スライドショースライドショースライドショー

プログラマーとは?未経験者がプログラマーへ転職するための情報まとめ

こんにちは。侍エンジニア塾ブログ編集部です。

IT関係の人材不足によって、未経験でも高待遇の条件で転職できるプログラマーが注目を集めていますよね。

しかし、

プログラミング未経験者が、高待遇の企業へ簡単に転職できるなら、人材不足なんて起こらないじゃん

と思いませんか?たしかに高待遇かつ簡単に転職できるなら、僕もなりたいです。っていうか、皆なりたいですよね!それでもIT人材が不足しているのには、それなりの理由があるんです。

プログラマーの実態を知らないまま、転職してすぐに離職してしまう方が増えているのが現状です。皆さん、が転職に失敗してしまう前にこの記事では、プログラマーの現状と未経験からプログラマーを目指す際の注意点をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

【この記事はこんな人のために書きました】

  • プログラミング学習中の方
  • 転職活動中の方

この記事の目次

プログラマー未経験の定義って何?

未経験プログラマーと一言にいっても、言葉の定義によっては様々な解釈ができます。

例えば
といったように、幅広な解釈ができますよね。

未経験でも大きな枠で捉えると「ポートフォリオがある」未経験者と「ポートフォリオがない」未経験者の2つに大別できます。

ポートフォリオとは「スキルを証明できる作品」です。ある、ないによって転職難易度や転職先、つける職種が変わるので前提知識としてしっといてください。

そもそもプログラマーとは?

プログラマーの仕事内容

プログラマー( PG)とは、プログラム言語を用いてプログラムを組み、システムやソフトウェアをつくる仕事です。

今では、テレビやスマートフォン、電子レンジなど身のまわりのあらゆるところにコンピュータープログラムが活用されているので、プログラマーが活躍できる場所は以前よりも多くなりました。

【現役PGが解説】プログラマーとは?仕事内容・やりがい・資格など紹介
更新日 : 2019年12月12日

プログラマーとシステムエンジニアの違い

プログラマー(PG)と、システムエンジニア(SE)はよく混同されがちですが、別々の仕事になります。一番わかりやすい違いとしては、プロジェクトにおける「役割」です。

簡単に言うと、お客様の要件に合わせて(または自分で)「設計書を作るのがSE」で、「設計書をもとにプログラムを作るのがPG」といったような感じです。

知って得する!プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の3つの違い
更新日 : 2019年6月24日

プログラマーの種類

プログラマーの種類は、以下の図のように分けることができます。


もっと詳しくプログラマーの種類について知りたい人は、以下の記事で紹介しているので参考にご覧ください。
【図解】プログラマーの仕事内容を種類別にわかりやすく徹底解説
更新日 : 2019年6月10日

プログラマーの需要・将来性

情報化が進む現代社会において、IT人材全体の需要は確実に伸びています。これは日本だけにとどまらず、世界中で言われているまぎれもない事実です。

引用元:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_report_summary.pdf

上図は経済産業省の調査結果なのですが、日本国内でITニーズの拡大により約41万人から79万人のIT人材が不足すると予測されています

プログラマーは将来性のない仕事?生き残れるのはどんな人か?
更新日 : 2019年12月16日

プログラマー未経験でいきなり転職できる?

未経験でもプログラマーに転職できる時代背景

日本はいま深刻なIT人材不足となっています。2016年に行われた経済産業省の調査によると、2020年に36.9万人、2030年に78.9万人の人材が不足すると予想されています。その背景には、プログラマーに対するイメージの悪さがあります。

ネット上でプログラマーと入力すると「きつい」「給料安い」「帰れない」の3Kという言葉が耳にはいりますよね。このイメージの悪さを払拭することが課題となっています。また、人材の高齢化が目立っているのも特徴の1つです。

高齢の人材はスキルはあるのですが、コストがかかるため、未経験の人材を雇って自社で成長させようという企業が増えています。そのため、他業種から未経験者が転職するケースが増えています。

未経験者の転職は32歳がボーダーライン

未経験からプログラマーとして転職するのに年齢は関係ないの?

