スライドショースライドショースライドショー

Pythonとは?言語の特徴から学習法まで初心者向けにわかりやすく解説

近年注目されているプログラミング言語に「Python(パイソン)」があります。実際にPythonについて調べてみると、プログラミング経験者向けの記事やWikipediaには難しい単語が羅列されているため、

調べても結局何を言っているのか分からなかった……
Pythonが結局何がなんだか訳がわからない

そんなことを思う方も少なくありません。そこでこの記事では、

  • そもそもPythonとはなんなのか?
  • Pythonの歴史やシェアは?
  • どんな特徴があってどんな風に使われているのか?
  • 習得するとどんな仕事ができるのか?

といった内容を、専門用語を超噛み砕いて初心者でも分かるように徹底解説していきます。最後までお読みいただければ、Pythonについて体系的に理解していただけるでしょう。

Pythonとは?

python

引用元: Python Software Foundation https://www.python.org/community/logos/

Pythonは「少ないコード量(文量)で簡単にプログラムがかける」「コードが読みやすい」といったメリットのある素晴らしい言語です。今話題の「人工知能(AI)」や「Web開発」、「教育の分野」など広い分野で使われています。

これさえあればなんでも作れてしまうのでは?

「Python」は、1991年にオランダ人のグイド・ヴァン・ロッサム氏によって開発されたプログラミング言語です。実は結構昔からある言語なんですよ!Pythonというユニークな名前は、イギリスのBBCが製作した大ヒットコメディ「空飛ぶモンティ・パイソン」から来ているそうです。

通常、プログラムの規模が大きくなり複雑になってくるとコードが見づらくなります。見づらくなることで読み間違いや書き間違えなどのミスが起こりやすくなり開発効率が落ちてしまうことがあります。

Pythonではそんな読み間違いや書き間違いを減らそうと考え抜かれてており覚えやすく扱いやすい言語だといえるでしょう。では、Pythonはどれくらい人気があるのでしょうか?まずは次の図をご覧ください。

引用元:PYPL PopularitY of Programming Language http://pypl.github.io/PYPL.html

これはGoogleの検索情報を元にプログラミング言語の人気を決定する「PYPL PopularitY of Programming Language」の情報です。近年Pythonはさまざまなプログラミング言語ランキングでも、軒並み上位に食い込んでいる人気言語です!

更に、データ解析やAIの分野で広く使われていることから、今後も需要が大きくなると予想されています!そう、これからますます大注目されることが予想される需要が右肩上がりの言語なんです。

Pythonの特徴とは?


画像:Shutterstock

専門分野での実績がある

Pythonを学ぼうと思っている方の中には、近年注目を集めている「人工知能」、とりわけ「深層学習(Deep learning)」に興味を持っている方もいらっしゃると思います。「人工知能」や「深層学習」を聞いたことはありませんか?これらはロボットが人間のように物事を考える脳を作るものです。

深層学習(機械学習の応用的なもの)を知る前に基礎知識となる機械学習についても知っておきたいですね。Pythonは機械学習や深層学習の分野で多くの支持を得ています。なぜPythonが支持されているかというと、

  • シンプルなコードで読みやすい
  • 初心者向きで習得しやすい
  • 計算・統計処理で使用できるライブラリが豊富

などが挙げられます。最近巷で話題の深層学習は、ざっくりと言うと脳の仕組みをプログラムで再現したものから始まりました。これがドンドンと進化して、今ブームになっているんですね。

気づけば、この分野でよく使われる言語でもあり「人工知能を学習したい、もしくは人工知能関連の職業に就きたいならPythonは習得必須」と言っても過言ではありません!また、人工知能や深層学習以外にもWebアプリなどの開発にも用いられています。

Pythonで作られたWebアプリで有名なものに「Youtube」や「Evernote」などがあります。みなさんの聞いたことのあるサービスが実はPythonで作られているなんてこともあるんです!

