スライドショースライドショースライドショー

通ってわかったおすすめプログラミングスクール5校|初心者・大人向け

こんにちは。プログラミングスクールに通うも目的と合わず2度の挫折を経験した侍エンジニア塾ブログ編集部の小林です。

スクールが多すぎて絞れない。
調べるのは面倒だけど失敗したくはない。
スクールで学習して仕事獲得までのイメージがほしい!

このような疑問や不安を抱えている方は多いですよね。

僕も全くの未経験でプログラミングスクールを選ぼうと思った時、同じような不安を抱えていました。インターネットで一番評価の高かったスクールを選んだのですが、思っていた環境とは違い結局は2度の挫折を経験しました。

同じ経験をする方を無くすため、今回の記事では僕の失敗を踏まえて、「初心者にとってどんなプログラミングスクールがいいのか」と「初心者向けのおすすめスクール5校」をご紹介します。

プログラミングスクールに通う前に知っておきたい基礎知識や、スクールを選べない時の対処法なども紹介していくので、うまく活用してくださいね。

ほとんどのスクールは初心者向けです

画像:Shutterstock

安心してください、ほとんどのスクールは初心者に向けられています。そして、ひと口に「プログラミング初心者」といってもさまざまです。

たとえば、

  • まったくの未経験
  • HTML/CSSぐらいはわかる
  • PHPやRubyの基本ならわかる

これら全てはプログラミングの初心者といえます。同じく初心者でもまず習得することは違いますので、それぞれの学習レベルや目的に応じたスクール選びが大事です。

プログラミングスクールの分類

プログラミングスクールには対象者や学習形式で分類することができます。それぞれ簡単に紹介しますね。

大人向けと子供向けの違い

大人と子供

画像:Shutterstock

  • 大人(社会人)向け
  • 子ども向け

「社会人(大人)向け」のスクールでは、プログラミングを習得して実務に活かしたり、エンジニアとして転職する目的で学ぶ方が多いです。起業してオリジナルサービスを作る目的でプログラミングを学ぶ方もいます。

「子ども向け」は、プログラミングやITリテラシーの学習はもちろん、プログラミングを通して論理思考力を育む目的もあります。小学校でプログラミング教育が必修化する影響もあり、学ばせたい親御さんも増えているようです。

学習形式の違い

  • 通学型
  • オンライン型

用意された教室で学ぶ「通学型」は、学校の授業のようなものです。講師が目の前にいて、一緒に学ぶ仲間もいるので、モチベーションを保ちやすいのがメリットです。

オンライン型」はのメリットは、どこでも学習できることです。インターネットを介して講習できます。地方に住んでたり、時間を確保しにくい社会人にはオススメの形式です。

下記の記事では、通学型とオンライン型の特徴を詳しく解説しています。

プログラミングスクールはオンラインとオフライン(通学)どっちがいい?
更新日 : 2019年9月12日

スクールで学ぶ期間

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月を学習の節目と設定しているスクールが多いです。

初心者の場合、1ヶ月の学習期間では短すぎます。短期間の学習は経験者がスキルセットを増やすため利用されるケースが多いです。

初心者ならば短くても3ヶ月で基礎を習得し、6ヶ月で実務にもチャレンジしていける実力までを目指しましょう。

プログラミングスクールで学べること

画像:Shutterstock

プログラミングスクールで習得できることについて改めて確認しましょう。プログラミングといっても色んな種類があり、プログラミングで物作りを実現するために必要な知識があります。

プログラミング言語

  • WebサイトやWebページを作りで利用する言語
    • HTML/CSS、JavaScriptなどのフロントエンド言語
    • PHP、Rubyなどのサーバーサイド言語
  • スマホアプリ開発で利用する言語
    • Kotlin、Swiftなど
  • システム開発など汎用的に利用できる言語
    • Java、Pythonなど
  • ゲーム開発で利用する言語
    • C#など

学べるプログラミング言語の例です。HTML/CSSは難易度も低く基礎中の基礎でもあるので、プログラミングについて何も知らない初心者はここから学んでみましょう。

プログラミング言語以外のこと

  • データベースの知識
  • サーバーの知識
  • サービスを構築する上で必要なデザインの知識

何かしらの開発をする場合、プログラミング言語だけでなく、このような知識も必要です。プログラミングスクールではただプログラミングだけを教えるのではなく、これらも学習できる所がほとんどです。

プログラミングスクールで学ぶとできること

プログラミングを習得したら何ができるようになるのか、改めて確認しましょう。

転職・就職

転職や就職を目的としてスクールでプログラミングを習得しようとする人は多いでしょう。dodaが調査したIT・通信業界の求人倍率は7倍です。求職者1人に対して7件の求人があるということです。

引用元:doda 転職求人倍率レポート(2019年10月)https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/

また、忙しい現場が多いため、未経験者を採用してイチからプログラミングを教える余裕のある企業は多くない傾向にあります。そのため、プログラミングを習得している人は採用されやすいです。

アルバイト

プログラミングの仕事はフルタイムだけではなく、アルバイト・パートでも可能です。東京のアルバイト時給の平均は1100円台(モッピーバイト参考)ですが、プログラミングを使うアルバイトの時給は平均よりもグッと高いです。

高時給のアルバイト

引用元:マイナビバイト https://baito.mynavi.jp/tokyo/ss-6/ssm-40/kd-11_61/

例えば、学業や子育てなどでフルタイムの仕事が難しい場合でも、プログラミングを習得していればアルバイトである程度の収入を確保することができます。

起業・独立(フリーランス)

あなたが独立して事業を推し進めたい場合、どうしても必要になるのがエンジニアの力です。エンジニアを一人雇うとしたら、月に最低で数十万円、年間で300万円以上の人件費が必要です。それならば、まずは自分でできるようになるのも良い手です。

また全くの未経験では難しいですが、学習後に実務経験を積んでフリーランスになるという手段もあります。フリーランスエンジニアになるために必要なことは下記の記事で解説しています。

現在の仕事の効率化

現在の仕事はITが欠かせません。例えばいま担当しているエクセルの業務を自動化したり、会社のホームページの更新やメール送信の自動化なども、プログラミングを学べば以外に簡単にできてしまいます。

下の記事ではPythonを利用してエクセル仕事の自動化について紹介しています。ルーチン仕事がサクッと終わればいいのにな〜と考えている人はご一読ください。

【Python実践】PythonでExcel操作!マクロで仕事を自動化しよう
更新日 : 2019年7月31日

プログラミングスクールの選び方

画像:Shutterstock

エンジニア需要と比例して、プログラミングスクールも増えています。選択肢が多すぎてスクール選びに困ってしまいますよね。

プログラミングスクールを選ぶために、まずは下記の3つのことを押さえましょう。これが具体的になれば、スクールを選定しやすくなります。

  • どんなものが作れるのかを知る
  • 作りたいものをイメージして目標を決める
  • 目標が決まったら学ぶ言語を決める

どんなものが作れるのかを知る

まずはプログラミングで何が作れるのかを知っておきましょう。

プログラミングで作れるものは「ゲーム」「アプリ」「Webサイト」などが代表的ですね。他にもロボットを動かすAIやIoTなども全てプログラミングで作られています。

より具体的に作れるものを知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

作りたいものからイメージして目標を決める

プログラミングを扱えるだけで様々なものを作り出すことが出来ます。

しかし、それぞれ作りたいものによって必要なスキルが異なるため、まずは作りたいものをイメージして目標を決めましょう。

目標がなかなか思い浮かばない方は「SMARTの法則」のようなフレームワークを活用してみることをおすすめします。SMARTの法則とは、5つの成功因子で構成される目標の質を高めるためのフレームワークです。このフレームワークに当てはめて目標を設定することで質の高い目標を立てる事ができますよ。

実際にテンプレートを用意したのでこちらの表を上から順番に埋めてみましょう!

