【現役エンジニア監修】未経験からエンジニアに転職するまでの全行程

こんにちは。エンジニア兼ライターとして働いている山下です。

エンジニアへの需要が高まるなか、あなたもIT業界未経験からエンジニアを目指したいと思っているのではないでしょうか。しかし未経験だと、

全くの未経験者がエンジニアに転職できるのかな…
エンジニアになるにはどんなことをすればいいの?
そもそもエンジニアってどんな仕事をしてるんだろう…

といった悩みや不安を感じますよね。

実際、エンジニアを目指すにはプログラミングを習得しなければならず、未経験者が知識0からエンジニアを目指すには時間が掛かってしまうという実状もあります。転職や就職は人生の1大イベント、誰だって絶対に失敗したくないですよね。

そこでこの記事では、未経験者がエンジニアを目指す際の不安要素を取り除き、エンジニアに転職するためにはどう行動すればいいのかをあなたにお伝えいたします。

また、未経験者がエンジニアになった後の収入面やキャリアプラン、実際に未経験からエンジニアになって活躍されている方の実例なども紹介するので、ぜひ最後まで読み進めてください。

なぜエンジニアを目指すべきなのか?


画像:Shutterstock

未経験者がなぜエンジニアを目指すべきなのか。まずはその理由をご紹介いたします。

まず、日本の現状を知っておきましょう。日本は現在、深刻なエンジニア不足に陥っています。

経済産業省の調査によると、2019年を境にエンジニアの供給よりも減少が上回り、その結果2020年には36.9万人も人材が不足すると予想されています。そのため、エンジニアとしてのスキルを身につければ転職が容易にできることになります。

では、実際の求人倍率を見てみましょう。厚生労働省が毎月算出、発表しているIT・通信(技術)系の求人倍率は8.45倍。この数値は単純計算で1人のエンジニアが8社の企業を選べるということです。

この倍率の高さから、いかにエンジニアが足りていないかが分かりますね。次にエンジニアの将来性についてです。

近い将来、多くの職業がAI(人工知能)に代替されるといわれています。将来的な安心を得るためには、AIでは出来ない領域の仕事につかなければなりません。

そこで選ばれるのがエンジニアです。IT業界の発達に伴い、今後もエンジニアの需要はどんどん高まっていきます。その時流にあわせ、現在20代〜30代の将来に主軸となる世代が、今からエンジニアとして経験を積む。それによって将来的にも非常に引き合いの多い人材になることができます。

未経験からエンジニアを目指す時の不安要素

画像:Shutterstock

未経験からエンジニアに転職を目指すには様々な不安がありますよね。特に20代後半以上の方にとって、未経験から他業種へ転職することは大きな決断です。

そこで、まずは未経験からエンジニアを目指す方の多くが抱えている

  • 年齢
  • 収入

この2つの不安についてご紹介いたします。

エンジニアになりたいけど、IT未経験だし不安だなぁ…

そう感じているあなたはぜひ参考にしてくださいね。

現実的に、未経験からエンジニアになれるのか?

未経験からエンジニアという他業種を目指す上で一番気になるのは、本当にエンジニアになれるのかということですよね。

結論からいえば未経験者でもエンジニアになることは出来ます。

しかし未経験の場合、年齢によって転職のハードルが上がってしまいます。特に32歳以上の未経験者となると、転職を独力で成功させることは非常に難しいでしょう。

20代後半から30代前半の方が未経験からエンジニアを目指すならば、時間も意識しなければなりません。最短でプログラミング習得からエンジニア転職までを叶えられるプログラミングスクール受講を視野にいれて考えたほうが良いでしょう。

大手プログラミングスクール5社の転職・就職サポートを徹底比較
更新日 : 2019年10月8日

未経験から入社してどのくらいで収入を増やせるのか?

エンジニアへ転職を志望する方の多くは、収入面の安定も求めているのではないでしょうか? エンジニアは他業種と比べて平均年収が高く、スキルさえあれば容易に収入を増やすことができます。

しかし、スキルや実績がほとんどない未経験エンジニアの場合は、最初から高収入という高望みは出来ません。

それじゃ未経験からエンジニアを目指すことのメリットなんてないじゃん……。

と思われるかもしれません。でも、これはあくまでも1年目の話です。

未経験でもキャリアプランを明確にして、キャリアのゴール設計をしておくことで、短期間で収入を増やすことが出来ます。例えば、弊社の卒業生のなかには、1年間現場で実績を積んで翌年には年収の高い自社開発企業への転職を成功させている人もいます。