このような疑問を抱く人もいますよね。正直なところ、何歳でもプログラミングのスキルを磨くことはできるのですが、企業側が求めている人材はなるべく若くて優秀な人材です。会社の将来を考えれば当たり前なのですが、ボーダーラインとしては30歳前半まででしょう。

企業側は育成や、その人の「のびしろ」も含めて採用を考えています。30代後半で未経験の人と、すでに会社にいて経験がある30代前半の人なら、どうしても後者を優先します。したがって、転職は厳しくなってきます。

ですが、独自性や発想力など他のスキルが高い場合は話が別です。その企業が求めている人材になることができれば何歳からでも転職は可能になります。

未経験からプログラマーにはなれるがきつい現実もある

結論から言うと、未経験からでもプログラマーになる事は十分可能です。しかし、転職しやすい時代とはいえ、未経験からの転職にはきつい現実もあります。

もちろん無理ではありませんが、基本的にはスキルがないと転職は厳しいと言えます。プログラマーには技術力が必要になるため、転職成功したとしても努力をしていかなくてはいけません。

最近では、実務経験が全く無くとも自分の技術力やスキルを証明できる「成果物」を企業に提示することができれば、未経験からでもプログラマーになることはできます。

ただし、年齢によってある程度ボーダーラインがあったり、雇用形態が特殊な場合があったりと、IT業界ならではの細かい事情があったりもします。

なのでまずは、プログラマーとしての就職・転職を目指す前に、知っておくべきIT業界の知識やスキルをインプットしておきましょう。

未経験者にプログラマーの仕事はきつい?理由・実態と対策を解説!
更新日 : 2019年11月26日

未経験プログラマーが転職するために必要なスキルは?

プログラミングスキル

プログラマーにはなるには、プログラミングのスキルが必須になります。プログラミングにも多くの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

まずは、プログラミングの基礎からしっかり覚えていきましょう。

プログラミングとは?

プログラミングとは、簡単に言うとコンピュータに「こうやって動いて欲しい!」と伝えるための行動のことを「プログラミング」と言います。もう少し具体的に言えば、プログラミングとは、コンピュータが実際に理解できる言葉である「プログラム」を作っていくことです。

プログラミングとは?学習入門者向け「5分でわかる基礎知識」
更新日 : 2020年1月15日

プログラミング言語の種類

プログラミング言語は「フロントエンド言語」と「サーバーサイド言語」の2種類に大きく別けることができます。

プログラミング言語の種類

またプログラミング言語とは別に「マークアップ言語」「スタイルシート言語」があります。これらの言語も組み合わせてWebサイトやアプリは作られています。

もう迷わない!フローチャートでわかるプログラミング言語の選び方
更新日 : 2020年1月5日

おすすめのプログラミング言語は?

プログラミング言語は色々ありますが、初心者におすすめの言語もあります。

最初の言語選定は大事で、これを間違えると挫折してしまったり、自分の理想とするプログラマーを目指せない可能性もあります。

下記の記事を読んで、初心者におすすめの言語を把握してどの言語でプログラマーを目指すべきか参考にしましょう。

プログラマーにおすすめの言語は?学習手順や転職方法も解説!
更新日 : 2019年11月19日

プログラミングだけがプログラマーのスキルじゃない

プログラミングのスキルを身につければ、プログラマーになれると思っている方が多いかと思います。ですが、プログラミングのスキルは仕事の一部分でしかありません。

どの仕事でもそうですが、プログラマーも1人で開発しているわけではないので、クライアントとの連携やチームワークが重要になってきます。

他にも、

  • 問題解決能力
  • 自己管理能力
  • 企画力・発想力
  • コミュニケーション能力
  • 人材育成能力

など、仕事をする上で欠かせないスキルを身につける必要があります。総合的にスキルの高い人材が市場価値のある人になります。

プログラマー未経験者の転職に資格は必要なの?

結論から言うと、資格は必須ではありません。

  • プログラマーは資格や免許がなくても働ける
  • 資格より経験が重視される


などの理由で資格が必要ないと言われています。資格があっても100%転職に成功するわけではありません。プログラマーにとって資格が重要視されないのは、資格を持っていてもプログラミングができるようになるわけではないからです。

ですが、資格があると転職が有利になる場合もあるのは確かです。資格を取るにも目的が大事なので、なんのために資格を取るのかを明確にしてから習得のための行動をしましょう。

国家資格だけじゃない!持っていると有利になるプログラマー資格一覧
更新日 : 2019年7月2日

プログラマーに転職するための準備をしよう

まずはIT業界の基礎知識を身につけよう

まず、IT業界には大きく分けて

  • 事業会社
  • Sier
  • SES

この3つの種類に分類できます。それぞれ詳しく説明しますね。

事業会社

事業会社は自社でサービスなどを開発をしている企業などを指します。スキルが高く、ある程度自由にサービス開発ができる環境があり、自分のアイディアが企画で通った場合はそのサービスの開発を進めることも可能です。

