【社会人必読】プログラミングスクール比較の際に知るべき6つのコト

prog-school-hikaku
侍エンジニア塾ブログ編集部
侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

こんにちは!侍ブログ編集部(@samuraijuku)です。

プログラミングスクールを選ぶ際にWebで検索した結果、多くのスクール比較が出てきて結局「どれが自分に合っているのか分からない」といった状態になりがちです。

スクール情報が多すぎて選びきれない人が非常に多く、妥協したプログラミングスクール選びをする結末を迎えてしまうことが非常に多いといいます。そして、スクール入校後に後悔の嵐。。

特に社会人の方は「学習時間があまり取れないし、調べてみてもどこも同じように見えてしまって、自分にぴったりのところを見つけられない・・・という声もよく聞きます。

そんな中で効率よく自分にあったスクールを見つけるには「ちょっとした知るべきコト」があるのです。

そこで今回は、社会人必読のプログラミングスクール比較で絶対に失敗しない6つのコトをご紹介します!

この6つのポイントを抑えることができれば、失敗することなくあなたにぴったりのプログラミングスクールを選ぶことができますので、ぜひ参考にしてみてください。

※手っ取り早くまずは「実際にプログラミングスクールを経験した方のあるある失敗例」から学びたいと思う方はこちらをどうぞ。

それでは「プログラミングスクールを比較するための6つのコト」いってみましょう!!!

おすすめのプログラミングスクールはこちらから

独学とプログラミングスクールの比較

Untitled design (11)

独学の場合は?

独学の方がお金もかからず、自分のペースで学べることに大きなメリットを感じてしまいますよね。

ただ、一番知って欲しい事実は、「プログラミング学習の独学は挫折率が9割」だということ。

質問できない環境だと一つのエラー解決で1日を費やしてしまうこともしばしばなんです。

その他にも、「この学習方法で本当に身に付いているのだろうか」と疑問に感じたり、淡々と学習することに嫌気をさしてしまうこともあるんですね。

そのぐらい「独学の壁」は厚いのです。

スクールの場合は?

逆にプログラミングスクールに通うことを選ぶ場合は、費用は多少かかるものの
「質問できる環境」
「一緒に学習を頑張る仲間」
「きちんと設定されたカリキュラム」
「就職支援」

などなど。

独学では得られないメリットがたくさんある点が魅力です。

結局どっちがいいの?

「独学」と「プログラミングスクールに通う」は一長一短でどちらが良いということは言えません。

ただ
「一人での学習が不安」
「挫折した経験がある」
「スケジュールの管理ができない」
「自分で調べるのが苦手」
「一人だとモチベーションが続かない」

なんて思う人は、スクールでの学習をおすすめします。

しかし、スクールにただ通っただけではスキルを磨くことができません。

自分には「何が必要なのか」を知るのがいいでしょう。

そのために自分の目的を明確にすることがとても大切になってきます。

後ほど目的について詳しく説明します。

無料のプログラミングスクールの落とし穴

Untitled design

無料のプログラミングスクールの存在

最近プログラミングの需要が高まり、プログラミングスクールの数も年々増え続けています。

そんな中で、無料のプログラミングスクールというものが登場するようになりました。

「無料のプログラミングスクール!? どうやって利益出してるの?」

そんな疑問の声が聞こえてきそうです。

そうなんですよね、無料でプログラミングを教えてくれる意味ってあるのかな?

どうせ後々お金を払わないといけないんじゃないかな?

そんな勘ぐりもあるかもしれませんが、実際は本当にゼロ円で勉強させてもらえます。

なぜ無料でも成り立つスクールがあるの?

実際にこの疑問ってつきまといますよね。だから信用できずに入るのをためらってしまう。

無料でも成り立つ理由というのが、「就職活動をすることが条件」だからです。

もっと踏み込むと、プログラミングを教えた生徒が就職活動をして、実際に就職すると、就職先から報酬がスクールの方に入ってくるというシステムなんです。

だから、スクールで教える際にお金を取らなくても、そっちで採算がとれてしまうということですね!

ただ、これにも落とし穴があって、就職や転職を早くさせたい気持ちと大勢をサポートしている関係で一人一人の就職支援が手薄になっていることも少なくありません。

また、独立やフリーランスに転向することが禁止されており、あくまで就職を前提の契約なので「やっぱりフリーランスでやっていきたい」と気が変わっても方向転換が急にできません。

そのへんはよく考えて無料のプログラミングスクールを選ぶ方がいいですね!

もしまずは自分で勉強してみてから考えたい。

そんな方は以下の記事がおすすめです!読んでみてくださいね!

