インフラエンジニア必須のスキルを完全網羅!スキルチェックシート付き

インフラエンジニアに必要なスキルが知りたい
これからインフラエンジニアとして活躍するには何が必要?

これからインフラエンジニアを目指す人のなかには、必要なスキルやその学習方法が知りたい人もいるでしょう。

この記事では、インフラエンジニアに必要なスキルを技術面・ビジネス面に分けて解説します。また、スキルの学習方法やおすすめの資格も紹介します。

必要なスキルを効率的に学習できれば、スムーズにインフラエンジニアへの転職を成功できます。ぜひ、参考にしてくださいね。

インフラエンジニアに必要なスキルチェックシート

インフラエンジニアとして活躍していくため、に必要なスキルチェックシートを作成しました。今持っているスキルと、これから身につけなければいけないスキルが一目で判断できるようになっています。

あなたに足りないスキルは何かを考え、これからのスキル習得、資格取得に役立ててください。

分類詳細備考
スキル・知識サーバーWindows、Linux、Unix
スキル・知識ネットワークルーター、スイッチ、LAN
スキル・知識セキュリティセキュリティ対策ソフト
スキル・知識インフラ設計システム全体設計
スキル・知識ヒアリング力クライアントから要件をヒアリングする
スキル・知識提案力クライアントに提案する
スキル・知識マネジメントスキルメンバー管理、サーバー運用
スキル・知識クラウドサービスステップアップにおすすめ!
スキル・知識IoTや5Gの知識ステップアップにおすすめ!
スキル・知識プログラミングステップアップにおすすめ!
資格ITパスポート
資格基本情報技術者試験
資格Linux技術者認定
資格シスコ技術者認定
資格MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)

それぞれの内容について、以降の項目で解説します。

インフラエンジニアに必要な技術スキル

インフラエンジニアに必要な技術スキル

インフラエンジニアの評価に直結しやすいのが技術スキルです。経験者はもちろん、未経験で転職する場合にも技術スキルはチェックされます。

ここでは、インフラエンジニアに必要な技術スキルを4つ紹介します。

  • サーバーの構築・運用スキル
  • ネットワークの構築・運用スキル
  • セキュリティ対策スキル
  • インフラ全体の設計スキル

サーバーの構築・運用スキル

インフラエンジニアには、サーバーの構築・運用スキルが必要です。

サーバーはネットワーク上でデータを提供する役割があり、ほとんどの企業で導入されているインフラ環境です。ハードウェア型のサーバーはOSを搭載して動作させるため、次のようなOSの知識が求められます。

  • Linux
  • Windows
  • Unixなど

インフラエンジニアになるなら、最低限OSの設定や扱い方などを身につけておく必要があります。また、後で詳しく解説しますが、近年サーバーのクラウド化も進んでいます。

そのため、必須ではありませんが、AWSやAzureなどクラウドサービスを使ったサーバー環境構築も学んでおくと良いでしょう。

ネットワークの構築・運用スキル

サーバーとあわせて、インフラエンジニアならネットワークの知識が必要です。インフラの設計・構築・運用を行うにあたり、ネットワークの知識は欠かせません。

例えば、サーバー構築にもネットワークの知識が必要です。サーバーの通信に不具合が発生したときは、ネットワーク側に原因があるケースもあります。

ネットワークの仕組みを理解していなければ、不具合を解消できないためネットワークに関する知識は必須です。

必要なネットワークの知識に関しては、LANやスイッチ、ルーターの設定、通信規格プロトコル(TCP/IP)などを学んでおく必要があります。

セキュリティ対策スキル

インフラエンジニアがサーバーとネットワークを扱うときに必要なのが、セキュリティの知識です。

サーバーを守る方法はセキュリティ対策ソフトを導入するのが一般的であるため、セキュリティ対策ソフトの操作、設定方法などの知識が求められます。

インフラエンジニアはサーバーが攻撃されていないかを確認するために、サーバー監視を行います。

サーバー監視はサーバーに残されたログ情報を頼りに問題を確認するため、ログ情報の確認方法やトラブルの対処法などを勉強しておく必要があります。

インフラ全体の設計スキル

インフラエンジニアは企画・設計など上流工程を担当することもあるため、インフラ全体の設計スキルも必要です。

設計ではシステムのアクセス数や処理能力などを予測したうえで、サーバー台数や構成など最適なインフラを決定します。それ以外にもセキュリティや処理高速化など、クライアントの要望を叶えるインフラ整備を行う必要があり、最適なシステムを設計できるスキルが必要です。

