インフラエンジニアの勉強方法7選!初心者向けにわかりやすく解説

インフラエンジニアになるために勉強すべきことは?
インフラエンジニアになるための勉強方法は?

IT社会を支える「インフラエンジニア」を目指す方は増えています。しかしインフラエンジニアの経験がないと、どうやって勉強したら良いかわかりませんよね。

インフラエンジニアの仕事は、多くの人がイメージするエンジニアとは少し異なります。勉強すべきことや勉強方法を把握しておかないと、途中で挫折してしまいます。

そうならないように、本記事を読んでインフラエンジニアの勉強について必要なことを押さえておきましょう。IT業界の経験がない人でもわかりやすい内容のため、ぜひ一読ください。

インフラエンジニアを勉強するための予備知識

勉強するための予備知識

インフラエンジニアを勉強する前に、下記の予備知識を身につけましょう。

  • そもそもインフラエンジニアとは
  • インフラエンジニアの種類

そもそもインフラエンジニアとは

システムやアプリを稼働させるためには、「ITインフラ」と呼ばれる基盤が欠かせません。ITインフラの整備を担うエンジニアが、「インフラエンジニア」です。

現代のサービスは多くの場合、インターネットを通じてデータのやり取りを行います。私たちがこうした仕組みを24時間安定的に利用できる裏には、インフラエンジニアの仕事があります。

ただしインフラエンジニアとひと言でいっても、その仕事内容はさまざまです。ITインフラの設計や構築といった開発の担当者もいれば、運用や保守の担当者もいます。

インフラエンジニアの基礎知識をより詳しく知りたい人は、次の記事をお読みください。

インフラエンジニアとは?年収/仕事内容/未経験からなる方法
更新日:2022年9月13日

インフラエンジニアの種類【平均年収も紹介】

インフラエンジニアの主な種類は、下記の3つです。

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • クラウドエンジニア

平均年収も交えながら、1つずつ順番に紹介します。

サーバーエンジニア

「サーバーエンジニア」とは、サーバーの設計や構築、運用、保守を行う仕事です。サーバーとは、システムやアプリのデータを管理するコンピューターを指します。

設計や構築では、顧客の要望をもとにハードウェアやソフトウェアを選定します。ハードウェアはパソコンやその周辺機器、ソフトウェアはOSやデータベース管理システムなどが代表例です。

また選定だけでなく、実際の配線やインストールなども行います。こうして構築されたサーバーを実際に稼働させるのは、運用や保守の仕事です。

大手転職情報サイト「doda」によると、サーバーエンジニアの平均年収は約438万円(2022年1月現在)。ただし、設計や構築を担当するサーバーエンジニアのほうが、収入は高くなる傾向があります。

ネットワークエンジニア

「ネットワークエンジニア」とは、ネットワークシステムの設計や構築、運用、保守を行う仕事です。ルーターやハブなどのネットワーク機器を用いて、システムやアプリを稼働させるために必要なネットワーク全体を整備します。

大まかな仕事の流れは、サーバーエンジニアと同様です。顧客の要望をもとにネットワークシステムを設計・構築し、納品後は運用や保守を行います。

dodaによると、ネットワークエンジニアの平均年収は約433万円(2022年1月現在)。ネットワークエンジニアの仕事内容や必要スキルについて詳しくは、次の記事を一読ください。

ネットワークエンジニアの仕事内容とは?必要なスキルも解説
更新日:2022年9月13日

クラウドエンジニア

「クラウドエンジニア」とは、「AWS」などのクラウドサービスを活用してITインフラを整備する仕事です。サーバーエンジニアが用いる物理サーバーではなく、Web上の仮想サーバーを用いるのが特徴といえます。

大まかな仕事の流れは、サーバーエンジニアと同様です。顧客の要望に合わせてクラウド上にITインフラを設計・構築し、納品後は運用や保守を行います。

求人検索エンジン求人ボックス」によると、クラウドエンジニアの平均年収は約585万円(2022年1月現在)。近年では企業のクラウド化が進んでいるため、需要の高い仕事です。

クラウドエンジニアの仕事内容や必要スキルをもっと知りたい人は、次の記事を併せて参考にしてください。

クラウドエンジニアの仕事内容が気になる方へ!必須スキルや将来性も解説
更新日:2022年9月13日

インフラエンジニアになるために勉強すべきこと

インフラエンジニアになるために勉強すべきことは、次の3つです。

  • サーバーやネットワークの知識
  • セキュリティの知識
  • シェルスクリプトの知識

次の記事では、インフラエンジニアのスキルチェックシートを紹介しているため、ぜひご覧ください。

インフラエンジニア必須のスキルを完全網羅!スキルチェックシート付き
更新日:2022年9月13日

サーバーやネットワークの知識

ITインフラの基本ともいえる、サーバーやネットワークの知識は必須です。クラウドエンジニアを目指す場合でも仮想サーバーを用いることになるため、勉強が必要となります。

