プログラミング練習サイトおすすめ10選!選び方や活用法も紹介

プログラミングを練習できるサイトってどれだろう?
有料サイトもあるみたいだけど、無料サイトと何が違うの?

無料から有料のものまで、プログラミングの練習に適したサイトは多くあるため、どれにしようか迷いますよね。

「調べて出てきたから」という理由でサイトを選ぶと、難易度や進め方があわずに途中で挫折する可能性もあります。

そこで、今回はプログラミング練習に適したおすすめサイトを、選び方も交えて紹介します。また、サイトを活用して効率よくプログラミングを学ぶ方法も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間中高一貫進学校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、株式会社SAMURAIのインストラクターを始め、その後フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも多数、登壇している。

プログラミング練習サイトを選ぶ5つのポイント

最適なプログラミング練習サイトの選び方

先ほど軽く触れたとおり、自身の学習スタイルにあわない練習サイトを選ぶと、習得したいスキルが学べずに後悔したり、途中で挫折する可能性もあります。

目的にあったプログラミングスキルを習得するには、目的と合致するサイトを選ばなければなりません。

そこで、ここからはプログラミング練習サイトを選ぶ5つのポイントを紹介します。

無料か有料か

まずは、プログラミングの練習に適したサイトを予算から決めましょう。

プログラミングの練習ができるサイトには無料と有料のものがあり、それぞれ利用できるサービスが異なります。

メリットデメリット
無料
サイト
費用がかからない・利用できる教材が限られる場合がある
・質問・相談ができないサイトもある
有料
サイト
無料サイトより充実した教材を利用できる費用がかかる

無料サイトのメリットは、費用をかけずに始められること。無料で会員登録すればすぐにプログラミングの練習を始められるため、誰でも手軽に利用できます。

ただし、無料サイトは利用できる機能が限られていたり、学べる言語が少ないケースも多いです。また、基本的には質問や相談はできないため、独学での勉強となります。

一方、有料サイトは無料サイトに比べ教材や質問機能といったサポート体制が充実している点が魅力です。そのため、必要なスキルをまんべんなく学べます。

料金プランはサイトによって異なりますが、月額制・レッスンごとに課金する仕組みが一般的です。

なお、弊社がプログラミング学習サイトの活用経験がある人100名に実施した調査では有料・無料サイトの活用比率に差はなく、費やした費用も半数以上が3,000円未満と回答しています。

活用したプログラミング学習サイトの種類
プログラミング学習サイトに出せる上限金額

調査概要:プログラミング学習サイトの活用経験がある人への意識調査 
調査期間:2022/9/9~2022/9/19
対象者:プログラミング学習サイトを活用した経験がある10~60代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

予算等も考慮しつつ、お試しでプログラミングを体験してみたい人は無料サイトを、練習のしやすさを重視する人には有料サイトがおすすめです。

学びたい言語を練習できるか

プログラミングの練習に適したサイトを選ぶとき、学びたい言語を練習できるかは重要です。

1つのサイトで複数言語の練習問題をあつかうサイトもあれば、1つの言語に特化したサイトもあります。

サイト名学べる言語
SAMURAI
TERAKOYA
Python・PHP・Java・JavaScript・HTML/CSSなど40種類以上
Rubyが
ミニツク
Ruby・Ruby on Rails
シラバスHTML/CSS、WordPress、Ruby on Rails、Backbone.jsなど

また、同じ言語が学べるサイトでも、フレームワークやライブラリといった機能面がどこまで学べるか異なるケースもあるため注意が必要です。

なお、フレームワークやライブラリは、プログラム開発を効率的に行うための枠組みや部品集のようなものです。開発に便利で、使用頻度が高い機能をまとめたもののことです。

フレームワークやライブラリは、それぞれ使い方が異なるため、開発分野に合わせて学ばなければいけません。このような細かい教材の内容も、サイトによって違いがあるのです。

自分が学びたい言語や機能に対応した練習問題がなければ、目標を達成するためのスキルが身につきません。もし学びたい言語が決まっているのであれば、サイト内でその言語を扱っているか確認しましょう。

