スライドショースライドショースライドショー

【徹底解説】ネットワークエンジニアに転職するには未経験でも可能?


ネットワークエンジニアに転職を考えている
未経験でもネットワークエンジニアになれるのだろうか?

ネットワーク構築をするネットワークエンジニアは、設計から最終的な維持管理まで幅広い作業を担当します。確実なネットワークのコネクションを作り、サーバーやインターネットを正常に保持する仕事です。

現代の情報社会に不可欠なネットワークエンジニアは重要な存在であり、仕事のやりがいがあります。しかし転職をして成功するためには、収入や需要などを事前に知ることが必要です。

今回は未経験でもネットワークエンジニアになれるのかという現状をまとめました。転職に有効な関連資格も参考にしながら、より良いネットワークエンジニアの道を切り開きましょう。

ネットワークエンジニアの実態調査

画像:Shutterstock

ネットワークエンジニアの仕事は、世の中でどのくらい必要とされているか、年収も含めてチェックしましょう。さらに、今後どのくらい人気の仕事となるか予想することで、一生の仕事になるか判断できます。

ネットワークエンジニアに転職した場合の年収

転職したばかりのネットワークエンジニアの年収は、求人サイト「エン転職」によると320万〜450万円が目安です。2年目以降は480万円以上も期待できます。

ちなみに経験者であれば500万円以上の年収となり、今までのキャリアが評価されるのも事実です。高収入を目的に転職をするなら、アピールできるスキルを持っているに越したことがありません。

一般的に勤続年数や年齢によって年収が異なります。求人サイト「求人ボックス」で募集されているネットワークエンジニアの最高年収の相場は約800万円です。

ネットワークエンジニアの需要

ネットワークエンジニアに転職して、あまり仕事がないのでは行き詰まってしまいます。そこで2019年10月時点において、求人サイト「求人ボックス」と「転職・求人doda」で紹介されている、求人数を調べてみました。

求人ボックス

「求人ボックス」では2,400件以上が掲載されており、幅広い選択ができます。多くの求人サイトでは、「インフラエンジニア」として募集していますが、意味は同じです。業務を明確に記載している会社もあります。

転職・求人doda

1,000件以上の求人数がある、求人サイト「転職・求人doda」から見ても、ネットワークエンジニアの需要は高いです。大手会社と取引している会社も見つかり、自分に合った転職先を見つけられるでしょう。

ネットワークエンジニアの将来性

そもそもネットワークエンジニアとして、長年継続できるのか気になります。キャリアアップや高収入を目指してコツコツ頑張っていても、時代の流れによって消滅しては意味がありません。

これから先、ネットワークエンジニアは生き延びられるのか、今から目を向けることも大切です。常にITは進化し続けているので、同じパターンの仕事では廃れてしまいます。周囲でどんなネットワークシステムが人気なのか、フォローすることが大切です。

AWSの登場でネットワークエンジニアの仕事が減る?

現時点では、ネットワークエンジニアの需要は好調です。しかし、AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)の誕生により、多くの企業がAWSをはじめとしたクラウドサーバーシステムの採用に流れています。

AWSは利用までに時間がかからないほか、ネットワークエンジニアに依頼するよりも低料金です。サービスをオンデマンドで選択しながら、無駄遣いのないネットワーク管理ができます。

このほかセキュリティなど、さまざまなメリットを提供しているため、少なからずネットワークエンジニアに圧力をかけているのも事実です。さらにAWSなどのサービスがどんどん増加すれば、需要が減る可能性が高まるのは否めません。

ネットワークエンジニアの仕事内容

画像:Shutterstock

ネットワークエンジニアの仕事には、さまざまな業務があります。会社によって担当する業務が異なりますが、一通りの業務を把握しておくと良いです。これからネットワークエンジニアに転職するときの、基本的な知識となります。

