ruby-nyuumon-kanzen

【Ruby入門ガイド】アプリ開発で知っておくべき知識を総ざらい

「Rubyってなに?どんなことが出来て、どんなモノが作れるの?」
「どの教材を使えばいいの?どうやって学習すればいいの?」
「どうやったらアプリ作れるの?」

多くのプログラミング入門者からそんな声をよく聞きます。

しかし、そのような疑問に対して、どこから手を付けて、どうやって学習していけば効率が良いのか、1人で答えにたどり着ける人は殆どいません。

その原因は、「基礎学習〜オリジナルアプリ開発方法〜仕事獲得」までを、体系的にまとめている記事や書籍が存在しないからです。

そこで今回、全くのプログラミング入門者がRubyの基礎学習から実際にアプリ開発をし、さらには仕事獲得するところまでのノウハウを1つの記事にまとめました。

この記事を読むことで、次のメリットがあります。

  • プログラミング未経験者でも自由にアプリやWebサービスを作れる!
  • 場所や時間に縛られずに好きな働き方ができる!
  • 高時給単価の仕事が獲得できる!

これらを実現するために、あなたにとって有益な情報が網羅されているので、集中できる環境で最後まで読んでください。

この記事の解説通りに学習を進めていけば、つまづくことなくRubyを習得することができるでしょう。

ガイドの読み方

この記事はプログラミング入門者が最速でRuby基礎学習を終え、アプリ開発をして仕事獲得をするところまでのノウハウをまとめた内容になってます。

既に学習を始めている方からすれば、常識的なことも書いてあります。そのため、以下のことを意識してお読みください。

  • 既に学習をスタートされている方は「目次」を活用し、読む必要がないところは飛ばしてください
  • 各Stepの内容はそれぞれ詳細記事が御座いますので、より詳しく知りたい場合はそちらをご覧ください

この記事の目次

Rubyがあなたの目的にあったプログラミング言語かどうかを判断しよう

この章はこんな人におすすめ

  • Rubyってそもそも何なのかが知りたい
  • Rubyでどんなことができるのか知りたい
  • Rubyを学ぶとどんなメリットがあるのかを知りたい

この章では、そもそも「Rubyとは何か?」という根本的なところから、Rubyを使えばどんなことができるのか?

また、学習する意味やメリットまでを明確にしていきます。

本格的にRubyの学習に入る前に、知っておきたい情報をまとめました。

Rubyとはそもそも何かを知ろう

curriculums1_1
↑本質を掴んでおくことがRuby学習において一番の近道(参照

【この記事で学べること】

  • Rubyとは何か
  • Rubyの特徴は何か
  • Rubyプログラミングをするには

Rubyプログラミングについて、最も根本的な概念を分かりやすく説明していきます。

プログラミングの世界は奥が深く、中には概要や本質を掴みにくいものもあります。

学習に取り掛かる前にそういったそもそもの概要や本質を掴んでおくと理解がしやすく、効果的に学習を進めていけます。

ここでは、「そもそもRubyプログラミングとは何か」についてわかりやすく解説していきます。

土台となる知識をしっかりと身につけましょう。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyでできること・作れるモノを知ろう

curriculums1_1
↑Rubyの世界の知る上で、必須の知識(参照

【この記事で学べること】

  • Rubyでどんな物を作れるのか
  • Rubyが人気な理由

プログラミングの可能性は無限大です。

Rubyでどんなことができるのか、どんなものが作れるのか、どんな仕事ができるようになるのか、なぜ人気なのか。

学習前の前提知識として知っておきたいところを紹介します。

Ruby入門者やITの世界に疎い方でも、その世界の概要をしっかりと掴めるよう、わかりやすく解説しています。

「プログラミング・エンジニアの世界観」を把握することは、本格的な学習前のとても大事なことです。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

どのくらいの時間で習得できるのか知ろう

curriculums1_1
↑終わりなき学習は勉強のための勉強になりがち(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミング基礎学習での目安学習時間とは
  • アプリ開発の基礎学習での目安学習時間とは
  • プログラミング応用学習での目安学習時間とは

