Webエンジニアの仕事内容とは?気になる働き方や年収を徹底分析


Webエンジニアの仕事って何?
IT業界内での年収は高い方なの?

Webエンジニアとして就職・転職したい人はこのような疑問を持っているかもしれません。

インターネットに関わる仕事をしようと考えている場合、Webエンジニアは有力な選択肢の1つになるでしょう。

Webエンジニアの仕事内容は主にWebアプリ・サイトの制作や管理運営です。その中にはHTMLPHPのコードを書くことや、RubyJavaを利用してサーバを構築することなどが含まれ、仕事内容は多岐にわたります。

そこで、この記事ではWebエンジニアの仕事内容や業種、気になる平均年収を紹介します。この記事を読めばWebエンジニアの仕事内容や必要なスキル、職種ごとの平均年収などを知ることができるでしょう。

Webエンジニアとして就職・転職したい人にとって必見の内容なので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

そもそもWebエンジニアとは?

Webエンジニアとはどのようなものなのか気になっている人もいるのではないでしょうか? 最初にWebエンジニアについて簡単に見ておきましょう。

基本的にWebエンジニアとは、Webサイト上で使われているサービスやアプリケーションの開発・運用を行う職種です。身近なところでは、さまざまなWebサイトの作成、ECサイトで使われている商品管理・決済システム、行政のオンライン申請システムなどにかかわっています。

他にもInstagramなどのSNSやhuluなどの動画配信サービスなども手掛けており、Webに関連することならあらゆるところで活躍するタイプのエンジニアです。それゆえ、活躍の幅は幅広くさまざまなジャンルで活躍できるでしょう。

Webエンジニアの主な仕事内容とは?

Webエンジニアの概要を理解したところで、詳しい仕事内容について見ていきましょう。

仕事内容を大きく分けると以下の通りです。

  • Webアプリやサイトの作成
  • Webシステムの構築
  • 開発したWebアプリ・サイトの管理運営


それぞれの仕事内容についてこれから詳しく解説します。

Webアプリ・サイトの作成

Webエンジニアと聞いて連想しやすい仕事が「Webアプリやサイトの作成」です。世の中に星の数ほど存在しているWebアプリやサイトの多くにWebエンジニアがかかわっているといえるでしょう。

さらに、WebサイトだけでなくGoogle Docsを始めとしたWebサイト上で動作するソフトウェア(Webアプリ)の開発にも携わっています。

システムの構築

Webアプリ・サイトは目に見える部分だけでなく、バックでさまざまなシステムが動いています。サーバやデータベースがその一部といえるでしょう。

WebエンジニアはこのようなWebアプリ・サイトを動かすためのシステムの構築にも携わっています。

Webアプリやサイトの保守・メンテナンス

Webアプリ・サイトを開発するだけがWebエンジニアの仕事ではありません。開発したWebアプリ・サイトを運営(保守やメンテナンス)するのも重要な仕事です。

ちょっとしたアップデートから新機能の実装、バグの修正、さらには大規模なサイトの改装なども行います。まさにWebエンジニアは、Webアプリ・サイトのあらゆるところに携わっています。

Webエンジニアの平均年収は?

実際にWebエンジニアとして就職・転職するとなると平均年収も気になるものです。次にWebエンジニアの平均年収をチェックしていきましょう。

Webエンジニアの年収

IT・Web業界特化型の求人サイト「Find Job!」によると、Webエンジニアの平均年収は456万円と記載されています。

上記の分布図によると全体の83%が300万~599万になっているので、この範囲内の年収になる可能性が高いといえるでしょう。ただし、エンジニア全般にいえることですが技術力が高ければその分年収は高くなります。

海外大手企業に就職できるだけの技術力があれば、平均年収の数倍以上の年収を得ることもできるでしょう。参考までに、Googleで働くエンジニアの平均年収は約1390万円です。(参考: Business Insider A Google Programmer 'Blew Off' A $500,000 Salary At A Startup — Because He's Already Making $3 Million Every Year )

IT業界で比較したら年収は高い?低い?

IT業界の職種別平均年収表は上記の通りです。これを見るとWebエンジニアの平均年収は512万円となっており、IT業界のなかではやや低めといえるでしょう。

ただし、特筆すべき点として最高額が1350万円と掲載されている全職種の中で最も高くなっています。技術力によって年収が大きく変わり、その幅は非常に広いといえるでしょう。

Webエンジニアの業種によって仕事内容・年収は違うのか?

前述の通り、Webに関するさまざまな業務を行うのがWebエンジニアです。そのため、業種によっても仕事内容や年収は異なります。

そこで、ここでは主な職種別に仕事内容と年収をチェックしていきましょう。どの職種を選ぶか迷っている人はぜひ参考にしてください。

プログラマー

プログラマーはWebアプリ・サイトに関連するプログラミングを行う職種です。Webサイトに必要な機能を実装するなど、開発に携わる職種といえるでしょう。

Webサイトの検索機能やECサイトの決済機能などは全てWebプログラマーの働きによって実装されています。Webプログラマの主な仕事は、定義された仕様に基づいてWebアプリ・サイトを開発することです。

なお、プログラマーの平均年収は456万円です。(参考: Find Job! https://www.find-job.net/income/shokushu-0-106/ )

フロントエンド

フロントエンドエンジニアは、Webアプリ・サイトのUIや表示などのユーザーが直接触れる部分を作るエンジニアです。フロントエンドエンジニアとして働くためには、Webサイトでよく用いられるHTMLやCSSの技術が求められるでしょう。

フロントエンドエンジニア関連の職種で最も良く耳にするHTMLコーダーの平均年収は373万円です。(参考: Find Job!  https://www.find-job.net/income/skill-1-113/)

サーバサイド

サーバサイドエンジニアとは、Webアプリ・サイトが利用するデータベースや各種ファイル、アクセス処理などに関連するシステムを担当するエンジニアです。基本的に処理部分を担当するエンジニアといえるでしょう。

Webサイトを利用していると、会員登録機能や通知機能を見ることがあるかもしれません。これらの機能を実装するのもサーバサイドエンジニアの重要な仕事です。

サーバサイドエンジニアとして就職・転職する場合はPHPやJavaのスキルが求められるでしょう。また、サーバをいじることも多いのでLinuxのスキルも重要です。

よく使われる言語であるPHPを利用するプログラマの平均年収は456万円となっています。(参考: Find Job! https://www.find-job.net/income/skill-3-35/)

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアとは、Webブラウザ上で動作するさまざまなアプリケーションを開発する職種です。Webアプリにはさまざまなものがあるので、幅広いアプリに携わることになるでしょう。

Webアプリの一例を挙げると、オンラインオフィスソフトのGoogle Docs、ビジネスチャットツールのSlack、動画共有サービスのYouTubeなどがあります。このようにブラウザ上で動作するアプリの数は膨大です。

これからもますますWebアプリの重要性は増すと考えられるため、アプリケーションエンジニアの需要も高まっていくでしょう。アプリケーションエンジニアの平均年収は456万円です。(参考: Find Job! https://www.find-job.net/income/shokushu-0-101/)

まとめ

この記事ではWebエンジニアの仕事内容と平均年収について詳しく紹介しました。

ひとことで「Webエンジニア」といってもその仕事内容は幅広いことがわかったかもしれません。Webエンジニアとして就職・転職したい場合は、どの分野に携わりたいのかを明確にして技術を身につける必要があるでしょう。

Webエンジニアとして活躍したい人はぜひこの記事を参考にしてください!

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。