未経験も可能!インフラエンジニアへの転職に必要なスキルや求人例を紹介

未経験でも、インフラエンジニアに転職できる?
インフラエンジニアの転職先の選び方は?

未経験からインフラエンジニアになることは可能ですし、今よりも条件がいい職場で働きたいという方もいるのではないでしょうか?

この記事では、インフラエンジニアの勤め先や需要状況や年収、転職サイトや転職エージェントの使い方について解説していきます。この記事が、インラエンジニアとして次の一歩を歩み出すきっかけになれば幸いです。

そもそもインフラエンジニアとは

画像:そもそもインフラエンジニアとは

インフラとはインストラクチャーの略で、生活や産業を支え経済活動を営む上で必要不可欠な社会基盤のことを指します。例えば電気やガス、上下水道をはじめ、道路や鉄道、空港、通信網などの公共的・公益的な設備や施設の提供と整備など。

ITの分野では、情報システムを稼働・運用するために必要なコンピュータなどの機材や設備、それらを設置する施設や機器、通信回線、ネットワーク、ソフトウェアなどをITインフラと呼びます。このITインフラを設計・構築し、運用監視、保守・点検を実施するエンジニアをインフラエンジニアと呼びます。

インフラエンジニアは、主にサーバー関連を担当するサーバーエンジニアと、ネットワーク関連を担当するネットワークエンジニアに分けられます。

サーバーエンジニアとは

主にサーバーの構築、管理、運営を行います。クライアントの希望をマッチした容量・機能のサーバーを選定し導入。サーバーが正常に稼働するよう配線作業やOS、サーバーアプリケーションのインストールを実施します。

ネットワークエンジニアとは

こちらはクライアントの希望を元に、ネットワークの設計、要件定義、構築から保守・運用までを担います。

サーバーを構築・運用・点検するサーバーエンジニアとの違いは、個々のコンピューターをつなぐためのネットワークシステムを構築・運用する点。サーバー同士をネットワークでつなげるのがネットワークエンジニアの仕事になります。どちらの分野にも精通すると、インフラエンジニアとしてキャリアアップしていけるでしょう。

インフラエンジニアの主な勤め先と役割

画像:インフラエンジニアの主な勤め先と役割

インフラエンジニアの主な勤務先はどのような企業なのでしょうか。チェックしてみましょう。

大手Sler

Sler(エスアイアー)とはシステムイングレーターのことを指し、システム開発にまつわる全ての業務を引き受ける企業のことです。

Slerはクライアントの要望に合わせてシステムを構築・運営しますが、すべてのSlerがクライアントから直接注文を受けているわけではありません。直接プロジェクトを受注しているのは、一握りの大手Slerと独自の強みを持つ一部の中小Slerのみ。これらの企業がいわゆる上流と呼ばれるポジションにいると言えます。

大手Slerの仕事は、主に要件定義から設計まで。現場でのシステム構築を行うことはほとんどありません。プロジェクトマネジメントがメインなので、コミュニケーション力や調整力、折衝能力などが求められます。

中小Sler

大手Slerから打診される案件に参加することが多い中小Sler。中規模のSlerが設計・構築・テストを、小規模Slerは保守・運用という具合に、多くの場合業務が分担されます。そのため、勤務先によって仕事内容が限られてしまいます

一方、大手Slerと同じようにクライアントから直接受注している中小Slerもあります。関わる範囲やその会社やプロジェクトの内容によって変わってきますが、要件定義・設計・構築・テスト・運用保守まですべてを行う会社も少なくありません。このような会社なら、さまざまな経験を積んで成長していけるでしょう。

Web業界

一般的なWeb業界の企業で働くインフラエンジニアも少なくありません。Web業界でのインフラエンジニアの仕事は、社内システムの管理・運用がメインとなります。企業によっては、Webサイトの管理・運用、セキュリティ、ビックデータの活用、デバッグ、パソコンの設定といった業務を担当することもあります。