なお、もし学ぶ言語が決まっていないのであれば、できるだけ多くの言語をあつかうサイトの利用がおすすめです。大は小を兼ねるので、ぜひ検討してみてください。

なお、目的や作りたいものはあるけど何から学べばいいかわからない場合には、弊社が提供している「プログラミング学習プラン診断」をご活用ください。

診断にかかる時間は1分ほど。4つの質問に答えるだけで、次のようなあなたにあうプログラミング言語やおすすめの学習プランを診断します。

どの言語を学ぶかあいまいな方はぜひお試しください。

自分にあうプログラミング言語を診断してみる

難易度を選べるか

自分にあうサイトを選ぶなら、難易度に合わせてプログラミングを練習できるかも重要です。

サイトによっては、教材の難易度ごとにレッスンが分かれている場合もあります。しかし、なかには1つの難易度しかなく、特定のレッスンしか選択肢がない場合もあるのです。

自分の理解度にあう難易度のレッスンが利用できなければ、プログラミングの練習を継続できず挫折しかねません。

実際、上記で紹介した同調査にて「学習サイトを活用して不満だったこと」を聞いたところ「教材がわかりづらかった」という意見もありました。

学習サイトを活用して不満だったこと

調査概要:プログラミング学習サイトの活用経験がある人への意識調査 
調査期間:2022/9/9~2022/9/19
対象者:プログラミング学習サイトを活用した経験がある10~60代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

教材の難易度を選べない場合、難易度が高すぎて教材の内容が理解できず、挫折するリスクが高まります。初心者がプログラミングを習得するなら、自分の理解度に合う難易度の問題が解けるサイトを利用するのが賢明です。

難易度が選べるサイトを利用することで、挫折することなく着実にスキルを学べます。

評判・口コミはよいか

プログラミングの練習に適したサイトを選ぶとき、評判・口コミも参考にすることをおすすめします。

ネット上には、サイトを使った人の体験談や口コミ・評判などが発信されています。こうした情報は、サイトの内容やサポート体制を知るうえで大切な情報です。

もちろん、ネット上の口コミや評判が必ずしも合っているとは限りません。ただし、あらかじめ口コミ・評判を確認しておけば、自分に合うサイトを選ぶ参考にできます。

上記で紹介した調査でも、プログラミング学習サイトを選ぶときに重視したこと」を聞いたところ4人に1人は「サイトの評判・口コミ」を重視したと回答しました。

プログラミング学習サイトを選ぶときに重視したこと

調査概要:プログラミング学習サイトの活用経験がある人への意識調査 
調査期間:2022/9/9~2022/9/19
対象者:プログラミング学習サイトを活用した経験がある10~60代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

実際に学習サイトを利用した人も、口コミ・評判を参考にしています。自分に合うサイトを見つけるためにも、ぜひ口コミ・評判も参考にしてください。

不明点を質問・相談できるか

プログラミングの練習に適したサイトを選ぶ際は、質問・相談ができるかどうかも確認しておくべきでしょう。

練習サイトのなかには、わからないところをチャットや掲示板などで質問できる機能や、メンターに相談できるサービスを提供している場合があります。

質問・相談できる機能があれば、独学でも悩みを解決しながらプログラミングの練習を進められます。そのため、一般的な独学より挫折するリスクを下げられるのです。

実際、上記で紹介した調査にて「再度学習サイトで学ぶと仮定した場合にどのようなサイトを利用したいか」を聞いたところ、半数が「不明点を質問・相談できる学習サイト」と回答しました。

再度学習サイトで学ぶと仮定した際、利用したいと考える学習サイト

調査概要:プログラミング学習サイトの活用経験がある人への意識調査 
調査期間:2022/9/9~2022/9/19
対象者:プログラミング学習サイトを活用した経験がある10~60代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

また「質問・相談ができるプログラミングスクールではなく学習サイトを利用した理由」への回答には、33%が「独学でも身につけられると思ったから」と回答しています。

プログラミングスクールではなく学習サイトを選んだ理由

調査概要:プログラミング学習サイトの活用経験がある人への意識調査 
調査期間:2022/9/9~2022/9/19
対象者:プログラミング学習サイトを活用した経験がある10~60代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

上記から、質問や相談できるサイトなら独学でスキルを習得できると考える人が多いといえます。

なんらかの理由でスクールに通えない人や、独学でできるところまで頑張りたい人は、有料サイトであっても質問・相談ができるサイトを選ぶといいでしょう。

なお、SAMURAI TERAKOYA(侍テラコヤ)では現役エンジニアに質問しながらプログラミングの練習が可能です。以降で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてください。

