未経験からのプログラマー転職ガイド!必要なスキルから方法まで

未経験からでもプログラマーに転職できる?
何から始めればいいのかわからない...

プログラミングスキルを習得し、プログラマーに転職しようと考えている人のなかには、どう目指していけば良いのかイメージが湧かない人は多くいますよね。また、本当に未経験の状態からプログラマーに転職できるのか不安な人もいるはず。

もちろん、未経験からでもプログラマーへの転職は可能です。しかし、目指すにも行き当たりばったりでは「もっとスムーズに転職できると思ってた...」と途中で諦めかねません。

そこで、今回は未経験からプログラマーに転職する方法を、必要なスキルや勉強法も交えて紹介します。また、未経験から転職可能なプログラマーの求人例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

なお、次の記事ではそもそもプログラマーとはどんな職業なのか、その仕事内容を年収や将来性も交え詳しく紹介しているので良ければ参考にしてください。

プログラマーとは?仕事内容や種類、必要なスキルも紹介【エンジニア監修】

この記事の監修者

フルスタックエンジニア

金田 茂樹

音楽大学卒業後、15年間高校の音楽教師として勤務。40才のときからIT、WEB系の企業に勤務。livedoor(スーパーバイザー)、楽天株式会社(ディレクター)、アスキーソリューションズ(PM)などを経験。50歳の時より、専門学校でWEB・デザイン系の学科長として勤務の傍ら、副業としてフリーランス活動を開始。 2016年、侍エンジニアのインストラクターを始め、フリーランスコースを創設。現在までに100名以上の指導を行い、未経験から活躍できるエンジニアを輩出している。また、フリーランスのノウハウを伝えるセミナーにも登壇している。

プログラミング未経験でもプログラマーへの転職は可能

冒頭で述べたとおり、未経験からでもプログラマーへの転職は可能です。

そもそも、日本のIT業界は数年前から深刻なIT人材不足に陥っており、現在もなおその状況は改善されていません。2019年4月に経済産業省が公表した「IT人材需給に関する調査」によれば、2030年にはIT人材が最大で約79万人も不足するとの試算もされています。

そのため、プログラマーの需要は高く、未経験者であっても募集をかける企業はあります。

また、転職サイトのtypeが2021年に行ったアンケート調査によると、多くの企業がプログラマー経験者を求めているものの、未経験者の需要も一定数あることが分かります。

上記から、未経験でもプログラマーへの転職は可能といえます。

年齢別にみるプログラマー転職希望者の割合

2020年8月1日~2021年1月の間に転職サイトのtypeが行ったアンケート調査では、20~30代の転職希望者が8割を占める結果となりました。

一方、40代以降の転職希望者はあまりいません。

日本の転職市場では、年齢が若いほど採用されやすい傾向があり、どうしても年齢を重ねるごとに転職の難易度は高くなります。そのため、20・30代で転職する人が多いです。

しかし、40代でもプログラミングスキルと前職で培ったスキルを活かせば、十分転職可能です。次の記事では、40代プログラミング未経験からプログラマーになる方法を詳しく解説しているので、良ければ参考にしてください。

40代プログラミング未経験からプログラマーになるための5ステップ
更新日:2022年9月18日

未経験可のプログラマー転職求人例

ここからは、転職サイト「type」の求人情報をもとに、未経験から転職可能なプログラマーの求人例を3つ紹介します。

求人内容ゲームアプリのプログラミング業務
仕事内容・ゲームアプリのコーディング
・運用中のゲームアプリ監視業務
・他エンジニアのサポート業務
月収18万円(経験者は25万円~)
必要なスキル・プログラミングを学ぶやる気
・1つのことを極める探求心
・成長したいという向上心