新システムの立ち上げに関しては、外部のSlerに委託することがほとんどです。社内のインフラエンジニアが開発や構築に関与することはごく稀と考えた方が良いでしょう。

ゲーム業界

スマホゲームやコンシューマーゲーム(家庭用ゲーム)でオンラインを介した遊び方が増えている今、サーバーやネットワークの構築が求められています。

ゲーム業界でのインフラエンジニアの仕事で求められているのが、オンラインゲームで必要なサーバーやネットワークの構築です。このほか、ゲームデータの管理や保存、課金システムの構築と管理など、ゲーム業界ならではの仕事も多くあります。

一般企業のIT部門

一般企業のIT部門やシステム部門で働くインフラエンジニアの業務は、社内システムの運用がメイン。規模が小さい会社なら、パソコンの設定、社内システムやWebサイトの管理、セキュリティ対策、ビッグデータの活用などなど、社内のIT関連業務全般を任されることもあります。

新システムの立ち上げに際は、Web業界のインフラエンジニアと同じく、外部のSlerに委託することがほとんどなので、社内のインフラエンジニアが開発や構築に関与することはごく稀です。

インフラエンジニアの需要状況と年収

引用元:経済産業省 IT人材供給に関する調査(概要)https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/gaiyou.pdf

このグラフは、経済産業省が公表しているIT人材の「不足数」(需要)に関する試算結果です。IT人材のニーズの拡大によりIT関連市場規模は今後も拡大していくことが予想され、2030年の時点で低位シナリオで約16万人、高位シナリオで約79万人もの人材が不足すると予測されています。

企業のITインフラの根幹を支えるインフラエンジニアのニーズはとても高く、業務に関わるさまざまな資格の取得によってスキルが目に見えるため、評価されやすいのがポイント。また電気やガス、鉄道のように止めてはいけないインフラを扱う仕事ですから不景気に強く、求人が常に安定してあるというメリットもあります。

需要は大企業ほど高い

企業規模が大きくなるほどインフラ設備が大がかりになり、セキュリティにも注力しなければなりません。このように、インフラへの投資が多額になる大手企業ほどインフラエンジニアの需要が高くなります。

インフラエンジニアのニーズが高い大企業ですが、働く側にとってとても大きなメリットがあります。それは、基本的な年収レートが高いこと。高い年収を得ながら働きたいなら大手企業で働くのがおすすめです。

引用元:厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査企業規模別 https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/dl/04.pdf

これは、厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査企業規模別の統計です。大企業は常用労働者1,000人以上、中企業は100〜999人、小企業は10〜99人で、それぞれの男性の平均年収は493.5万円、402.6万円、341.8万円、女性の平均年収は、304.9万円、272.2万円、244.7万円という結果に。

男女いずれも、企業規模が大きいほど賃金のカーブの傾きが大きくなっており、このカーブの傾きはIT業界にも当てはまると言っていいでしょう。

求人が安定してある

このグラフは、求人検索エンジン求人ボックス上に掲載されていた求人件数をグラフにしたもの。月ごとに多少の変動はあるものの、全体的には右肩上がり。2020年のコロナ禍においても、求人数が増加しているところにも注目したいところです。

未経験からインフラエンジニアに転職できるのか?

このようにインフラエンジニアは常に高い需要があるため、慢性的に人手不足の傾向が続いています。スキルがあるインフラエンジニアはもちろん、成長意欲が高い人材を育てたいという企業はもちろん、未経験者を採用する企業も増加傾向にあります。学ぶ姿勢さえあれば、スキルアップやキャリアアップのチャンスはとても多い職種と言えるでしょう。

それに今、インフラエンジニアに求められるスキルに変化が生まれています。AWS(Amazon Web Services)をはじめとしたクラウドサービスが広がりを見せており、新しい技術に対応できるスキルが求められています。今から学び始めても即戦力として活躍できる可能性が高まっていると言って良いでしょう。

未経験歓迎の求人例

大手グループのシステム設計に携われる未経験歓迎の求人です。

引用元:マイナビ転職 https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-86493-2-16-1/

こちらは直接受注の案件がほとんどという企業の求人です。

このように、大手転職求人サイト上には未経験歓迎のインフラエンジニアの求人が多くあります。安定して求人があるので、焦らず自分の未来予想図やライフスタイルに合った企業を選べるのがいいですよね!