SAMURAI TERAKOYAをチェックする

プログラミング練習サイトおすすめ10選【初心者向け】

プログラミング練習サイトおすすめ10選
プログラミング練習サイトおすすめ10選

ここでは、おすすめのプログラミング練習サイトを紹介します。

サイト名料金質問機能特徴
SAMURAI
TERAKOYA
月額2,980円~現役エンジニアに質問可能必要に応じて現役エンジニアに質問・相談できる
ドット
インストール
無料~/月額1,080円~現役エンジニアに質問可能3分の動画で手軽に学べる
CODE
PREP
無料他ユーザーに質問可能コードを書きながら実践スキルを学べる
Rubyが
ミニツク
無料なしRubyに関する問題が豊富で難易度別に学べる
Paiza
ラーニング
無料/1,078円~エンジニアに質問可能動画形式でプログラミングを練習できる
シラバス無料なしWebデザイン・Webアプリケーション開発が学べる
Schoo無料/月額980円~授業中での質問は可能録画・生配信動画で学べて質問できる
Udemy2,440円~2万4,000円なし第一線で活躍するエンジニアからスキルが学べる
Progate無料~月額1,078円なしイラスト形式で座学を学んだうえでコード作成が体験できる
Code
cademy
無料/17.49ドルなし実践的なコード作成が学べる海外でも人気のサイト

各サイト名をタップすると、紹介欄に移動します。

SAMURAI TERAKOYA(侍テラコヤ)

700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
700x700_01 (2) (1)
700x700_02 (1) (1)
700x700_03 (1) (1)
700x700_04 (1) (1)
700x700_05 (1) (1)
700x700_06 (1) (1)
previous arrow
next arrow

侍テラコヤのおすすめポイント

  • 現役エンジニアにオンラインレッスンで相談できる

  • 回答率100%のQ&A機能

  • 学習ログで勉強の進み具合を確認できる

侍テラコヤは、月定額2,980円で現役エンジニアに質問しながらプログラミング学習を進められるコスパの良さが特徴の練習サイトです。

  • 現役エンジニアが応える回答率100%のQ&A掲示板
  • 必要に応じて受けられる現役エンジニアとのオンラインレッスン

といったサポート体制を整えているため、練習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談できます。下記の口コミからも、侍テラコヤなら挫折しづらい環境でプログラミングの勉強を進められるといえます。

また、侍テラコヤは入会金不要・いつでも退会OKに加え、利用から1ヵ月の間は「全額返金保証制度」が適用されるので「他のサイトを選べばよかった」と後悔する心配もありません。

コスパよく効率的にプログラミングスキルを習得したい人は、侍テラコヤをお試しください。

公式サイトで詳細を見る
学習方式・テキスト形式(一部動画あり)
・現役エンジニアとのオンラインレッスン
学べる言語Python,PHP,Java,JavaScript,Ruby,SQL,HTML/CSSなど40種類以上
料金ライトプラン
(+月1回のマンツーマンレッスン)
・単月定額:4,480円
・半年定額:3,480円
・年間定額:2,980円
ベーシックプラン
(+月2回のマンツーマンレッスン)
・単月定額:6,480円
・半年定額:4,980円
・年間定額:4,180円
プレミアムプラン
(+月4回のマンツーマンレッスン)
・単月定額:9,980円
・半年定額:7,680円
・年間定額:6,280円
※全プランの共通事項
・入学金:無料
・解約金:無料
・利用継続:期間制限なし(最短1ヶ月から利用可能)
・全額返金保証制度あり(条件の詳細はこちら)
・1レッスン時間60分

2022年10月時点の公式サイト情報をもとに掲載しています。

ドットインストール

2
3
4
5
2
3
4
5
previous arrow
next arrow

ドットインストールのおすすめポイント

  • 3分動画で手軽に学べる

  • 手を動かしながらコード作成が学べる

  • 現役エンジニアに質問できる

「ドットインストール」は、3分動画で手軽にプログラミングを練習できるサイトです。

無料プランと有料プランがあり、無料プランの場合は利用できるレッスンが限られます。ただ、手を動かしてコーディングが学べる機能は無料でも使えるので、まずは無料でスタートするのもいいでしょう。