【簡単】人工知能の作り方を3ステップでマスターしよう【できる】
更新日 : 2019年12月7日

実用的なライブラリで開発効率を上げられる

ライブラリを一言で説明すると、役に立つプログラムをまとめたものです。Pythonには機械学習などで使う機能をまとめたたくさんのライブラリがあります。

どんなことができるのか、ライブラリごとの特徴を知りたい方は次の記事を確認してください!実際に使われている機械学習のライブラリについて学ぶことができます。

現役エンジニアがよく使う!Python機械学習ライブラリ厳選9選
更新日 : 2019年8月7日

Webフレームワークで開発効率を上げられる

Webフレームワークを一言で説明すると、WEBアプリケーションを作るために必要な機能の詰め合わせのことです。Pythonは人気言語のため、便利なWEBフレームワークが開発されています!

フレームワークとは
フレームワークとは、Webアプリの機能、ページの表示、データの形式などをまるっとまとめた仕組みのこと。高度なプログラムをあらかじめまとめておくため、0から開発するよりも素早く開発が可能。

Pythonでオススメのフレームワークは次の3つです。

  • Django
  • Flask
  • Bottle

これらのフレームワークについては次の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ確認してください!

2018年大注目のPython!WEBフレームワーク3つを徹底比較
更新日 : 2019年9月11日

Pythonはおすすめな言語なの?

Pythonをおすすめできる人

機械学習・深層学習に興味がある人

Pythonには、機械学習深層学習(ディープラーニング)で使えるライブラリが数多く用意されていることが挙げられます。

機械学習とは、大量のデータを反復的に分析して、そこに潜むパターンを見つけ出すことです。これは、人間が自然に行っている「学習能力と同様の機能」をコンピュータで実現しようとしているものです。

これによって、コンピューターで分析した結果を新たなデータにあてはめることで、パターンにしたがって将来を予測したりすることができるようになります。

深層学習(ディープラーニング)とは「分けるための軸を自分で見つけることができる」ものを言います。

よく機械学習、深層学習、人工知能(AI)の違いがよくわからないという声を聞きますが、以下のように分類されます。


上記の画像の通り、最も広義の範囲を持つのが人工知能(AI)となります。そしてその中に機械学習が含まれて、さらにその中にディープラーニング(深層学習)が含まれているというイメージになりますね。

データサイエンスに興味がある人

データサイエンスとは、さまざまなデータを分析して有効活用することで、データ分析を専門に扱うデータサイエンティストの仕事も注目を集めています

近年ではビッグデータを活用する事例も増えてきおり、データを扱うには「微分積分学」、「線形代数学」、「確率論、統計学」などの数学的知識は確実に必要になります。

また、データを扱う際にはプログラムを書く機会もあり、計算用のライブラリが豊富で扱いやすいPythonがよく使われています。

GUIアプリを作りたい人

PythonはGUIアプリや業務効率化のためのツール類の作成も簡単にできます。GUIとはグラフィカルユーザーインターフェースの略で、OSで提供されているインターフェースのことです。

PythonではGUIアプリを簡単に作れるKivy、Tkinter、PyQtなどのライブラリが用意されています。

もし、Pythonで何をやりたいか決まってないけど、とりあえず学んでみたいという方は手始めにGUIアプリを作ることを目標としても良いかもしれません。

Pythonをおすすめできない人

スマホアプリ(iPhone、Android)作りたい人

Pythonでスマホ用のアプリを作ることは可能ですが、iPhoneの場合はSwift、Androidの場合は主にJavaやJavaの代替言語として期待されているKotlinなどので開発されるケースが多いと言えます。