上記は、ゲームプログラマーを募集している求人です。ゲームアプリのコーディングやシステムの監視、先輩エンジニアのサポートなどが主な業務です。

未経験を歓迎していて、第二新卒・フリーター・他業種からの転職など、経験がなくてもやる気があれば歓迎しているとのこと。

月収はあまり高くありませんが、未経験からゲーム開発にチャレンジできるのは魅力といえますね。

求人内容ゲーム・Webなど幅広いシステム開発
仕事内容・ゲームコンテンツのプログラミング
・金融
・車載システムのプログラミング
・開発サポート
月収18万円以上
必要なスキル・ゲームが好きな気持ち
・最新技術やITに憧れがある
・一から技術を学ぶ意欲

上記は、ゲームや金融システムなど、幅広い分野でプログラミングを行う人材を募集している求人です。

未経験者はどの分野に適性があるか分からないので、ある程度多くの分野を募集している可能性もありますね。未経験OKということもあり、必要なスキルも意欲のみ記載されています。

求人内容Javaを使った業務システム開発
仕事内容・システムのスマート化に伴う開発
・通信関係の業務システム開発
・業務システムの再構築
月収23万円以上
必要なスキルなにかしらのIT知識を持っていること

引用:Type

この求人では、Javaを使った業務システムの開発を行う人材を募集しています。

Javaは初心者には少し難易度が高めの言語ですが、この企業ではしっかり研修制度が用意されているため、未経験からでもスキルアップしやすいです。

また、月収は23万円以上と他2つの求人より高い点も魅力といえます。

未経験からのプログラマー転職時に求められる3つのスキル

未経験者を募集している企業に転職する場合、高いプログラミングスキルは求められません。しかし、技術スキル以外のスキルは必要です。

ここでは、未経験からのプログラマー転職時に求められる3つのスキルを紹介します。

自発的な勉強意欲

プログラマーに転職する場合、自発的な勉強意欲が求められます。

未経験からプログラマーとして仕事をするには、足りないスキルが多いです。プログラミングスキルはもちろん、開発現場での開発手順やコツなども仕事をしながら覚える必要があります。

足りない部分の学習は研修などで教えてもらう機会もあります。しかし、それでも自発的にスキルアップをする意欲がなければ成長できません。足りないスキルが分かった段階で、積極的に勉強する力が必要です。

また、プログラマーとして開発に参加するようになっても、新しいIT知識や技術の習得は必須です。IT業界は技術の移り変わりが激しく、常に最新の情報を入手する必要があります。

本やネットなどを随時チェックし、IT業界の流行やこれから必要なスキルを身につけなければいけません。そのためにも、自発的な勉強意欲は求められます。

コミュニケーションスキル

プログラマーに転職する際、コミュニケーションスキルも求められます。

どんな職業でも同じですが、業務を行うときは社員や開発メンバーとのコミュニケーションが必要です。

例えば、開発時にはそれぞれの進捗状況や問題点などを共有する場面が多いです。こうしたとき、第三者に分かりやすく説明するには、コミュニケーションスキルが求められます。

企業側も、実際に現場に入ったときにコミュニケーションが取れそうか面接等で確認しています。営業職のような饒舌なコミュニケーションは求められませんが、最低限プロジェクトメンバーと意思疎通ができるくらいのスキルは必要でしょう。

問題解決力

プログラマーに転職するには、問題解決スキルも求められます。

プログラマーがコーディングをしていると、エラーや不具合に対処することも少なくありません。

そのとき、発生している状況を冷静に分析し、順を追って原因を追究し、適切な対処をする問題解決力が必要です。

これらのサイクルを繰り返すことができれば、効率的に問題を解決し作業を継続できます。前職でも、うまくいかないことがあり、試行錯誤した経験もあるのではないでしょうか。