1.プログラミングスクールに入る目的を決める

shutterstock_412077868

まず、失敗しないスクール選びで一番大事なことは、プログラミングを学ぶ目的に合った選び方をすることです。

十人十色、様々な目的があるとは思います、今回プログラミングを学ぶ目的を大きく「4つ」に分類しました。

  • 転職・キャリアアップしたい
  • フリーランスになりたい
  • アプリやサービスが作ってみたい
  • 起業したい

この4つの目的のどれに当てはまるかによって注意すべきポイントが変わってきます。

詳しく説明していきましょう。

転職・キャリアアップしたい場合

shutterstock_334043420

アプリ・システム開発に携わるスキルを付けることが出来れば、手に職を付けて仕事をすることが出来ます。

最近ではアプリ開発以外にもITスキルのない企業の顧問になるなど、その収入形態の幅も広がってきています。

さまざまな働き方が増えている日本ですが、環境を変えるときに最も求められるのが「実務経験」です。

いかに早く仕事に出来るか、いかに自分がやりたいことにマッチする企業で仕事が出来るかがキャリアアップのカギを握ります。

なので、転職やキャリアアップをお考えの方は、スクール選びで仕事獲得の相談に乗ってくれるか重要な基準になります。

転職やキャリアアップに関してはこちらでも詳しくご覧になれます。

フリーランスエンジニアになりたい場合

shutterstock_429612508

IT業界では、下請けの開発ももちろん存在しますが、CtoCでの業務委託案件等もどんどん増えています。

特にWEB業界などでは、ある程度のプログラミングスキルがあれば、自分から営業をかけなくてもさまざまな企業に声をかけてもらえたりします。

信頼できる企業の保守・機能追加を担当したりなどで、安定的な収入と自由な仕事方法を獲得していくことができます。

もちろん、在宅やカフェで仕事をするいわゆる「ノマドワーク」などを選ぶことも難しくありません。

ただし、フリーランスは何よりもこの人に任せて大丈夫かという信用が第一です。

スクールを選んで行く中で、自分の技術力を証明できるポートフォリオ(制作実績)がしっかり作れるかということも大きなポイントになってきます。

フリーランスエンジニアに関してはこちらでも詳しくご覧になれます。

オリジナルアプリ制作をしたい場合

shutterstock_386475415

アプリを作る技術力は一朝一夕で学べるものではありません。

実際にプログラマとして最前線で様々なアプリ開発を行って活躍していくには、約1〜2年の業務経験は必要です。

ただ、実際に自分が作りたいものを作るというということに焦点をあてれば、ひとまず「開発サイクルの回し方」を学ぶことで、ほとんどの機能追加などの状況に対応出来るようになります。

「開発サイクルの回し方」を具体的に言えば、

  • アイディアの出し方
  • 設計の仕方
  • 採用技術の選び方
  • コード管理の仕方
  • エラーの原因特定の仕方
  • リリースの仕方
  • リリース後の運用の仕方

などです。

ただし、これらは実際に一通りオリジナルのアプリ開発をしなければ、なかなか身につけられません。

スクール選びにおいてもオリジナルアプリ開発までしっかりサポートしてくれるかということも大きなポイントになってきます。

アプリ開発に関してはこちらでも詳しくご覧になれます。

オリジナルサービスで起業したい場合

起業したいということで学習される方は技術習得だけが目的ではない方が多いでしょう。

技術は勿論、どのようにプロダクトを管理すれば良いのか、どのように人に依頼すれば良いのか、様々な観点で学習をしていくことになるでしょう。

実際、技術だけであれば短期間でベースを詰め込むことも出来ますが、マネジメント等の領域にまで入ってくると短期間で学ぶのはいっきに敷居が上がります。

なので、技術以外の相談も長期的にサポートをしてくれるかということも重要になってきます。

また、何の技術を習得できるかということも大切なポイントになってきます。

特に将来的に起業を視野に入れている方は、比較的シンプルにしっかりとしたWEBサービスをつくることができる、Ruby」の学習がオススメです。

学習するべき技術に関してより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

2.スクールの講義比較「教室形式 vs マンツーマン」良いのはどっち!?

shutterstock_125370554

次のポイントとして、レッスン形式が「教室(1対多)」タイプか「マンツーマン(1対1)」タイプかのどちらを選ぶかは非常に重要な基準になります。

それぞれのメリット・デメリットを知り、スクール選びに活かしましょう。

教室形式のメリット・デメリット

【メリット】

  • 授業でたくさんの人と知り合えるのでモチベーションを保ちやすい

【デメリット】

  • 進み方が一律だから自分に合わなくなってくることがある

マンツーマンのメリット・デメリット

【メリット】

  • 実践的で自分に合った学習を行うことができる

【デメリット】

  • 体験などをしてメンターとの相性をしっかり見極める必要がある

3.スクールの講義比較「対面 vs オンライン」良いのはどっち!?