インフラ全体の設計スキルを伸ばすには、各工程の業務数をこなし、全体の流れや必要な仕組みをしっかり理解することが大事です。

すぐに身につくスキルではないため、業務を行うなかで少しずつ鍛えたいスキルですね。

インフラエンジニアに必要なビジネススキル

インフラエンジニアには、技術スキル以外にビジネススキルも求められます。ここでは、インフラエンジニアに必要なビジネススキルを2つ紹介します。

  • ヒアリング&提案スキル
  • マネジメントスキル

ヒアリング&提案スキル

インフラエンジニアでも上流工程に関わる場合は、ヒアリング力や提案スキルが必要です。

インフラエンジニアは、インフラの構築業務以外にクライアントと打ち合わせを行う場面もあります。クライアントのなかにはあまりシステムに詳しくない人もいるため、必要な要件などを聞き出すヒアリングスキルが必要です。

要望をもとに企画した設計を説明するには、分かりやすい提案スキルが求められます。うまく設計を説明できなければ、クライアントとの間に齟齬が生まれます。

完成した後で「思ったのと違う」と思われてしまう可能性もあるため、クライアントから要望をしっかり聞き取り、分かりやすく計画を説明できる提案力が求められるのです。

マネジメントスキル

インフラエンジニアのなかでもプロジェクトをまとめるリーダーであれば、マネジメントスキルが求められます。

プロジェクトメンバーの進捗状況をチェックしながら納期に間に合うように仕事を振り分けたり、システムのトラブルに対応したりするスキルが必要です。トラブルが発生すればクライアントに連絡し、対応を協議する必要もあります。

マネジメントスキルはリーダークラスに求められるスキルですが、一般的なインフラエンジニアでも身につけておいて損はありません。

自分が行うべき業務を把握し、スケジュールとの兼ね合いを考えることができれば効率的に作業が進められます。また自分の能力と納期を把握していれば、万が一作業が思うように進まなくても、他のメンバーに助けを求めることも可能ですよね。

状況をしっかり判断し、トラブルを回避する意味でもマネジメントスキルは必要です。

これからのインフラエンジニアにおすすめのスキル

skill
これからのインフラエンジニアにおすすめのスキル

インフラエンジニアに必要なスキルを紹介してきましたが、求められるスキルは時代によって変わります。ここからは、これから活躍するためにおすすめのスキルを3つ紹介します。

  • クラウドサービスを扱うスキル
  • IoTや5Gとインフラを組み合わせるスキル
  • プログラミングスキル

クラウドサービスを扱うスキル

サーバー・ネットワーク環境にクラウドサービスを導入するケースも増えており、これからスキルを習得するならクラウドサービスを扱うスキルがおすすめです。

インフラ開発に導入されるクラウドサービスとして有名なものは次の3つがあります。

  • Amazon社のAWS
  • Microsoft社のAzure
  • Google社のGCP

クラウドサービスを導入することで、企業内でサーバー設備を用意する必要がありません。また、インフラの管理もインターネット上の管理画面からできるため、インフラエンジニアの負担も軽減されます。

クラウド化のメリットは多く、これからのインフラエンジニアにはハードウェアの知識とクラウドの知識両方が求められます。

まずはハードウェアの知識を習得することが大事ですが、余裕ができればクラウドについて学習すると良いでしょう。

IoTや5Gとインフラを組み合わせるスキル

インフラ環境にIoTや5Gなど技術を組み合わせるケースが出てきており、今後はIoTや5Gとインフラを組み合わせる知識も求められます。

IoTは「モノのインターネット化」といわれている技術です。インターネットとデバイスを接続する仕組みやネットワークの知識が必要です。

5Gは次世代の通信技術として注目されています。インフラ開発では、限られた範囲でネットワークを構築する「ローカル5G」という技術が注目されており、こうした5Gにかかわる知識もインフラエンジニアに求められつつあります。

IoTや5Gの知識は今すぐに必須というわけではありません。しかし、将来的にインフラエンジニアとして活躍したいのであれば習得しておくと有利なスキルです。

プログラミングスキル

これからのインフラエンジニアには、プログラミングスキルが求められる可能性があります。

これまではハードウェアの整備が主な仕事で、プログラミングスキルは求められていませんでした。しかし最近では、繰り返し行われる業務の効率化を目的に、プログラミングを行うこともあります。

これはIaC(Infrastructure as Code)という概念で、インフラ構築のための設計書をコード化することをいいます。一部をコード化することでインフラ構築の手間や人件費を削減できるため、今後の主流になると考えられているのです。