1つのプログラミング言語を完全に習得するのに約1000時間程かかると言われています。

もちろん程度にもよりますが、プログラミングの世界は奥が深いです。

学習しようと思えば、いくらでも学習できてしまいます。

悪く言えば、キリがないんです。

何の目安も決めずに学習をスタートすると終わりのない学習を続けてしまう恐れがあります。

ここでは、「プログラミングを使ってアプリケーション開発を自力で行える」までを一つの目標にし、各ステップごとの学習時間に目安をつけました。

侍エンジニア塾の指導の中で目安にしている時間になりますので、是非参考にしてスケジュールなどを組んでみましょう。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyがあなたの作りたいモノに向いたプログラミング言語か確認しよう

curriculums1_1
↑一番興味のあるものを作れる言語を選ぶことが目標達成への近道(参照

【この記事で学べること】

  • システムを構築したい時に学ぶべきプログラミング言語とは
  • WEBサービスを作りたい時に学ぶべきプログラミング言語とは
  • ゲームを作りたい時に学ぶべきプログラミング言語とは

世の中にはなんと200種類以上のプログラミング言語があるといわれています。

その中で自分に適した言語を選ぶには、「作りたいモノから選ぶのが鉄板」です。

ここでは、その200種類の中から実際によく使われている人気言語を「作りたいモノ」別に分類し紹介・解説しています。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Ruby学習の前に確認すべきことを知ろう

この章はこんな人におすすめ

  • Rubyプログラミングが自分でも習得可能なのかどうか知りたい
  • プログラミング学習の挫折率が高い理由を知りたい
  • 挫折を防ぐ、その対処法を知りたい

この章では、Ruby学習に入るその一歩手前の段階で知っておきたい情報や知識を学べます。

誰しも、遠回りしたくないものです。

最短距離でプログラミングを習得するための「事前知識」をしっかり覚えておきましょう。

特にプログラミング学習の挫折率とその理由、それに対する事前準備を行っておくことは非常に重要です。

プログラミングが誰にでも習得可能な理由とは何かを知ろう

curriculums1_1
↑プログラミングに対する心理的ハードルが高い今がチャンス(参照

【この記事で学べること】

  • 現代においてエンジニアの需要がどれほどあるのか
  • 昔に比べてプログラミング習得のハードルが低くなった理由とは何か

多くの日本人は学習したことがある・ないに関わらず、『プログラミング』に対する心理的ハードルが高い傾向にあります。

あなたもそのうちの一人ではありませんか?

実際には誰にだって習得できるものなのです。

ただ、どうしても難しいイメージだったり、心理的ハードルが高くなってしまうのもわかります。

誰にだってプログラミングが習得可能な根拠が欲しいところですよね。

ここでは、「なぜプログラミングは誰にでも習得可能なのか」について、詳しく解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

プログラミング学習の挫折率とその原因を知ろう

curriculums1_1
↑3つの壁を乗り越えてしまえばプログラミングの習得は目前(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミングの挫折率とは
  • 挫折の原因「3つの壁」とは
  • 挫折しないためにはどうすればいいのか

「プログラミングを独学で勉強することは可能なのか?」あなたを含めたプログラミング入門者の疑問の一つにこのようなものがあるでしょう。

当たり前ですが、独学で習得できる人も挫折してしまう人も、どちらも数多くいます。

ただ、圧倒的に挫折してしまう人の方が多いのではないでしょうか。

一説によると、プログラミングを独学する人の実に90%以上は挫折してしまうという結果が出ています。

一昔前であれば数十万円の価値がついていたような学習コンテンツが、今や無料でネット上から拾えます。

学習コストは下がり、多種多様なコンテンツある中で、未だに挫折率は下がらず、挫折者が絶えないのはなぜでしょうか。

ここではプログラミング入門者が挫折してしまう原因を「3つの壁」という形でまとめ、その壁を乗り越える方法についてご紹介しています。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyの学習方法を知ろう

この章はこんな人におすすめ

  • プログラミングスキルを効率的に習得する学習方法を知りたい
  • アプリ開発が最短最速で出来るようになるまでの方法を知りたい
  • 正しい学習教材とその使い方を知りたい

Rubyプログラミング学習のロードマップは頭の中に描けましたか?

ここからは実際にプログラミング学習に入っていきます。

ただ、ここでも大事なことがあります。

プログラミング言語を勉強することには間違い無いのですが、それだけの学習で十分でしょうか?

