プログラミングでどうやって稼ぐ?おすすめジャンルと稼ぐ方法を解説

この記事では、これからプログラミング学習を始めようと考える方のために、

  • プログラミングで稼ぐ方法
  • いくら稼げるのか?
  • 初心者が稼ぐのにおすすめのジャンル
  • プログラミングで稼ぐまでのロードマップ

といった内容をまとめました。

勉強法から稼ぎ方の実例まで、順を追って解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

プログラミングで稼ぐ方法

プログラミングで稼ぐ方法はいくつかありますが、自分の立ち位置やキャリアプランに合わせて選択する必要があります。

ここではプログラミングで稼ぐ方法として、下記の3種類をご紹介します。

  • 企業に就職・転職して稼ぐ
  • フリーランスで稼ぐ
  • 副業で稼ぐ

企業に就職・転職して稼ぐ

プログラミングで稼ぐ方法として、企業に所属し稼ぐ方法があります。

定番の方法ではありますが、企業に就職または転職すれば、開発スキルやプログラミングスキル、プロジェクトでの開発経験やノウハウも蓄積できます。

最近では未経験者の求人もあるので、新卒もしくは転職で入社することも可能です。将来的に独立の希望がある人でも、期限を決めて経験を積むことができます。

仮にそのまま企業勤めをする場合でも、待遇が良くなる可能性がありますし、独立するときも実績がある方が未経験より案件を獲得しやすいです。

そのため未経験からスタートする場合は、一度企業で開発を経験するのがおすすめです。

未経験からエンジニアになるための方法は下記の記事にステップ形式でまとめていますので、こちらにも目を通してみてください。

未経験者がエンジニアを目指すために必要なスキルと学習方法まとめ
更新日 : 2021年6月1日

フリーランスで稼ぐ

開発の現場で通用する実務レベルのプログラミングスキルがあれば、フリーランスとして稼ぐことも可能です。

フリーランスとして稼ぐ方法には、エンジニアとしての知識や経験下記のような選択肢があります。

  • クラウドソーシングサイトや求人サイトで業務委託案件を受注する
  • スクールの講師として報酬をもらう
  • ブログやライターとして情報発信する

フリーランスの場合、単純なプログラミングスキル以外にもマネジメントスキルや営業力など、ビジネスで必要なスキルが求められるため難易度は高めです。

特に未経験だと経験や実績不足で案件を獲得できないケースも多いため、実際のところは企業などで実績やスキルを高めてからのキャリアといえます。

フリーランスエンジニアになる方法をより詳しく知りたい方は、こちらの記事にまとめていますので、合わせてお読みください。

未経験からフリーランスエンジニアとして仕事獲得するまでの全手順
更新日 : 2021年11月11日

副業で稼ぐ

今現在仕事をしていてその合間にプログラミングで稼ぐなら、副業が選択肢になります。

副業の場合、本業の合間や休みの日に仕事をすることになるため、比較的難易度が低めで拘束時間が短い案件を受注しなければいけません。基本はクラウドソーシング経由で案件を探し、副業向け求人サイトも併用すれば自分に合った案件を見つけやすいです。

また少し視野を広げると、プログラミング案件の他にもブログやライターとして稼ぐ方法や、スクールの講師になる方法もあるので検討してみてください。

ちなみに、副業は会社によっては禁止されている場合もあります。あらかじめ勤務先の企業の就業規則などに違反しないかチェックしておき、また仕事量も本業に支障のない範囲で活動することが大事です。

なお副業で稼ぐ詳しい方法については、下記の記事をお読みください。

プログラミング副業は稼げない?未経験から始めるための5ステップ
更新日 : 2021年11月18日

プログラミングでいくら稼げる?