そのため、スマホアプリ開発でPythonが採用されるケースは少なく情報も少ないため、おすすめはできません。

Webサービス・アプリを開発したい人

PythonではWeb系の開発も可能でWeb開発向けのフレームワークも多く用意されています。

しかし、国内ではPHPやRubyなどでWeb開発を行うことが多く、Web開発の用途ではPythonの需要はまだまだ少ないと言えます。

システム開発・組み込み開発

PythonはOSに依存しない汎用のプログラミング言語のため、さまざまなハードウェアが使われる大規模なシステム開発や組み込み系の開発も可能です。

しかし、インタプリタ型(後述)の言語のため、コンパイラ型のプログラミング言語(C/C++、Javaなど)と比較すると、処理速度が遅く不向きと言えます。

結論:Pythonをおすすめできる人は……

ここで紹介したように、あなたが求めていることに一致するならPythonはおすすめの言語です。

もし、「Pythonに興味がある」「Pythonを学んでみたい」と思ったら、弊社「無料体験レッスン」へぜひ参加してみてください。

あなたの抱えている悩みや不安相談することで、業界屈指のコンサルタントが、今のあなたにぴったりの学習プランをご提案させていただきます。

どうぞお気軽にご利用ください。

侍エンジニア塾
無料体験レッスンの詳細はこちら

完全オンライン対応で、自宅のパソコンで受講いただけます!

Pythonのメリット・デメリット

メリット

文法がシンプルで覚えやすい

Pythonはコードの読みやすさを重視した言語です。文法がシンプルで必要最低限のものしか用意されていないので、読みやすく書きやすい言語なんです!一つのことを書くのに何通りも書き方は用意されていません。そのために他人の書いたコードも比較的読みやすいものになります。

他人が書いたコードが読めることは開発現場においてとても大切なことなんです。この文法のシンプルさと可読性の高さからプログラミング初心者にもわかりやすく、学びやすい言語だと言われています。

字下げ(インデント)に意味があるオフサイドルール

Pythonのプログラミングがシンプルになる理由には「オフサイドルール(Off-side Rule)」というものがあります。これは、if文などのブロックを字下げ(インデント)で指定するというものです。これによって誰が書いても同じコードになるため、Pythonのプログラムは書きやすく読みやすいモノになっています。


オフサイドルール

一部のプログラミング言語において字下げによって文などのかたまりの範囲(ブロック)を示す規則である。すなわち、そのような言語ではブロックは字下げによって形成され識別される。この用語と考え方は Peter J. Landin によるもので、ここでのoff-sideは「(左端)側から離れる」という意味だが、これはサッカーなどの球技におけるオフサイド規則 (offside law) のもじりと考えられる。/ Wikipedia

コンパイルが不要

プログラミング言語は大きく分けてインタプリタ型コンパイラ型の2つがあります。

インタプリタはプログラム実行時にソースコードを読み込むため、コンパイルの必要がなくすぐにプログラムの動作を確認できます。

一方コンパイラ型は、コーディング後にコンパイルを行い、実行ファイルを作成します。コンパイルで作成した実行ファイルを読み込むことでプログラムは実行できます。

コンパイル作業は、大量のエラーが発生することが多く時間を要します。そのため、初心者には少しハードルが高いと言えます。

Pythonはインタプリタ型の言語のため、コンパイルの必要がなくプログラムを作成したらすぐに動作確認ができます。そのため、初心者でも扱いやすい言語です。

ライブラリが充実している

Pythonはライブラリがとても充実しています。目的に合わせてライブラリを使用することで、プログラミングをより効率よく進められるのは大きなメリットです。

ライブラリとは

ライブラリとは汎用性の高いプログラムを一つにまとめたものです。Pythonには数多くのライブラリが存在し、処理によって最適なライブラリを読み込むことで、ユーザーがいちいち複雑な処理を書く手間を省くことができます。

また、人工知能(AI)分野に特化した物など、様々な種類のライブラリがあります。Pythonが多種多様な現場で活用されているのは、ライブラリが充実していることによる影響が大きいでしょう。

デメリット

実行速度が遅い

Pythonはインタプリタ言語のなかでも特に実行速度が遅い言語と言われています。そのため、企業向けの基幹システムなどには不向きであり、実際に導入事例もほとんどありません。

Pythonの実行速度が遅い要因としては、動的型付けの言語であるということが大きく、多様性に対応するために、速度を犠牲にせざるを得なかったといったところでしょうか。