実は言語の学習を始める前にも学ばなくてはならないことがあります。

この章では、あなたの目標や目的をクリアするために最も効率的な学習方法を学べます。

最も効率的なRubyの学び方を知ろう

curriculums1_1
↑最も効率的な学習方法で最短距離でゴールしよう!(参照

【この記事で学べること】

  • 最も効率的なRubyの学習方法とは
  • Rubyの学習サイトとは
  • 学習サイトのをどうやって選べばいいのか

Rubyの学習は無料の学習サイトから始めるのが最も効果的です。

「プログラミング 学習 無料サイト」などで検索すると、とにかくたくさんの学習サイトが出てくると思います。

「え、こんなにあるの?!たくさんありすぎ!実際、どれ使ったらいいの?」っとなります。

ここでは、2017年現在で人気のあるプログラミング学習サイトを厳選し、さらにいくつかの評価基準をもうけて徹底比較、そしてそしてなんとランキング形式でご紹介します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

学習サイト「Progate」でRubyに触れてみよう

curriculums1_1
↑「Progate」の特徴を理解してから始めよう!(参照

【この記事で学べること】

  • 学習サイト「Progate」とは
  • Progateの特徴や魅力とは
  • Progateを効率よく活用する方法とは

学習サイトの「Progate」を効率よく活用できていますか?

活用どころか、「上手に使えず挫折してしまった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「これからプログラミングを学習する」、「すでに学習している」を問わず、Progateでの学習は1番おすすめといっても過言ではありません。

ただし、活用術を知らないと遠回りをしてしまったり、続かず挫折してしまったりとと大きな損をしてしまいます。

ここでは、Progateの概要から上手な活用法までをお教えします!

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

学習サイト「ドットインストール」でRubyを学習しよう

curriculums1_1
↑「ドットインストール」の特徴を理解してから始めよう!(参照

【この記事で学べること】

  • 学習サイト「ドットインストール」とは
  • ドットインストールの特徴や魅力とは
  • ドットインストールを効率よく活用する方法とは

学習サイトの「ドットインストール」を200%活用できていますか?

学習サイトは便利ですが、効率よく使う方法を知らないと挫折してしまう可能性もあります。

「これからプログラミングを学習する」、「すでに学習している」を問わず、ドットインストールでの学習は必ず通る道と言っても過言ではありません。

そのため、活用術を知らないと大きな損をしてしまいます。

ここでは、ドットインストールの概要から上手な活用法までを紹介します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

書籍でRubyを学習しよう

curriculums1_1
↑自分に合ったレベルの書籍で学習しよう!(参照

【この記事で学べること】

  • Rubyの学習本の選び方とは
  • おすすめの学習本はどれか

プログラミング学習者にとって、「今の自分に合ったレベルの学習書籍」を探し出すのは意外と面倒で、難しかったりしますよね。

ここでは、WEB業界で大人気の「Ruby」の学習本を「入門者」「中級者」「上級者」でレベル分けし、それぞれに応じたオススメ書籍をご紹介します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyの開発環境について知ろう

この章はこんな人におすすめ

  • Rubyの開発環境がどのようなものかを知りたい
  • 初心者が簡単に始められる開発環境を構築する方法を知りたい
  • 本格的な開発環境を構築する方法を知りたい

Rubyプログラミングを始めるには開発環境を構築する必要があります。

開発環境を構築するのは初心者には難しいものなので、開発を始める前の環境構築で挫折する場合もあります。

この章では、あなたが環境構築をするために最適な方法を学べます。

初心者が簡単に始められる開発環境を構築する方法を知ろう

curriculums1_1
↑まずは簡単にできることから始めよう!(参照

【この記事で学べること】

  • 初心者向けの開発環境とは
  • 開発環境の「Cloud9」とは
  • 「Cloud9」で開発する方法とは

「よしっ!プログラミング、勉強するぞ!」と思い立っても、まずはあなたのPCで「プログラミング言語を扱える環境」を作らなければいけません。

その事前準備を、「開発環境の設定」「環境構築」といいます。

この「事前準備」でさえ中級者でも場合によっては1日〜2日ほどはまってしまい、なかにはプログラミングを始めることすらできずに挫折してしまうなど、「環境構築」はプログラミング初心者にとって高いハードルなのです。

