スライドショースライドショースライドショー

フロントエンドのフリーランスに求められるスキルとは!収入相場も解説

目指してみませんか?フリーの フロントエンドエンジニア

最近は働き方改革が実施されるなど、新しい働き方に注目が集まっています。

Web・IT関連のエンジニアはパソコンがあれば業務ができるので、フリーランスとして働く人が増加の傾向にあります。

とくにフロントエンドのエンジニアなら常駐しなくても業務を遂行しやすくなっていて、フリーランスエンジニアを希望する人が増えています

しかしフロントエンジニアになりたいけど、

安定して稼ぐにはどんなスキルが必要なのかな。
失敗はしたくないな……

このような疑問や不安をお持ちではないでしょうか?

そこでこの記事では、フロントエンドエンジニアのフリーランスの現状を紹介しつつ、

  • フロントエンドエンジニアの需要
  • 高単価フロントエンドのフリーランスに必要なスキル
  • フロントエンドのフリーランスの仕事獲得方法


以上3点についてご紹介紹していきます。

フロントエンドエンジニアの収入を比較

ここではフロントエンドエンジニアの収入の相場について紹介していきます。

会社員とフリーランスではどのくらい月収に違いがあるでしょうか? 気になる月収についてさっそく見てみましょう!

フロントエンドエンジニアの平均月収/年収(正社員)

会社員のフロントエンドエンジニアの平均年収は、20代で約310万円(月25万円)、30代で450万円(月37万円)となっています。

キャリアが浅い20代では、月収の相場は低めです。しかしスキルが身について実績や成果が出始めると収入が上がってきます。

思ったよりも給料少ないな……。と思った方いるのではないでしょうか? フロントエンドエンジニアの場合は、フロントエンドの知識だけでなく他のスキルを持ち合わせているかで大幅に収入が変わるんです。

スキル次第では、月収80万円以上の高い給料の求人も多く見られます。

参照元:Midworks

フロントエンドエンジニアの平均年収(フリーランス)

続いては、フリーランスのフロントエンドエンジニアの月収相場について紹介します。

フリーランスの場合だと、月収の相場は約40万円〜60万円です。会社員と比較して高い水準となっています。

下の画像は実際に募集されているレバテックキャリアで公開されている求人の一部です。

引用元:レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/

中には60万円以上の案件もありフロントエンドのフリーランスは高い収入を狙えます。

フロントエンドエンジニアの需要は伸び続ける

フロントエンジニアのフリーランスになっても、安定的に仕事を獲得することができるのかは不安ですよね。

そこでここからは、フロントエンドエンジニアの今後の需要について紹介していきます。

結論としては、需要はまだまだ伸びています。したがって将来性も高い領域です。この理由について深掘りしてみましょう。

もっとも多く使われている言語はJavaScript

Stack Overflowが行った2019年の調査「Stack Overflow Developer Survey 2019」でフロントエンドの開発で欠かせないJavaScriptが不動の1位となっていました。

引用元:Stack Overflow Developer Survey 2019 https://insights.stackoverflow.com/survey/2019

フロントエンジニアならほぼ全員が利用するであろうJavaScriptですが、やはり最も利用されているフロントエンド言語という結果です。

WebサービスやWebアプリケーションを制作する際は必ずフロントエンドの開発がありますね。そのため、フロントエンドエンジニアの需要はまだしばらく高いだろうと予測されます。

今後もインターネットサービスが拡大していくことが予想されているため、将来性も高い領域です。

WebサイトやWebアプリ制作は今後も需要あり

理由の2つ目は、今後もWebサイトやWebアプリ制作の需要があるためです。

スマートフォンの普及と共に、インターネットサービスが急拡大し、Webサービスなどの需要が高まりました。

ですがまだまだIT化が進んでいない領域も多いです。今後はその領域の拡大と比例して仕事も生まれていくでしょう。さらに、今後登場するサービスのほとんどがインターネットを使わざるおえないため、今後も需要が伸び続けるといえます。

高単価フロントエンドのフリーランスになるために必要なスキル

おおよその収入と将来性についてわかったけど、実際に高単価のフロントエンドのフリーランスになるためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

ここではフロントエンドのフリーランスになるために最低限必要なスキルから、市場価値の高いかつ高単価案件を獲得するために必要なスキルについて紹介します。

最低限必要な言語はHTML/CSS/JavaScript

必要最低限のスキルとしては、フロントエンドの業務で外すことのできない、

  • HTML/CSS
  • JavaScript


この2つの言語でコーディングができれば、フリーランスとして案件を獲得することができます。主にWebサイト制作やランディングページのコーディング案件がメインです。

しかしコーディングだけの場合、単価が低いことが多いので、高単価の案件を獲得するにはこれから紹介するスキルセットが必要になります。

JavaScriptフレームワークを使った開発経験

JavaScriptには多くのフレームワークやライブラリがあります。そのためフレームワークやライブラリを使った開発経験があると、高単価案件の獲得に繋がります。

市場ニーズの高いJavaScriptフレームワーク・ライブラリとサービスを紹介しているサービスは以下の通りです。

  • React.js Facebook、Instagram
  • Vue.js マネーフォワード
  • Angular グノシー、Pairs


この3つのフレームワーク・ライブラリは近年人気が高く、モダンなWebサービス開発を実施する企業で需要が高くなっています。どれかを使いこなせるようになっておきましょう。