プログラミングで稼ぐ選択肢として会社員・フリーランス・副業がありますが、具体的にどれくらい稼げるか気になりますよね。

雇用形態による平均年収

■調査概要

調査対象:クラウドワークスに登録している現役エンジニア100名
集計期間:2021/8/20~2021/8/31
協力会社:株式会社クラウドワークス

弊社が行ったエンジニア100名を対象とした「雇用形態別の年収に関するアンケート結果」によると、全体の平均年収はそれぞれ会社員が448万円、フリーランスが372万円、副業が325万円となっています。

フリーランスは稼げるイメージがあるかもしれませんが、このデータでは会社員より低い年収水準です。

フリーランスはスキルが高い人は大きく稼げますが、案件によって報酬額に差があるため、スキル次第で稼げる金額は大きく変わります。

まずは、会社員としてプログラミングで稼げるスキル・実績を十分身につけてからフリーランスを目指すのが現実的と言えるでしょう。

プログラミング初心者が稼ぐのにおすすめなジャンル

プログラミングで開発できるものは多いので、初心者であればどのジャンルを選ぶといいか分からない人もいるでしょう。

ここでは、プログラミング初心者が稼ぐのにおすすめのジャンルとして、下記の3つのジャンルをご紹介します。

  • アプリケーション開発
  • Web開発
  • WordPressでのWebサイト作成

アプリケーション開発

プログラミング初心者には、アプリケーション開発がおすすめです。

アプリケーションにはWebアプリ・スマホアプリなど種類がありますが、開発に必要な言語はRuby・Pythonなど比較的初心者でも学習しやすい言語も多いです。

アプリケーション開発を受注して副業やフリーランスとして稼ぐこともできますし、自力でアプリを開発しリリースして広告収益などで利益を得ることもできます。

実現は難しいですが、もしアプリがヒットすればその収益を元手に起業することもできます。

もちろん、アプリケーション開発を行う企業に就職または転職する選択肢もあります。そのため、言語を習得しやすいだけでなく、活躍の幅が広いことを考えてもおすすめの選択肢です。

ちなみに、アプリケーション開発の副業で稼ぐ方法については下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

アプリ開発の副業収入はいくら?稼ぐ方法と稼げない理由を紹介
更新日 : 2021年10月1日

Web開発

Web開発はWebサイト・WebサービスなどWeb系の開発を行いますが、必要な言語がJavaScript・HTML/CSS・PHPなど比較的覚えやすいので、初心者にもおすすめです。

フリーランスや副業の案件にもWeb開発は多く、個人でも稼ぎやすいジャンルといえます。

クライアントの希望に合わせた開発を行うことで稼ぐこともできますし、自分でサービスを開発して利益を得ることも可能です。

いきなり自分で開発するのは難易度が高いので、まずは受注開発を経験し、少しずつ独自で開発してみてください。もし利益につながらなくても、ポートフォリオや制作実績になるのでおすすめです。

ちなみにWeb開発を行う企業も多いので、Webエンジニアとして就職または転職し稼ぐ選択肢もあります。

WordPressでのWebサイト作成

CMSの一種である「WordPress」を使ったWebサイトには一定の需要があるので、HTML/CSS、PHPやJavaScriptなどスキルがあれば稼ぐことができます。

WordPress自体はテーマやプラグインなどを利用すればプログラミングなしでWebサイトを作ることができますが、カスタマイズして本格的なWebサイトを作成するにはコーディングをする必要があります。

WordPressを使ったWebサイト作成はプログラミングでも比較的難易度が低いため、副業やフリーランス向けの案件がクラウドソーシングサイトに掲載されることも多いです。

WordPressでデザイン面だけ開発する案件で稼ぐこともできますし、デザインだけでなくプロモーションやマーケティングなどのスキルがあれば、Webサイト開発や運用時のコンサルティングなど、全般を担当し稼ぐこともできます。

ちなみに、副業でWordPressを使ったWebサイト作成で稼ぐ方法は下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