そんな「最初の壁」を乗り越えられるように、今回は「Cloud9」の使い方から便利機能まで初心者でも快適に読み進めることができるコメントつき画像でわかりやすくご紹介します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

本格的な開発環境を構築する方法を知ろう

curriculums1_1
↑本格的な開発環境に挑戦してみよう!(参照

【この記事で学べること】

  • 本格的なRubyの開発環境とは
  • 本格的な開発環境構築が必要なケースとは

Rubyの開発環境構築は初心者にとってハードルが高いですよね。

「バージョンやPC環境によってやり方が違うから困る…」
「エラーが出て、前に進めない…」

多くの初心者の方がこの段階で、挫折してしまいます。

その理由は、インストールに関する情報が体系立てて説明されていなかったり、エラーが頻繁に起こってしまうからなんです。

ここでは、「Ruby開発環境構築」に関する散在した情報を一つにまとめました。

初心者でもMacでもWindowsでも、どんな方でもできるようにわかりやすく紹介します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Ruby入門者が絶対に押さえておきたい文法・概念を知ろう

この章はこんな人におすすめ

  • Rubyプログラミングの基礎を知りたい
  • Rubyプログラミングに必要な考え方を知りたい
  • Rubyプログラミングの書き方を知りたい

Rubyプログラミングの初心者には、プログラムの意味や考え方が全く理解できなかったとしてもおかしくありません。

プログラミングを初めて学ぶのは難しいものなので、ここで挫折する場合もあります。

この章では、あなたがRubyプログラミングを初めて学習するために最適な方法を学べます。

オブジェクト指向について知ろう

curriculums1_1
↑まずはRubyの概念から理解しよう!(参照

【この記事で学べること】

  • オブジェクト指向とは
  • オブジェクト指向のメリットとは

プログラミングに興味のある方は「オブジェクト指向プログラミング」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ただ、聞いたことがあっても、なんとなくしか理解していないという方も多いかと思います。

実際、色んな専門用語のカタカナ言葉も出てきて、難しいプログラミングのソースで説明されている事が多いので混乱するのも無理はないでしょう。

ここでは、ステップバイステップのシリーズ構成で、順番に出来るだけ専門用語を丁寧に噛み砕いて解説をしています。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyで文字の表示をする「print」について知ろう

curriculums1_1
↑文字の表示に挑戦しよう!(参照

【この記事で学べること】

  • Rubyプログラミングで文字の表示をする方法
  • printメソッドとは

Rubyにはログやコンソールに何らかの処理の結果を目に見える形で出力するためのメソッドとして「printメソッド」があります。

ここでは、Rubyで文字の表示をする「printメソッド」について詳しく解説します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyの変数について知ろう

curriculums1_1
↑変数を使ってわかりやすいプログラムを書こう!(参照

【この記事で学べること】

  • Rubyの変数とは
  • 変数の使い方とは
  • 変数の違いとは

Rubyを学習している時に、変数の違いや種類などで悩んだことはありませんか?

どんな場面で使う変数なのか、自分で書いたコードに合っている変数なのか迷ってしまうこともありますよね。

ここでは、Rubyで使われている代表的な変数の特徴や違いなどを解説します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyの条件分岐「if」について知ろう

curriculums1_1
↑条件によって処理を分岐させる方法を学ぼう!(参照

【この記事で学べること】

  • 条件分岐とは
  • if文とは
  • if文を使った条件分岐のプログラムの作り方とは

Rubyのif文は色々な書き方があって、初心者は混乱してしまうことがあります。

そのため、ここでしっかりと整理しておきましょう。

ここでは、if文のさまざまな使い方をわかりやすく解説します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyの繰り返し処理「for」について知ろう

curriculums1_1
↑同じ処理を繰り返し行う方法を知ろう!(参照

【この記事で学べること】

  • 繰り返し処理とは
  • for文とは
  • for文を使った繰り返し処理のプログラムの作り方とは

Rubyには同じ処理を繰り返し行うためのfor文があります。

ここでは初心者にもわかるように、for文の使い方を丁寧に解説します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyのフレームワーク「Ruby on Rails」について知ろう

この章はこんな人におすすめ

  • フレームワークとは何かを知りたい
  • Rubyのフレームワーク「Ruby on Rails」について知りたい
  • 「Ruby on Rails」のメリットを知りたい

