Java未経験者がゼロから仕事を獲得するまでに知っておくべきこと


未経験からJavaを習得するにはどうしたらいい?
習得したら仕事がある? 仕事を獲得するのに必要なことは?

プログラミング未経験の方で、これからJavaの学習を始めようと思っている方はおそらくこのようなことで悩まれる方が多いと思います。

結論からいうと未経験でもJavaを習得することは可能であり、仕事もできるようになります。

しかし、未経験から仕事を獲得するためには、まず始めにJavaでどんな仕事があるのかなど基礎知識を把握し、そこから逆算して効率よく学習を進める必要があります。

そこで本記事では、未経験からJavaを習得するために必要な基礎知識や、仕事内容、仕事の獲得方法まで解説していきます!

Javaとは何か

画像:Shutterstock

プログラミング未経験からJavaを習得するには、まず始めにJavaとは何なのか、Javaではどのようなものが作れるのかを把握しておきましょう。

Java(ジャバ)の大きな特徴として、JVMと呼ばれる仮想マシン上で動作する点が挙げられます。これによりWindows / Mac / Linuxなど、どんなOSのコンピュータであっても実行できるわけです。

このような背景から、Javaはデスクトップ向けのソフトウェア開発からWebアプリまで幅広く利用されており、特にAndroid向けのアプリ開発においてデファクトスタンダードになっていることでも知られています。

そのため、Java開発者の求人数も他の言語に比べて多いので、しっかりと学習してスキルアップすることで就職・転職にも有利に働く可能性があります。

その他、Javaの特徴的な機能やメリット・学習方法などについては、次の記事で詳しく解説しているので合わせて参考にしてみてください。

【初心者向け】Javaとは?言語の特徴や用途を専門用語を使わず説明
更新日 : 2020年7月15日

Javaではどんなものが作れるのか

Javaでは大規模開発から、小さなプロダクトまで幅広く開発できる万能な言語であり、主にJavaで開発できるものは以下の通りです。

  • 業務システム
  • Androidアプリ
  • Webアプリケーション
  • ゲーム開発


企業の業務システムによく用いられており、勤怠管理システムや、ATMなどの金融システムなど、我々がよく日常で使うシステムはJavaで開発されている場合が多いです。また、ゲーム開発の言語としても利用されており、有名なPCゲームである「Minecraft」もJavaによって開発されています。

結論として、iOSアプリや人工知能を除いては、ほぼ全てのシステムを開発できる言語です。

Java未経験者の求人

これからJavaを利用したプログラム開発をやりたいという意欲のある方は、求人情報を検索してみることをオススメします。

実は、Java開発が未経験であっても求人は存在しています。

IT業界は全体的に人手不足という背景もあり、さまざまな企業が未経験者であっても積極的に採用を始めています。というのも、企業ごとに独自の研修システムを構築していたり、スクールへの研修費用を支援するようなカタチで人材育成に取り組んでいるからなのです。

未経験者を採用する主な企業の取り組みは以下のとおりです。


未経験者を採用する企業の取り組み

経験の浅いエンジニアにはコードレビューをすることで実践的なスキルを身に付けさせたり、ベテランの社員とペアで業務するなど、さまざまな取組が行われています。また、最初はデバッグやコードのテストなど、未経験者でも仕事のしやすい段階から始める傾向も強いです。

慣れてきたらJavaプログラマーとして、開発・保守・運用まで幅広く業務を進めていくことになるでしょう。仕事内容としては、Webアプリケーション企画・開発、スマートフォンアプリ開発、金融系・業務系・医療系のシステム開発、サーバ・ネットワーク設計・構築などが多いです。

Java未経験者であっても他のスキルを持っていれば歓迎されることもあり、例えばLinuxの基礎知識やSQLなどのデータベース構築、AWSなどのクラウドサーバー開発知識などがあります。

Java未経験者が知っておくべき仕事事情

Javaエンジニアの年収

多様な開発を行うことができるJavaの気になる年収に関してですが、IT・Web業界特化の求人情報サイトである、Find Jobの調査によると、456万円と言うことがわかりました。