WordPressで副業案件を取るには?必要なスキルと獲得方法
更新日 : 2021年10月1日

【状況別】プログラミングで稼ぐおすすめの方法

プログラミングで稼ぐおすすめの方法

プログラミングで稼ぐ方法は解説しましたが、自分が置かれている立場に合った方法は何か気になる人もいるでしょう。

例えば、大学生と主婦では希望する働き方が異なります。ここでは、状況別にプログラミングで稼ぐおすすめの方法をご紹介します。

  • 大学生が稼ぐ方法
  • 主婦が稼ぐ方法
  • 副業で稼ぐ方法

大学生が稼ぐ方法

大学生がプログラミングで稼ぐ場合、フリーランスや副業で活動するかインターンシップで稼ぐ方法があります。

大学生の本業は学業のため、社会人のようにプログラミングで稼ぐことに多くの時間を割きすぎるのは得策とはいえません。

まずはプログラミングスキルを身につけることを意識し、余裕があれば実践としてクラウドソーシングサイトで案件を受注したり、インターンシップに参加したりすると良いです。

ここで大事なのが、責任をもって仕事を受注することです。大学生であってもクライアントは仕事相手として見ているため、納期を守ることなどビジネスマナーはしっかり守る必要があります。

大学生がプログラミングで稼ぐなら、アプリケーション開発やWebサイト作成などWeb開発をメインにするのがおすすめです。

アプリケーションやWebサイト開発に必要な言語は学習難易度も低めですし、自分でポートフォリオ作成もしやすいです。

ただ、やはり大学生の本業は学業なので、社会人のようにプログラミングで本格的に稼ぐのは難しいといえます。社会人になる前に、プログラミングスキルを習得する期間だと認識しておくと良いですね。

ちなみに、大学生がプログラミングで副業する方法については下記の記事に詳しくまとめていますので、目を通してみてください。

大学生でもプログラミングで副業できる?副業までの流れと6つのメリットと
更新日 : 2021年10月1日

主婦が稼ぐ方法

主婦が稼ぐ場合は副業、フリーランスやアルバイトなどで稼ぐことになります。主婦の場合は家事・育児などやることが多いので、その空き時間に活動できる方法がおすすめです。

在宅で稼げる方法が良いので、クラウドソーシングサイトなどで案件を受注し、在宅で開発できるWordPress案件、Webサイト作成、アプリケーション開発あたりが選択肢になります。

案件には稼働時間帯などが指定されている案件もあるので、働きやすい案件を選ぶことも大事です。

ちなみに、主婦からプログラマ―になる方法については下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

未経験の主婦でもプログラミングを仕事に!おすすめ学習法も紹介
更新日 : 2021年11月4日

副業で稼ぐ方法

副業で稼ぐ場合、クラウドソーシングサイトで求人を探すのが一般的です。Web系開発であれば案件も多いので、とりあえず登録しておくと良いでしょう。

ただクラウドソーシングは未経験者が多く応募するので、倍率が高くなっています。エンジニアやプログラマ―向けの求人サイトや副業サイト、一般的な求人サイトでも案件が募集されていることもあるので、複数のサイトで探すのもおすすめです。

最近だとSNSで募集することもあるので、チェックしてみてくださいね。

また、難易度は高く万人におすすめはできませんが、アプリケーションをリリースして稼ぐ方法もあります。

アプリケーションを開発しリリース、広告やアプリの有料化で売上を上げることも可能です。難易度は高いのでアプリケーション開発にチャレンジしつつ、他の副業案件にも取り組むのが良いでしょう。

ちなみに、プログラミングの副業で稼ぐ方法については下記の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

プログラミング副業は稼げない?未経験から始めるための5ステップ
更新日 : 2021年11月18日

稼げるプログラミング言語

プログラミング言語はたくさんの種類がありますが、そのなかには下記のように年収の高い言語もあります。

  • R言語
  • Go言語
  • TypeScript
  • Scala
  • Kotlin

それぞれの年収については下記の通りです。

プログラミング言語の年収

R言語はビッグデータや機械学習、Go言語はアプリケーション開発、TypeScriptはWebアプリケーション開発が得意です。また、ScalaはアプリケーションやWebサービスなどの開発、KotlinはAndroidアプリケーション開発が向いています。