Rubyにはシステム開発を効率的に行うために「Ruby on Rails」というフレームワークがあります。

初心者にはフレームワークがどのようなものかわかりにくいと思いますが、フレームワークの基礎から、「Ruby on Rails」にどのようなメリットがあるのかまで丁寧に解説していきます。

この章では、あなたがRubyのフレームワーク「Ruby on Rails」について知るための最適な方法を学べます。

そもそもWebフレームワークとは何かを知ろう

curriculums1_1
↑Webフレームワークを理解して効率的に開発をしよう!(参照

【この記事で学べること】

  • Webフレームワークとは
  • ライブラリとは
  • RubyのWEBフレームワーク「Ruby on Rails」とは

プログラムの学習中に「WEBフレームワーク」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

ただ、「WEBフレームワーク」を調べてみても難解な言葉ばかりで初心者にはなかなか理解できないことも少なくないはずです。

ここでは、そんな初心者の方でも理解できるように「WEBフレームワーク」の基礎を解説します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Ruby on Railsを使うメリットや作れるものについて知ろう

curriculums1_1
↑Ruby on Railsを使いこなして開発を効率化しよう!(参照

【この記事で学べること】

  • Ruby on Railsとは
  • Ruby on Railsで出来ることとは
  • Ruby on Railsを使うメリットとは

Rubyプログラミングを学習をしている中で「Ruby on Rails」という単語を聞いたことがあると思います。

ただ、「フレームワークってなんですか?」「Ruby on Railsってどんなものなんですか?」という方もいらっしゃると思います。

ここでは、大人気フレームワークの「Ruby on Rails」とはどのようなものなのか?

その概要や使用例、メリットなどを初心者の方にもわかりやすいように徹底解説していきます!

これからRubyやRuby on Railsを学習していこうとしている方にはぜひとも押さえておいて欲しい内容です。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Ruby on Railsの学習方法を知ろう

この章はこんな人におすすめ

  • Ruby on Railsの効率的な学習方法を知りたい
  • Ruby on Railsを学べる学習サイトを知りたい
  • Ruby on Railsのメリットを知りたい

初心者の方が「Ruby on Rails」を学習したいと思っても、どのように学習すればいいのかわからず挫折してしまうことがあります。

学習サイトで効率的に学習する方法や、書籍で本格的に学習する方法を丁寧に解説していきます。

この章では、あなたがRubyのフレームワーク「Ruby on Rails」を初めて学習するために最適な方法を学べます。

学習サイト「ドットインストール」でRuby on Railsを学習しよう

curriculums1_1
↑Ruby on Railsの学習を始めよう!(参照

【この記事で学べること】

  • Ruby on Railsで作られた有名WEBアプリとは
  • Ruby on Railsの効率的な学習の進め方とは
  • 「ドットインストール」を使った学習方法とは

Ruby on Railsを学び始めた初心者の方から必ずと言っていいほど聞かれることがあります。

「Rails入門からWEBアプリを作れるようになるまでの効率的な学習方法や教材、その使い方を教えて欲しい!」

「Railsってどこまで行ったら脱初心者と言っていいの?」

といったような質問です。

効率的なステップを知らずにRailsの学習を始めると、入門から先に進めなくなったり、入門を飛ばしてエラーが全く理解できずに止まってしまったり、挫折する大きな要因になってしまいます。

ここでは、毎月100人以上を指導している中で積み上げてきた、Ruby on Railsの初心者や入門者の方がWEBアプリ開発まで行うための効率的な学習方法を紹介します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

書籍でRuby on Railsを学習しよう

curriculums1_1
↑書籍でしっかり学習しよう!(参照

【この記事で学べること】

  • Ruby on Railsの学習書籍の種類とは
  • 学習書籍の難易度とは
  • あなたに合った学習書籍とは

プログラミング学習者にとって、「今の自分に合ったレベルの学習書籍」を探し出すのは意外と面倒で難しかったりします。

ここでは、RubyのWEBフレームワークである「Ruby on Rails」の学習本を「入門者」「中級者」「上級者」でレベル分けし、それぞれに応じたオススメ書籍をご紹介します。

この記事で紹介している書籍を読めば、Ruby on Railsを学習する際の効率をグンとあげられるので、是非参考にしてみてください。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Ruby on Railsでアプリ開発をしてみよう