この方は自分のキャリアを設計しました。1年目は実績を積み2〜3年で転職、5年目にフリーランスへ転向するという明確なキャリアプランを立て、日々を目的のために行動したことで見事に収入アップを実現しました。

このように、ゴールを明確にした上でキャリアプランを組むことで、未経験者でもエンジニアとして高収入を得ることが可能です。

キャリアプランが決まらない
そもそもゴールの具体的なイメージがまだない。

そんな方は弊社の無料体験レッスンをご利用ください。専属コンサルタントがあなたと相談し、具体的なキャリアプランを実現するためのお手伝いをさせていただきます。
侍エンジニア塾
無料体験レッスンの詳細はこちら

未経験からエンジニア転職を成功させるために必要なこと

画像:Shutterstock

ここからは、未経験者がエンジニアになるために必要なことをご紹介いたします。これからエンジニアを目指したいと考えている方はぜひ参考にして下さい。

まずはエンジニアのスキルを身につけよう

エンジニアになるために身に付けなければならないスキルは「プログラミング」です。

プログラミングとはなんぞや……?

という基礎の基礎から知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

プログラミングとは?学習入門者向け「5分でわかる基礎知識」
更新日 : 2019年10月9日

エンジニアを目指すと決めたら、まず独学で学習を始めましょう。最近では無料で学べる学習サイトの質も向上していて、独学でも基礎までは十分習得することが可能です。

独学で学習を始めるうえで特にオススメの学習サイトが「Progate」と「ドットインストール」です。まずはこの2つの学習サイトを使ってプログラミングに触れてみましょう。

こちらの記事では、ドットインストールを活用して実際にエンジニアになった方のノウハウをご紹介しています。学習前にぜひご覧ください。

ドットインストールで挫折せず2ヶ月で未経験からエンジニアになった話
更新日 : 2019年5月3日

エンジニアとして成功する人の特徴を知ろう

次にエンジニアとして成功する人の特徴を知っておきましょう。簡単に言えば、エンジニアとして成功する人は

  • 自分で考えて行動できる
  • セルフマネジメントができる
  • 小さなことにもきっちりと対処できる
  • コミュニケーション能力が高い
  • 臨機応変に対応できる

という特徴を兼ね備えています。とはいえ、自分だけでは判断がつきにくい部分もありますよね。

こちらの記事ではエンジニアにとって不可欠なプログラミングの適性について詳しく紹介しています。また、こちらの記事から実際に適性診断を受けることの出来るおすすめサイトも紹介しているのでご興味のある方は併せてご覧ください。

プログラミングが向いている人の特徴と適性検査ができるサイト3選
更新日 : 2019年10月8日

未経験者がエンジニア転職を成功させる5ステップ

画像:Shutterstock

結局エンジニアになるにはなにから始めればいいの?
未経験だからどう行動すればいいか分からない…。
具体的な行動プランを知りたい!

ここまで読んでいただいた方の中にはこのように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

安心してください。ここからはエンジニアとして転職するための、行動プランを詳しく解説していきます。これからエンジニアを目指す方はぜひ参考にして下さい。

どんなエンジニアになりたいかを決めよう

先程ご紹介したとおり、一口にエンジニアといっても非常に種類が多く業種によって全く必要なスキルが異なります。まず始めにどんなエンジニアになりたいのかを決めておきましょう。

ITエンジニアの種類に関してはこちらの記事でご紹介いたします。まだどんなエンジニアになりたいのか決めかねている方は併せてご覧ください。

なりたい業種は決まってるけど必要なプログラミング言語が分からない……

という方はプログラミング学習診断アプリをご利用下さい。最短1分であなたに必要なプログラミング言語を診断いたします。

さっそく診断してみる

エンジニアになるまでの期間を決めよう

どうでしょう。あなたがなりたいエンジニアの業種は決まりましたか?

業種が決まったら、いつまでに転職するのか明確な期間も設定しましょう。明確な期間を設定することで、いつまでに何をしておかなければならないのかより具体的な行動プランを立てることが出来ます。

急にそんな事を言われても細かく行動プランを立てるなんて出来ないよ……。

そんなあなたのために、目標達成のフレームワーク「SMARTの法則」をご紹介します。SMARTの法則とは、目標達成の実現可能性を最大限に高めてくれる目標設定法です。

  • Specific(具体性):目的より具体的で行動に移せる内容にする
  • Measurable(計量性):目標達成に近づいているか計測できるか
  • Achievable(達成可能性):達成できる現実的な目標か
  • Relevant(関連性):目標を達成することが何につながっているのか
  • Time-related(期限設定):期日が明確

