【超初心者必見!】これからRubyを始める人に5つの特徴を徹底解説!

「Rubyってどんなプログラミング言語なんだろう?」

これからプログラミングを学習していこうとしている方や、初めて「Ruby」を知った方はそのように考えていると思います。

本格的なRubyの学習に取り掛かる前に、「Rubyとはどういうものなのか」という本質を掴んでおくと学習もスムーズに進みます。

そこで今回は、初心者の方でもわかるように、Rubyとはなにかという基礎の基礎を説明していきます!

今後の土台となる知識をしっかりとつけることで、これからの学習をより効率的に行えるようになるでしょう。

【こんな方に向けて書きました】
・Rubyについての基礎知識を知っておきたい
・プログラミング言語の選定に迷っている
・Rubyの学習を効率的に進めていきたい

Rubyとは①「オブジェクト指向」

Rubyで扱うモノすべてはオブジェクトです。

すべてのモノには、ひと塊のデータプロパティメソッドが付属しています。

これは、Rubyのすべてのモノについて、オブジェクト指向の方法論や、デザイン・パターンなどが適用できることを意味します。

オブジェクト指向では、データとメソッドを一緒に取り扱うことで、処理の単位をシンプルにまとめています。

これを使いオブジェクトをカプセル化することにより、仕様変更による影響範囲を極小にとどめて、開発効率を高めるための方法論がオブジェクト指向です。

デザイン・パターンは、オブジェクト指向の考え方を発展させています。

オブジェクト同士をどのように組み合わせれば、コードに変更に対して保守性を持ち、コードによるオブジェクトの拡張に対して自由度を持たせるか設計する方法論がデザイン・パターンです。

Rubyはすべてのモノがオブジェクトであるため、これらの方法論のメリットを豊富に受けることができます。

オブジェクト指向について、詳しくは下記の記事を参照されてください。

オブジェクト指向とは何か?わかりやすい例で説明してみた。
更新日 : 2019年5月3日
オブジェクト指向の設計って?なぜ必要なのか解説してみた
更新日 : 2019年4月2日
オブジェクト指向のクラスって?メソッドやインスタンスの関係を解説してみた
更新日 : 2019年4月30日

 

Rubyとは②「インタプリタ方式」

インタプリタ方式とは、プログラミング言語をコンピュータが直接理解できる言葉に変換して実行する方法の一つです。

命令を一つずつ機械語に翻訳しながら実行する方式で,解釈実行方式ともよばれます。

作成したソースプログラムをすぐに実行できるという点がこの方式のメリットです。

また、エラーが発生した場合に、原因がどこにあるのか発見しやすいのも特徴です。

Rubyとは③「柔軟な言語特性」

Rubyではクラスを扱えますが、旧来の文法に厳格な言語、特にコンパイラ言語ではできないことをできます。

例えば、通常クラスは一度定義すると、その後はクラスの定義を変更できないのですが、Rubyでは後付けでクラスの定義を変更できます。

以下のコードは、組み込みで定義済みのクラスNumericの定義を、ユーザーのコード内で後付けで変更し、実際に使用しています。

これはRubyの用語では特異メソッドと言います。

一例だけでしたが、このように、従来の言語の枠に縛られない柔軟な言語特性を持っています。

Rubyとは④「記述量が少ない」

記述量が少ないのは、開発者にとって非常に助かります。

他の言語であれば、6行〜10行必要な場合でも、Rubyは1行で済む場合があります。

たった数行しか短縮できないじゃん

と侮る事なかれ。

これがプログラム単位で考えると、かなり大きな差が出ます。

単純に作業の短縮が可能です。

Rubyとは⑤「日本発のプログラミング言語」

Rubyは実は日本生まれだって、みなさん知ってましたか?