そのときの経験を活かせば、プログラマーになっても問題を解決しやすくなります。

プログラミング未経験からプログラマーに転職する方法

プログラミング未経験からプログラマーを目指すには、手順に沿った対策が必要です。そこで、ここからは未経験からプログラマーに転職する方法を5ステップで解説します。

ステップ1:どのプログラマーを目指すか決める

まずは、どのプログラマーを目指すか決めることから始めましょう。

次のように、プログラマーの種類は仕事内容ごとにさまざまです。

プログラマーの種類仕事内容
Web
プログラマー
WebサイトやWebアプリケーションなどの開発
アプリ
プログラマー
スマホアプリなどアプリケーションの開発
ゲーム
プログラマー
スマホ・パソコン・ゲーム機器用のプログラムの開発
組み込み系
プログラマー
家電やIoT機器に組み込まれるプログラムの開発
オープン系
プログラマー
オープン系システムで稼働するプログラムの開発

もちろん、自分が目指したいプログラマーの種類によって学ぶべきスキルは異なります。そのため、早い段階で方向性を決めることが大事です。

とくにプログラミング言語に関しては、開発する対象により向いているプログラム言語は決まります。選ぶ言語を間違えると、自分がやりたい仕事ができません。

まずは、どのプログラマーを目指すか決め、これから学習するスキルの方向性を決めましょう。

ステップ2:必要なスキルを学ぶ

目指すプログラマーが決まったら、次はそのプログラマーに必要なスキルを学びましょう。

具体的には選んだプログラマーが使用するプログラミング言語を学ぶ必要があります。最初は学習本やWebサイトなどで基礎を学び、ある程度理解できたらサンプルコードを使ってコーディング練習をしてみましょう。

実践的なスキルを身につけるには、コーディングの数をこなす必要があります。そのためには、例題集を使ってたくさんコードを書く、もしくはプログラミングスクールを利用して本格的に学ぶといいでしょう。

ちなみに、1つの言語がある程度できるようになったら、複数言語を学ぶとプログラマーとして活躍の幅が広がります。余裕ができたら、新しい言語習得にもチャレンジしてみましょう。

ステップ3:実績を作る

プログラマーに転職するなら、未経験であっても何らかの実績を作るのがおすすめです。

実績というと難しく感じるかもしれませんが、簡単にいうと自分の現状スキルや学んできたことを表す作品を作ればいいのです。

例えば、ポートフォリオといわれる作品集が一般的です。ポートフォリオは、実際にプログラミングをした作品集のことで、Webサイト・アプリケーションなど目で見える形でスキルを証明できます。

また、実際に作品を作るのは難しい場合、学習してきた工程やアイデアなどを資料として提出する方法もあります。どちらにしても実績があれば未経験でもやる気があると判断されやすいので、学習と同時に実績となるポートフォリオも作成するといいでしょう。

なお、次の記事ではポートフォリオの作成方法を注意点も交えて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日:2022年9月13日

ステップ4:転職対策をする

プログラマーへ転職するにあたっては、転職対策も重要です。

いくらスキルを習得しようという意欲がある人でも、その気持ちや態度を企業に伝えられなければ意味がありません。

前職で培ったスキルを職務経歴書にまとめたり、面接で回答する内容を考えたりしながら、本番の採用試験に向けて準備を進める必要があります。

とくに面接に関しては、模擬面接・模範解答作成など、できる範囲の対策は必須です。未経験者の場合、どうしてIT業界・プログラマーを志望するのかを必ず聞かれるため、自分なりの回答を用意しておくといいでしょう。

また、本格的に転職対策をしたい人は転職エージェントサービスの利用もおすすめです。エージェントサービスを利用すれば、転職の専門家にサポートしてもらいながら、効率的に準備ができます。

なお、下の記事ではプログラマー未経験者の募集求人を掲載しているおすすめの転職サイトを紹介しているので、あわせて参考にしてください。

コツまで網羅!プログラマー未経験OKな求人転職サイト厳選5選
更新日:2022年9月13日

ステップ5:転職活動を開始する

スキル習得・転職対策が終わったら、いよいよ転職活動開始です。

未経験だからといって弱気になると、企業側もあまりいい印象は持ちません。弱気になるのではなく、これから頑張るという前向きな気持ちをもって転職活動に臨めば、企業に評価してもらえるはずです。