それぞれの言語に特徴がありますが、稼ぐことを考えれば最新技術であるデータ分析、需要が高いアプリケーション開発がおすすめです。データ分析は初心者には難易度が高めなので、早く稼げるようになりたいのであればアプリケーション開発が良いでしょう。

ちなみに、各言語の年収相場や特徴については下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

稼げるプログラミング言語ランキング【2022版】
更新日 : 2022年1月4日

プログラミング初心者が独学で稼ぐまでのロードマップ

プログラミング初心者が独学で稼ぐまでのロードマップは、下記の通りです。

  • ステップ1 開発したい分野&言語を決める
  • ステップ2 Webサイトでプログラミングの基礎を学ぶ
  • ステップ3 書籍 or スクールで本格的に学ぶ
  • ステップ4 ポートフォリオを作成する
  • ステップ5 稼ぐ方法を決めて案件を獲得する

プログラミングで稼ぐには、まずはプログラミング言語を習得する必要があります。Webサイトや書籍、スクールなどを活用して学習すると効率的です。

また未経験からスタートする場合、ポートフォリオの作成も必要です。Webサイトやアプリケーションなど、学習した内容を元に自分なりに作品を作成してみてください。

後は案件をクラウドソーシングや求人サイトで探すことができれば、プログラミングで稼ぐことができます。

具体的なロードマップの内容については下記の記事で詳しくまとめているので、ぜひあわせて読んでみてくださいね。

プログラミングを独学して稼ぐための6ステップ!報酬相場と案件種類も解説
更新日 : 2021年7月27日

ちなみに、プログラミング初心者が稼ごうと思っても、どんな分野が稼げるのか、どの言語を学習したらいいのか判断するのは難しいですよね。また、仕事を獲得するためにはプログラミングスキルの習得以外にポートフォリオの作成も必須ですし、営業スキルなど色々なスキルも求められます。

初心者にとっては学習すべき内容が多岐にわたるため、すべて独学で進めると稼ぐまでに時間がかかります。

そこでおすすめなのが、プログラミングスクールを活用することです。

このブログを書く当社は「SAMURAI ENGINEER」というスクールを運営しており、現役のエンジニア講師があなたに合った完全オーダーメイドカリキュラムを作成し、学習サポートから案件の獲得サポートまで行うコースがあります。

未経験から最短でプログラミングで稼げるようになりたい方は、ぜひ一度当スクールの無料カウンセリングを利用してみてください。当スクールのことを知りつつ、プログラミング学習に関する色々な疑問・不安を解消することができますよ。

無料カウンセリングの申込みはこちら

プログラミングで稼ぐために必要なスキル

プログラミングで稼ぐためにはプログラミングスキルは必須ですが、それ以外にも活動するうえで必要なスキルがたくさんあります。

ここではプログラミングスキルを習得した前提で、それ以外に必要なスキルを3つ解説します。

  • ビジネススキル
  • 営業スキル
  • コミュニケーション力

ビジネススキル

プログラミングで稼ぐには、ビジネススキルも求められます。

プログラミングで稼ぐにはただコーディングすればいいわけでなく、クライアントや企業と交渉したり開発メンバーと意見交換をしたりしなければいけません。相手に誠意を持ち、最低限のビジネスマナーを守らないと信頼につながらないので、案件を継続して獲得することも難しいです。