他の言語に比べ圧倒的に日本語のドキュメントや情報がとても多く、日本人にとってはとても扱いやすい言語なんです。

他の言語であれば英語圏で生まれたものが多く、どうしても英語の情報が多くなってしまいます。

プログラミング以外での労力を使わずにすみます。

さらにRubyでできることを知りたい場合、こちらをご覧ください。

Rubyでプログラミングを始めるには

Rubyは人の直観に則した言語設計がなされており、初心者の方にも取り組みやすい言語です。

また、コンパイラ言語とは違い、実行結果やエラーの箇所がすぐわかるスクリプト言語であることも初心者でも取り組みやすい理由の一つです。

Rubyは入門用から本格的なオブジェクト指向やWebフレームワークなど応用用途まで幅広くサポートしていますので、Rubyを覚えておくと以後のスキルの確立に役立ちます。

Rubyに興味がある方、Rubyで開発したい方は、以下の記事をご覧になりRubyのスキルを具体的にどのように手に入れたらよいかのヒントを得られてください。

【専門知識いらず】Rubyとは?特徴やできることを網羅的に徹底解説
更新日 : 2019年6月1日
【超初心者でもわかる!】Ruby on Railsとは何かを簡単解説!
更新日 : 2019年5月30日

まとめ

私もRubyは好きな言語です。

遠隔作業の業務委託から正社員まで様々な案件があるRuby。

この機会に是非学習してみてはいかがでしょうか。

Rubyカリキュラム無料公開中!

この記事はRuby入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】の一部になります。このカリキュラムは、プログラミング入門者が、基礎学習からアプリ開発、さらには仕事獲得まで体系的に学べる内容となっています。

Ruby学習に必要な情報を一つにまとめていますので効率よくRubyを学ぶことが出来ます。この機会に是非活用していただければと思います。

【Ruby入門ガイド】アプリ開発で知っておくべき知識を総ざらい
更新日 : 2018年11月23日

Rubyを最短で習得したい方へ

近年では様々なWEBサービスが流通するようになりました。

WEBサービスの普及が進むにつれて、それらを素早く開発するのに長けたRubyの人気は今後さらに増し、Rubyエンジニアの需要も自ずと増えることは間違いなしでしょう。

元々ITリテラシーの高い方や他言語を習得している方であれば、独学でRubyを習得することが可能です。

ただし、プログラミング学習をしている方の多くは

「自分に合った教材が見つけられずに挫折してしまった」
「勉強のための勉強になってしまい、ゴールが見えない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決するのに何日もかかってしまう」

このような悩みを抱えたまま挫折してしまうのが現実となっています。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい
  • WEBアプリケーション開発までしっかりサポートして欲しい
そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、初心者の方がつまづきがちな、「CookPad」、「Wantedly」、「食べログ」のようなWEBアプリケーション開発方法もスムーズに学習することできます。

実際にオリジナルWEBアプリを開発し、成果物として認められて仕事獲得に成功した塾生は数多くいます。

このように、オリジナルアプリ開発から仕事獲得まで徹底的にサポートすることでプログラミング初心者の方でも安心して基礎学習に取り組むことができます。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方法やカリキュラムを考えてみませんか?

Rubyならではの学習方法や、現役フリーランスRubyエンジニアから貴重なアドバイスを受けることができます。

詳しくは下の画像から弊社サービス内容をご確認ください。

ruby_a1
LINEで送る
Pocket

書いた人

貝原 輝昌

貝原 輝昌

こんにちは!貝原(@touhicomu)と申します。
現在は、Web業界のフリーランスとして、主にPHP/WordPress/BuddyPress/VPSサーバー構築などの業務を受注しています。
現住所は、日本の西海岸、長崎県は波佐見町です。田舎ライフです。^^
地元の観光団体「笑楽井石」にボランティアでほたる撮影会やそば塾などのスタッフとして参加させて頂いています。
以下の活動も行っています。
 ・笑楽井石のブログ
 ・エクセル関数を日本語化するソフト
 ・エクセルVBAを日本語で記述するソフト

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説