Linux、Unix、Windowsといった、サーバーによく用いられるコンピューターOSの基本的な機能や設定方法は重要です。また、ネットワーク通信の仕組みやネットワーク機器の役割なども勉強しましょう。

セキュリティの知識

不特定多数のユーザーが利用するシステムやアプリには、常にセキュリティリスクがともないます。特にITインフラの設計や構築では、セキュリティの知識も欠かせません。

サーバー構成やネットワーク通信技術など、基本的なセキュリティ対策は把握しましょう。運用や保守を担当する場合でも、障害対応などではセキュリティの知識が必要です。

クラウドエンジニアを目指す場合は、主要なクラウドサービスのセキュリティ対策を把握することが求められます。

シェルスクリプトの知識

LinuxやUnixなどのコンピューターOSは、「シェルスクリプト」と呼ばれる言語で操作することが良くあります。シェルスクリプトの基本的なコマンドについては把握しましょう。

クラウドエンジニアの仕事でも、物理サーバーからクラウドサーバーに移行する案件は珍しくありません。旧システムを扱えるように、シェルスクリプトは覚えておいた方が良いでしょう。

インフラエンジニアになるための勉強方法7つ

インフラエンジニアになるための勉強方法

インフラエンジニアになるための勉強方法としては、次の7つがおすすめです。

  • 学習本を読む
  • 学習サイトを利用する
  • 動画を見て学ぶ
  • 資格取得を目指して勉強する
  • 勉強会に参加する
  • スクールを利用する
  • 研修サービスを利用する

1つずつ、順番に解説します。

勉強法1:学習本を読む

インフラエンジニアを学べる本は、数多く存在します。必要な知識が体系的にまとめられており、1冊でじっくり勉強できるのがメリットです。おすすめ学習本を2冊紹介します。

インフラエンジニア学習者に必要な知識が詰まった1冊です。ITインフラの運用に携わる筆者が、インフラエンジニアの仕事内容から丁寧に解説しています。

ITインフラの仕組みを中心に、インフラエンジニアの基礎知識が学べる1冊です。その名のとおりイラストが充実しているため、初心者でもストレスなく勉強できます。

インフラエンジニアにおすすめの学習本は、次の記事でより詳しく紹介しています。

インフラエンジニアに必要な入門知識とは?エンジニアが詳しく解説
更新日:2022年9月13日

勉強法2:学習サイトを利用する

インフラエンジニアに必要な知識について解説しているサイトも、多数あります。パソコンやスマートフォンで手軽に勉強したい人は、こうしたサイトを利用するのも効果的です。

おすすめ学習サイトを2つ紹介します。

「エンジニアの入り口」は、エンジニアに関する幅広い情報を紹介しているブログです。ネットワークの基礎知識や、サーバーでよく使われるLinuxの知識が身につきます。

「3分間NetWorking」はその名のとおり、1章3分ほどでネットワークの基礎を学べるサイトです。キャラクターの対話形式で解説されており、漫画のような感覚で楽しく勉強できます。

勉強法3:動画を見て学ぶ

動画でインフラエンジニアを学べるサイトもあります。「スクロールやページの移動が大変」という方は、動画を見て勉強するのがぴったりです。おすすめ動画サイトを2つ紹介します。

出典:Udemy

「Udemy」はインフラエンジニアに限らず、エンジニア関連の幅広い講座動画が公開されているサイトです。買い切り形式で、好きな講座動画を1度購入すれば期限を気にせず学べます。

出典:Schoo

「Schoo」は、エンジニアはもちろんデザインやマーケティングなどの講座動画も視聴できるサイトです。録画動画は月額料金ですべて視聴し放題となり、無料会員でも生放送授業は受講できます。

勉強法4:資格取得を目指して勉強する

インフラエンジニアになるために必須の資格はありません。しかし、資格を持っていると企業へのアピールになりますし、給与アップなどの恩恵を受けられることもあります。

また、資格取得を目指して勉強することで、必要な知識を体系的に学べるのもメリットです。インフラエンジニアを目指す人におすすめの資格を3つ紹介します。

「基本情報処理技術者」は、ITに関する幅広い知識を証明できる資格です。国家資格のため知名度が高く、インフラエンジニア以外の職種でも役立ちます。

「LPIC」は、コンピューターOSのLinuxに関する知識やスキルを証明できる資格です。サーバーにLinuxを用いる企業は多いため、特にサーバーエンジニアを目指す人に役立ちます。

出典:CCNA

「CCNA」は、シスコ社製のネットワーク機器に関する知識やスキルを証明できる資格です。ネットワーク機器の最大手メーカーが認定する資格のため、特にネットワークエンジニアを目指す人に役立ちます。

