PHPで何ができるのか?具体的なサービスや活用事例を紹介!


PHPって何ができるの?
何でもできるって言われても、よくわからない……
PHPで作ったものの具体例とかない?

こんにちは。PHPのフレームワークではLaravelが好きなエンジニア・Techライターの平山です。

PHPではじめてプログラミングにふれる方が抱く疑問として、上のような何ができるの?というものがありますよね。この質問を受けると、多くの先輩エンジニアは「何でもできるよ!」と答えたくなるものなんです。

ですが、初心者にとっては具体的に何ができるのか知りたかったのに、何でもできるって言われても……となってしまいますよね。

そこで、この記事ではこの何ができるの?という疑問に具体例で回答していきます。基本的な部分から始まり、PHPの得意な部分、苦手な部分も紹介します。そして、実際に使われている海外・日本のサービスと、有名どころのCMSも紹介していきます。

CMSってなに?という方もじっくり理解が深められるようになっていますので、ぜひ楽しんで知識を深めていってください

PHPで何ができるのか?

まずは、PHPとはどんな言語で何が得意なのか、というポイントを見ていきましょう。

PHPはどんな言語?

PHPはPHP: Hypertext Preprocessor を省略したものと紹介されます。日本語化すると、PHPはハイパーテキストのプリプロセッサ。つまり、ハイパーテキストを作り出せるもの、という意味合いが名前に込められています。

ハイパーテキストとは、この場合、Webページを作成する言語であるHTMLのことと思っていただいて大丈夫です。

このことからもわかるように、PHPはHTMLを作成したり、Web上で動作するプログラムを作ったりといったWebで扱うことを得意とした言語です。

もし、あなたがWebを使った新しいサービス、たとえばAmazonのようなショッピングサイトやTwitterやFacebookのようなSNS、食べログのようなレビューサイトを作りたいのであれば、PHPは真っ先に検討すべき言語の1つといえます。

PHPはサーバサイド

また、PHPはWeb上の言語で分類するとサーバサイド言語と呼ばれる分類に入ります。

Webはざっくりと分けて、画面を見たり、表示されたものを操作するユーザー側のPCやスマホであるクライアント。そして、クライアントにWebページの情報を送ったり、クライアントの操作に対応した結果を送信したりする、サーバと呼ばれるコンピュータで構成されます。

クライアント側で動作するプログラミング言語をクライアントサイド、サーバ側で動作する言語をサーバサイドと分類します。

クライアントサイドの代表例は、先ほど紹介したHTMLやHTMLに動きをつけるために開発されたJavaScriptです。

サーバサイドは今回紹介しているPHPを筆頭に、Ruby、Python、Javaなどがあります。

余談ですが、JavaScriptとJavaはまったく別の言語ですので、プログラミングを学習する際は覚えておくといいでしょう。

サーバサイド言語は名前の通り、サーバで動作するための言語です。Webサービスを動かすためには、クライアントからの要望に応じて様々な処理をサーバが行う必要があります。クライアントの操作に応じて操作結果の画面を作り出したり、データベースからデータを引っ張ってきたりと、サーバサイド言語の役割は多岐に渡ります。

ですが、サーバサイド言語はサーバで運用されることが前提に作られており、クライアント側で動かすのには向いていません。できないことは無いですが、クライアントで動かすなら専門の言語を使ったほうがスムーズにやりたいことが実現できます。

クライアントサイドの仕事はWebの見た目を決めることです。HTMLで基本的な構造を設計し、CSSを使って装飾、JavaScriptを使って動作やクライアント側の処理を実装、という用にユーザー寄りの見た目がわかりやすい分野です。

デザインやUI/UXといったプログラミングに興味のある方は、クライアントサイドの言語を学んでみると楽しく学習できるでしょうね。

PHPの得意なことをまとめると

以上のことをまとめるとPHPはWebで扱うことを得意とした言語サーバサイド。クライアントには向きません。

また、Web以外の分野も向いていません。たとえば、WindowsPC上で動作するアプリを作りたいならC#、AndroidスマホならJava、iPhoneならSwiftという言語がそれぞれアプリ開発の基本になります。ですので、興味のある方はこちらも調べてみると良いでしょう。

こうやっていろいろな言語を見てみると、PHPって意外とできること少なくない?と思ったりしていませんか?

ですが、さにあらず。PHPは日本でも海外でも、多くのWebサービスを支えている重要な言語なんです。

得意不得意がある程度わかったら、次は実際に使われているサービスを見ていきましょう。

PHPを使ったWebサービスの例

この章ではPHPを使ったWebサービスの具体例を紹介していきます。

PHPを使っている海外の超有名サービス

まずは海外から見ていきましょう。海外では大規模なIT企業がPHPを使って成功しています。

たとえばFacebookは最も有名なPHPの利用企業でしょう。正確にはPHPを独自に改造したHackという言語を使っていますが、Hack自体がPHPのバリエーションとみなされているのでだいたい問題ありません。