有料プランは月額1,080円で、すべてのレッスンが利用できます。また、分からないところを現役エンジニアに質問できる機能も使えるので、本格的に学ぶなら有料プランがおすすめです。

ドットインストールは1レッスン3分で学べる動画形式であるため、すきま時間にプログラミングの練習を進められます。まとまった時間の確保が難しく、少しずつ学習を進めたい人におすすめの練習サイトです。

公式サイトで詳細を見る
学習方式・動画形式&コーディング
学べる言語HTML/CSS,JavaScript,PHP,Rubyなど
料金・無料プラン
・有料プラン:月額1,080円

2022年10月時点の公式サイト情報をもとに掲載しています。

CODEPREP

2
3
4
5
2
3
4
5
previous arrow
next arrow

CODEPREPのおすすめポイント

  • 1冊10分の教材で手軽に学べる

  • コードを自由に編集しながら学べる

  • ディスカッションボードで仲間と質問しあえる

「CODEPREP」は、1冊10分の教材を使って少しずつプログラミングを練習できるサイトです。

1冊10分を目安に教材が作成されているため、毎日もしくは空き時間に少しずつ学習できます。また、教材も100冊以上用意されており、自分の学びたい言語が含まれる可能性も高いです。

なお、CODEPREPでは手を動かしてコード作成が学べるだけでなく、コードを自由に編集して仕組みの理解を深められます。

また、分からないところは、CODEPREP専用のディスカッションボードに質問でき、ユーザー同士で教えあいながらプログラミングの練習を進められます。無料でここまでの学習が可能なのは、CODEPREPの魅力です。

公式サイトで詳細を見る
学習方式・テキスト形式&コーディング
学べる言語HTML/CSS,Java,Python,PHP,JavaScript,Rubyなど
料金無料

2022年10月時点の公式サイト情報をもとに掲載しています。

Rubyがミニツク

Rubyがミニツクのおすすめポイント

  • Rubyに関する知識を学べる

  • Rubyに関する練習問題が豊富

  • 初心者向けから演習向けまである

「Rubyがミニツク」は、Rubyに特化した練習問題が利用できるサイトです。

Rubyに特化しているため、初心者向けから演習向けまで内容は充実しています。基本はテキスト形式で解説されており、Rubyに関する知識と演習問題が掲載されています。

演習問題自体はテキスト形式であるため、実行環境は自分で用意しなければいけません。そのため、初心者が最初に使うサイトとしては、難易度が高めといえます。他のサイトで勉強した後、実践学習がしたくなったときにおすすめのサイトです。

公式サイトで詳細を見る
学習方式テキスト形式
学べる言語Ruby
料金無料

2022年10月時点の公式サイト情報をもとに掲載しています。

Paizaラーニング

43
54
43
54
previous arrow
next arrow

Paizaラーニングのおすすめポイント

  • 3分動画で手軽に学べる

  • 環境構築不要でコーディング練習ができる

  • 不明点をエンジニアに質問できる

「Paizaラーニング」は、動画形式で手軽にプログラミングを練習できるサイトです。

サイト内ではスキルチェック問題をはじめ、プログラミングレベルに応じた問題が各種用意されています。初心者から経験者までレベルに合わせた問題があり、問題数自体も豊富です。

無料プランでは、学べる動画本数に制限があります。しかし、有料プランを利用することで、すべてのレッスン動画を閲覧可能です。また、エンジニアへの質問や、Paizaラーニングのコミュニティ機能「paizaの森」への参加は有料プランのみ提供されています。

お試しであれば無料プラン、本格的に学ぶなら有料プランがよいでしょう。

公式サイトで詳細を見る
学習方式動画形式
学べる言語Python,Java,PHP,C#,Rubyなど
料金無料プラン
有料プラン
・1,078円(1ヶ月)
・4,488円(6ヶ月)
・7,200円(12ヶ月)

2022年10月時点の公式サイト情報をもとに掲載しています。

シラバス

シラバス
出典:シラバス

シラバスのおすすめポイント

  • Webデザイン・アプリケーション開発が学べる

  • マネして学べるをコンセプトにしたサイト

「シラバス」は、無料でWebデザイン・アプリケーション開発が学べるサイトです。

基本的にテキストとスクリーンショットで構成されており、開発環境の準備からコード作成までの手順が解説されています。

自分で開発環境を準備しなければいけませんが、テキストで分かりやすく解説されているので、初心者でも理解しやすい内容です。実践的なスキルという意味では少し物足りませんが、プログラミングの基礎を学ぶのにおすすめのサイトといえます。