この章はこんな人におすすめ

  • Ruby on Railsでアプリ開発をする方法を知りたい
  • Ruby on RailsでオリジナルのWebサービスを作る方法を知りたい

「Ruby on Rails」でオリジナルアプリの開発をしたいと思っても、どのように学習すればいいのかわからず挫折してしまうことがあります。

ここでは、サンプルアプリを作りながら学ぶ方法や、オリジナルのWebサービスを開発する方法を丁寧に解説していきます。

この章では、あなたがRubyのフレームワーク「Ruby on Rails」で初めてアプリ開発をするための最適な方法を学べます。

「Ruby on Rails Tutorial」でサンプルアプリを作りながら学ぼう

curriculums1_1
↑サンプルアプリで動作を確認しながら学ぼう!(参照

【この記事で学べること】

  • Ruby on Rails Tutorialとは
  • Ruby on Rails Tutorialの効率的な学習方法とは
  • 学習を終えた後のオリジナルアプリの作り方とは

Railsチュートリアル(Ruby on Rails Tutorial)での学習は、「自分のアプリを作ってみたい」と願う全ての方におすすめできる学習法です。

しかし、活用術を知らないと大きな損をしてしまいます。

ここでは、Railsチュートリアルの概要から上手な活用法までを紹介します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

オリジナルWebサービスを作ろう

curriculums1_1
↑作品制作がエンジニアとしての付加価値を生み出す(参照

【この記事で学べること】

  • 作品制作のメリットとは
  • 作品制作の大まかな流れとは
  • プログラミング基本サイクルとは

実はプログラミング学習の最大のキモは「作品制作」です。

つまり、「オリジナルのアプリケーションを開発すること」です。

作品制作を行うと、自分で考えて調べながらコードを書けるようになります。

それによって、作りたいものが思い通りに作れるようになったり、エンジニアとして仕事ができるようになったりと、プログラミングが使えるスキルになってきます。

意外と知らないその重要性やメリットと、制作の方法について解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

まずは見習いRubyエンジニアとして働きながら修行しよう

この章はこんな人におすすめ

  • 未経験でもRubyエンジニアとして働く方法を知りたい
  • 仕事獲得を成功させる方法を知りたい
  • 仕事獲得のための求人サイトを知りたい

Rubyを学習してエンジニアとして働こうと思っても、どのように仕事を探して働き始めればいいのかがわからなければそこから先へは進めません。

ここでは、未経験でもRubyエンジニアとして働く方法や、仕事獲得を成功させる方法を丁寧に解説していきます。

この章では、あなたがRubyエンジニアとして働き始めるための最適な方法を学べます

未経験でもエンジニアで働ける理由を知ろう

curriculums1_1
↑経験がある・ないは関係ありません。大事なのはまずやってみること(参照

【この記事で学べること】

  • なぜ未経験でも働くことができるのかを知れる
  • 初心者プログラマでも働けるという自信を持てる

「そもそも初心者プログラマで実務経験なしの未経験エンジニアが企業で働くことなんてできるのか?」

こういった疑問や不安を抱えている方は少なくないはず。

専門職であるエンジニアに転職するには、実務経験やプログラミングスキルといった「立派な経歴」が必要だとお考えなのでしょう。

大前提として、プログラミングを「学ぼうとする姿勢」は必要です。

しかし、必ずしも実務経験やプログラミングスキルが必要なわけではありません。

実務経験ゼロの「未経験」でも、プログラミングスキルゼロの「文系出身者」でも、エンジニアとして転職できます。

この記事では、なぜ未経験でもエンジニアでも働けるのか?その理由についてお答えしていきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

仕事獲得を成功させる方法を知ろう

curriculums1_1
↑未経験ならではの不安はコレで解消(参照

【この記事で学べること】

  • 仕事獲得の方程式をさらにうまく利用する方法を知れる
  • 転職サイトの上手な使い方を知れる

「エンジニアになりたいけど、これといって実績もないし、大丈夫かな…」
「転職サイトって上手く使うコツとかないのか…」

こういった悩みを解決してくれる記事です。

転職サイトを使う際の要点や、意識すべきポイントなどをご紹介しています。

エンジニアとしてのみならず転職活動全般における大切なこととも言えますが、エンジニアならではの適正や、専門性のアピール方法などにも触れています。

しっかり押さえれば、「コネなし」「スキルなし」でもエンジニアになれるでしょう。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyの仕事獲得に特化した求人サイトを把握しよう

curriculums1_1
↑良い求人は、良い求人サイトから見つけよう!(参照

【この記事で学べること】

  • Rubyの仕事を獲得するための求人サイトとは
  • どんな求人サイトがあるのか
  • 求人サイトごとの特徴とは

転職サイトやサービスは山ほどあってどれを選べばいいのかわかりにくいものです。

どんな基準で仕事を選び、どんな転職サイトを使えば転職活動がうまくいくのかがわかれば理想の仕事ができるでしょう!

