プログラミングは独学で副業が可能!稼ぐまでの5つのステップ

この記事では、プログラミングを独学して副業を獲得するまでの手順をステップ形式でまとめました。

プログラミングを独学で勉強して、副業で稼げる?どれくらい稼げるんだろう?
効率よく独学で勉強する方法は?

特に、上記のような疑問をお持ちの方向けの内容になっています。

プログラミング指導実績2万名を超える当社のノウハウをもとにまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

株式会社SAMURAI

SAMURAI ENGINEER Blog編集部

日本初の現役エンジニア講師によるマンツーマン専門プログラミングスクールを運営。卒業生は累計28,000名以上。挫折しないプログラミングスクールNo.1にも選ばれています。2013年創業以来の運営で得た知見をもとに、プログラミング学習・スクールの選び方・エンジニアのキャリアについて専門的な立場から解説します。

まずは、プログラミングを独学して副業で稼げるといえる理由から順に解説していきます。独学から稼ぐまでの手順をすぐに知りたい方は、下記リンクからご覧ください。

プログラミングを独学して副業で稼ぐまでの手順へ

プログラミングを独学して副業で稼げる4つの理由

プログラミングを独学して副業で稼げる理由

稼ぐ金額によりますが、プログラミングを独学で勉強したあとに副業で稼ぐことは可能です。Twitterや個人ブログを検索することで、数多くの事例を見つけられます。

独学でも副業で稼ぐことができる理由は、下記の4つです。

  • プログラミング案件は豊富で需要が高いから
  • プログラミングには資格が不要だから 
  • プログラミングはパソコンがあればできるから
  • プログラミングを独学して副業で稼いでいる人がいるから

1つずつ詳しく解説していきます。

プログラミング案件は豊富で需要が高いから

プログラミング案件は豊富で需要が高い

1つ目の理由は、「プログラミング案件は豊富で需要が高いため」です。

副業で受けられるプログラミング案件は、数多くあります。実際にクラウドソーシングサイトでプログラミングの案件数を確認したところ、次のとおりでした。

クラウドワークス

  • システム開発:9,072件
  • アプリ・スマートフォン開発:1,585件
  • Web制作:11,822件


ランサーズ

  • システム開発:2,011件
  • Web制作:2,482件

ITの技術はまだまだ発展する見込みがあり、さらなる需要増加が見込めます。

需要増加の一方で、経済産業省が2019年に行った「IT人材需給に関する調査」によると2030年には約45万人のIT人材が足りないという発表もされています。

そのため、専業でのエンジニアでは人手が不足し、副業のエンジニアの仕事も増えてくることが予想されます。

プログラミングには資格が不要だから 

プログラミングには資格が不要

2つ目の理由は、「プログラミングには資格が不要なため」です。

プログラムを作るために資格は必要なく、誰でもプログラムを作ることができます。またプログラミング業界は実力世界であり、スキルがあれば仕事を受注することが可能です。

弁護士や税理士などの士業、医師や看護師などの医療係の職種は、仕事をするために資格が必要です。

一方でプログラミングを使った仕事は資格が不要なので、スキルさえあれば誰でも後述するクラウドソーシングサイト等に登録して案件を獲得することが可能です。

プログラミングはパソコンがあればできるから

パソコン
プログラミングはパソコンがあればできる

3つ目の理由は、「プログラミングはパソコンがあればできるため」です。

意外かもしれませんが、プログラミングはパソコンだけあれば作って動かすことができ、パソコンも家にある普通のWindowsのパソコンでOKです。さらに、プログラミングを行うために必要なソフトやツールは、基本的に無料で用意することができます。

そのため、パソコンさえあればプログラミングの学習を進めることが可能です。

プログラミングを独学して副業で稼いでいる人がいるから

プログラミングを独学して副業で稼いでいる人がいる

4つ目の理由は、「プログラミングを独学し、副業で稼いだ人が実際にいるため」です。

Twitterや個人ブログなどを検索すれば確認できますが、独学でプログラミングを学び副業で稼いている人が存在します。

そういった人は、プログラミングの勉強方法や実際に作ったポートフォリオ、技術的なことを発信しており、勉強の参考になりますよ。また、独学でプログラミングを学ぶ際の目安時間やどういった時間の使い方を行いで学んだのかなども紹介してくれていますので、ぜひチェックしてみてください。