公式サイトで詳細を見る
学習方式テキスト形式
学べる言語HTML/CSSなど
料金無料

2022年10月時点の公式サイト情報をもとに掲載しています。

Schoo

132
142
152
132
142
152
previous arrow
next arrow

Schooのおすすめポイント

  • 録画動画と生放送動画で学べる

  • 生放送で質問できる

  • 各業界をリードする講師陣

「Schoo」は、録画・生放送の動画でプログラミングを練習できるサイトです。

無料プランの場合は生放送のみ、有料プランであれば生放送と録画・過去授業も視聴できます。業界をリードする講師が授業を担当しており、無料・有料問わず生放送で質問可能です。

実際に授業を聞いて疑問点を質問できるため、すぐに理解を深められます。また、有料プランなら録画動画をダウンロードすることもできるため、オフライン環境であっても時間を問わず復習できます。

自分のペースでプログラミングを学びたい人にも、おすすめのサイトです。

公式サイトで詳細を見る
学習方式動画形式
学べる言語JavaScript,PHP,Python,Ruby,Javaなど
料金無料プラン
有料プラン
・月額980円

2022年10月時点の公式サイト情報をもとに掲載しています。

Udemy

1
2
3
1
2
3
previous arrow
next arrow

Udemyのおすすめポイント

  • コースが豊富で自分に合うスキルが学べる

  • 買い切り式で費用が分かりやすい

  • 第一線で活躍するエンジニアのコースがある

「Udemy」は、買い切り式の有料サイトです。

Udemyには、学びたい内容別にコースが用意されており、自分が学びたいコースを購入してプログラミングの勉強をスタートします。教材は動画形式で、順序どおり学ぶことで体系的にスキルを学べます。

第一線で活躍している海外エンジニアのコースもあり、開発現場で必要なスキルを学習可能です。コース料金には差があり、目安として2,440円~2万4,000円ほどと幅広い価格帯になっています。

Udemyはプログラミングを本格的に学びたい人や、最新の知識を学びたい人におすすめできます。

公式サイトで詳細を見る
学習方式動画形式
学べる言語HTML/CSS,Python,JavaScriptなど
料金各コースによって異なる
・目安:2,440円~2万4,000円

2022年10月時点の公式サイト情報をもとに掲載しています。

Progate

2
3
4
5
2
3
4
5
previous arrow
next arrow

Progateのおすすめポイント

  • イラスト形式で楽しみながら学べる

  • アプリを使ってスマホからでも学べる

  • 準備いらずでコーディング練習ができる

「Progate」は、ゲーム感覚でプログラミングを練習できるサイトです。

複数のプログラミング言語の基礎に対応しており、書いたコードをそのままブラウザ上で動かせます。そのため、コード実行環境を準備しなくても、すぐに練習をスタートでき、手間がかからないのも魅力です。

課題に沿って問題を解けるので、自分の学びたい内容を自分のペースで進められます。また、問題の進捗に応じてユーザーのレベルが上がるため、学習のモチベーションが下がりにくいです。

RPGゲームでキャラクターのレベル上げにハマってしまうのと同じで、教材を進めるにつれレベルがアップしていく達成感を得られます。プログラミングを学ぶと同時に、楽しみながらモチベーションを維持したい人におすすめのサイトです。

公式サイトで詳細を見る
学習方式イラスト形式の座学+コーディング
学べる言語HTML/CSS,JavaScript,Ruby,PHP,Python,SQL,Goなど
料金無料プラン
有料プラン
・月額1,078円

2022年10月時点の公式サイト情報をもとに掲載しています。

Codecademy

Codecademy
出典:Codecademy

Codecademyのおすすめポイント

  • 世界的に人気の練習サイト

  • 教材は英語表記

  • コーディング練習をすぐにはじめられる

「Codecademy」は、世界的に人気がある海外のプログラミング練習サイトです。

テキストによる解説のほか、コーディング環境も用意されているため、実践的な内容を学習できます。また、有料プランを利用すれば、すべてのコースが利用できるだけでなく、フィードバックをもらうことも可能です。

