フリーランスエンジニアの働き方とは?年齢の壁を超える秘訣も解説

そもそも、フリーランスエンジニアってなに?
具体的な働き方やメリットを詳しく知りたいな......

 

エンジニアは現在においても将来においても需要が高く、売り手市場が続くと見込まれている職種のひとつです。

そんなエンジニアの働き方は多様化しており、企業に正社員として雇われているエンジニアもいればフリーランスのエンジニアもいます。

フリーランスエンジニアとは、いわば個人事業主として独立し、自らクライアントと仕事を探し収入を得るエンジニアのことです。在宅で仕事も可能ですし、自由度が高いと言えるでしょう。

今回はそんなフリーランスエンジニアの働き方、メリット、年齢の壁について解説していきます。フリーランスエンジニアが高収入を目指せる理由についても触れているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事の目次

フリーランスエンジニアはどんな働き方なの?

まずは、「フリーランスエンジニアの働き方」について、以下3つに分けて解説します。

  • フリーランスエンジニアの仕事の特徴
  • フリーランスエンジニアと会社員の違い
  • フリーランスエンジニアの年収と単価相場は?


1つずつ見ていきましょう。

フリーランスエンジニアの仕事の特徴

フリーランスエンジニアには、以下2つの仕事のタイプがあります。

  • 常駐型
  • 請負型

常駐型は、クライアントと業務委託契約を結んで仕事するスタイルです。仕事先のオフィスに常駐して仕事するため、正社員エンジニア似たような働き方と感じる人も多いでしょう。

それでいて月の収入が固定で決まっているため、収入が安定しやすいのも特徴です。一方請負型は、顧客から仕事を請け負って仕事するスタイルです。

在宅で仕事するケースが多く、開発したアプリを納品しなければ報酬は発生しません。やればやるほど高収入になりますが、「見積り力」と「開発力」がなければ難しいスタイルでもあります。

そのため、常駐型のフリーランスエンジニアをしつつ一部請負型で仕事するケースが多いです。となると、「会社員エンジニアとの違いって、なんなんだろう......」と思う方もいるでしょう。

次に、「フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの違い」について解説します。

フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの違い

フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの特徴はそれぞれ以下の通りです。


フリーランスエンジニアの特徴

  • 常駐型の場合でも、高収入を見込める場合がある
  • 週5ではなく、週3から常駐できる案件もある
  • 請負型メインの場合は、働く時間と場所の自由度が高い
  • 自分で仕事を探して、案件を獲得しないといけない



会社員エンジニアの特徴

  • 基本的に週5常駐での仕事が多い
  • リモートワーク(在宅での仕事)ができない企業も多い
  • 会社で決まった仕事をするため、仕事の自由度は低い
  • 収入面でのリスクが少なく、安定した収入を得やすい


大きな違いは、「働く日数」と「仕事の選び方」 です。フリーランスエンジニアの場合は、週3から始められる案件もあるため、働く時間をコントロールしやすいです。

しかし会社員エンジニアの場合は、週5日で働くケースが多いでしょう。また仕事に関しても、フリーランスエンジニアは自分で探して案件を獲得します。

そのため自分が鍛えたいスキルを扱う案件を探せば、効率的にスキルアップしやすくなるでしょう。一方会社員エンジニアは、会社で決められた仕事を進めます。そのため必ずしもやりたい仕事ができるわけではありません。

このような理由により、フリーランスエンジニアの方が自由度は高いと言えます。

フリーランスエンジニアの年収と単価相場は?

フリーランスエンジニアの平均年収について、年齢別にまとめたデータを見てみましょう。


20代の平均年収は約700万となっており、40代は850万程度であることがわかります。そして最高年収では、年収1000万を超えているケースもあります。

ただ、年収は年齢だけでなく「プログラミング言語」や「業務内容」によっても変わります。以下でそれぞれの年収についてまとめているので、ご一読ください。

フリーランスで年収1000万を狙うならシステムエンジニアがおすすめ!
更新日 : 2020年7月28日

またフリーランスエンジニアには、収入面以外にもメリットがあります。次に、フリーランスエンジニアになるメリットについて、見ていきましょう。

フリーランスエンジニアになる3つのメリット

フリーランスエンジニアになるメリットは、大きく分けて次の3つです。

  • メリット1:収入と時間の両立がしやすい
  • メリット2:学んでいきたいスキルに合わせて仕事が探せる
  • メリット3:時間の自由を活かして副業も始めやすい