ここでは、「未経験エンジニアからでも転職できるおすすめ求人サイト」を紹介します。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyの文法をもっと本格的に学ぼう(Level1)

この章はこんな人におすすめ

  • Rubyプログラミングを基礎から本格的に学びたい
  • Rubyで文字列を表示する方法を知りたい
  • Rubyで足し算や引き算などの計算をする方法を知りたい

ここからは、Rubyプログラミングのコードの書き方を基礎から本格的に解説していきます。

この章では、Rubyプログラミングの入門レベルの内容を解説します。

演算子について知ろう

curriculums1_1
↑四則演算ができるようになろう!(参照

【この記事で学べること】

  • 足し算や引き算をするための演算子とは
  • 比較演算子とは
  • 論理演算子とは

ここでは、Rubyで足し算や引き算などを行うための演算子の使い方を解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

文字列について知ろう

curriculums1_1
↑文字列の操作ができるようになろう!(参照

【この記事で学べること】

  • Rubyの文字列とは
  • 文字列の扱い方
  • 文字列のメソッドの使い方

ここでは、Rubyで文字列を扱う方法や、文字列の操作に関係するメソッドの使い方を解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

配列について知ろう

curriculums1_1
↑配列でデータを扱おう!(参照

【この記事で学べること】

  • 配列とは
  • 配列の扱い方
  • 配列で使用するメソッドの使い方

ここでは、Rubyで配列を使ってデータを扱う方法や、配列で使用するメソッドの使い方を解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyの文法をもっと本格的に学ぼう(Level2)

この章はこんな人におすすめ

  • オブジェクト指向とは何かを知りたい
  • Rubyのクラスについて知りたい
  • モジュールについて知りたい
  • gemについて知りたい

Rubyにはオブジェクト指向という概念があります。

初心者にはわかりにくい内容ですが、Rubyを扱うためには必須の知識です。

この章では、Rubyプログラミングのオブジェクト指向やクラスについて解説していきます。

クラスについて知る前にオブジェクト指向について知ろう

curriculums1_1
↑オブジェクト指向のメリットを知ろう!(参照

【この記事で学べること】

  • オブジェクト指向とは
  • クラスとは
  • インスタンスとは

ここでは、オブジェクト指向がどのようなものか、ステップバイステップで誰にでも分かるように噛み砕いて解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

クラスについて知ろう

curriculums1_1
↑クラスを使って効率的なプログラミングを行おう!(参照

【この記事で学べること】

  • クラスとは
  • インスタンスとは
  • クラスメソッドとは

ここでは、Rubyのクラスインスタンスがどのようなものか、初心者にもわかるように7つの章に分けてわかりやすく解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

モジュールについて知ろう

curriculums1_1
↑モジュールとクラスの違いを理解しよう!(参照

【この記事で学べること】

  • モジュールとは
  • モジュールを使用する理由
  • モジュールとクラスの違い

モジュールは他の言語にない場合もある少し特殊な概念になります。

ここでは、Rubyのモジュールがどのようなものなのか、初心者にもわかるように丁寧に解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

gemについて知ろう

curriculums1_1
↑gemを使いこなそう!(参照

【この記事で学べること】

  • gemとは
  • gemをインストールする方法
  • gemをアップデートする方法

gemとはRubyで、ライブラリやパッケージを管理するためのツールです。

ここでは、gemがどのようなものなのかを初心者にもわかるように丁寧に解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

Rubyの文法をもっと本格的に学ぼう(Level3)