他にも、ビジネスチャットツールとして最近大人気のSlack、デジタル百科事典のWikipediaもPHPを使っていることで有名です。

世界的に信頼のあるW3Techsという調査会社によると、サーバサイド言語の中でPHPの利用率は世界でなんと約80%を占めているのだそうです。

引用:W3Techs - World Wide Web Technology Surveys

日本の有名サービスもPHPを使っている

海外だけでなく、日本の有名サービスもPHPを利用しています。

有名なのが、レストラン検索サイトのぐるなび。この会社はエンジニア向けの情報の発信にも積極的で、以下の引用のように、PHPのフレームワーク、Laravelを導入しようとした際の顛末が紹介されています。

引用:ぐるなび エンジニアブログ


この他にも、学習系動画配信サイトのschoo、クラウドファウンディングのCAMPFIRE、レストラン口コミサイトのRettyなどもPHPを活用しています。

具体的にどのようなフレームワークをどんな風に使っているのかはセキュリティに関わる問題なので、詳しいことを紹介しているサイトはめったにありません。ですが、WhatRunsやBuiltWithといったツールの利用、Wantedlyなどの求人サイトの募集エンジニアから逆算などすることで、ある程度どの企業がどの言語でサービスを作成しているのかを類推することはできます。

興味がある方は、いろいろ調べてみると面白いですよ。

PHPを使ったCMSの例

最後にPHPを利用しているCMSの紹介をしていきます。

CMSはContent Management System の略で、日本語ではコンテンツ管理システムと呼ばれます。

CMSはWebコンテンツを構成するテキストや画像などを管理し、配信するためのシステムで、簡単にいうと、HTMLやサーバなどの知識が無くてもWebコンテンツを作ることができるシステムです。

ここでは有名どころであるブログ作成用CMSと、ネット通販で欠かせないEC用CMSについて見ていきましょう。

ブログCMS・WordPress

PHPについてよく知らない方でも、WordPress(ワードプレス)の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?WordPressは世界で最も普及しているブログ用のCMSです。

WordPressはPHPで作られており、内部をいじるためにはPHPの知識が必要になります。そのため、WordPressでブログを運営していたけれど、より凝ったことがやりたくなってPHPを学習し始めた、なんて人もいます。

ちなみにWordPressの世界普及率は凄まじく、世界中のすべてのWebサイトのうち、34%近くがWordPressで作られている、という調査もありました。

引用:W3Techs -Usage statistics and market share of WordPress for websites

なお、世界中のWebサイトの総数は17億個近くあるのだとか。

引用:Internet Live Stats - Total number of Websites

気の遠くなるような数値ですね。なお、いまみなさんがご覧の侍エンジニアブログもWordPressを利用しており、この数値にほんのわずかばかりの貢献をしていたりします。

プログラミングにはあまり興味がないけど、WordPressを使いこなしたい、もっと深く知りたい、という方にはPHPは学習する価値のある言語と言えるでしょう。

EC用CMS・EC-Cube

EC用のCMSで日本で一番有名なのはEC-Cubeでしょう。ネット通販に挑戦したことのある方なら一度は名前を聞いたことがあるはずです。ちなみに、ECとはElectronic Commerceの略で、電子商取引、つまりネット上での商品取引のことを指します。平たい話がネット通販ですね。

EC-Cubeはこの手のツールにしては珍しく日本製で、2019年現在もコミュニティが活発に活動しており、開発が進められています。このため、日本語の情報が多く、利用の際は安心して使うことができますね。

こちらもWordPressと同様、難しい知識が無くてもECサイトを構築することができます。機能追加もプラグインで行えるため、普通に使うぶんにはそこまでPHPの知識は必要ありません。

ですが、EC-Cubeには導入に専門知識が必要な部分もあり、専門の導入会社がビジネスとして存在しています。こういった導入会社に興味があったり、プラグイン開発で一儲けを企んだり、純粋にEC-Cubeを極めたいという方はPHPを学習する価値が高いと言えますね。

まとめ

いかがでしたか?

今回はPHPの基本から始まり、得意不得意、そして実際に使われているサイトやCMSを見てきました。

PHPは世界でも需要の高いサーバサイド言語であることがご理解いただけたのではないでしょうか?

この記事で興味が湧いてPHPの学習を始めよう、と思っていただけたのであれば筆者としてこれほど嬉しいことはありません。

お相手はPHPのフレームワーク分析がライフワークな平山がお届けしました。

LINEで送る
Pocket

SEからWebエンジニアへ転職した理由

侍エンジニア塾卒業生の小池さんは、以前は社内SEとして約5年ほど勤務していました。しかし業務内容は社内のヘルプデスク対応など、プログラムを書く仕事は全くなかったそうです。

SEながらプログラムを書けない現状に「将来仕事がなくなるんじゃないか」と不安を感じ、プログラミング学習を決意。

弊社スクールで学習し、無事ベンチャー企業のプログラマーとして転職に成功しました。そんな小池さんの学習法や転職体験談を伺いましたので、是非ご覧ください。

「プログラミングができないSEは仕事がなくなる」不安を感じたSEが未経験から転職成功するまで
更新日 : 2019年10月7日

書いた人

平山 晃

平山 晃

フリーのエンジニア・ライター。
プログラミング、ライティング、マーケティングなど、あらゆる手段を駆使して、
ハッピーなフルリモートワーカーを目指し中。

最近興味がある分野は深層強化学習。
積みゲー、積ん読がどんどん増加しているのがここ数年の悩み。
実は侍エンジニア塾の卒業生だったりします。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説