日本のサラリーマンの平均年収が441万円なので、それを少し上回る金額となっています。しかし、スキル次第では年収をもっとあげることも可能で、フリーランスとして活動すれば、もう少し年収をあげることも可能です。

Javaエンジニアの需要

次にJavaの需要に関してでですが、求人サイトで仕事の数を見てみると、非常に需要の高いプログラミング言語であると言えます。

求人サイトのIndeedの求人数を見てみると、2019年10月現在で約43,000件となっており、他のプログラミング言語であるRuby(10,286 件)、PHP(31,276件)を大きく上回っています。

他のプログラミング言語と比べても、開発できるプロダクトの幅が広いので、このような結果になっていると言えます。

Javaエンジニアの将来性

次にJavaの将来性に関してですが、これも非常に高いと言えます。

引用元:TIOBE Index https://www.tiobe.com/tiobe-index/

Web上での検索数を記録する「TIOBE INDEX」を見ると、2004年以降はずっと1位と2位を獲得しており、非常に人気があるプログラミング言語であることが分かります。

10年以上も前から非常に人気の言語で、2019年現在もその人気度と利用度は増え続けており、将来的にも需要の高いプログラミング言語です。

Java未経験者がゼロから勉強する方法

書籍で学ぶ


初めてJavaプログラミングを独学するなら、まずは書籍を利用して体系的に基礎知識を学ぶのが最適でしょう。

世の中にはJavaに関連した書籍がたくさん本屋に並んでいますが、特に初心者向けに最適なのは以下の3冊です。

  • スッキリわかるJava入門 第3版
  • 独習Java 新版
  • 新わかりやすいJava 入門編 第2版

スッキリわかるJava入門」は、累計40万部を超えるもはや定番とも言える入門書です。豊富な図解とキャラクターによる口語調の解説で、プログラミング手法やオブジェクト指向などが理解できるように構成されています。

独習Java」は、体系的に基礎知識をマスターできるように構成されている入門書です。オブジェクト指向の基本から応用、標準ライブラリの使い方、マルチスレッド、モジュール化などの特徴的な手法についてもしっかりと学べます。

新わかりやすいJava 入門編」は、独学で学習するプログラミング教材として開発されているのが特徴で、読者がわからない?と感じる点を無くすように徹底的にわかりやすく解説されている入門書です。図解と練習問題も豊富に揃っているのも魅力的でしょう。

Webサービスで学ぶ


書籍と並行してぜひ一緒に取り組んで頂きたいのはオンライン講座での学習です。

最近はさまざまなプログラミング言語の講座がネット上に公開されており、Javaのプログラミング学習も可能になっています。いくつか学習サービスがあるなかで、特にオススメしたいのが以下の3つです。(有料・無料含む)

Progate」は、スライド資料と実際に入力しながらプログラミングを学べるコードエディタが統合された学習システムを採用しています。Javaの基本的な構文の書き方やオブジェクト指向について学べるコースになっています。

Paizaラーニング」は、現役の声優陣を起用した動画でプログラミングを学べる講座スタイルが特徴的なサービスです。動画では基本的な解説を図解付きで学習し、そのあとにコードエディタへ実際にコードを入力して合否判定ができるようになっています。

Udemy」は、基本的に有料の講座を提供しているサービスですが、書籍と比べても遜色ないほどに体系的な情報が動画でまとめられているのが特徴です。Javaの基礎知識を学習できる講座から、実際のプロジェクトを開発するまでを教えてくれる講座まで幅広く揃っています。

勉強会に参加する


Javaを独学で勉強していると、途中で不安になったり疑問を解決できなかったりなどいろいろ困ったことも起こります。そんなときは、外に出て同じJavaユーザーと交流するのも重要です。

日本Javaユーザーグループ」のように、定期的なカンファレンスを開催しているグループもあれば、個人で勉強会を開催していることもよくあります。

例えば、「TECH PLAY」でjavaの勉強会を検索してみると、全国各地で定期的に開催されていることが分かります。Javaがメインでなくても、デベロッパー系のITイベントならどこかの1コマでJavaに関連した登壇が行われている場合もあります。