この章はこんな人におすすめ

  • ハッシュとは何かを知りたい
  • 正規表現について知りたい
  • 日付の使い方を知りたい
  • csvファイルの扱い方を知りたい

Rubyプログラミングを行っていると、日付やcsvファイルを扱いたい場合があります。

この章では、Rubyプログラミングの応用的な使い方として、ハッシュ、正規表現、日付、csvファイルの扱い方ついて解説していきます。

ハッシュについて知ろう

curriculums1_1
↑ハッシュを使ってデータを扱おう!(参照

【この記事で学べること】

  • ハッシュとは
  • ハッシュのメリットとは
  • ハッシュの扱い方

ハッシュとは、1つの要素に2つのデータを入れるためのものです。

ここでは、ハッシュがどのようなものなのかを初心者にもわかるように丁寧に解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

正規表現について知ろう

curriculums1_1
↑正規表現で便利な検索ができるようになろう!(参照

【この記事で学べること】

  • 正規表現とは
  • 正規表現のメリットとは
  • 正規表現の書き方とは

正規表現とは、ある一定の規則で並んでいる文字列を検出する技術のことです。

ここでは、正規表現で文字列を検索する方法をわかりやすく解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

日付の使い方について知ろう

curriculums1_1
↑日付でカレンダーの操作をしよう!(参照

【この記事で学べること】

  • 日付を扱うクラスとは
  • 日付の使い方
  • 日付の計算方法

日付を扱うためのクラスは3つありますが、基本的にはTimeメソッドを使います。

ここでは、日付を扱うためのいろいろな方法をわかりやすく解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

csvファイルの扱い方について知ろう

curriculums1_1
↑いろいろなファイルを扱えるようになろう!(参照

【この記事で学べること】

  • csvファイルとは
  • csvファイルの読み込み方法
  • csvファイルの書き込み方法

csvファイルとはざっくり言うと「カンマで区切られていて拡張子が.csv」というファイルです。

ここでは、csvファイルを扱うために読み込みや書き込みなどの方法をわかりやすく解説していきます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

ここまで記事を読んで唖然とした人へ

curriculums1_1
↑それでもプログラミングを習得することが重要なんです(参照

【この記事で学べること】

  • プログラミングを習得して成功した人物とは誰か
  • 成功者の語るプログラミングの重要性とは何か
  • なぜ学習し、どのように学習したのか

プログラミング学習はつまづいている時間が「8割」です。

トライ&エラーを繰り返す中で挫けそうになってしまうことはありませんか?

そんな時は、この記事を読んでください。

プログラミングを武器に「成功」を掴み取った偉人たちの言葉を集めています。

きっと、折れそうなあなたの心をV字回復させてくれます。

————– > 続きはこちら
————– > 目次へ戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Ruby習得への道筋はイメージできましたでしょうか?

簡単な道のりではありませんが、Rubyはとても人気が高く、多くの需要があるプログラミング言語です。

この記事をきっかけに1人でも多くの方がRubyを習得していただければと思います。

Rubyを最短で習得したい方へ

近年では様々なWEBサービスが流通するようになりました。

WEBサービスの普及が進むにつれて、それらを素早く開発するのに長けたRubyの人気は今後さらに増し、Rubyエンジニアの需要も自ずと増えることは間違いなしでしょう。

元々ITリテラシーの高い方や他言語を習得している方であれば、独学でRubyを習得することが可能です。

ただし、プログラミング学習をしている方の多くは

「自分に合った教材が見つけられずに挫折してしまった」
「勉強のための勉強になってしまい、ゴールが見えない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決するのに何日もかかってしまう」

このような悩みを抱えたまま挫折してしまうのが現実となっています。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい
  • WEBアプリケーション開発までしっかりサポートして欲しい

そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、初心者の方がつまづきがちな、「クックパッド」、「Wantedly」、「食べログ」のようなWEBアプリケーション開発方法もスムーズに学習することできます。

実際にオリジナルWEBアプリを開発し、成果物として認められて仕事獲得に成功した塾生は数多くいます。

このように、オリジナルアプリ開発から仕事獲得まで徹底的にサポートすることでプログラミング初心者の方でも安心して基礎学習に取り組むことができます。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方法やカリキュラムを考えてみませんか?

Rubyならではの学習方法や、現役フリーランスRubyエンジニアから貴重なアドバイスを受けることができます。

詳しくは下の画像から弊社サービス内容をご確認ください。

ruby_a2

LINEで送る
Pocket