現在プログラミングスキルを学んでいることや、前職での経験などを伝えることで、企業に評価してもらえます。

プログラマー転職を成功させる3つのコツ

ここからは、プログラマー転職を成功させる3つのコツを紹介します。

できるだけ早くプログラミングスキルを習得する

先ほども解説したとおり、年齢を重ねるごとにプログラマーへの転職難易度は高まるため、できるだけ早くスキルを習得することが大事です。

20代であれば、少し時間をかけて学習する時間がありますが、30・40代となるとできるだけ早く転職活動ができる状態にしたいところです。

効率を重視するのであれば、独学とあわせてスクールの利用が効果的です。プログラマーになりたいと感じ始めた段階で、すぐに学習をスタートしてみてください。

プログラミング以外のスキルもアピールする

未経験からプログラマーに転職する場合、プログラミング以外のスキルをアピールすることも大事です。

企業側としても未経験OKとしている場合、即戦力として期待しているわけではありません。ある程度育てながら戦力となるよう考えているため、現状のスキルとは別にポテンシャルが求められます

例えば、コミュニケーションスキルやマネジメントスキル、提案力、資料作成スキルなどは他業界でも働いていれば身につきます。こうしたスキルをアピールできれば、伸びしろを評価してもらえます。

前職で身につけたスキルや資格があれば、履歴書等で記載しておきましょう。

中・長期的なビジョンを明確にしておく

プログラマーに転職するとき、短期的な目標だけでなく、中長期的なビジョンを明確にしておくといいでしょう。

面接などで目標を聞かれることはありますが、短期的な目標は答えられても、5年・10年といった中長期的な目標は答えられない人もいます。

企業側もプログラマーになりたい意欲だけでなく、入社後にどう貢献できるか、キャリアプランがしっかりあるのか気になっています。

とくに未経験で入社する場合、将来のキャリアパスがよく分からないまま志望している人も見受けられます。将来のキャリア目標がないと、その期間のスキルアップや仕事へのモチベーションが低下する可能性もあります。

また、企業側としても、途中で目標がなくなり転職してしまうのではないかと考えるものです。面接で質問されるかはともかく、中長期的なビジョンもしっかり考えておくことで、プログラマーになった後のキャリア形成が楽になりますよ。

短期間で未経験からプログラマー転職を成功させるなら

ここまで、未経験の状態からプログラマーに転職する方法を、求人例や求められるスキルも交えて紹介しました。

ただ、なかには

どうやってプログラミングスキルを身につければいいんだろう?

と悩んでいる人もいますよね。

短期間で未経験からプログラマーに転職したいなら、プログラミングスクールの利用がおすすめです。もちろん、プログラミングは独学でも習得できますが、スクールを利用した方が効率的に学べます。

弊社がプログラミングに興味がある人へ行った調査では、6割以上の人が「プログラミングの勉強を始めるならスクールが良い」と回答しました。

プログラミングの勉強を始めるなら独学とスクールどちらがいい?

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

ちなみに、プログラミングスクールと独学、それぞれを選んだ具体的な理由は次のとおりです。

プログラミング学習にスクールを選んだ理由
プログラミング学習に独学を選んだ理由

調査概要:プログラミングに興味がある方の意識調査
調査期間:2021/11/19~2021/12/3
対象者:プログラミング学習を検討している10代~50代の男女100名
調査媒体:クラウドワークス
掲載元:PR TIMES

独学への不安や確実にスキルを身につけられるといったイメージから、スクールを活用してプログラミングを学びたいと考える人が多いようです。独学を選んだ人は「スクールを利用するお金や時間に余裕がない」という理由を挙げており、やむを得ず独学している方が多い点からも、スクールを活用して効率的にプログラミングスキルを取得したいと考えている人は多くいるようです。

とはいえ、どのプログラミングスクールを選べばいいのか、わからない人もいますよね。

そんな人には、SAMURAI ENGINEERの「転職保証コース」がおすすめです。

転職保証コースでは、プログラミングスキルの習得から転職活動・内定まで一貫してサポートしています。学習サポートでは、プロのエンジニアがマンツーマンで指導してくれるため、分からないところも随時解決しながら学べます。