このようなイベントに参加して交流を深めると、勉強仲間ができるだけでなく質問をしたり、されたりすることでお互いのスキルを向上しあえるようにもなります。また、次回の勉強会に誘われたり、登壇を依頼されたりなどさらに交流を深めていくこともできるでしょう。

Java未経験で30代からでも仕事を得られるのか

画像:Shutterstock

まず独学でJavaエンジニアを目指す場合は少し工夫が必要です。以下の4つのことが必要になってきます。

  • ポートフォリオを充実させる
  • 転職エージェントを活用する
  • 地方ではなく都内で仕事を探す
  • コミュニティーに参加する

ポートフォリオを充実させる

まず始めに独学でJavaエンジニアを目指す場合は、ポートフォリオと呼ばれるこれまでJavaで作ってきたシステムや、書いてきたコードを実績とするものが必要です。

ポートフォリオは主に、Githubと呼ばれる、ソースコードの管理を行うサイトに記載するか、自分でポートフォリオサイトを作成し、そこに作った作品を載せるか、2つの方法があります。

Javaエンジニアの面接を行う際に、口で自分がどれだけコードが書けますと言っても、採用者は信じることができません。そこでポートフォリオを見せることによって、採用側はこの人にどれだけのスキルがあるのか可視化することができるので、採用される確率が上がります。

転職エージェントを活用する

Javaエンジニアとして転職する場合は、転職エージェントを活用するといいでしょう。

Javaを習得したからと言っても、Webアプリケーションが得意であったり、ゲーム開発が得意な人など様々だと思います。転職エージェントを利用することで、自分の得意分野やスキルに応じて、あなたに適した企業を紹介してくれるので、自分のスキルと企業とのミスマッチを防ぐことができます。

また、エージェント側で、この企業に転職するにはこれぐらいのスキルが必要などある程度把握しているので、希望する企業があれば、エージェントに相談した上で、足りないスキルを補うこともできるでしょう。

地方ではなく都内で仕事を探す

Javaエンジニアの求人を探す場合は、地方ではなく都内で探すようにしましょう。

Indeedで東京都内に絞って、Javaの求人を検索すると21,000件の求人があります。しかし、大阪で検索して見たところ4,700件と非常に少ないです。

東京では、圧倒的にJavaを扱っている企業が多く、また、Javaエンジニアの人材不足も深刻なので、地方よりも給料が高い傾向にあります。

コミュニティーに参加する

Javaエンジニアとして仕事を獲得するには、企業に就職するだけでなく、コミュニティーに参加してみることもオススメです。

コミュニティーに参加すれば、フリーランスJavaエンジニアの方がいたり、Javaのスキルを使って自身でプロダクトを開発している方など、普段会うことのできないエンジニアに出会うことができます。エンジニアは働き方が多様化しているので、コミュニティーに参加することにより、新たな仕事が見つかる可能性もあります。

Java未経験者が最短で仕事を獲得するには

マンツーマンスクール

画像:Shutterstock

プログラミングスクールに通って、Javaエンジニアを目指す方は、卒業後のキャリアを考えてスクールを選ぶ必要があります。

ただ単にJavaを教えてくれるスクールを選んでしまうと、卒業後に何をすればいいのか悩んでしまい、結果的にJavaエンジニアになれなかったり、学習を続けることができない状況になります。

スクール選びで重要なのが、転職サポート付きのスクールで学ぶことです。

転職サポート付きのスクールでJavaを学ぶと、卒業後そのままエンジニアとして働くことができるので、仕事が獲得できないリスクを回避することができます。

また、転職サポートを行なっているスクールの特徴として、企業が必要としているスキルを身につけることができるので、Javaそのもののスキルだけでなく、チーム開発に必要なスキルや、環境の構築など周辺知識も同時に学ぶことができます。

結果として、即戦力となるスキルを身につけることができるので、企業にJavaエンジニアとして転職した際には、すぐにプロジェクトに関われる人材になれます。

まとめ

未経験からJavaを習得するために必要な基礎知識や、仕事内容、仕事の獲得方法を解説しました。

Javaは比較的習得難易度の高いプログラミング言語ですが、将来性も高く、仕事もたくさんあるので、非常にオススメです。

未経験でも目標設定や学習計画を行えば習得することが可能です。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。