インフラエンジニアに役立つ資格をより詳しく知りたい人は、次の記事をお読みください。

インフラエンジニアにおすすめの資格8選!取得するメリットと難易度
更新日:2022年9月13日

勉強法5:勉強会に参加する

全国各地で、インフラエンジニア関連の勉強会が開催されています。講師に直接教えてもらえる上に、勉強仲間もいるため孤独を感じにくいのがメリットです。

勉強会を探せるおすすめサイトを2つ紹介します。

出典:TECH PLAY

「TECH PLAY」は、全国各地で開催されるIT関連の勉強会が探せるサイトです。キーワード検索だけでなく地域や申込数でのソート機能などもあり、好みの勉強会を簡単に探せます。

出典:connpass

「connpass」は、勉強会の参加者はもちろん開催者へのサポートも充実しているサイトです。SNSとの連携など便利な機能が豊富にあります。アプリ版もあるため、スマートフォンでも気軽に勉強会を探せます。

勉強会を探せるおすすめサイトをもっと知りたい人は、次の記事もぜひ参考にしてください。

ネットワークエンジニア向けのイベント・勉強会と検索サイトまとめ
更新日:2022年9月13日

勉強法6:スクールを利用する

インフラエンジニア向けのスクールを利用するのも、有力な手段といえます。プロの講師に不明点を質問できるため、独学よりも挫折しにくいのが大きなメリットです。

おすすめスクールを2校紹介します。

「ネットビジョンアカデミー」は、ネットワークエンジニアを育成するスクールです。前述したCCNAの資格合格率が99%(2022年1月現在)と高いため、資格を取得したい人にも適しています。

「エンジニアカレッジ」は、就職サポートが一体となっているスクールです。ネットワークやLinux、AWSといったインフラエンジニア関連の知識が身につきます。

勉強法7:研修サービスを利用する

講師に教えてもらう方法は、スクールのほかに研修サービスもあります。短期間で集中的に学べるため、まとまった時間が取れない人でも勉強できるのがメリットです。

おすすめの研修サービスを2社紹介します。

「トレノケート」は、20年以上の歴史を持つITインフラ専門の研修サービスです。2、3日で学べるコースが中心で、インフラエンジニア関連の知識を幅広く取り扱っています。

「リカレント」は、IT系以外にもさまざまなノウハウを学べる研修サービスです。インフラ研修コースでは、ネットワークやLinux、クラウドサービスについて学べます。

未経験者がインフラエンジニアを勉強するときの注意点

IT業界の未経験者でも、勉強してインフラエンジニアになることは可能です。ただし、最初は運用や保守の仕事を任されるケースも少なくありません。

運用や保守の仕事では、24時間体制でITインフラを稼働させる必要があります。ITインフラを支えていく重要な仕事ではあるものの、シフト勤務やトラブル対応で苦労する場合も。

インフラエンジニアとして仕事の幅を広げるなら、確かなスキルを身につけることが大切です。とはいえ独学で挫折せずにスキル習得するのは難しいため、スクールや研修サービスなどの利用も考えましょう。

未経験からインフラエンジニアを目指す上で知っておくべきことは、次の記事でより詳しく解説しています。併せて参考にしてください。

【2022年最新版】未経験からインフラエンジニアになるための完全ガイド
更新日:2022年9月13日

インフラのスキルを学ぶなら転職保証コースもおすすめ

インフラエンジニアのスキルを挫折せずに勉強するなら、弊社「SAMURAI ENGINEER」の転職保証コースもおすすめです。現役エンジニアからマンツーマン指導を受けられます。

世界トップシェアのクラウドサービス「AWS」などのスキルを短期間で学習可能です。需要の高いクラウドスキルを身につければ、転職のチャンスがぐっと広がります。

また、手厚い転職サポートを受けられるのも魅力です。転職がうまくいかなかった場合の返金保証もあるため、インフラエンジニアを目指す人はぜひお試しください。

転職保証コースはこちら

まとめ

今回は、インフラエンジニアになるための勉強方法について、次の4点をお伝えしました。

  • 勉強するための予備知識
  • 勉強すべきこと
  • 勉強方法7つ
  • 勉強するときの注意点

インフラエンジニアは、IT化が進む現代において欠かせない仕事です。とはいえ、正しい方法でしっかり勉強しないと挫折してしまいます。

今回の内容を参考にして、ぜひインフラエンジニアの勉強にトライしてください。

この記事のおさらい

インフラエンジニアになるために勉強すべきことは?

「サーバーやネットワークの知識」「セキュリティの知識」「シェルスクリプトの知識」を勉強しましょう。詳しくは、この記事を参考にしてください。

インフラエンジニアになるための勉強方法は?

「学習本を読む」「学習サイトを利用する」「動画を見て学ぶ」「資格取得を目指して勉強する」「勉強会に参加する」「スクールを利用する」「研修サービスを利用する」の7つがおすすめです。詳細は、この記事をご覧ください。

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る