Webアプリケーション開発経験

Webサービスやアプリケーションの要件定義や基本設計など、上流工程の視点を持ってサービスに落とし込めるエンジニアは報酬が高くなります

上流の設計からサービスや技術に落とし込めるエンジニアが少ないということもありますが、要件定義や基本設計ができるエンジニアは技術水準も高いと判断され高単価を獲得することが可能です。

CMSの知見

Web制作の現場では、WordPressのようなCMSを利用していることがほとんどです。世界のWebサイトの約25%がWordPressによって作られています。

Web制作をCMSで実施する場合はWordPressの知識が必要になります。そのため、Webサイトのフロント開発を行う場合にCMSの知識があると開発をスムーズにできるだけでなく、報酬のアップも狙えます。

UI/UX設計

最近のWebサービスでは、ユーザーがストレス無く使うことができる、デザイン設計やユーザーの満足度を高めるデザイン設定が求められます。

ユーザーが満足するサイトを作ることで、再利用の可能性を高めたり、ブランドイメージにもつながるためです。

加えて、ボタンの位置を少しでも変更することで、売上が大きく変わる場合もあります。そのため、売上につながるデザイン設計スキルは重宝されます。

サーバーサイドの知見

フロントエンジニアの場合でもサーバーサイドの知識を持っていると重宝されます。

Webサービスの開発では、サーバー側での処理が必要な場合が多くあります。 そのためサーバーサイドの言語知識を有していたり扱うことができれば、市場価値の高い人材となり報酬を上げることができます。

高単価フロントエンドに必要なスキルを学ぶならプログラミングスクールもおすすめ

ここまでご紹介した高単価のフロントエンドエンジニアになるために必要なスキルに自信がない方はフロントエンド向けのスクールに通うこともおすすめです。

スクールでは現役のエンジニアに直接スキルを教えてもらうことができます。

フロントエンドのスキルが学べるスクールは以下の記事が参考になりますので読んでみてください。

フロントエンドのフリーランス仕事獲得方法は?

ここからは一番気になるフリーランスが仕事を獲得する方法について紹介します。

フロントエンジニアがフリーランスとして仕事を獲得する方法は

  • エージェントを利用する
  • 知人からの紹介・直接営業する
  • クラウドソーシングを利用する


以上の3つがメインです。

フリーランス案件紹介のエージェントを利用する

フリーランス案件を紹介してくれるエージェントを通じて案件を紹介してもらうことで、継続的に案件に関われるのがメリットです。

フリーランスとして独立したばかりのときは、継続的に案件が獲得できるか不安な部分もありますよね……。スキルには自信があるけど、フリーランスとしての経験がなく、実績を作りたいと思っている方にはオススメです。

有名なフリーランスエンジニア向けのエージェントは

  • レバテックフリーランス
  • Midworks
  • geechs job


などがあります。

エージェントと面談しながら希望に応じて案件を紹介してくれるので、フリーランスのフロントエンドエンジニアとして活躍したいなら登録しておくのがおすすめです。

知人からの紹介、直営業をする

次にフリーランスとして仕事を獲得する方法として、知人からの紹介や直接企業に募集していないか営業する方法があります。

知人や直接営業をするメリットは、仲介業者を通さないので高単価で仕事を獲得できるところです。

一方で紹介してもらう場合は、人脈によって案件を貰えるかどうかが決まります。会社員として働いている間に人脈を作っておくことをオススメします。これから作りたい人は、勉強会やエンジニア向けのサロンに参加すると良い人脈が作れます。

また、企業と直接契約する場合は後々のトラブルを避けるためにも、労働時間や単価・契約期間などの諸条件をしっかりと確認し合意した上で仕事をするようにしましょう

クラウドソーシングを利用して案件獲得

最後に紹介するフリーランスとしての仕事獲得方法は、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングを通じて獲得する方法です。

クラウドサービスのメリットは、自分のやりたい仕事を手軽に見つけることができるところです。契約もプロジェクト方式で、あらかじめ契約期間が決められているものから、中長期的に契約できるなどの案件があるため、柔軟性を持った働き方がしたい場合にはオススメです。

しかし、クラウドサービスの場合エージェントや直接契約する場合と比べて、単価が低い傾向にあるので最初の実績作りとして利用しながら、徐々にエージェントや知人の紹介を通じて案件する方がオススメです。

まとめ:ポートフォリオは最低限準備しておこう

これまでフロントエンドのフリーランスエンジニアの

  • 現状と将来性
  • 求められるスキルセット
  • 仕事の獲得方法


上記3点について紹介してきました。

これからフロントエンドのフリーランスになるために、最低限でもポートフォリオサイトは準備しておきましょう。ポートフォリオが一つの基準となり、採用の合否や仕事の単価に影響してきます。

魅力的なポートフォリオ作成のコツと事例集は下記リンクの「ポートフォリオを100倍魅力的に!作成のコツとホームページ実例集」で紹介しています。参考になるのでぜひ読んで見てください。

ポートフォリオを100倍魅力的に!作成のコツとホームページ実例集
更新日 : 2019年6月18日
LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

テラサキ コウキ

テラサキ コウキ

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説