相当なスキルと経験がないと、未経験からの転職は難しいでしょう。

Sier(エスアイヤー)

事業会社のサービス開発の手伝いなどをしている受託企業になります。事業会社(クライアント)の要件をこなす仕事が多いです。中には、サービス設計から考える仕事などもあるためやりがいのある仕事とも言えます。

エンジニアのスキルは高く、こちらもエンジニアのスキルと経験がある程度ないと転職は厳しいでしょう。

SES(エス・イー・エス)

SESとはシステムエンジニアリングサービスの略で、クライアント(事業会社 or Sier)に技術者を派遣する企業を指します。具体的には、クライアントのシステム開発や環境構築・運用をするためにエンジニアの技術(人材)を提供している企業です。

雇用形態は、派遣社員か正社員の2つがあるんですが、そのクライアントの要望によって異なります。未経験からの転職採用もしているので、入りやすい企業ではあります。

未経験の人向けにSESでもエンジニア育成などをしているのですが、未経験の場合だと最初は簡単な作業から(主にデバックと呼ばれるエラーチェック)からの仕事となるため、スキルを身に着けにくい環境であることが多いのが現状です。

SESでもスキルの高い企業はあるので、スキルを磨いてから転職をするのがおすすめです。

プログラマーに転職するなら自社開発企業を目指そう

IT企業にはプログラマー客先常駐の企業と自社開発の企業があります。客先常駐型の企業は、他社のプロジェクトにプログラマーを派遣します。派遣先から見れば、他所の社員でプロジェクトが終了すればいなくなる人材ですから、親身に色々教えてくれることは少ないです。

また、工数や納期が明確に定められていることが多く、一定のスキルが求められます。未経験で客先常駐型に入社してしまうと、誰も教えてくれない環境でいきなりプロジェクトに参加ということもあり得ます。

客先常駐型の企業はいわゆるブラック企業が多く、福利厚生が整っていない企業が多いです。求人では、育成環境完備など甘い言葉が書かれていますが、実際に転職すると薄い資料を渡されるだけといったこともザラにあります。

次に自社開発型の企業です。自社開発はその名の通り、自社でWebサービスやアプリ・ゲーム等を開発している企業です。自社開発の企業には、AmazonやYahooといった大手企業もありますが、スタートアップ企業も多くあります。

比較的に自由な社風の企業が多く、最新の技術を取り入れているため、技術力の高い人材が多いです。また、未経験からでもやる気がある人材ならば、1から育成しようという企業が多いため、長い期間でステップアップすることができます。

自社開発の企業は、福利厚生が整っていることが多く、中小企業でもホワイトな企業が多いため、未経験から転職先を探すならば、自社開発の企業を選択しましょう!

未経験におすすめのサイトと案件獲得のコツを知る

未経験者の人が案件を獲得するには、どの求人サイトで案件を探して募集するかが大事です。未経験者の案件が多い求人サイトもあるので、まずはおすすめの求人サイトから案件を探してみましょう。

以下の記事に、未経験者におすすめの求人サイトとそのコツを紹介しています。これから案件を獲得しようと考えている、プログラマー未経験の人はぜひ参考にしてみてください。

コツまで網羅!プログラマー未経験OKな求人転職サイト厳選5選
更新日 : 2019年1月10日

未経験からプログラマーになるための全手順

未経験からいきなりプログラマーに転職する

未経験からいきなりプログラマーに転職するのはおすすめできません。ですが、どうしても転職をしたいという人は、研修付きの企業への転職をおすすめします。

研修付きの企業へ転職できれば、プログラマーの基礎を学ぶことができます。

どんな研修が受けられるのか詳しく知りたい人は、以下の記事で確認してください。

Webプログラマーに人気の穴場IT企業ランキングおすすめTOP5
更新日 : 2019年4月2日
Webエンジニアの人材不足を解消できるIT研修おすすめ5選
更新日 : 2019年11月19日