プログラミングの副業で稼ぐことができる金額の目安

稼ぐことができる金額の目安

次に、プログラミングを副業で行った場合、どの程度の金額を稼ぐことができるのか紹介します。

プログラミングの案件と一口で言っても、下記のような案件に分けれます。

  • LP制作
  • サイト作成(WordPress)
  • システム開発

クラウドワークスで実際の案件を調べたところ、一つの案件で稼げる金額は概ね次のとおりです。

  • LP制作:1万~10万円
  • サイト制作:5万~20万円
  • システム開発:20~50万円

下のほうが難易度は高いですが、稼げる金額も大きくなります。

自分が副業で稼ぎたい目標金額を決め、どのレベルまで到達する必要があるのか確認しましょう。

プログラミングを独学で学び副業で稼ぐまでの5ステップ

副業でお金を稼ぐまでの手順

プログラミングを効率よく独学で学び、副業でお金を稼ぐまでの手順を紹介します。

プログラミングの学習は学ぶ順番を間違えると効率が目に見えて落ちるため、順序は非常に重要です。

今回は「プログラミング未経験者が月3万円を稼ぐ」という目標に対して、学ぶ内容と順番、それぞれどの程度の時間をかけるのかを紹介します。

  • プログラミング言語を決める
  • プログラミング学習サイトで手を動かす
  • LP(ランディングページ)を真似て作ってみる
  • 自分のオリジナルLPを作ってみる
  • クラウドソーシングサイトで案件を探す

1つずつ解説していきます。

1.プログラミング言語を決める

プログラミング言語を決める

期間目安:1日

プログラミングを学習する前に、プログラミング言語を決める必要があります。

プログラミング言語はそれぞれ得意な部分と不得意な部分が違うため、自分がやりたいことに合わせて選びましょう。

Web制作が副業として需要が多く稼ぎやすいため、特にこだわりが無ければWeb制作で使われる言語をおすすめしています。具体的には、下記4つの言語です。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP

CやJavaというプログラミング言語は、クラウドワークスで高単価の案件は多いです。ただし学習期間が長くなるため、初心者にはおすすめしません。

その他にもたくさんのプログラミング言語があります。

プログラミング言語別に何ができるかをまとめた記事はこちらです。ぜひあわせてお読みください。

プログラミング言語が丸わかり!超初心者向けに種類/できること/選び方を解説
更新日 : 2021年11月15日

2.プログラミング学習サイトで手を動かす

プログラミング学習サイトで手を動かす

期間:1ヶ月~2ヶ月

プログラミング言語が決まったら、次はそのプログラミング言語の基礎を学ぶために、学習サイトで手を動かして学習します。

プログラミング学習サイトとしておすすめなのは、次の3サイトです。

どのサイトを使って学習しても問題ありませんので、自分にあった学習サイトを使ってみてください。

他にもプログラミング学習サイトはさまざまな種類があります。それぞれの特徴や料金などは下記記事にまとめていますので、あわせてご確認ください。

専門家が選ぶプログラミング学習サイトおすすめ20選【無料&有料別】
更新日 : 2021年12月1日

初心者には本より学習サイトがおすすめな理由

勉強方法として本と学習サイトではどちらが良いか?という質問をよく受けます。

本と学習サイトにはそれぞれ良い面がありますが、初学者には学習サイトをおすすめしています。

プログラミングの本は専門的な内容が多いため、どうしても分厚い本になってしまい、難しさを感じて挫折してしまう人が多いです。また学習サイトは学習する内容を厳選し、効率よく重要な部分をピックアップして学ぶことが可能です。

本と違って常に最新の情報に更新されるため、古い情報で学ぶことがないのもメリットです。

3.LP(ランディングページ)を真似て作ってみる

LPを真似て作ってみる

期間:1~2ヶ月

学習サイトにてプログラミングの基礎を身につけることができたら、次は実際のLP(ランディングページ)を作ってみましょう。

実際のと言っても、すでに世の中にあるLPを真似して作ってみます。

LPとは
  • ランディングページ(Landing Page)の略で、特定の商品やサービスを紹介し、契約や売上につながるような訴求を行うページのことを指します。

世の中に出ているLPの多くは、エンジニアが作っているページです。

それが自分で作れるようになれば、LP制作について、現役エンジニアと同じことができるという証明になり、稼げるレベルまで到達できるということになります。

真似するLPは、あなたが興味を持っているLPでOKです。思い当たるものがなければ、さまざまなLPを集めたサイトがあるため、ここから選んでみてください。

※参考:Web Design Clip

LPを真似て作る際は100点を目指さない

ここで重要なポイントをお伝えします。

プログラミング全般に言えることですが、プログラミングで100点を目指すことはおすすめしません。

LPとして見た目は同じでも、さまざまな実装方法があります。お手本のLPと自分が作ったLPを比べて、見た目どおりに実装できていれば良く、すべて同じ内容でプログラミングをする必要はありません。