このことから、処理速度の早さが求められるシステムや高度なゲーム開発などにもPythonは不向きと言えます。

インデントが必須

Pythonではメリットで解説したようにオフサイドルールがあるため、インデントが必須となります。インデントとは、行頭に空白を入れて文字を入れて字下げを行う事を言います。

これはメリットでもありますが、同時にデメリットでもあります。pythonは同じ数の空白でインデントされたまとまりを一つのブロックと認識する為、インデントが適切にできていないとエラーとなってしまうこともあります。

そのため、pythonでは必ずインデントを適切に処理する必要がでてきます。

Pythonでできること・できないこと


画像:Shutterstock

できること

結論、いろいろなものが作れて需要が高い

以下の図はプログラミングで作れるものの全体像になります。


プログラミングで作れるものの全体像

先程も軽く紹介しましたが、Pythonで作れるものは多くあります。例えば

  • 「Webアプリケーション」
  • 「デスクトップアプリケーション」
  • 「組み込みアプリケーション」
  • 「ゲーム」
  • 「機械学習(人工知能)」

これらのアプリやプログラムをPythonで作ることができるんです!これだけのサービス・アプリが作れるってことは需要も高いといえるでしょう。

先程、「Youtube」や「Evernote」はPythonで作られていると書きました。その他にも「Instagram」もPythonで作られています。

もっとPythonで作られたサービスを知りたい方は次の記事が参考になりますよ!

Pythonで作れるモノとその事例まとめ【WEBアプリ/データ解析/人工知能】
更新日 : 2019年6月21日

この記事では実際にPythonで作られているサービスからPythonで何が作れるのかを含めて書いてあるので興味のある方はぜひご覧ください。

Webアプリやゲームを作りたい

Pythonは人工知能や深層学習(機械学習を含む)だけでなくWebアプリやゲーム開発などでも用いられることがあります。先程のWebアプリの実例のようにPythonで「Webアプリを作ってみたい」という方はDjangoというフレームワークを使うと、意外に簡単に作ることができます。

しかし、Djangoの基本を知る必要がありますよね?まずDjangoとは何かを知りたいという方はこちらで紹介していますよ!

【Python入門】Djangoとは?webアプリ開発の第一歩
更新日 : 2019年8月6日

Webアプリについて解説してきましたがその他にもゲーム分野ではPygameなどといったライブラリもありPythonでゲームを作ることもできます。さらに、kivyというGUIアプリケーション作成に使うライブラリ等を用いれば、簡単にiPhoneなどのスマホアプリだって作れます。

Pythonには利用者・開発者がたくさんいるので、いろんなライブラリが作られて自分が作りたいものを作りやすい環境が整っているんですね!

Pythonで作られたサービス

Youtube

YouTube

引用元:Youtube https://www.youtube.com/

こちらのYoutube。説明が必要ないぐらい有名な世界ナンバーワン動画サイトです。毎分に60時間分がアップロードされる超巨大なプラットフォームです。そんな巨大な容量ももろともしないのがすごいですよね!

それがPythonで作られているという可能性。感じていただけますか?

Evernote

すべてを記憶する。アイデアを整理する。スマートに働く。__Evernote

引用元:Evernote https://evernote.com/intl/jp

これも世界中で愛されているメモアプリケーションです。今現在、2億ユーザーを達成して、現在進行形で増え続けているアプリケーションなんです。

クラウド上で管理できるメモアプリなので、Evernoteで記録したメモや写真、動画はパソコンだけでなく、携帯でもみることができ、どこでも共有することができるのが強みです。

Instagram

Instagram

引用元:Instagram https://www.instagram.com/

これはお使いの方も多いかもしれません。写真に特化したSNS「Instagram」です。今では「インスタ映え(インスタで使えそうなという意味)」などの言葉も流行るぐらい大人気になりました。

こうした人と人とをつなぐSNSにもPythonは使われています。これから、また様々なSNSサービスは作られていくと思います。その度にPythonの需要は高まっていきます。大注目ですね!