という5つの要素で構成されています。目的を達成するために必要な、やるべきことを具体的に設定しましょう。

目標を達成する、または期限がきた段階で振り返りを行います。もし目標通りに達成できなかった場合、何が原因だったのか、どうすれば改善されるのかを考えましょう。それを繰り返していくことで、あなたのエンジニア転職までの行動プランは完成しているはずです。

例:プログラミングの基礎を学ぶ

  • Specific:平日2時間、土日5時間勉強する
  • Measurable:学習記録をつける
  • Achievable:平日2時間、土日5時間なら無理なく続けられる
  • Relevant:プログラミングスキルを身につけられる
  • Time-related:3か月

ポートフォリオを作成しよう

未経験者がエンジニアに転職するために必要なのがポートフォリオです。特に20代後半〜30代前半の方が転職を目指すとなると、より質の高いポートフォリオを用意しなければなりません。

ポートフォリオってエンジニアにも必要なの……?
そもそもポートフォリオってなに???

そんな方もいらっしゃいますよね。ポートフォリオとは「作品集」という意味で主にデザイナーがいままでの実績を証明するために用いられるのが一般的です。

エンジニア業界でのポートフォリオも、自身の実績やスキルを証明するためのものです。しかし経験者と未経験者のポートフォリオでは重視すべき項目が異なります。

経験者のポートフォリオで重視すべき内容は、以下のようになります。

  • いままでにどんなプロジェクトに参加したか
  • いままでに作成したアプリやサービス

自分が携わってきた仕事と実績が評価の対象となります。なかでも作成したアプリやサービスの、ユーザー数やプロジェクトの規模が重視されます。

しかし未経験者の場合、当然実務経験はありません。そのためポートフォリオに必要な内容は、

  • 0からどの位の作品を作れるか
  • コーディング技術があるか

という内容になります。デザインに凝ったポートフォリオよりも、誰が見ても分かりやすいコードで書かれているほうが評価されるので内部のコードにもこだわりましょう。

ポートフォリオ作成のポイントなどはこちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日 : 2019年7月18日

エンジニア向け求人メディアを活用しよう

プログラミングを習得しポートフォリオを作成したら、いよいよ企業探しです。

基本的には複数の求人サイトを併用することをオススメします。また求人サイトには「総合型求人サイト」「特化型求人サイト」があります。それぞれに特徴があるので自分にあったサイトを利用することが転職成功の鍵となります。

総合型はその名の通り多くの業種・職種を扱っている求人情報サイトです。業種や職種で限定されていないため、多くの求人を取り扱っています。

特化型は業種、職種、地域などに特化した求人を扱っています。総合型に比べると求人数は多くありませんが、その分業界に精通したアドバイザーが在籍しているなどサポートが充実している場合が多いです。

こちらの記事ではオススメの求人サイトを紹介しているので、あなたがコレだ! と感じたサイトを選んでみてください。

コツまで網羅!プログラマー未経験OKな求人転職サイト厳選5選
更新日 : 2019年1月10日

面接の対策を徹底的に行おう

求人サイトからあなたにピッタリの企業が見つかったら、面接対策は徹底的に行いましょう。

面接対策の鍵となるのは、

  • 志望動機
  • ポートフォリオ
  • 職務経歴書

以上の3つです。それぞれに質を求めて念入りに用意しておきましょう。

この中でも特にこだわりたいのが「職務経歴書」です。職務経歴書の質によっては面接の難易度は大きく変わるといっても過言ではありません。あなたがいままでどんな仕事に付いていて、どんな事を身に付けてきたか細かく記載しておきましょう。

志望動機に関しては、こちらの記事で詳しく紹介しているので合わせてご覧ください。

業界の裏事情!企業が未経験エンジニアに求める志望動機を極秘公開
更新日 : 2019年4月30日

未経験から最短距離でエンジニアへ転職するには?

画像Shutterstock

確実に転職したいならプログラミングスクールがオススメ

より確実に未経験者がエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールをおすすめします。

そもそもプログラミング自体、独学で習得するなら約1000時間が必要と言われているスキルです。転職活動もしつつ学習も並行して行うとなると習得難易度はぐっと上がります。

プログラミングスクールであれば、プログラミングの習得はもちろんのこと、多くの場合「転職支援」が付いています。そのため、プログラミング習得〜エンジニア転職までをより短期間で確実に行うことが出来ますよ。

弊社侍エンジニア塾では、転職希望者向けの「転職コース」を提供しています。

転職コースでは最短8週間で未経験からエンジニアへ転職することが可能です。しかも、こちらのコース通常438,000円かかる受講料を0円で受講いただけます。

2〜3ヶ月という短期間で、プログラミング習得から転職までを無料で行うことができるという大変お得なコースになっているので、ぜひご利用ください。

転職コースの詳細はこちら

スクール受講で未経験から転職を成功させた事例

本当にエンジニアになれるのかな……?
プログラミングスクールに通うなら絶対失敗したくない!