インフラエンジニアに求められるスキルと資格

画像:インフラエンジニアに求められるスキルと資格

インフラエンジニアを目指すにあたり、自分にどういったスキルがあれば採用されやすいのか知っておきたいですよね!ここでは、未経験者と経験者に向けて、必要なスキルや資格を解説していきます。

未経験者の場合

「未経験からインフラエンジニアに転職できるのか?」の項目ですでに説明した通り、ITインフラのクラウド化が進み、インフラをプログラミング言語のコーディングによってインフラを制御する業務が誕生しています。そのため、これからインフラエンジニアを目指すならプログラミング言語を学ぶのがおすすめ。

これから学ぶのにおすすめの言語は、以下の3つ。

  • Python
    コードがシンプルで初心者にも学びやすい言語です。インフラ業務の自動化などで使うことが多いので、インフラエンジニアにも人気があります。
  • Ruby
    日本人エンジニアが開発したプログラミング言語です。日本語の資料やサイトが充実しているので、学びやすい学習環境が整います。Pythonと同じく、インフラ業務の自動化などで使うことが多いのでおすすめの言語です。
  • Java
    ITエンジニアの登竜門的な国家資格の「基本情報処理技術者試験」の午後の問題で選択できる言語の一つ。資格取得を目指すならぜひ学びたい言語です。PythonやRubyに比べるとやや難易度が上がりますが、習得しておくとほかの言語を学ぶ際に役立ちます。

言語のほか、資格取得もおすすめします。未経験者には、次の4つの資格の取得をおすすめします。

  • ITパスポート(国家資格)…難易度★☆☆☆☆
    ITスキルを身につけたい人を幅広く対象にした試験。受験資格は特にないので、誰でも受験できます。基本情報処理技術者の一つ前の段階として位置づけられています。
  • 基本情報処理技術者(国家資格)…難易度★★☆☆☆
    基礎的なITスキルをはじめ、プログラミングやネットワーク、データベース、セキュリティといった、ITエンジニアなら最低限知っておきたい幅広い分野を網羅した試験です。試験は春と秋に実施。
  • Linux技術者認定LinuCレベル1(ベンダー資格)…難易度★★☆☆☆
    特定非営利活動法人LPI-Japanが開発・管理するLinux技術者試験。サーバー系の知識が問われる試験です。レベル1〜3があり、レベル1はエントリーレベル。試験番号101と102の両方に5年以内に合格すると認定されます。
  • シスコ技術者認定CCNA(ベンダー資格)…難易度★★☆☆☆
    シスコシステムズ社が実施する技術者認定試験。ネットワークに関する基礎知識が問われるネットワークエンジニアにとって、登竜門ともいえる資格です。試験はCBT方式で、自分の都合のいい日に受験日を設定できます。

それぞれ上級の資格がありますので、さらに上の資格を取得し、インフラエンジニアとしてのキャリアも年収も上げていって下さい!

経験者の場合

引用元:経済産業省 IT関連産業の給与等に関する実体調査結果 https://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf

インフラエンジニアは、担当する工程によっても平均年収に幅があります。

経済産業省の IT関連産業の給与等に関する実体調査結果(平成29年8月21日)によると、IT保守(顧客向け情報システムの保守・サポート)の平均年収は592.2万円、IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用)608.6万円、IT技術スペシャリスト(DB・NW・セキュリティ等特定技術)758.2万円。所属している企業、携わるシステムのほか、エンジニアが持つスキルによって、得られる年収が大きく変わります。

今求められるのは主に、以下の4つに関するスキルや知識。

  • サーバー・ネットワーク・OSに関する知識とスキル
  • プログラミングスキル
  • セキュリティーの知識
  • クラウドに関する知識

データベースといったソフトウェアに関するスキルに加えて、最近広がってきているクラウドサービスに関する知識やスキルがあるインフラエンジニアのニーズは、非常に高まっています。こうした急速な環境の変化に対応しいち早くスキルの習得ができれば、さらに多くの場面で求められるインフラエンジニアへと成長していけるでしょう。