また、プログラミングの内容をすべて暗記する必要もありません。

わからないところは、Googleなどで検索しながらプログラミングができれば十分です。逆に暗記をすると、いつでもそのやり方に縛られて作ることになるため、おすすめしません。

4.自分のオリジナルLPを作ってみる

自分のオリジナルLPを作ってみる

期間:1~2ヶ月 

LPのコピーができるようになってきたら、自分のオリジナルLPを作ってみてください。オリジナルのLPとして、自分の好きな商品を1つ選んでその商品を紹介するLPをつくってみましょう。

オリジナルのLPを制作することで、次のようなスキルを身につけることができます。

  • セールスライティング
  • Webデザイン
  • 画像加工 など

オリジナルのLPをいくつか作成できたら、それを自分が制作できるポートフォリオとして活用するためにまとめておきましょう

ポートフォリオを持っておくことで、自分のスキルを証明できます。ポートフォリオの重要性については次の記事にて紹介していますので、ぜひご覧ください。

エンジニアのポートフォリオとは?未経験者に必要な訳と作成ポイント
更新日 : 2021年10月18日

5.クラウドソーシングサイトで案件を探す

クラウドソーシングサイトで案件を探す

オリジナルのLPが作成できるようになったら、実際にクラウドソーシングサイトにて案件を探しましょう。

Web制作案件を獲得するには、下記のクラウドソーシングサイトを利用することをおすすめします。

案件を選ぶポイントは、「制作する内容や工程を想像できない案件への応募はNGですが、やれるか少し不安というような少し背伸びしたらできそうな案件へは応募する」という点です。Web制作の案件を通じてレベルアップをするというくらいの気持ちで仕事を探すと、仕事を行っていく上で幅も広がっていきます。

また案件への応募は1件だけではなく、数十件応募しましょう。応募した中でも、受注につながる案件は数件になります。

逆に、そこまでたくさん応募しないと仕事を受注することは難しいです。

ちなみに、Web制作の案件は知人やSNSでも獲得可能です。知人のお店やサービスのホームページを制作したり、SNSで仕事を募集している人を見つけて応募したりしてみましょう。

ここまでの内容はLP制作を軸として勉強法をご紹介してきましたが、他の教材や挫折を避ける方法などは以下記事に詳しくまとめていますのでご覧ください。

プログラミングを独学でマスターできる勉強法【おすすめサイトや本も紹介】
更新日 : 2021年10月8日

独学に限界を感じたらプログラミングスクールを検討しよう

これまで紹介してきたとおり、プログラミングを独学で学んで、副業で稼ぐことは可能です。

しかし、以下のような理由から途中でやめてしまう人が多いのも事実です。

  • 分からないことが多く行き詰まる
  • モチベーションが保てない
  • 勉強する時間が確保できない

弊社が独自に実施したプログラミング学習に関するアンケートでは、独学でプログラミングを学ぶ人のうち、途中でやめてしまう人は90%にものぼります。

独学でのプログラミングが難しいと思った人は、ぜひプログラミングスクールを検討してみてください。

プログラミングスクールに通うと、質問や相談できる環境を確保でき、学習の進み方が大きく違ってきますよ。

このブログを書く当社でもオンライン型のプログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER」を運営しています。

当スクールは経験年数3年以上の現役フリーランスエンジニアを中心とした講師陣が、

  • あなたの現在のプログラミングレベル
  • 目的・目標
  • 学習進度

などに応じて最適なカリキュラムをオーダーメイドで作作し、同じ講師が質問・相談・ビデオレッスンにも対応します。

徹底的に挫折の原因をつぶすレッスン体制を整えており、しかもレッスン中から副業の案件獲得をサポートしています。

現役のフリーランスエンジニアから直接ノウハウを吸収し、最短で副業案件を獲得したいなら、まずは無料カウンセリングで気になる点や疑問などを解決してみてください。

無料カウンセリングはこちら

この記事のおさらい

以上、本記事ではプログラミングを独学で勉強し、副業で稼げるのかという疑問についてお答えしました。

独学するステップを守って学習することで、副業で稼ぐことは可能です。

ただし独学でプログラミングを勉強する場合、挫折する人が多いのも事実。独学で学習をはじめて継続が難しいと感じたら、スクールの活用を検討してみてください。

プログラミングを独学で勉強し、副業として稼ぐことは可能か?

可能です。ただし勉強する必要があるため、一定のハードルはあります。

プログラミングを独学して稼ぐためにはどう進めればいい?

以下5つのステップで進めることをおすすめします。

1.プログラミング言語を決める
2.プログラミング学習サイトで手を動かす
3.他のWebサイトを自分で作ってみる
4.自分のオリジナルLPを作ってみる
5.クラウドソーシングサイトへ登録して案件を探す

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
Close