という方は、実際に未経験からエンジニアになり活躍されている方の成功事例をご参考ください。ここからは弊社「侍エンジニア塾」の卒業生をご紹介します。

27歳未経験から3ヶ月でエンジニア転職成功

侍エンジニア塾卒業生の成田竜輔さんは全くの未経験にもかかわらずわずか3ヶ月でエンジニア転職を成功させました。

地域活性サービスの事業経営者となることを目標に、IT,Webの知見をつけるため侍エンジニア塾3ヶ月コースの学習をスタート。現在は人気Web制作会社でエンジニアとして活躍されています。

成田さんの受講期間中の詳しい様子はこちらからインタビューした模様をまとめております。

27歳未経験から3ヶ月で7つのアプリ・サイトを作成

侍エンジニア塾卒業生の杉本さんは未経験ながら3ヶ月で7つのアプリ・サイトを作成。転職活動開始1ヶ月で6社の内定を得ることに成功しました。

杉本さんは高専にてプロダクトデザインを学び就職するも、企業と自分のやりたいことがマッチングせず退職。その後3年間海外で英語を学び、帰国後に侍エンジニア塾でプログラミング学習を開始しました。

上記の通り4ヶ月で6社の内定を獲得。現在は弊社システム部にてエンジニアとして活躍しています。

杉本さんの受講期間中の詳しい様子はこちらからインタビューした模様をまとめております。

未経験33歳が4ヶ月でフリーランスエンジニアへ

侍エンジニア塾の卒業生の市川 友哉さん。なんと学習開始から4ヶ月目のスクール在籍中、クラウドワークスから案件を獲得しフリーランスエンジニアとしてデビューしました。それからレッスンの時間に侍エンジニア塾の講師からアドバイスをもらい、実際に納品するまでの流れを経験。

受講期間中に合計3件もの案件をこなし、受講期間の内にでレッスン代を回収するほどの成長で侍エンジニア塾を卒業しました。現在も仕事を続ける傍らフリーランスエンジニアとしても活躍中です。

市川さんの受講期間中の詳しい様子はこちらからインタビューした模様をまとめております。

まとめ

いかがでしたか?

今回は未経験からエンジニア転職を考えているあなたのために、エンジニアになる上での不安要素や、実際にどう行動すればエンジニアになれるのか、IT業界の基礎知識と絡めご紹介しました。

仕事は人生の1/3を占めるといっても過言ではありません。その中でエンジニアという未知の業界に足を踏み入れるというのは勇気がいると思います。しかし、今後の将来性などを考えると、エンジニアという業種は非常に有望な職業です。

ぜひ未経験からのエンジニア転職を目指して一歩踏み出して下さい。

未経験からでもなれるかやっぱり不安……もっと詳しく聞きたい!
エンジニアを目指したいけど年齢を考えると悩む……

このように迷っている方は、侍エンジニア塾の無料体験レッスンを受講されてみてはいかがでしょうか? 無料体験レッスンでは、エンジニアになるための戦略だけではなく、侍式の学習ノウハウについてもお教えしています。

さらに無料体験レッスンを受講された方には豪華3大特典をご用意しています!

  • 「最短1ヶ月で開発ができる学習方法」電子書籍(非売品)
  • 効率的なオリジナル学習カリキュラム
  • 未経験の転職を可能にするキャリアサポート

遠方にお住まいの方もオンラインで体験いただけるのでご気軽に予約ください。

以下のカレンダーから約1分で予約できます。

LINEで送る
Pocket

最短でエンジニアを目指すなら侍エンジニア塾

cta_under_bnr

侍エンジニア塾は業界で初めてマンツーマンレッスンを始めたプログラミングスクールです。これまでの指導実績は16,000名を超え、未経験から数多くのエンジニアを輩出しています。

あなたの目的に合わせてカリキュラムを作成し、現役エンジニア講師が専属であなたの学習をサポートするため効率よく学習を進めることができますよ。

無理な勧誘などは一切ありません。まずは無料体験レッスンを受講ください。

無料体験レッスンの詳細はこちら

書いた人

ヤマシタ

エンジニア歴10年のフリーランスエンジニア。ITに関わるさまざまなコンテンツの企画・制作も行っています。
ITに関してはノウハウ系、ライフハック系、トレンド系など、200本以上の執筆経験があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説