成功因子 目標
Specific(明確性)
設定した目標は明確なものか
Measurable(計量性)
目標達成率や進捗度を測定できるか
Assignable(割当設定)
役割や権限を割り当てているか
Realistic(実現可能性)
現実的な目標を設定しているか
Time-related(期限設定)
目標達成に期限を設けているか

目標が決まったら言語を決める

目標が決まったらいよいよプログラミング言語選びです。プログラミング言語は全部で200種類以上あり、この中から全くの未経験者が選ぶのは難しいですよね。

そこで役立つのが先ほど決めた目標です。作りたいものをもとにプログラミング言語を調べると、あなたに必要なプログラミング言語を決めることができます。

ここで1つ注意したいことがあります。それはプログラミング言語ごとに習得難易度が違うということです。習得難易度の高い言語を選んでしまうと途中で挫折してしまうことも多いため、習得難易度も視野にいれておきましょう。

プログラミング言語の特徴を詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

言語選びに悩んだ場合は?

「作りたいものは決まったけど、必要なプログラミング言語が分からない。」と言う方のために、目的から必要な言語が分かるプログラミング学習プラン診断アプリを用意しました。

簡単な質問からあなたに合った学習コースや必要なスキルを診断します。この診断アプリを活用すれば、あなたに必要なものはなにかすぐに分かりますよ。
学習プランを診断してみる

初心者におすすめのプログラミングスクール5校

ここでは、初心者でも安心の学習サポートが充実している5社をご紹介します。

※もちろんこの5校以外にもスクールはたくさんありますので、自分に合わないと感じたら無理に選ぶ必要はありません。

侍エンジニア塾


侍エンジニア塾 https://www.sejuku.net/

侍エンジニア塾では、カリキュラム開始から最後までを1人の講師が伴走してくれます。講師が合わないと感じた場合は別の講師へ変えることも出来るので、あなたに合った講師とともに最後まで伴奏できますよ。

受講生専用のQ&Aサイトも用意されており、つまずいたらいつでもフィードバックをくれる体制が出来ているので、忙しい方でも安心です。

また、あなただけのカリキュラムと学習スケジュールを提供する「フルオーダーメイドカリキュラム」を用意してくれるので、目的と学んでいることが違ったなんて事は起こらず、確実にスキルを習得していけるでしょう。

卒業後はキャリアアドバイザーが転職先の斡旋から面談の対策までサポートしてくれるため、未経験でも安心して転職を任せることが出来ます。転職、就職サポートもしてくれるので学んだ事を仕事として生かしたい人にもオススメです。

コース/料金 デビューコース:168,000円(1ヶ月)
アドバンスコース:438,000円(3ヶ月)
エキスパートコース:698,000円(6ヶ月)
AIコース:580,000円(3ヶ月) / 980,000円(6ヶ月)
学習サポート 会員用教材サイト、学習者用Q&Aサイトあり
返金保証 返金保証あり

TECH::EXPERT


引用元:TECH::EXPERT https://tech-camp.in/expert

TECH::EXPERTの最大の魅力は、転職保証制度を採用した転職特化型のスクールということです。もちろん、カリキュラムの内容も充実しており卒業後、すぐに適応出来るように実践的なスキルを身に付けることが出来ます。

現場で活躍出来るスキルを身につけるため、実際の開発現場と同様にチームで開発を行います。コードレビューやアジャイル開発など仲間とともに進めていくことが出来るため、モチベーションを保ちながらカリキュラムを進めることが出来ますよ。

転職保証制度では、仮に受講生が転職出来なかった場合に受講料金の全額保証を行っております。転職成功率も98.5%と高く、ほとんどの受講生が転職を成功させています。

コース/料金 通学スタイル:598,000円
オンラインスタイル:498,000円
学習サポート 専属ライフコーチあり
返金保証 転職出来なかった場合、全額保証
場所 渋谷校:東京都渋谷区道玄坂2丁目23−12フォンティスビル7F
心斎橋校:大阪府大阪市中央区南船場2丁目6-28ユタカビル7階
名古屋校:愛知県名古屋市中村区則武1-9-19協和名駅ビル6F

DMM WEBCAMP


引用元:DMM WEBCAMP https://web-camp.io/

受講生全員に転職を保証してくれるのがWEB CAMP。

WEB CAMPではもしも受講完了後3ヶ月以内に転職できなかった場合には全額を返金してくれるという保証があります。転職を前提にしている人にとってはとても嬉しいサービスですね。