さらに、もっとも金額が高い「プロ」を利用すれば、他の利用者とつながれる機能や転職・就職時の技術面接対策の練習問題も利用できます。

サイト全体は英語表記であるため、英語が理解できる必要はありますが、比較的簡単な英語が多いのでハードルはそこまで高くないでしょう。英語でも問題ない人や、海外サイトに興味がある人におすすめです。

公式サイトで詳細を見る
学習方式テキスト+コーディング
学べる言語HTML/CSS,JavaScript,Python,Javaなど
料金無料プラン
有料プラン
・プロライト:17.49ドル
・プロ:24.99ドル

2022年10月時点の公式サイト情報をもとに掲載しています。

プログラミング学習がはかどる練習サイトの活用法

プログラミング学習がはかどる練習サイトの活用法
プログラミング学習がはかどる練習サイトの活用法

サイトを使いながらプログラミングを練習しても、スムーズに勉強が進むとは限りません。効率よく学ぶには、ポイントをおさえてサイトを活用する必要があります。

ここでは、プログラミング学習がはかどるサイトの活用法を3つ紹介します。

基礎を楽しみながら学ぶ

プログラミングの基礎を楽しみながら学びましょう。

最初から難しい内容を学ぶと学習意欲が下がってしまうため、まずは簡単な基礎を楽しみながら学び、苦手意識を持たないことも大事です。プログラミングの練習サイトでは、動画やイラスト形式で楽しみながら学べます。

自分が学びやすい形式で練習できるサイトを選べば、無理なく学習を進められるでしょう。

サンプルコードで手を動かしながら学ぶ

サイトにあるサンプルコードや問題集を使って、実際に手を動かしてコーディングを学ぶのがおすすめです。

プログラミングを習得するには、座学だけでなくコーディング練習もしなければいけません。サイトには、サンプルコードや練習問題が用意されており、実際にコードを作成しながら学べるものがあります。

コードの実行環境を準備しなくてもコーディング練習ができるのは、初心者にとって大きな魅力です。またサイトによっては、コードがうまく作成できなくてもヒントをくれる場合もあります。練習のサポートを受けつつ、無理なくコード作成を学べるのはメリットといえるでしょう。

プログラミングを学びプログラマーやエンジニアになるには、コード作成の実践的なスキルが必要です。サイトにあるサンプルコード・練習問題を使って、手を動かしながら実践的なスキルを学ぶといいでしょう。

自力でコードを作成できるように練習する

サイトでサンプルコードや練習問題を使ってプログラミングを練習する際は、コードをマネするだけでなく内容を理解することが大事です。

最初はサンプルコードをマネして記載し、実行できることを確認するのはもちろん問題ありません。マネすることで、コードの構成や考え方を理解することにもつながります。ただ、いつまでも練習問題をマネしてうまく実行できただけで満足するのはNGです。

実際の開発現場ではマネして実行できるだけでなく、コードの仕組みや構成を理解し応用できなければいけません。

サイトで何度か練習問題を解いたら、答えやヒントを見ずに自力でコードを再現できるように練習しましょう。もしくは、コードを自分なりにアレンジし正しく実行できるように練習するのもおすすめです。

コードにアレンジを加えて練習を繰り返すことで、エラーの対処やコード構成を学べます。このように、プログラミングの練習サイトを使うときは、マネするだけでなく、コード内容を理解することが大事です。

挫折なくプログラミングスキルを習得するなら

実践的なプログラミングスキルを習得するなら

ここまで、プログラミングの練習に適したおすすめサイトを、選び方や活用法も交えて紹介しました。ただ、なかには

独学でプログラミングを習得できるかな...
途中で挫折したらどうしよう...

