プログラマーとエンジニアの違いは?仕事内容から年収、将来性まで徹底比較

IT業界の代表的な職種であるシステムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)。転職や就職でも非常に人気です。

しかしあなたは、システムエンジニアとプログラマーの違いについてご存知ですか?名前はなんとなく知っているけれど、システムエンジニアとプログラマーの仕事内容や違いが分からない人が多いんですよね。

そんなあなたのために、この記事ではシステムエンジニアとプログラマーの違いについてご紹介します。図を使って解説するので、システムエンジニアとプログラマーの違いやそれどれどんな仕事か丸わかりですよ。

そもそもシステムエンジニアとプログラマーとは?

プログラマーとエンジニアの違いを一言で表すと

  • プログラマーは直接プログラムを書く人
  • エンジニアは顧客とプログラマーをつなぐ人


と言うことができます。

詳しい説明に入る前に、以下の図をご覧ください。この図は全ての「エンジニア」を表した図です。

エンジニア分布図

エンジニアは建築系、医療系、機械系など様々なジャンルに存在していますが、「システムエンジニア」と言えば一般的にIT系を指し、この記事でもIT系のシステムエンジニアを「エンジニア」と呼びます。

プログラマーも同じくIT系に属しています。

プログラマーとエンジニアの違い

エンジニアとプログラマーの違いをまとめると上の表のようになります。

エンジニアが顧客から要望や要求を聞き出し、プログラム全体の設計をし、プログラマーに指示書を渡し、それをプログラマーが実際に書く流れが一般的です。

もちろんこの表は全て「一般的な」2つの職業を表したものなので、プログラムを書くエンジニアや、顧客とやりとりするプログラマーもたくさんいます。

以下でひとつひとつの項目について詳しく紹介します。

役割の違い

プログラムを組む場合、多くの場合は顧客(クライアント)がいます。顧客は「こういうソフトやアプリが欲しい」というニーズを持っている人のことで、社内開発の場合は上司や社長がそれにあたります。

ベンチャー企業などでは「社長=プログラマー」で全てを一人でやることもありますが、それはレアケースです。

ほとんどのプロジェクトには顧客がいて、顧客のニーズを満たすプログラムを組むのが、エンジニアとプログラマー共通の目的です。

顧客と直接話し、要求や要望を汲み取り、プログラムの大枠を設計するのが「エンジニア」の役割です。作られたプログラムの大枠は「指示書」と呼ばれ、プログラマーに渡されます。

指示書を受け取ったプログラマーの役割は、ひたすら指示書通りにプログラムを書くことです。

少ないチームで回している時はエンジニアがコードを書くこともありますし、逆にチームが多い時は、複数人のプログラマーチームで指示書通りにプログラムを組みます。

テストを繰り返して完成したプログラムは、再びエンジニアの手によって顧客に納品され、その後のフォローが行われ、一連の仕事が終わります。

以上のように、

  • エンジニアは顧客のニーズを聞き、指示書を書く
  • プログラマーはひたすらコードを書く


という認識で基本的にはOKです。

コミュニケーション相手の違い

上の「役割」の欄に書いたように、エンジニアとプログラマーではコミュニケーションをとる相手が違います。

エンジニアは顧客とコミュニケーションをとり、エンジニアとプログラマーは、指示書という形でコミュニケーションをとります。

それとは別に、プログラマーはプログラムコードと向き合う時間が非常に長いので、これもコミュニケーションをとってると言うことができます。

コミュニケーションをとる相手が違うので、自然と役割も、必要な適性も変わってきます。

必要な適性の違い

エンジニアとプログラマーは役割もコミュニケーションをとる相手も違うので、必要な適性も違います。

エンジニアに必要な適性は以下などです。

  • コミュニケーション能力
  • 全体を俯瞰して見る能力
  • リーダーシップ
  • 強い好奇心や探究心
  • 最低限のプログラミング能力


プログラマーに必要な適性は以下のようになります。

コミュニケーション能力

エンジニアのメインの役割は、クライアントとのやりとりです。

ここでのポイントは「ほとんどのクライアントはプログラムの素人」という点です。プログラミングでできること、できないことや、目的のためにはなにが必要なのか不要なのかを、クライアントはほとんど知りません。

ただ「なんとなくこんな機能が欲しい」「なんとなくこんな動きをして欲しい」とだけ思っているクライアントが大半です。

そこでエンジニアがキチンとコミュニケーションをとり、クライアントのニーズを汲み取り、必要なプログラムを決めます。(これを要求分析、要件定義と呼んだりします)

また、プログラマーは必ずしもコミュニケーション能力が高いわけではありません。

この「プログラムの理解が浅いクライアント」と「コミュニケーション能力の高くないプログラマー」を結ぶだけのコミュニケーション能力がエンジニアには求められます。

全体を俯瞰して見る能力

エンジニアは、プロジェクト全体を動かし、管理する役割があります。

クライアントのニーズを聴き、指示書を作り、プログラマーにプログラミングしてもらい、納品するまでには、様々な障壁があります。

「納期」「予算」「仕様」「ニーズ」「プログラマーの能力、人数」など、一筋縄ではいかない要素のバランスをとり、プロジェクトを成功に導かねばなりません。

そのためには、どこかひとつの要素に固執せず、全体のバランスをとる「バランサー」としての能力がエンジニアには必要です。

リーダーシップ

プロジェクトは、いつも必ず成功率100%とは限りません。ときには成功率80%、60%、それ以下のこともあります。成功率が100%ではないと、それに関わるメンバーは不安になり、手が止まり、ますます成功率が下がりかねません。