言語としては、シェルスクリプトやPython、Rubyなど言語が使用されます。すべてを習得するのは簡単ではありませんが、習得しておけば活躍の幅が広がります。

インフラエンジニアに必要なスキルの学習方法

インフラエンジニアに必要なスキルの学習方法

インフラエンジニアに必要なスキルはたくさんあります。しかし、少しずつ学習すれば着実にスキルアップできます。

ここでは、インフラエンジニアに必要なスキルの学習方法を2つ紹介します。今回紹介するのは、技術スキルの学習方法です。

書籍やWebサイトで学習する

インフラエンジニアに必要な知識は、書籍やWebサイトで学習できます。書籍・Webサイトを使えれば、インフラエンジニアとして必要な知識を体系立てて学べるためおすすめです。

また、インフラ関連の専門用語の意味がわからないという状態になることが多いです。そのため、まずは用語になれることを含め、書籍やWebサイトで学んでいくと良いでしょう。

おすすめの書籍については次の記事で解説しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

インフラエンジニア向けおすすめ本21選!分野別に紹介
更新日:2022年11月14日

資格を取得する

インフラエンジニアに必要なスキルは、資格学習で身につけられます。

インフラエンジニア向け資格ついては後で詳しく紹介しますが、ITの基礎知識やクラウド・ネットワークなど必要な知識が学べる資格は多いです。

また、これらの資格は少しずつアップデートされており、最新の開発事情を反映する問題が出題されています。そのため、必要な知識を網羅的に学習できるのです。

未経験者がいきなり資格を取得するのは、簡単ではありません。しかし、習得できれば知識を深めつつ、転職・独立時にアピール材料になります。

インフラエンジニアに必要なスキルを証明する資格

インフラエンジニアに必要なスキルを保有していることを証明するには、資格の取得がおすすめです。インフラエンジニアにおすすめの資格は5つあります。

  • ITパスポート
  • 基本情報処理技術者
  • Linux技術者認定
  • シスコ技術者認定
  • MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)

インフラエンジニアになりたての時期や、これから学習する人にはITパスポートや基本情報処理技術者がおすすめです。

難易度はそこまで難しくなく、IT全般の基礎知識が学べます。基礎が学べたうえで、ネットワークやインフラについて学ぶならその他3つの資格がおすすめです。

難易度は高めですが、OSやネットワーク、サーバーなどの知識を学べます。各資格の詳しい説明は、次の記事で解説しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

インフラエンジニアにおすすめの資格8選!取得するメリットと難易度
更新日:2022年11月14日

インフラエンジニアに転職するなら転職保証コース

インフラエンジニアに必要なスキルを効率的に学習し、できるだけ早く転職したいならSAMURAI ENGINEERの転職保証コースがおすすめです。

転職保証コースには次の魅力があります。

  • 挫折率の低さ
  • マンツーマンレッスン
  • キャリアサポートなど

また、入学から卒業までメンターのマンツーマンレッスンが受けられます。つまづいたときでもすぐ相談できるため、スムーズに学習を進められます。

キャリアサポートも充実しているため、転職を希望する人向きです。未経験からでもインフラエンジニアが目指せる環境が整っています。

どうしたらいいか悩んでいる人は、ぜひ無料カウンセリングでご相談ください。

カレンダー

お急ぎの方はこちらからお問い合わせください。

読み込みに失敗しました。
大変お手数ですが、本ページを再度読み込んでください。

再度読み込んでも、読み込み失敗が起こる場合は
こちらからお問い合わせください。

カウンセリングはオンラインにて実施しております。

※予約完了後に、カウンセリングのためのURLやIDなどをメールにてご案内します

1.ご希望の日時を選択してください

空きあり 満席
前週
次週

2.必須事項を入力してください

必須選択された日時

日時を選択してください

開催場所 オンライン

日時を選択する

必須お名前

必須電話番号

必須メールアドレス

ご予約により、個人情報の取り扱いおよび利用規約に同意するものとします。

まとめ

今回は、インフラエンジニアに必要なスキルを技術面・ビジネス面に分けて解説しました。

インフラエンジニアにはネットワークやサーバーなど技術面のスキル以外に、ヒアリングスキルやマネジメントスキルなどが必要な場面があります。また今後長期的に活躍したいのであれば、クラウドやプログラミングスキルなども習得しておいた方が良いでしょう。

すべてのスキルをいきなり習得することはできません。少しずつでもいいので、学習方法を参考にスキルアップしてくださいね。

インフラエンジニアについては、下記記事でも詳しく紹介しています。あわせて参考にしてください。

インフラエンジニアとは?年収/仕事内容/未経験からなる方法
更新日:2022年11月14日

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close