と不安な人もいますよね。

実のところ、プログラミング学習で挫折する独学者は多くいます。事実、弊社の調査では

  • 不明点を聞ける環境になかった
  • エラーが解決できなかった
  • モチベーションが続かなかった

などの理由から、87.5%が「プログラミング学習で挫折や行き詰まりを感じた」と回答しています。

プログラミング学習における挫折率の調査
プログラミング学習者の87.5%が挫折を経験したことがある
不明点やエラーが解決できずプログラミングを挫折した人が多数

調査概要:プログラミング学習の挫折に関するアンケート
調査対象:10代〜80代の男女298名
調査期間:2019年8月13日~8月20日
調査方法:インターネット調査
掲載元:PR TIMES

またこうした背景もあってか、弊社がプログラミングに興味がある人100名へ実施した別の調査では

  • 確実にスキルを身につけられると思ったから
  • 独学では不安がある
  • 効率よく学べそう

などの理由から、61%が「プログラミングの勉強を始めるならスクールを選ぶ」と回答しています。

61%の人がプログラミングの勉強を始めるならスクールが良いと回答
確実にスキルを身につけられそうという理由でプログラミングスクールを選ぶ人が多い

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

加えて、プログラミングスクールの卒業生に「独学ではなくスクールを活用した理由」を聞いたところ「できるだけ短い期間でITエンジニアへの転職や副業に必要なスキルを身につけたかった」という回答も多く寄せられました。

独学でなく、プログラミングスクールにわざわざ入る理由とは?【インタビュー総集編】

上記から、1人でプログラミングスキルを習得できるか不安な人や短期間でスキルを習得したい人ほど確実性を求め、プログラミングスクールを利用する傾向にあるのがわかります。

いざ独学でプログラミングを学び始めても、勉強の最中に挫折しまっては学習にかけた時間を悔やむだけでなく「プログラミングスキルを身につけるのって思っていたよりも難しいんだな...」とスキルの習得自体を諦めかねません。

仮にわからないことを飛ばしながら勉強を進めたとしても、ITエンジニアへの転職や副業での収入獲得などを実現できる実践的なスキルが身につかなければ、結局後悔することになります。

そこで、おすすめしたいのが「SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)」です。

700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
700x700_01 (1)
700x700_02
700x700_03
700x700_04
700x700_05
700x700_06
700x700_07
700x700_08
previous arrow
next arrow
料金月分割4.098円~
実績・累計指導実績3万5,000名以上
・受講生の途中離脱率2.1%
・受講生の転職成功率99%

侍エンジニアをおすすめする最大の理由は「挫折しづらい学習環境」にあります。

先ほど述べたとおり、独学者の多くは自力で不明点やエラーを解決できないためにプログラミング学習を挫折しています。そのため、未経験者が現役エンジニアのようなプロに質問や相談できない状況で、プログラミングスキルを習得するのは非常に難易度が高いといえます。

しかし、侍エンジニアでは

  • 現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスン
  • 現役エンジニアに質問できるオンラインでのQ&Aサービス
  • 不安や悩み・勉強の進み具合を相談できる学習コーチ

といったサポート体制を整えているため、学習中に出てきたわからないことや不明点をいつでも相談可能です。「受講生の途中離脱率2.1%「転職成功率99%」という実績からも、侍エンジニアなら挫折しづらい環境でプログラミング学習を進められるといえます。

SAMURAI ENGINEERのサポート体制
侍エンジニアのサポート体制

また、侍エンジニアではカウンセリングにて受講生一人ひとりの目的をヒアリングしたうえでカリキュラムを作成するため、限られた受講期間でもITエンジニアへの転職や副業での収入獲得に必要なスキルだけを効率的に習得可能です。

最短距離で目的を実現できるようカリキュラムが組まれているため、勉強する順番や内容を誤り非効率に時間や手間を費やす心配もありません。

なぜ侍エンジニアが挫折せずプログラミングスキルを習得できるのか気になる人はぜひ公式サイトをご覧ください。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

今回は、プログラミングを練習できるおすすめサイトを、選び方も交えて紹介しました。

動画・イラストなどで、簡単にプログラミングを練習できるサイトは増えています。自分に合うサイトを見つけて学習することで、挫折することなく必要なスキルを習得可能です。

ぜひ、今回紹介したサイトのなかから、自分に合うものを使ってみてください。

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

Writer

中川 大輝

株式会社SAMURAI

東京都多摩市出身。前職では都内ホテルにて設備機器のメンテナンスを経験。当時から副業として行っていたWebライティングと独学でのプログラミング学習経験を活かし、「プログラミング学習の挫折をなくすためのコンテンツ作成」を心がけています。
プライベートでは双子育児に奮闘中。将来、子どもたちが侍ブログを見て、プログラミングを学びたいと思えるメディアを作ることが目標です。
今更ながら「キングダム」にドハマリ中。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close