できないこと

先述したとおりスマホアプリ開発はあまりPythonは適していません。スマホアプリでしたら、SwiftやKotlinの方が現状はおすすめの言語になっています。

また、作れる方にゲームとありましたが、本格的なゲームを作る場合はUnityやC#の方が向いています。

なので、Pythonは様々なものが作れるとは言えども、スマホアプリやゲームを作るためにPythonよりも別の適した言語が存在すると思っておいてください。

Pythonの学習方法は?

Pythonについての概要についてわかったところで、Pythonの学習方法について解説します!

独学で学ぶ

まずは学習サイトでお手軽にPython学習に触れてみましょう。

多少お金がかかっても良いならProgatePyQがおすすめで、ウェブ上でコードを書いて動かすことができるので実務に近いレベルで学習が可能です。

でもやっぱり独学に自信がない……
とりあえず自分が何を勉強すればいいのかサクッと知りたい!

という方は、弊社独自に開発した『プログラミング学習診断アプリ』をおすすめします。

たった3つの設問に答えるだけで、どんなプログラミング言語をどのようなステップで学習すればいいかわかる優れものです。

プログラミングスクールで学ぶ

本格的にPythonエンジニアを目指して学びたい方はプログラミングスクールでの学習がおすすめです。

スクールでは経験者から教わることで、独学だとエラーにぶつかって解決できずにそのまま放置・・・となってしまうところを、講師からエラーの解決方法を聞きながら進めることができるので、とても効率的です。

スクールに通った方がいいのは、わかるけどお金もかかるし。
それで身に付かなかったらいやだから不安。

そんな風に思うのもごく自然なことですが、独学はほぼお金をかけずにできているように見えて、時間的なコストも考えたらスクールで学習した方が効率よく習得できます。

独学でPython学習した場合、平均300~400時間学習にかかったとして、普段の仕事が月収30万円の人なら、50~75万円分の時間を使っていることになります。

プログラミングスクールでPythonを学習した場合は50~80万円ほどが相場であるため、学習後のスキルの高さで考えたらスクールで学んだ方がお得ですよね。

特に弊社「侍エンジニア塾」では、完全個別型のプログラミング学習指導を行なっています。

集団型のスクールでは途中で授業についていけなくなってしまったり、みんな同じのサンプルアプリを作ったりで終わってしまいますが、弊社では講義形式も内容もあなたの理想のキャリアに沿って進めていくため、オリジナルのアプリ開発まで行うことができます。

「無料体験レッスン」では、あなたがプログラミングを身につけてどんな生活をしたいのか?から逆算した最適なキャリアや学習プランを提案させていただきます。

まずは下記より体験レッスンでPythonの生かし方からお話しましょう。オンラインでも受講は可能です!

侍エンジニア塾
無料体験レッスンの詳細はこちら

Pythonの基礎の基礎

ここでは、Pythonの文法に入門してみましょう!

開発環境を構築しよう

まずはPythonでプログラムを開発する環境を整えなければなりません。Pythonの開発環境を整えるには次の公式サイトからPythonをダウンロードしましょう。

pythonsite

引用元:Python公式サイト https://www.python.org/

上記画像のようにダウンロードする際にバージョンが2.x.x(2.7.13)と3.x.x(3.6.2)の2種類がありますが、今回は3.6.2をインストールしてみましょう。インストール方法はインストーラをダウンロードして実行するだけでインストールできるのでとても簡単です。

もっとも簡単なPythonプログラム

Pythonの文法はとてもシンプルです。まずはテキストエディタ(メモ帳でも可能です)を開いて次のようなプログラムを書いてみましょう。

print("Hello World!")