1つずつ見ていきましょう。

メリット1:収入と時間の両立がしやすい

1つ目のメリットは、「収入と時間の両立がしやすい」です。たとえばフリーランスエンジニア専用のIT求人・案件検索サイト『フリーランススタート』では、週3日の案件が900件も掲載されています。


月単価80万前後の案件も多いため、週3でも高収入を目指しやすいでしょう。また、余った時間を活用して請負開発をすれば、より高収入を目指すことも可能です。

このように、自由度が高く高収入を目指しやすいのです。

メリット2:学んでいきたいスキルに合わせて仕事が探せる

2つ目のメリットは、「学んでいきたいスキルに合わせて仕事が探せる」です。

フリーランスは自分で案件を探して、仕事を見つけます。そのため、学んでいきたいスキルに合わせて仕事が探せるメリットもあります。

「でも、スキルがなければ案件獲得するのは難しいのでは......」と思った方もいるのではないでしょうか。

確かに、完全にノースキルであれば案件獲得は難しいでしょう。しかし既に案件を獲得している場合は、同じクライアントで信頼を積むことで任せてもらえるケースもあります。

また、週3日の仕事の日以外を学習に費やせば、新しいスキルを学ぶ時間も確保できます。ある程度スキルがたまったタイミングでクライアントと相談すると、スムーズにすすむのでおすすめです。

メリット3:時間の自由を活かして副業も始めやすい

3つ目のメリットは、「時間の自由を活かして副業も始めやすい」です。

これまでお伝えした通り、週3日の案件もあります。そのため残りの時間を利用して、副業を始めやすいです。

フリーランスエンジニアの副業としては、以下のような仕事があります。

  • アプリの請負開発
  • ITインストラクター
  • テックライター


どれもフリーランスエンジニアとしてのスキルを活かして、別のスキルを鍛えやすいのが魅力です。

また収入の分散にもつながるため、仮に何らかの理由で常駐型の契約が解除されてしまった場合でも、心配はすくなくすむでしょう。

そして副業で学んだスキルを活かして、新しい案件を獲得することもできます。本業を活かして副業を行い、副業で得た知識を本業で活かすといった相乗効果が見込めるので、おすすめです。

ただ、「フリーランスエンジニアは魅力的だけど、どの年齢でもなれるのかな......」と思っている人もいるでしょう。次に、フリーランスエンジニアの年齢について解説します。

フリーランスエンジニアの年齢層は?

一般的に、エンジニアはシニア世代よりも若年層の方が仕事を受注しやすいと言われています。

というのも、フリーランスに限らずエンジニアには「年齢の壁」があるとされているからです。特にフリーランスの場合、50代を超えて一線で活躍している人はごく一握りです。

このような文脈において、フリーランスエンジニアとして活躍でき、安定した収入を見込める年齢の壁は40代後半から50代前半だと言えるでしょう。

ここで、「じゃあ、30代はどうなんだろう......」と思った方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、30代であればフリーランスエンジニアになれる可能性はあります。自分の年齢を活かして動いていく必要があるので、その点注意は必要です。

以下で30代からフリーランスエンジニアを目指す方法をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験でも大丈夫!30代でフリーランスエンジニアに転向する最適解
更新日 : 2019年11月1日

フリーランスエンジニアに年齢の壁があると言われる4つの理由

一定のスキルと経験を得た後、フリーランスとして独立するエンジニアは多いですが、上でもご紹介したように、50代を過ぎても第一線で活躍するのはなかなか難しいと言われています。

「フリーランスエンジニアの年齢の壁は30代後半から40代前半」と考える人もいるほどです。そもそも、なぜ「フリーランスエンジニアには年齢の壁がある」と言われているのでしょうか? ここからは、その理由について解説していきます。

理由1:柔軟な考え方が難しくなる

フリーランスエンジニアに年齢の壁があると言われる最大の理由は、年を取ると柔軟な思考力が衰えるからです。若年層に比べると中高年は経験と知識が豊富な分、思考が硬直化して柔軟な発想や新しい考え方ができにくいと言われています。

もちろん、フリーランスエンジニアには確かな実績は必須ですが、それと同じくらい柔軟な発想力も不可欠です。そのため、年を取って頭が固くなると活躍しにくいとされるのでしょう。

理由2:体力や気力の低下

加齢に伴い、体力や気力が損なわれてしまうということも、フリーランスエンジニアに年齢の壁があると言われる理由のひとつでしょう。

年齢を重ねれば重ねるほど、加齢の影響で若かった頃のような体力や気力を維持するのが難しくなり、フリーランスエンジニアとしてたった一人で仕事を切り盛りするのが難しくなります。

若かった時にできた徹夜などのハードワークも、年齢を重ねるとどんどん無理になっていくでしょう。

理由3:プロジェクトの年齢制限

フリーランスエンジニアに年齢の壁があると言われる理由のひとつが、プロジェクトに年齢制限が設けられているという点です。

高年齢のエンジニアは即戦力として期待できないと考えている人も少なくなく、プロジェクトの募集要項にあらかじめ「35歳以下」といった年齢制限を設けているケースも多くあります。

その結果、年齢が理由でフリーランスエンジニアとしての仕事が立ち行かなくなってしまうこともあり得るでしょう。

理由4:収入の不安定さ

なかなか安定した収入が得られないというのも、フリーランスエンジニアに年齢の壁があると言われる理由のひとつに数えられます。

フリーランスエンジニアは自分で仕事やクライアントを見つけなければならず、常に安定した収入を得られるとは限らないため、老後の生活が不安になってフリーランスをやめる人も少なくありません。

年齢的なことを考えると、より安定した仕事に転職した方が老後生活が安泰に思えるからです。

フリーランスエンジニアが年齢の壁を超えるために必要なこと6つ

ここまで見てきたように、フリーランスエンジニアに年齢の壁があると言われるのには、きちんとした根拠と理由があります。

そして残念ながら、年齢の壁を乗り越えることができず、フリーランスエンジニアをやめて別の職種に転職する人も少なくありません。では、どうすれば年齢の壁を克服できるのでしょうか?

ここからは、フリーランスエンジニアが年齢の壁を乗り越えるために必要なことについて見ていきましょう。

必要なこと1:スキルアップの継続

フリーランスエンジニアが年齢の壁を乗り越えるためには、何よりもまずスキルアップをし続けなければなりません。

若いエンジニアの方が新しい知識やスキルを吸収しやすいので、競合相手に年齢で負けてしまわないように常にスキルアップに努め、エンジニアとしての価値を高めることが必要不可欠です。

年齢を重ねても努力と勉強を怠らなければ、第一線でフリーランスエンジニアとして活躍し続けられるでしょう。

必要なこと2:顧客のと長期的な信頼関係

クライアントと長期にわたって良好な関係を維持するというのも、年齢の壁を越えるためにフリーランスエンジニアが日頃から努めるべきことでしょう。

たとえ年齢を重ねて若いエンジニアに需要の点で劣ってしまったとしても、何年も継続して信頼関係を築いたクライアントがいれば、あなたを選んで仕事を発注してくれるはずです。

信頼は仕事をする上で何よりも大切なものですので、日頃から常に誠実な対応を心がけましょう。

必要なこと3:最新の技術や情報の収集

フリーランスエンジニアとして年齢の限界を乗り越えるためには、常に最新の技術や情報を集めることも不可欠です。

エンジニアに関する情報は海外から英語で発信されていることが多いので、英語力を磨いて常に最新の情報をキャッチし、自らにインプットできるように心がけておきましょう。

普段から英語力の向上を意識していれば、最新の情報をいち早く入手できるだけでなく、エンジニアとしての価値も高まります。

必要なこと4:柔軟な思考力

思考を硬直化させないというのも、フリーランスエンジニアが年齢の限界を克服するために必要不可欠なポイントとして挙げられます。

これまでの経験や実績に奢ることなく、さまざまな知識や技術を貪欲に吸収して他のエンジニア仲間とも積極的に交流を行えば、年齢を重ねても柔軟な思考力を失わずにすむでしょう。

常識や固定観念に囚われないように、特に若年層のエンジニアと意見交換を行うのもおすすめです。

必要なこと5:エージェントの活用

フリーランスエンジニアが年齢の壁を越えるためには、エージェントを活用するのも効果的でしょう。

一定の年齢を越えるとプロジェクトの年齢制限に引っかかって仕事を受注しにくくなるものですが、そんな時にはエージェントの助けを借りて自分に合った仕事が受注できるような環境を整えることが大切です。

ただ、エージェントもピンからキリまでですので、信頼のおけるエージェントを利用するようにしましょう。

必要なこと6:健康管理

健康を維持することも、フリーランスエンジニアが年齢の壁を越えるために必要不可欠な方法です。仕事を続けるためには体が資本であって、健康を損ねてしまってはフリーランスエンジニアとして働くことができなくなってしまいます。

若い頃は無理をしても平気だったとしても、年を取ればだんだん無理がきかなくなり体に負担がかかっていきますので、自らの健康は自らで守るように意識してみてください。

フリーランスエンジニアにオススメのエージェント5選

以上でご紹介してきたように、年齢の壁と呼ばれるものはあるにせよ、それを乗り越える努力を行えば、何歳になってもフリーランスエンジニアとして活躍することは可能です。

そのための方法のひとつが、信頼のおけるエージェントを利用するということでしょう。しかしエージェント選びを間違えると仕事に支障が出る可能性もあります。

ここからはおすすめのエージェントをご紹介していきますので、フリーランスの方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめエージェント1:レバテックフリーランス


フリーランスエンジニアにおすすめしたいエージェントとしてまず挙げられるのが、「レバテックフリーランス」です。利用者の平均年収が862万円というデータを誇る人気のエージェントで、8000件近くの案件の中から自分のスキルや経験・年齢に合う仕事を簡単に見つけることができます。

得意な言語や希望するエリアで案件を探すこともできるので、とても便利です。ぜひ一度チェックしてみてください。

おすすめエージェント2:Midworks


出典:Midworks

Midworks」もフリーランスエンジニアから高い人気を誇る、おすすめのエージェントとして挙げられるでしょう。

収入が安定しないことに悩んでいるフリーランスエンジニアも多いですが、Midworksは正社員と同じ水準の保証やサポートを提供してくれるので、正社員並みの安定性とフリーランスとしての自由さを両立したい方にピッタリのエージェントです。

口コミの評判がよいところも、おすすめできるポイントです。

おすすめエージェント3:ギークスジョブ


フリーランスエンジニアにおすすめしたいエージェントのひとつとして、「ギークスジョブ」をご紹介します。

ギークスジョブは豊富な案件を取り扱っているので、自分向けの仕事を見つけることができるでしょう。また何よりも、プロのコーディネーターのサポートを受けられる点も人気の秘訣です。

仕事が行き詰ったフリーランスの方にこそ、プロの助言が受けられるギークスジョブがおすすめだと言えるでしょう。

おすすめエージェント4:PE-BANK


出典:PE-BANK

PE-BANK」も、フリーランスエンジニアから評価の高いエージェントのひとつとして挙げられるでしょう。

フリーランスとして働くということは、煩雑な手続きや申請・事務作業も全て自分で行わねばならないということですが、PE-BANKはまるで秘書のようにフリーランスエンジニアをサポートしてくれます。

また、フリーランスエンジニア同士の交流の場も提供してくれるので、情報交換に役立つでしょう。

おすすめエージェント5:ハイパフォーマーITエンジニア


フリーランスエンジニアに人気のエージェントのひとつが、「ハイパフォーマーITエンジニア」です。

平均で80万円以上稼げる案件を業界でも最大級取り扱っているエージェントで、15年以上にわたってフリーランスエンジニアをサポートしてきた確かな実績と信頼があります。

フリーランスエンジニアの年齢の限界は自分の努力次第で越えられる

今回はフリーランスエンジニアのの働き方、メリット、年齢の壁について解説しました。

フリーランスエンジニアは、働く時間や仕事の自由度が高いだけでなく、高収入を目指せる働き方です。

年齢の壁も存在はしますが、スキルアップや最新の情報収集を怠らず、常に努力を続けることができれば年齢の壁は克服できます。

ぜひ、フリーランスエンジニアを目指してみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。