初心者でもARエンジニアに!AR開発が学べるおすすめスクール3選

ARクリエーターになる! おすすめスクール3選

ARを開発してみたい!
仕事にしてみたい!

と思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、いざAR開発を仕事にしたいと思っても、どんな技術が必要で、どう勉強したらいいかわかりませんよね。

そんな時に検討していただきたいのがスクールです。

スクールはプロに直接教わることができ、効率よく学習を進められるだけでなく、モチベーション維持にも効果的です!

そこでこの記事では、話題のAR開発のスキルを学べるおすすめのスクールをご紹介します。ご参考いただき、あなたにぴったりのスクールが見つけてみてください!

はじめに:ARとは?

画像:Shutterstock

まずはじめに「AR」という言葉がどんな意味なのかを解説します。

ARとは「Augmented Reality」の略で、日本語では「拡張現実」と訳されます。実際の風景に仮想現実(バーチャル)の映像などを重ねて表示する技術のことで、自分がいま見ている現実世界をバーチャルの技術で拡張します。

代表例は「ポケモンGO」

この代表的な例が2016年にアメリカを皮切りに世界中で大ブームとなったスマホゲーム「ポケモンGO」です。

スマホ画面を通して見ると、現実世界の公園や道路など様々な場所にポケモンが重なって表示され、まるで現実世界にポケモンが現れたような錯覚を覚え、まさに「現実世界を拡張」したかのようなワクワク感がありましたよね。

よく聞くVRとの違いは?

ARと似た言葉で、私たちが普段よく耳にするのか「VR」ですが、ARとVRの違いは「現実世界を主体としているかどうか」の違いです。

ARは目の前にある現実世界にバーチャルの技術で映像を重ね合わせており「現実世界」が主体になっています。

これに対しVRはディスプレイ等に映し出された仮想現実の世界に、自分が溶け込んでいるように見せる技術のことですので、あくまで主体は「仮想現実の世界」です。

  • AR(拡張現実)=現実世界が主体
  • VR(仮想現実)=仮想世界が主体

両者はなんとなく似ているように思える技術ですが、考え方の面ではまったく別の、むしろ対照的な技術と言っても差し支えないでしょう。

初心者でも安心!AR開発スキルが学べるスクール3選

では、ここからはAR開発のスキルが学べるスクールをいくつかピックアップしてご紹介していきます。

VRプロフェッショナルアカデミー

引用元:VRプロフェッショナルアカデミー https://vracademy.jp/

VRプロフェッショナルアカデミーは、日本初・唯一のVR・AR・MRのプログラミングスクールです。

2018年4月からはAR専門の「ARプロフェッショナルアカデミー」がオープンし、VR・ARの先進企業で働くプロが講師を務め、即戦力でコンテンツ開発ができるエンジニアを育成することを目的としています。

学習方式にも仮想プロジェクトを応用した実践スキル学習「クエスト方式」を導入する等、専門的かつ先進的な取り組みをしているスクールです。

しかも企業からの奨学金システムを採用していて、なんと入学金・授業料が無料。AR専門のスクールの中でも飛び抜けた存在です。

このスクールの特徴

  • URLhttps://vracademy.jp/ar/
  • 受講形態:通学式(東京都内)
  • 対応時間:平日10:00~21:00
  • 講師の質:VR・ARの開発企業で働く現役のエンジニア

アミューズメントメディア総合学院

引用元:アミューズメントメディア総合学院 https://www.amgakuin.co.jp/contents/game/

アミューズメントメディア総合学院はゲーム、アニメ、声優などのクリエイターの専門学校です。ゲームプログラマー学科では、ゲームプログラミングを軸としてVR・AR技術を学べるコースが設立され、VR・ARエンジニアを要請する取り組みが行われています。

講師はいずれもゲーム業界での勤務経験・制作実績を持つ専門家揃いで、初心者の方でも安心。

さらに、同学校内には一般ユーザー向けの商用ゲームを開発する機関「AMG GAMES」があり、即戦力を養成。その結果、就職率は驚異の98%を誇り、セガゲームスやアトラスなどの有名ゲーム制作会社で働く卒業生を輩出しています。

このスクールの特徴

  • URLhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game/
  • 受講形態:通学式(東京都内)
  • 対応時間:平日 9:15~17:30
  • 講師の質:ゲーム業界での勤務経験・制作実績を持つ専門家

FCA福岡デザイン&テクノロジー専門学校

引用元:FCA福岡デザイン&テクノロジー専門学校 https://www.fca.ac.jp/course/anime_cg_world/vr_ar/

FCA福岡デザイン&テクノロジー専門学校は、福岡県にあるクリエイター養成専門学校です。

「1300社を超える企業と共に、産学連携で在学中から学ぶ実践教育」をコンセプトにしており、卒業後の進路も安心で、かつ入社後すぐに使えるスキルが身につくカリキュラムが魅力です。

VR・AR開発プログラマーを目指すコースが用意されており、最新のVR・ARビジュアル制作の知識と、企画から制作までの一連の流れを、各分野の専門家から学ぶことができます。

また、就職サポートも充実しており、ビジネスマナーや身だしなみが学べる学内セミナーの他、企業との共同プロジェクトも多く実施していることからスカウトを受ける場面もあり、卒業後もサポートが受けられる等、安心の体制が整っています。

このスクールの特徴

AR開発の仕事の今と将来性

画像:Shutterstock

では、スクールでAR開発のスキルを身に着けたあと、実際に仕事の需要はあるのでしょうか?

現在の求人数

まずは求人数から見ていきましょう。Indeedで「AR開発エンジニア」と検索した結果「660件」の求人がありました。

まだまだ新しい分野であることから、一般的なWeb系エンジニアに比べれば案件数はかなり少なめですが、現在も一定数の募集はあるようです。

AR開発の将来性

一方、AR開発の将来性は非常に高く、アメリカのAR・MR開発会社のHoloNext社によれば、AR市場は今後以下のように拡大する見込みとのことです。

今日、AR(Augmented Reality)市場は2018年に111億1000万ドルと評価され、2023年までに605億5000万ドルに達すると予想されており、CAGRは40.29%に成長しています。 (MarketsandMarkets) 一方、VR市場の期待を足し合わせると、ARとVRの市場規模の合計は合計で1000億米ドルを超えることになります。

引用元:HoloNext https://holonext.com/future-of-ar/?lang=en

まとめ

以上のように、日本におけるAR開発市場はまだまだ発展途上でスクールの数もまだまだ多くはありません。

とはいえ今後10年間で一気に需要が高まる市場とも予想されており、AR開発のスキルは重要視され、それに伴いスクールも一気に増えると思われます。

ARの今後の動向が楽しみですね!

 

 

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ナカガワダイキ

ナカガワダイキ

侍エンジニア塾ブログ編集部のナカガワです。ホテル業界に9年間従事し、未経験からIT業界へ転身。
初心者目線で、誰が読んでも分かりやすく読みやすい記事の執筆を心がけています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説