スライドショースライドショースライドショー

Java転職の実態とは?需要や年収から未経験でも目指せるのか徹底調査


Javaエンジニアとして転職したいけど、需要あるのかな?
未経験だけどJavaエンジニアに転職したい…!未経験でも転職できる?

Javaは歴史が非常に長く、様々な分野で活躍している開発言語です。そのため今でも需要は高く、実務経験がなくても大丈夫な求人も多く存在します。

この記事ではIT業界でのJavaエンジニアの需要や仕事内容、そしてJavaエンジニアとして転職するために必要なステップについてご紹介します。

Javaエンジニアの実態調査

画像:Shutterstock

Javaエンジニアとして転職を探す場合はどのような仕事の内容、および年収が期待できるのでしょうか。Javaは歴史も長く、幅広い需要があることで有名ですが、現在どのような求人が存在するのかご紹介します。

Javaの仕事内容

Javaは活用できる場面が多く仕事の内容も様々ですが、大きく分けて主に以下の4つの仕事が存在します。

  • Webアプリケーション開発
  • Androidアプリケーション開発
  • 業務システムアプリケーション開発
  • PC用アプリケーション開発

Javaは数ある言語のなかでも汎用性の高い言語といわれており、様々な開発をする方には最適の言語です。また、仕事の種類が多いためJavaは長いこと需要の安定した言語としても活躍しています。

Javaで転職した場合の年収

Javaエンジニアの年収ですが、平均年収が500万円ほどと少し低めの水準になっています。ただし中には2000万円ほどの年収を得ている方もいるため、よりベテランになることで高い年収を期待できるようになります。

Javaの需要

Javaの需要は求人サイトにもよりますが、平均して1000件以上の求人数が見込めます。また、現在はスマートフォンアプリケーションの需要が特に高く、スマートフォンアプリケーションに関する求人の割合が多めになっています。

スマートフォンアプリケーション開発の需要は2020年まで成長すると言われていますが、Javaはスマートフォンアプリケーション開発意外にも需要があるため2020年以降も安定した求人数を期待できます。

Javaの将来性

画像:Shutterstock

Javaは今後も発展し続ける言語といわれています。ですが新しい言語の台頭によって、以前はJavaで開発していた案件が別言語に移行し始めているケースもあります。

そのためJava自体は高い需要を今後も保ちますが、仕事の幅を考えるとJavaのみでなく、複数の言語を扱えることでより安定して仕事を選べます。

未経験からでもJavaで転職できるのか?

Javaの業界は需要が安定していますが、Java未経験の方がJavaエンジニアとして転職する場合、どのような求人が存在するがご紹介します。

未経験からでも転職できる?

結論からいうと、Javaは未経験からでも転職できます。Javaは慢性的にエンジニア不足な一面があり、未経験OKという求人も常に一定数以上存在します。

未経験からのJava習得難易度

Javaは需要も高くおすすめの言語ですが、未経験からの習得は難しい言語です。その理由はJavaのエラー対応難易度の高さと、学習コストの高さにあります。

Javaのエラーは解決方法がわかりづらい場合が多く、高度なJava知識が必要となる場合があります。

また、Javaで開発する際はプログラミングの全体像の理解を求められる場合が多く、Javaで実務をする前にJavaを広く深く学習する必要があります。そのため、Javaの習得難易度は高めといわれています。

Javaで転職を成功させるためのステップ

画像:Shutterstock

それでは実際にJavaエンジニアとして転職するために必要な情報、流れをご紹介します。

転職の際には業界の基礎知識や開発スキル以外にもスキルを証明するための成果物や書類が必要となるためご注意ください。

IT業界の知識を深めよう

IT業界で既に働いている方は問題ありませんが、業務未経験の方はまずIT業界の知識を深める必要があります。IT業界と一言で行っても幅広い分野がありますし、特にJavaは業務の幅が広いため、IT業界に対する理解力が要求されます。

Web基礎スキルを身につける

Androidアプリの開発のみをする場合など、Web開発のスキルがあまり要求されないケースもありますが、Javaを用いた開発ではWeb側の開発が含まれていたり、Web開発の担当者と連携をとりつつ開発を進めるケースが多くあります。

そのため、Javaエンジニアとして転職する際はJava知識のみでなく、Web側の基礎的なスキルを学んでおくと良いでしょう。

プログラミングスキルを身につける

Javaエンジニアとして転職する際、当然ですがJavaでのプログラミングスキルが必要となります。先述の通りJavaはWebアプリケーションやスマートフォンアプリ開発など幅広い活用方法があるため、自分に適した開発をしてスキルを身に着けると良いでしょう。

サンプルを参考に成果物を作成する

Javaでの実務経験がある方は問題ありませんが、実務経験がない方はJavaのスキルを証明するための成果物が必要となります。

ですが実績をつけるために個人で開発する場合、企画やデザインなど開発以外のスキルを要求されるため難航する場合があります。そのような場合は参考書やネット上のサンプルをベースに開発を進めて成果物を作成することをおすすめします。

ポートフォリオを完成させる

転職時に必要となるのが成果物の情報をまとめたポートフォリオです。エンジニアとして業務経験がある方は今まで開発に関わったプロダクトの情報をまとめると良いでしょう。

業務未経験の方は個人で作成したアプリケーションや、GitHubのアカウントなどをまとめることをおすすめします。

特にJava未経験でJavaエンジニアとして転職する場合はポートフォリオのようなスキルを証明できる情報が大切なため、忘れずに用意しましょう。

Javaを身につけるための方法

画像:Shutterstock

それではJava未経験の方におすすめの習得方法をご紹介します。Javaは言語としての需要が高いためインターネット上での情報や、Javaに対応したプログラミングスクール数も数多くあります。

それぞれ一長一短ですので、ご自身の開発レベルや目的に適した方法で学ぶことをおすすめします。

独学

まずインターネット上の情報や書籍などを元に独学で学ぶ方法についてご紹介します。Javaは歴史も長く、人気も安定した言語のため書籍やJavaの入門サイトなど数多く存在します。

ですが先述の通りJavaは習得の難易度が高いため。プログラミング未経験者には独学での習得はあまりおすすめできません。他の言語での開発実績がある程度ある方でしたら、問題なく独学でJavaを習得できると思われます。

スクール

Javaはその需要な高さから、オンラインで学習できるスクールや月額無料で学習できるスクールなどいくつものスクールが存在します。

スクールではJavaの知識のみでなく、開発手法の基礎や、IT業界に関する情報も教えてくれるところがあるためプログラミングの未経験者や、IT業界での実務経験がない方におすすめの学習方法です。

【結論】Javaは年収が高く需要もあるが未経験からの習得難易度は高い

IT業界でのJavaエンジニアの需要や仕事内容、そしてJavaエンジニアとして転職するために必要なステップを紹介しました。

Javaは開発言語として需要が非常に安定しており、今後も一定水準以上の求人数と年収が見込まれます。ですがJava自体は習得が難しめな言語なため、プログラミング未経験者がJavaを独学で習得するのは難しいと思われます。

Javaは習得難易度が高いものの、現在Javaエンジニアが需要に対して供給が足りていない状態なため、習得するメリットは非常に高いと言えます。そのためもしJavaに興味がある方は是非チャレンジしてみることをおすすめします。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。