また、転職サポートに関しては、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策、キャリアカウンセリングなど内容が充実しています。

さらに、転職保証コースでは、転職活動をした結果内定が出なかった場合、受講料を全額返金してもらえます。万が一失敗してしまっても、費用が返ってくるのは安心材料でしょう。

もちろん、転職を成功させるのが一番です。しかし、万が一の備えがあるのは心強いです。転職保証コースでは、無料相談を実施しているので、ぜひ気軽にご参加ください。

転職保証コースの詳細を見る

プログラミング未経験からのプログラマー転職に関するよくあるFAQ

最後に、未経験からのプログラマー転職に関するよくあるFAQへ回答します。

文系出身の未経験者でもプログラマーに転職できる?

結論からいいますと、文系出身者でもプログラマーへの転職は可能です。

すでにプログラミングの技術面を学んでいる理系出身者に及ばなくても、コミュニケーションスキルや資料作成スキルなどは文系出身者の方が得意な場合もあります。

また、社会人になれば文系・理系の差は少なくなります。学校で学ぶことと実践で必要なスキルは異なるため、必要以上に意識しすぎる必要はありません。

出身学部が文系だからと諦めるのではなく、どうすれば活躍できるか考え、前向きにスキルアップすることが大事です。

女性でもプログラマーに転職できる?

女性でも、プログラマーへの転職は可能です。

基本的にはプログラミングに男女の差はないため、スキルを学習すれば十分身につけられます。しかし、女性のなかには家事・育児・仕事と両立しなければならず、学習時間が確保しにくい人もいるかもしれません。

そんな人でも、最近ではオンラインのプログラミングスクールや、夜間に受講できるサービスも登場しており、自分の空いた時間に学習できる環境があります。

そのため、プライベート・仕事・学習を両立したい人でも、スキル習得が可能です。スキルが習得できれば、転職には男女の差はありません

現状ではIT業界には男性が多いといわれていますが、最近では女性で活躍している人も増えています。

女性だからといってあきらめる必要はありません。プログラマーに興味を持ったのであればぜひ、チャレンジしてくださいね。

なお、次の記事では女性のなかでも主婦に焦点を当て、プログラマーになる方法を学習方も交えて解説しているので良ければ参考にしてください。

未経験の主婦でもプログラミングを仕事に!おすすめ学習法も紹介
更新日:2022年9月13日

資格は取得しておいた方がいいの?

プログラマーへ転職するにあたって、資格の取得は必須ではありません。しかし、資格を取得することで資格で問われる知識は増えますし、転職時に知識があることをアピールする材料にはなります。

とくに未経験者は実績がなかなかないため、学習意欲がある点をアピールするのに資格を取得するのも1つの手です。

プログラマーを目指すうえで、おすすめの資格は次のとおりです。

  • 基本情報技術者試験
  • Java Silver SE 8
  • LPICレベル1
  • PHP技術者認定試験
  • Ruby技術者認定試験など

IT全般の知識を証明したいなら基本情報技術者試験、それ以外の資格は目指すプログラマーの種類にあわせて選択するのがおすすめです。

なお、下の記事ではプログラマーになるうえでおすすめの資格を詳しく紹介しているので、あわせて参考にしてください。

プログラマーになるための必要資格とは!おすすめを一挙大紹介
更新日:2022年9月13日

まとめ

今回は、未経験からプログラマーに転職する方法を、必要なスキルや勉強法も交えて紹介しました。

プログラマーは未経験でも十分目指せるキャリアです。年齢による難易度の差はあっても、どの年齢でも転職を成功させることができます。

また、文系・理系、男女問わず目指せるキャリアです。プログラマーに興味がある人は、この記事を参考にぜひ、行動を開始してください。

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

Writer

侍エンジニア編集部

株式会社SAMURAI

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る