ネットワークシステムの設計

クライアントとヒアリングを綿密に行いながら、ネットワークの設計をします。ルーターの回線や種類など、より良いネットワークに欠かせないシステムを提案する作業です。

クライアントの意向を重視し、最新の製品などの説明も加えながら、より良いプロジェクトを考案します。設計と同時に、維持費や必要期間も伝えることも必要です。

ネットワークの構築

設計書に沿って、実際にルーターなどの機器の設置をします。設計通りにネットワークが機能するか、テストを行なう段階です。スムーズな設置のためにも、機器の仕様をしっかり把握しておきます。

規模が大きい場所ほど、複雑になりやすいです。設置完了日がオーバーしないように、手際良く設置するように取り計らいます。

ネットワークの運用・保守

ネットワークが作動すれば、一安心です。しかし、正常にネットワークが機能するためにも、ネットワークエンジニアはサーバーなどの管理を引き続き行います。

ネットワークが誕生した後は、ネットワークエンジニアは責任者として務めます。故障した場合のトラブル対処や、ユーザーのアフターケアなど、柔軟に対応する体勢が必要です。

未経験からネットワークエンジニアに転職することはできる?

未経験で、ネットワークエンジニアに転職するのは難しいです。しかし、未経験者を歓迎している会社では、業務に合わせた研修を設けている場合もあり、学びながらスキルアップできます。

未経験者には研修をしている会社もある

未経験者にとって、ハードルが高いネットワークエンジニアですが、IT用語からレッスンしてくれる会社もあります。IT業界がまったくはじめての方でも、気軽な転職が可能です。経験豊富な同僚が教えてくれるので、実践的なスキルが身につくでしょう。

未経験者はゼロからスタートとなるので、月給は普通のサラリーマンと変わらない場合も多いです。しかし、努力や勤続年数により実績も増えてくるので、どんどん収入アップが期待できます。

仕事や収入の選り好みをしない

未経験でネットワークエンジニアに転職するときは、待遇や業務内容へのこだわりを減らしましょう。未経験者がプロのネットワークエンジニアになるには、まず初心者がスキルアップできる会社であるかが重要です。

未経験者が高収入目的に転職すると、なかなか仕事が見つかりません。実際、求人サイト「エン転職」によると、30代以上の経験者がもらっている年収は、初心者と比べて倍の差があります。

また、求人サイトには、ネットワークエンジニアの全般業務を記載しているところがあり、好きな業務を選べると思いがちです。しかし、あくまでも会社側が募集している業務なので、選択は会社に任せましょう。

どんな業務でも経験になるので、スキルアップを得るチャンスです。もちろん、最初から希望する業務に携わっても、途中で配属が変わることもあります。いずれにせよ、柔軟に対応する姿勢が大切です。

ネットワークエンジニアにおすすめの資格

未経験者でも経験者でも、ネットワークエンジニアとして証明できる資格を取得しておくと仕事に有効です。転職の際にアピールができたり、仕事の向上につながります。

LPIC

引用元:LPI日本支部 https://www.lpi.org/ja/

LPIC(Linux Professional Institute Certification)は、Linuxのスキルを判定します。Linuxは国内で使用されている、サーバーの半数以上を占めている人気のOSです。

国際的に認定されている資格なので、外資系の企業からの依頼があるときも有利になります。LPICには3つのグレードがあり、レベル1がパスしたら、レベル2へと順に進んで行くシステムです。

CCNA

ネットワークエンジニア試験であるCCNA(Cisco Certified Network Associate)は、まさにネットワークエンジニアのスキルを証明する資格です。

ネットワークの基本的な知識を幅広く深めたい、自分のスキルを見直したいなど、さまざまな目的に対応しています。独学で勉強したあとの、腕だめしとしてチャレンジするのも良いでしょう。

まとめ

今回は未経験でもネットワークエンジニアになれるのか? ということについてまとめました。

ネットワークエンジニアの転職は、初心者でも可能なことがわかりました。未経験でも働きながら技術を習得したり、資格を身につけることでスキルアップできます。

また、将来的に活躍し続けるためにも、世の中の動きをフォローすることが大切です。常にスキルを磨きながら、時代の波に乗って行くことが転職成功のコツになるでしょう。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。