このプログラムを書いたらファイルを「hello.py」で保存します。コマンドプロンプト(MacやLinuxならターミナル)を開いて今保存したファイルがある場所まで移動します。

Macターミナルは何ができる?初心者向けの使い方と困った時のQ&A
更新日 : 2019年11月18日

移動ができたら早速、書いたプログラムを実行してみましょう!

python hello.py

実行するとコマンドプロンプト(MacやLinuxならターミナル)上に「Hello World!」と表示されると思います!これであなたもPythonプログラマーの一歩を踏み出しました!

Pythonの基本構文

ここではPythonの基本構文について、わかりやすく解説します。

四則演算

Pythonでの四則演算は簡単です。以下では、変数num1、num2に値を代入して「足し算」「引き算」「掛け算」「割り算」を実施しています。

print("num1 + num2 = ", num1 + num2)
print("num1 - num2 = ", num1 - num2)
print("num1 * num2 = ", num1 * num2)
print("num1 / num2 = ", num1 / num2)

実行結果:

num1 + num2 =  15
num1 - num2 =  5
num1 * num2 =  50
num1 / num2 =  2.0

if文による条件分岐

if文とは、ほとんどのプログラミング言語で使われる条件分岐処理のことです。たとえば、「もし年齢が20歳以上だったら◯◯の処理を実行する」といった処理を行います。以下では、変数ageの値が20より大きかったらprintで結果を出力しています。

if 20 < age:
  print("ageは20より大きいです。")

実行結果:

ageは20より大きいです。

for文による繰り返し処理

for文は指定した回数同じ処理を実行するときに使用します。たとえば、Hello World!を5回繰り返したい場合は以下のように記述します。

for i in range(5):
  print("Hello World!")

実行結果:

Hello World!
Hello World!
Hello World!
Hello World!
Hello World!

もっとPythonを試してみたい方はPythonの公式サイトに行ってみてください。Pythonをこのページで試すことができますよ!

今後の学習効率を飛躍させるおすすめの学習サイト

さて、基礎の基礎ができるようになったらこれからがようやくスタート地点です。今後の学習効率を考えれば、手を動かしながらの学習がプログラミング学習ではかなり有効です。

そこでおすすめなのが、学習サイトでの学習です。まずは無料の学習サイトで勉強をおすすめしたいです!以下の記事が参考になりますよ!

Python学習の全て|効率的な勉強方法とオススメ無料学習サイト6選
更新日 : 2019年11月19日

Pythonの仕事市場

shutterstock_462273790-640x384

画像:Shutterstock

Pythonを習得する事でどのような仕事が出来るのかを見ていきます。

Pythonプログラマの年収は?

まずは年収についてみてみましょう。次のグラフをご覧ください。


引用元:みんなのスタンバイ https://jp.stanby.com/media/

これは求人検索エンジン「スタンバイ」のメディア「みんなのスタンバイ」で公開された2018年版プログラミング言語別平均年収ランキングです。Pythonの平均年収575万円とここでも2位という上位につけていますね。同じWeb分野で使われているRubyやPHPなどと比べても高いことがわかります。

次は各仕事別にどのくらいの報酬のお仕事があるのか見てみたいと思います。

Webエンジニア

一番案件数の多い大手サイトのレバテックフリーランスを参考に、Webエンジニアシステム開発業務の案件を見てみましょう。


引用元:レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/

月収90万円とかなり高収入ですね!続いてはデータ分析の案件です。

データサイエンティスト

データサイエンティストとは最近話題になった職業で、機械学習や統計学の道具を使って膨大なデータから企業のために知識やルールを見つけるお仕事です。ビッグデータを解析してビジネスで役に立つ情報を見つける、というのが大雑把なイメージですね。そんなデータサイエンティストの仕事市場を見てみましょう。


引用元:レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/

この案件は月収65万円ですね。案件によって幅がありますが、だいたい65万円~95万円程度の金額設定になっている模様です。今流行りのデータサイエンティストと呼ばれる業種は、やはりIT業界の中でもトップクラスの高収入になりました。

機械学習エンジニア

Pythonは機械学習や人工知能での分野で高い人気があり、国内でも求人が増えてきています。そんな機械学習の仕事市場を見てみましょう。


引用元:レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/

この案件は月収95万円と高単価ですね。機械学習の分野も案件によっては65万円~95万円程度の金額設定になっています。

このサイトではWebアプリケーション、機械学習(人工知能)の開発など様々な仕事がありますが、Pythonを使った仕事は機械学習を使ったデータ解析の案件が多くなっています。統計学や機械学習を使ったデータ解析業務は難しいですが、この収入なら覚える価値がありますね!

Pythonで仕事獲得をするには

未経験エンジニアでも転職できるおすすめ求人サイト

Pythonエンジニアの仕事を探そうと思っても、転職サイトやサービスは山ほどあってどれを選べばいいのかわかりにくいものです。どんな基準で仕事を選び、どんな転職サイトを使えば転職活動がうまくいくのかがわかれば理想の仕事ができるでしょう!

次の記事では、「未経験エンジニアからでも転職できるおすすめ求人サイト」を紹介します。

未経験エンジニア必見!あなたの望みを叶える転職サイト6選
更新日 : 2019年5月23日

オリジナルサービスを制作する

企業はいつでも即戦力を求めています。何にも染まっていない、未経験のエンジニアの方がいいという企業はないのです。そのスキルをはかるのに、経験年数を聞かれることも少なくないんですが、もっと明確にスキルを示す方法があります。

それが自分が作ったオリジナルサービスを作ることです。何も難しい機能をつけないと作品にならないというものでもありません。3~5個の基本的な機能を持つオリジナルアプリでいいんです。

それがあなたのスキルを表すツールになります。

Pythonでフリーランスエンジニアとして生きて行くには?

Pythonを武器にフリーランスとして生きていくことは可能なのでしょうか。クラウドソーシングで有名なCrowdworksでPythonを使った仕事を検索してみます。

media-20170815 (1)

引用元:Crowdworks https://crowdworks.jp

するとこのようにPython人気からか言語そのものをレクチャーするような仕事やWebや人工知能の案件が沢山見つかります。Tensorflowを使った人工知能の開発依頼もあるようです。このようにPythonを使った仕事は今のところ豊富にあります!

これならフリーランスとして働くにも、強力な武器の一つになることは間違いなしです!

Pythonを扱うエンジニアがなぜ高収入を得ることができるの?

と気になる方はこちらをご覧ください。その理由がわかるのはもちろん、Pythonエンジニアの平均年収と今後の動向についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Pythonエンジニアの年収はいくら?仕事内容や高収入な理由も公開
更新日 : 2019年6月7日

また、プログラミングスキルを習得後、フリーランスエンジニアになってみようと考えている方はこちらが参考になります。フリーランスエンジニアに特化した求人サイト、全7社を対象に調査し、平均収入を算出しましたのでフリーランスに転身した後の目標設定の際に参考にしていただければと思います。

時給4100円!?フリーランスエンジニアの単価を徹底調査してみた
更新日 : 2019年10月8日

Pythonを本格的に学びたいなら……

ここまで読んでPythonの概要や特徴など、ご理解いただけましたでしょうか?

ぜひPythonを学んでみたい!
効率よくPythonのスキルを学びたい!

と思った方は、ぜひ弊社侍エンジニア塾を検討してみてはいかがでしょうか?

オンラインでも対応できるため、全国から受講することができ(年中無休で8~22時対応)、現役エンジニアの講師があなた専用のカリキュラムを作成し、マンツーマンレッスンで徹底指導します。

さらに経験豊富なキャリアコンサルタントが、転職先の会社の紹介だけでなく、キャリアプランの提案、エンジニアにとって必要不可欠なポートフォリオの作成までサポートします!

未経験者の方にとって安心して学習に集中していただける環境をご用意していますので、まずは「無料体験レッスン」で不安な点や疑問な点、将来の目標などを何でもお聞かせください!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

フクロウ

フクロウ

第一言語はPythonです。
皆さんRustやりましょう。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説