そこでエンジニアがキチンとリーダーシップをとり、関わるメンバーの不安を払拭しなければいけません。

複数のメンバーがプロジェクトに関わる不安定なプロジェクトでは、優れたリーダーシップをとれるエンジニアがいるかどうかが成功を左右します。

強い好奇心や探究心

エンジニアは、プロジェクトごとに別のクライアントと関わることになります。いまやITを必要としてる業種は多岐に渡るので、自分の慣れ親しんだ業種だけを相手にしていては、仕事になりません。

プロジェクトごと、クライアントごとに新しい業種、業界のことを知り、学ばねばなりません。その度に、喜んで新しい知識を学び、自分なりに考えをまとめるだけの好奇心と探究心が必要と言えます。

好奇心と探究心は「必須」ではありませんが、新しい業界について進んで学べるひとでないとエンジニアは向いていないのは事実でしょう。

最低限のプログラミング能力

エンジニアにはもちろん最低限のプログラミング能力は必要です。

クライアントのニーズを適切な指示書に落とし込み、プログラマーに作成してもらうには、プログラミングで何ができてできないのか、それをするのに何が必要かのかを理解できてないと、納期も予算も調整できません。

もちろんエンジニア自身がプログラマーとして動けるくらい能力が高ければベストですが、そこまでの能力がなくても、プログラマーに適切な指示が出せれば十分なことがほとんどです。

プログラミング能力

当たり前ですが、プログラマーにはプログラミング能力が求められます。極端な話、それ以外の能力はほとんど求められず「指示書通りのものを納期までに作れるならOK」というシンプルな世界です。

ただ一言でプログラミングと言っても様々なジャンル、深さがあるので、クライアントの望むものが納期以内でちゃんと作れるかどうかが重要です。

集中力、体力

「プログラマーは長時間労働でキツイ」というイメージがあるかもしれませんが、それは一部はウソですが一部は真実です。ホワイトな職場で働くことができればそれでいいのですが、そうでないことも多いです。

連日深夜まで働く環境になってしまえば、最後には体力、集中力の勝負になります。

より短時間で成果をあげるための集中力と、最後までやり抜く体力は、特に初期のプログラマーには必要な適性と言えます。

キャリアパスの違い

エンジニアとプログラマーと一口に言ってもそれぞれの環境は違うのでひとまとめにはできませんが、一般的なキャリアパスを紹介します。

エンジニアが辿ることになるキャリアパスは以下のようなものが多いです。

  • プロジェクトリーダー
  • プロジェクトマネージャー
  • ITコンサルタント
  • グロースハッカー


そもそもエンジニアは、プログラマーとして数年の経験を積んだ人がなることが多いです。そこからはプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーのようにより多くのエンジニア、プログラマーをまとめる役目になる傾向にあります。

また最近は「ITコンサルタント」「グロースハッカー」のような、Webとビジネス全般の知識、経験をもとに企業の成長をサポートする職業も存在しますが、その人数は少なく、カンタンになれるわけではありません。

いずれにしても、より大きな予算感、大人数が関わるプロジェクトに関わることで収入も増えていく傾向にあります。

プログラマーが辿ることになるキャリアパスは以下のようになることが多いです。

  • システムエンジニア
  • エキスパートプログラマー
  • フリーランスプログラマー


まず、プログラマーとして数年のキャリアを積むとエンジニア(システムエンジニア)として働くことが多いです。

それ以外にはプログラマーとしての道を極め、エキスパートプログラマーとして活躍する道もあります。ただコードを書けるだけではなく、セキュリティ面やハード面などより幅広い範囲のプログラムをマスターすれば、多くの企業から求められ、高い給料が期待できます。

またプログラマーはそのスキルを活かして、フリーランスとして活躍する人も増えてきています。どのようなキャリアパスを目指すにしても、プログラマーとしてのスキルがあれば、ない場合と比べて働き方の自由度が上がるのは間違いないでしょう。

収入の違い

エンジニアとプログラマーの平均年収を比べてみましょう。

エンジニア 516万円
プログラマー 404万円

参考:プログラマー・システムエンジニアの年収は?年収アップのための方法とは

エンジニアの方が100万円近く平均年収で上回っています。

あくまでも平均なので、スキルや企業によってばらつきはありますが、やはりエンジニアの方が一般的に高収入なことが多いです。

その分求められるスキルが多いので、まずはプログラマーからスタートするのが確実です。

プログラマーとエンジニアどちらに将来性があるのか

今後も社会においてインターネットの重要性は高まっていくことはほぼ確実なので、プログラマーもエンジニアもどちらも需要が減ることはないと思われます。

基本的にはプログラマーとして経験を積んだあとは、エンジニアにキャリアアップすることが一般的ですが、それ以降のことや、自身の能力についてなど、不安に思うこともあるかもしれません。

あるいはエンジニアとしてキャリアアップするか、エキスパートプログラマーとして専門性を磨くかを迷うかもしれませんが、世の中の状況は常に変わっていくので悩んでも仕方がない部分もあります。

いずれにしても、まずはプログラミングスキルを身につけ、数年間働いてみて、そこから考えるのでも全く遅くないと思います。

未経験からプログラマーを目指すには?

プログラマーが不足している昨今、未経験でもプログラマーを目指したいという方は多いですよね。

確かにプログラマーは将来性の高い職業ですが、未経験からほんとうにプログラミングを学ぶことが出来るのか不安もあると思います。そこでプログラミング習得からプログラマー転職までの流れを簡潔にご紹介いたします。

まずはプログラミング学習を始めよう!

プログラマーには「プログラミング」が必要不可欠。いま話題のスキルということもあって習得したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、未経験だと何から始めればいいのか分からないですよね。そこでまず知ってほしいことはプログラミングを学ぶことでどんなメリットがあるのかということです。というのもプログラミング学習はエラーの連続です。エラー処理にうんざりして挫折してしまう人が後を絶ちません。

なので「プログラミングを習得すればこんなメリットがあるんだ!」ということを知っておくとモチベーション維持に繋がり挫折しにくくなるんです。

  • ITスキル
  • コミュニケーションスキル
  • ファイナンススキル

この3つのスキルは成功者が語る現代に必要なスキルと言われています。実はこの3つプログラミング学習で全て手に入ります。具体的にはこちらの記事でご紹介いたします。学習のメリットを知るだけでモチベーションはぐんと上がりますよ。

学ぶだけでも大丈夫!プログラミング学習で得られる6つのメリット
更新日 : 2021年1月25日

プログラミング学習のメリットを知ったところで学習をはじめてみましょう!「プログラミングとは一体どういうものか?」といった基本的なことから「オリジナルアプリ開発」までの手順をこちらの記事でまとめました。

この手順通りに学習を進めれば、プログラミング学習の流れがわかりますよ!

プログラミング完全入門ガイド|基礎学習からの完全独学ロードマップ
更新日 : 2021年1月25日

一般的な転職の流れを知ろう!

IT企業の多くは経歴を重視しています。そのため、未経験から転職・就職する場合、受け入れてくれる企業はSES企業です。

SES企業と聞くと悪いイメージを持つ方もいると思いますが、SES全てが悪いというわけではありません。むしろ多くの人材を雇用するため、研修制度や人材育成のノウハウを持っている場合が多く、成長するための環境が整っています

まずは未経験からSES企業で経験を積み、2〜3年でSIer企業や自社開発企業へ転職するというのが一般的です。

もちろん、未経験だと絶対に最初からSIerや自社開発企業に転職出来ないというわけではありません。質の高いポートフォリオの他に国家資格など目に見える成果が必要となりますが、相当努力すれば最初から好条件の企業へ転職・就職することは十分可能です

この流れを知らずに未経験から、条件の良い企業を探しているとなかなか転職がうまくいきません。まずは経験を積むことを意識して企業を選びましょう。

プログラミング学習から転職までのサポートが欲しいなら

本当に未経験からプログラマーになれるのか不安・・。

そのような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?プログラミングは独学でも学ぶことができますが、現場で使えるレベルのスキルを身につけ、確実に転職を成功させるのであればスクールを利用するのが効率的です。

プログラミングスクールは数多くありますが、弊社「侍エンジニア」では、

  • 最初から最後まで講師が変わらない業界唯一の専属マンツーマン
  • あなただけに作成するフルオーダーメイドカリキュラム
  • プログラマー転職までサポートするキャリアカウンセラー

これらを一挙に受けれるサービスを提供し、あなたが希望のキャリアを積めるように全力でサポートさせて頂きます。

まずは毎月400名以上が受講している無料体験レッスンにて、コンサルタントにプログラミング学習の悩みや不安、仕事獲得方法、業界知識などを相談してみてはいかがでしょうか?業界随一のコンサルタントがお待ちしています。

無料体験はオンライン、対面(渋谷)どちらの利用も可能となっています。下記カレンダーから直接予約する事ができるので、ぜひお気軽にご相談ください。

まとめ

最後に要点を簡単にまとめておくと、

  • プログラマー(PG)=プログラムを実際に作る人
  • システムエンジニア(SE)=顧客とのやりとりや設計、アフターフォローなどの上流工程を担当する人

でしたね。

このようにプログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)は、仕事内容に大きく違いがあることがわかりましたね。未経験でプログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)、どちらを目指すか悩んでる人はまずはプログラマー(PG)を目指しましょう!

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

cta_under_bnr

当プログラミングスクール「侍エンジニア」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニアは上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細はこちら

書いた人

モリシタ

猫をこよなく愛する、侍エンジニア塾ブログ編集部のモリシタです。
価値ある情報をお届けする為、日々精進しながら執筆活動に取組んでいます!

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー