するのは不安だけど、将来のために学びたい」という方にも安心してスキルが身につくよう、

  • オンライン学習で全国各地からあなたにぴったりのインストラクターを選びます
  • 専属講師の一貫したレッスンであなたの学習の細かい進捗や、スキル・性格まで考慮した独学方法の提案
  • マンツーマンレッスンでググり方などの卒業後も自力でエンジニアになるための本当に効率の良い問題解決能力を学んで頂きます

実際に僕・私でも本当にフリーランスエンジニアになれるのかな?とインターネットを調べたりして気になっている方も多いと思います。

弊社の無料体験レッスンでは、あなたの本当にやりたいことから逆算した働き方・職種・言語・学習ロードマップの提案をさせて頂きます。

私たちと一緒に勇気を出して一歩踏み出しましょう。


野村さんが入塾前に読んだ島根住みのフリーランス女子の記事はこちら。
プログラミングを最短で習得したい方へ

インタビューにもあるように、一昔前に比べて、プログラミング学習の敷居自体は低くなりました。

情報量が以前に比べて飛躍的に増え、便利なツールも日に日に登場しています。ITスキルや自己解決能力が高ければ、独学での学習も難しくありません。

ただし、実際の学習ともなると、ほとんどは「つまづいている時間」といっても過言ではないです。

「未経験だから、どうやって勉強すればいいかわからない」
「プログラミングができるようになったとして、どうやって仕事獲得をすればいいのかわからない」

このような悩みを抱えている方も少なく無いと思います。

  • 効率よく学習を進めていきたい
  • 自分だけのオリジナルカリキュラムを作って欲しい
  • エンジニアになってからの仕事獲得までサポートして欲しい

そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、オリジナルカリキュラムの作成や、仕事獲得まで徹底的にサポートすることが出来ます。専属インストラクターがあなたの目標に先回りして必要な技術や知識を学べる課題を出します。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社コンサルタントと一緒にあなた専用の学習カリキュラムを考えてみませんか?

詳しくは下の画像をクリックして弊社サービス内容をご確認ください。

cta_bannar

学習者インタビュー

人気講師インタビュー

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

早川弘晃

早川弘晃