独学である程度のスキルを身につけて転職する

独学で学習してプログラマーを目指す方法は以下の通りです。

  • 学習サイト
  • 書籍
  • 動画
  • 勉強会
  • 友人・知人に教わる


以下の記事に詳しく未経験からプログラマーを目指す方法について紹介しているので参考にご覧ください。

【キャリアアップ】未経験からプログラマー転職を成功させる全ノウハウ
更新日 : 2019年12月6日

ですが、まずはどの学習方法から始めるにしても、プログラミング言語の選定をしなくては学習を始められません。言語選定の方法は、サクッと1分程度で終わる「プログラミング学習プラン診断アプリ」を使って見てください。3つの質問に答えるだけで、サクッとあなたの学ぶべき言語や学習プランを診断致します。

転職サポートのあるスクールで学習をして転職する

プログラミングスクールに通いプログラマーへ転職するのも一つの方法です。

弊社「侍エンジニア塾」では、独学で学習する298名の人にアンケートを実施いたしました。その結果、独学での学習に挫折や行き詰まりを感じると答えた人は87.5%もいることがわかりました。


298名を対象とするアンケート

そう考えると、スクールで学習をしてプログラマーに転職するのが未経験の人にはおすすめと言えます。そのためには、転職保証が充実しているスクールに通うのがいいでしょう。ですが、転職保証の中にもいろいろなサービスがあり、

  • 転職成功で全額返金
  • 転職成功のためのカウンセリング
  • 転職できる企業を紹介してくれる


など、そのスクールによってもサービス内容が異なります。

どうせなら受講も0円で転職まで保証してくれるサービスがあれば、学習コストも抑えることができて学びやすいですよね。0円で学べるスクールも多く存在するのですが、選ぶのはとても大変です。

無料で学べるプログラミングスクールおすすめ14選!有料との違いも解説
更新日 : 2019年11月11日

弊社でも、0円から学べる「転職コース」をご用意しています。最初に掛かる初期費用を抑えることができて、転職までサポート致します。気になる方は下のボタンより詳細を御覧ください。

転職コースの詳細はこちら

プログラマー未経験者が転職に失敗しないためには?

プログラマー未経験者はある程度の実績を作ろう

プログラマへの転職は、技術力があるかどうかがとても大切です。技術力を証明するにはあなたが何をアウトプットしたかを見せる必要があります。

具体的には下記3点などが挙げられます。

  • あなたの作った作品を見せる
  • ブログなどで自分の学習の奇跡を記録する
  • qiitaなど技術ブログを寄稿する

やる気はもちろん大切なんですが、「やる気があるならどれだけ学習したのか、どれだけプログラムをかけるのか見せてよ」といのが面接する側の気持ちです。

まだあまり出来てないしと気にする必要はなく、現時点での精一杯を見せることが大切です。

自己分析して自分の強みを見つけよう

まずは、自分の譜読みが何かを分析しましょう。その強みを活かし職務経歴書がうまくかければ、相手にその強みが伝えることができます。

ですが、この強みがわからなくてうまく職務経歴書が書けない人が多くいます。そこで、自分の強み弱みを知るための一例をご紹介するので、参考に分析してみましょう。

面談対応はしたほうがいいの?

面接において重要なのは、質問に対してしっかり答えられるかです。

  • なぜその企業に応募したのか
  • プログラマーの仕事にやりがいを感じているか

などしっかり答えられるようにしましょう。

それと、面接では印象が大事です。受け答えに対してもはっきり答え、笑顔を忘れずに対応しましょう。

ポートフォリオを作成してスキルを証明しよう

スキルの証明をするためには、実績が必要だとこの記事でご紹介しました。その実績を証明する成果物を「ポートフォリオ」と呼びます。

そもそもポートフォリオって何?
ポートフォリオってどんなモノ作ればいいの?
ポートフォリオは本当に必要なの?

このように疑問に思っている人は、以下の記事を参考にしてみてください。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日 : 2019年11月18日

ですが、具体的な作り方や活用方法がわからないと、どのような成果物を残していいのかわかりませんよね。

弊社では、このポートフォリオを意識した「オリジナルWebアプリ開発」を徹底的にサポートしています。もし、どのようなポートフォリを作ればいいのか迷っている人は、一度「無料体験レッスン」を活用して相談してみましょう。

下のカレンダーより1分程度で予約できるので、気軽にお申し込みください。

まとめ

いかがでしたか?プログラマーが未経験者にとって、過酷な環境だということが分かって頂けたと思います。

しかし、対策をちゃんと取れば未経験から一流のプログラマーになることも出来ます。この記事を読んで「プログラマー」という職業について少しでもみなさんに伝われば嬉しいです。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説