例えば、「報連相」やスケジュール管理など、社会人であれば守って当たり前なビジネススキルもたくさんあります。

円滑に業務を進め、クライアントに信頼されるためにもビジネススキルは必要です。

営業スキル

副業やフリーランスとして案件を獲得し稼ぐには、営業スキルが必要です。

企業に勤める場合はその限りではありませんが、副業やフリーランスは自分で案件を獲得しなければいけないため、行動しないといつまでたっても案件は獲得できません。

クラウドソーシングサイト、SNSや求人サイトなどさまざまなツールを駆使しながら自分ができる案件を獲得する必要があります。経験が少ない時期に案件を獲得するのは大変なので、積極的に営業活動を行う行動力が大切です。

コミュニケーション力

プログラミングで稼ぐには、コミュニケーション力も必要です。

企業で働く場合は開発メンバーと直接コミュニケーションを取る機会も多いですし、立場によってはクライアントと関わる機会もあります。

コミュニケーション力が低いと意見がうまく伝わらずミスにつながったり、仕事がうまく進まなくなったりします。

また、副業・フリーランスであってもオンライン会議やチャットなどでコミュニケーションを取るため、やはりコミュニケーション力は必要です。

プログラミングで稼ぐときの注意点

プログラミングで稼ぐときの注意点

プログラミングで稼ぐときには、事前に確認しておきたい注意点があります。ここではプログラミングで稼ぐときの注意点として、下記の3点を解説します。

  • 副業ができるか確認する
  • 未経験では稼ぐのは簡単ではない
  • 自分でできる範囲の案件を選ぶ

副業ができるか確認する

副業で稼ぐ場合、所属している企業に副業ができるか確認する必要があります。

最近では副業を許可する企業も増えていますが、それでも副業を禁止もしくは条件をつけている企業はあります。副業が禁止されている企業に所属して副業をしているとトラブルの元になるので、事前に副業が許可されているのか確認してください。

しっかり手続きを踏めば、罪悪感なく副業ができるのでおすすめです。

未経験では稼ぐのは簡単ではない

プログラミング未経験からでも稼げるという意見も多いですが、実際は簡単ではなく、ある程度の経験や実績がないと難しいです。

副業で月に数万円稼ぐだけなら少しの経験でも案件を獲得できるかもしれませんが、フリーランスや企業に就職して稼ぐとなると、実務レベルのスキルが求められます。

例えば、求人や案件の条件として開発経験2年・3年など経歴が条件になっていることも多く、全くの未経験からだと現実は厳しいです。

ただ、最初はだれもが初心者なのでIT企業で開発経験を積んだり、クラウドソーシングの簡単な案件から経験を積んだりして実績を増やせば可能性は広がります。いきなり大きく稼ぐのは難しいので、まずは少しずつ活動をスタートしてみてください。

自分ができる範囲の案件を選ぶ

プログラミングで稼ぐには案件を獲得する必要がありますが、案件は自分ができる範囲のものを選ぶことが大事です。

プログラミングを習得し案件を探すとなると、舞い上がってついレベルの高い案件を選びがちですが、それだと失敗する可能性が高くなります。納期までに完成できない危険性もありますし、精神的・体力的にも大変です。

稼ぐためには少しずつ実績を積むことが大事なので、無理をせず今自分ができる範囲の業務内容で案件を決めるのがおすすめです。

焦らずコツコツ継続することで稼げるスキルが身につくので、無理のない範囲で活動してみてください。

この記事のおさらい

この記事では、プログラミングで稼ぐ方法やジャンルを解説したうえで、稼ぐまでのロードマップや注意点をご紹介しました。

少しずつスキルを高めたり経験を積んだりできれば、稼げるようになるはずです。ぜひ、チャレンジしてみてください。

プログラミングで稼ぐ方法は?

大きく分けると、企業に就職・副業・フリーランスといった選択肢があります。自分が置かれている立場や希望する働き方に合わせて選択すると良いです。

未経験からプログラミングを稼ぐにはどうしたらいい?

未経験の場合、まずはプログラミングスキルの習得と実績づくりが大切です。副業・フリーランスで稼ぐ場合は、クラウドソーシングなどを活用して実績を積むのがおすすめです。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close