教室通いたい放題というシステムを採用していて、毎日11:00〜22:00の間、教室も自由に利用可能です。とことん学びたい、転職前提で学びたいという人におすすめのスクールとなっています。

コース/料金 WebCampビジネス教養コース:128,000円(1ヶ月) / 218,000円(2ヶ月) / 298,000円(3ヶ月)
WebCampProコース3ヶ月:498,000円
学習サポート 教室通い放題
返金保証 Proコースのみ学習終了から3ヶ月で転職できなかったら 全額返金
場所 渋谷神南校:東京都渋谷区神南1-19-11 パークウェースクエア224階

TECH::CAMP

引用元:TECH::CAMP https://tech-camp.in/

TECH::CAMPは教室とオンラインでの学習が併用できるのが特徴のプログラミングスクールです。都内では新宿、池袋などの主要な駅に、大阪(梅田)と名古屋に教室があります。

料金はプログラミングスクールにしては珍しく「月額制」を取り入れており、月14,800円〜とお手頃です。

コース/料金 入会金額:148,000円
月額料金:14,800円
学習サポート 対面サポート+成長を促すライフコーチ面談
返金保証 返金保証あり(7日間)
場所 渋谷校:東京都渋谷区道玄坂2丁目10番12号 新大宗ビル3号館8階
新宿校:東京都新宿区新宿2-19-12静銀ビル5F
池袋校:東京都豊島区南池袋3-13-8ホウエイビル9F
東京駅前校:東京都千代田区大手町2丁目2−1 新大手町ビル内xLINK大手町9階
名古屋校:愛知県名古屋市中村区則武1-9-19 協和名駅ビル6F
梅田校:大阪府大阪市北区中崎西2-4-43 山本ビル梅田5階

ヒューマンアカデミー TECH BASE

引用元:ヒューマンアカデミー TECH BASE http://haa.athuman.com/academy/techbase/

ヒューマンアカデミーのプログラミング部門であるTECH BASEでは、言語ごとなどで9コースされています。全国の主要都市を網羅しているので、地方にいるけど教室も使いたい方にはオススメのスクールです。

新宿校で行われる業界で活躍するキーパーソンの無料セミナーが、オンラインで受講できるなど、オン/オフ充実した教程も魅力ですね。

コース/料金 入会金額:11,000円
月額料金:310,530円〜(プログラマーコース)
学習サポート メンターによる目標伴走+オンラインサポート
返金保証 入金後8日まではキャンセル料なしで解約可能
場所 都内各所、全国主要都市

スクール選びの参考記事

下記の記事ではスクールをピックアップしています。ぜひご参考ください。

それでもプログラミングスクール選びに悩んだら


画像:Shutterstock

プログラミングスクールはけして安い習い事ではありません。そのため、気になるスクールは見つかっても通うとなると悩んでしまいますよね。

無料体験レッスンを活用する

多くのプログラミングスクールでは、「無料体験」「無料説明会」を行っています。まずは気になったプログラミングスクールの無料体験に申し込んでみましょう。実際に体験してみないと分からない部分はたくさんありますからね。

特に、講師との相性や授業の雰囲気などは体験してみないと分かりません。気になるスクールは必ず「無料体験」を受けておきましょう。

無料体験レッスンを受けて比較できる

無料体験レッスンは必ず2〜3社受けておきましょう。1社目だけでスクールを決めてしまうと他のスクールの雰囲気などを掴むことが出来ないといったこともあります。

いくつかのスクールを体験してみて、自分に一番合っていると感じたスクールを選ぶことで、プログラミングスクール選びをより確実に行うことが出来ますよ。

まとめ

未経験者に向けたプログラミングスクールの選び方を紹介しました。

今回ご紹介した内容をご活用いただき、あなたにぴったりのスクールを見つけて下さい。少しでもこの記事があなたのお役に立てていたら嬉しいです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

小林 幸秀

小林 幸秀

茨城県出身。29歳。地元茨城で機械のエンジニアを10年間やっていて、侍エンジニア塾と出会い、今はライターとして侍で楽しく日々を過ごしています。最近の趣味は本を読むことです。日々成長するために頑張っています。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説