このような仕事に必要な知識を体系的に身につけるため、以下のようなワンランク上の資格を取得するのもおすすめ。

  • 応用情報処理技術者
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • Linux技術者認定 LinuCレベル3
  • シスコ技術者認定CCIE

インフラエンジニアが取るべき資格にはベンダー資格のほか国家資格もあり、取得すれば知識やスキルが身についている客観的な証明にもなるのでおすすめ。さらにコミュニケーションスキル、企画力、ITマネジメント力なども求められます。エンジニアとしてのスキルはもちろん、ヒューマンスキルも技術的なスキル同様バランス良く身につけ、名実ともに頼られるインフラエンジニアを目指しましょう!

転職時に使いたい転職サイト&エージェント

画像:転職時に使いたい転職サイト&エージェント

転職を考えたとき、真っ先にチェックするのが転職サイトではないでしょうか。最近では、転職エージェントを利用して転職するエンジニアも増えています。ここでは、転職サイトや転職エージェントの選び方・使い方を紹介します。

IT業界に強い転職サイトを利用しよう

転職サイトの求人は、企業が掲載費を払って掲載しています。わざわざお金を払って載せるなら、良い人材が集まるサイトを選びたいと考えるのが自然ですよね。

そのため、IT系の求人が豊富な転職サイトには同じ業界の求人が多く集まる傾向があり、条件がいい非公開求人も。この数が多いほど、企業と転職サイトの信頼関係がしっかりできていると考えられます。そういったサイトを利用して、転職先を選ぶといいでしょう。また、非公開求人の中には、転職エージェントとリンクしているものも多くあります。

求人件数が公開・非公開ともに多く保有するdoda、IT業界に特化した転職サイトレバテックキャリアは、真っ先にチェックしたい転職サイトです。エージェントの利用を考えているなら、マイナビAGENTリクルートエージェントがおすすめです。

未経験や第二新卒からインフラエンジニアを目指すなら、ワークポートという転職サイトも見逃せません。転職相談サービスのきめ細やかな対応に定評があるうえ、IT業界の求人数が非常に多いため、自分の希望にマッチした転職先を見つけやすいでしょう。

転職支援を活用しよう

「トラブルが起こったら、休みの日や夜中にも呼び出される!」というブラックなイメージがつきまとうインフラエンジニアですが、優良な転職エージェントやプログラミングスクールがブラックな職場を紹介することはほぼありません。未経験者や、こういった状況から抜け出したいと考えているインフラエンジニアが転職を目指すなら、大手転職エージェントの利用や転職支援があるプログラミングスクールで学ぶこのがおすすめです。

インフラエンジニアになりたいなら、私たち「侍エンジニア塾」の無料体験を一度受けてみてはいかがでしょう?無料体験では、プロのキャリアアドバイザーが対応。あなたの話をじっくり聞いた上で、エンジニアになる夢を実現するためのオーダーメイドカリキュラムを作成して徹底的にサポートします。

先ほどご紹介したプログラミング言語を学習できるプランはもちろん、転職に成功すると実質無料になる「転職コース」も用意しています。未経験からインフラエンジニアを目指したい、インフラエンジニアとして安心して気持ちよくスタートを切りたい方は、ぜひ無料体験を利用してみてください!

無料体験レッスンの詳細はこちら

まとめ

今回は、インフラエンジニアの転職事情についてお伝えしました。インフラエンジニアは未経験にも門戸が広がっており、求人数的には引く手あまたの職種。新たなスキルが求められ常に刺激があり、成長意欲や学ぶ姿勢がある方には興味深く取り組める仕事です。ぜひチャレンジしてみてください!

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

おすすめコンテンツ

まずはここから!初心者でも1から学べるプログラミング入門カリキュラム

転職成功で受講料0円!あなたもプログラミングを学んでエンジニアデビュー