shutterstock_360423926

もう一つのレッスン形式として、「対面(オフライン)」なのか「オンライン」なのか、という基準があります。

それぞれのメリット・デメリットを知りましょう。

対面(オフライン)のメリット・デメリット

【メリット】

  • コミュニケーションをとりやすい場合もある

【デメリット】

  • 場所や時間などの制限が出てくる

オンラインのメリット・デメリット

【メリット】

  • どこでも気軽にレッスンを受けることができる

【デメリット】

  • 回線速度などの環境によって会話を快適に行えないことがある

4.スクールの受講金額だけで比較・判断しない

shutterstock_331652699

もちろん、金額が安いにこしたことはないのですが、金額の安いサービスは人件費が掛からないようにシステム化されていることが多いです。

パッケージ化してしまっていて、自分が達成したい目的目標を達成出来ないプログラムの構成になっている可能性もあります。

目的を再確認して、将来的に回収できる金額から考えて投資するほう効率的なことも多いので、費用対効果を考えて選びましょう。

将来的にフリーランスエンジニアとして活動していきたいとお考えの方は「時給4100円!?フリーランスエンジニアの単価相場を調査してみた」を読んでいただくと、案件の単価相場を知ることができます。

フリーランスエンジニアとして独立したときにあなたの生活レベルと投資額を照らし合わせて、将来的に回収できる金額を把握するのに役立ててみてください。

5.プログラミングスクールの「受講期間」を注意して比較

shutterstock_352225181

意外と見落としがちな選定基準として、「受講期間の長さ」があります。

例え効率的な学習方法を行ったとしても、実践的に使えるようになるためには250〜300時間は学習を行うという心構えでいたほうが良いでしょう。

受講期間が短いとそれだけタイトなスケジュールになりますので、忙しい社会人には向かない場合もあります。

逆に比較的時間に余裕のある大学生などには向いているかもしれません。

しっかりとスケジュールを組んで学習に臨みましょう。

6.プログラミングスクールでの「成果物」は絶対確認

shutterstock_185706038

最後のポイントは、そのスクールに入り、卒業する際に「何が出来上がるのか?」という成果物の基準です。

冒頭でも説明しましたが、自分の達成したいことがクリアできるのかどうかをしっかり見極めて利用しましょう。

プログラミングを学ぶことが目的になるのではなく自分の目的のためにプログラミングという手段を使うという考え方ができると、無駄なく効率的にプログラミングスクールを選ぶことができるでしょう。

元ディスクユニオン店員が33歳からプログラミングを学びエンジニアになるまで」でご紹介させていただいた濱口さんはインストラクターの紹介で、東京大学の農学生命科学研究科監修のアプリ制作でJavascript(jQuery)部分の実装を担当されることになりました。

Simrural(シムルーラル)」というアプリです。

最初はうまくいかなかった就職活動がこの東大の案件を行ってからは、何社かお仕事をいただけるようになったそうです。

そんな濱口さんのインタビュー記事にご興味ある方はぜひご覧ください。

実際にスクールを選んでみよう

スクールの探し方

目的などやりたいことが決まったら実際にスクールを選んでみましょう。

といってもスクールは全部で64校あります。

その中から目的にあったスクールを探すのは大変ですよね。

ですが心配はいりません。

こちらの記事では、目的別にスクールを紹介しているのですぐにあなたの目的にあったスクールが見つかります。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
社会人の方必見の、プログラミングスクール選びで失敗しないための6つの基準をご紹介しました。

知名度や値段などだけで決めてしまうと、自分の目的と合っていなかったり、遠回りになってしまったりすることもあります。

しっかりと基準を知って、自分にぴったりのプログラミングスクールを選んでみてほしいです。

プログラミングスクールの失敗例を知りたい方はこちら↓

未経験からWebアプリ開発されたい方はこちら↓

おすすめのプログラミングスクールはこちらから↓


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


未経験者でも安心の徹底サポート!まずは完全無料の体験レッスン!

「プログラミングに興味があるけど未経験だし、、、」とお悩みの方はご安心ください。

  • 24時間質問し放題
  • あなただけのオーダーメイドカリキュラムで学習の効率化
  • 仕事獲得方法からオリジナルアプリ開発方法

侍エンジニア塾では徹底したサポートによる「オーダーメイドカリキュラム」を作成しています。

まずは無料体験レッスンで、「挫折しない学習方法」や「あなただけの学習ロードマップ」を知り、学習の効率化をしましょう。独学の難点である「オリジナルアプリの作り方やエラーの対処法」についてもアドバイスさせていただきます。

詳しいサービス内容は、下記よりご参照ください。

cta_mtm1

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去100人以上のフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
ホームページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら