インフラエンジニアへの転職!なり方をエンジニアが詳しく解説

インフラエンジニアに転職する手順が知りたい
インフラエンジニアに転職するために必要な準備は?

これからインフラエンジニアへの転職を検討している人は、このように感じることもありますよね。

この記事では、インフラエンジニアの転職市場を解説したうえで、必要なスキルやロードマップを解説します。また、おすすめの転職サイトやエージェントなど転職サービスも紹介します。

インフラエンジニアになるには、念入りな準備が必要です。この記事を読めば必要な対策がわかります。

未経験からインフラエンジニアに転職は可能! 

未経験でもインフラエンジニアになれる

未経験からインフラエンジニアに転職することは可能です。インフラエンジニアはネットワーク環境整備やサーバーなどインフラ構築が仕事であるため、企業を中心に需要があります。

もちろん、未経験からインフラエンジニアに転職するのは簡単ではありません。

しかし、しっかりスキルを身につけたうえで成長意欲や社会人スキルをアピールできれば、十分就職できます。最近では人手不足などの理由で未経験者を採用する企業もあり、インフラエンジニアにチャレンジできる土壌はあります。

また、インフラエンジニアはさまざまなスキルが求められます。そのため、クラウドエンジニアやネットワークエンジニア、マネジメント職などキャリアアップ・チェンジの選択肢も多いのです。

長期的にエンジニアとして活躍したい人にもおすすめの職種といえます。

【2022年】インフラエンジニアの転職市場

インフラエンジニアの需要は高く、転職求人も比較的豊富です。インフラエンジニアは企業のサービス基盤となるネットワークやサーバーなどの整備を行う仕事です。

従来のハードウェア構築の仕事に加え、最近ではクラウドサービスに移行したい企業が増えており、インフラエンジニアが求められています。また、Webサービスを立ち上げる個人事業主なども増えており、インフラエンジニアの活躍の場は多いです。

年収相場は約370~700万円であり、一般的なエンジニアの年収とそこまで変わりません。ただ、年収には差があり年齢やスキルによって異なるため、年収をアップしたい場合はスキルアップも検討しましょう。

インフラエンジニアの需要や年収については次の記事で解説しています。ぜひ、参考にしてください。

インフラエンジニアの需要は?今後の予測や必要なことを解説
更新日:2022年11月14日
インフラエンジニアの年収は?1000万も可能?年代・性別・経験別に紹介
更新日:2022年11月14日

インフラエンジニアに必要なスキル

skill
インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキルには、技術スキルとビジネススキルがあります。

必要な技術スキルは次の4つです。

  • サーバーの構築・運用スキル
  • ネットワークの構築・運用スキル
  • セキュリティ対策スキル
  • インフラ全体の設計スキル

インフラエンジニアにはネットワークやサーバー、セキュリティ対策スキルなど幅広い知識が求められています。いきなりすべてを習得するのは難しいため、少しずつ学習していくのがおすすめです。

ビジネススキルは次の2つです。

  • ヒアリング&提案スキル
  • マネジメントスキル

ビジネススキルは、未経験者でも社会人経験があればアピールしやすいです。インフラエンジニアに転職するために必要なスキルを詳しく知りたい人は、次の記事を参考にしてください。

インフラエンジニア必須のスキルを完全網羅!スキルチェックシート付き
更新日:2022年11月14日

インフラエンジニアへ転職するまでのロードマップ

インフラエンジニアへ転職するまでのロードマップは、次のとおりです。

  • ステップ1 ネットワーク&サーバーの知識を身につける
  • ステップ2 資格を取得する
  • ステップ3 転職活動をする

まずは、ネットワークやサーバーなど必要なスキルを習得する必要があります。学習は独学でもできますが、インフラ関連に必要となる知識範囲は非常に幅広いため、スクールを利用すると効率的です。

また、学習の一環として資格取得もおすすめです。資格は転職時にアピールポイントになるため、一石二鳥ですね。

転職を成功させるには、スキル習得以外に履歴書・職務経歴書・面接対策など転職対策も必要になります。

未経験からインフラエンジニアになるのは簡単ではありません。しかし、これらの準備がしっかりできれば未経験からでもインフラエンジニアを目指せます。

【2022年最新版】未経験からインフラエンジニアになるための完全ガイド
更新日:2022年11月16日

インフラエンジニアにおすすめの転職サービス

自分に合う企業を探し転職するには、転職サービスをうまく利用することが大切です。ここでは、インフラエンジニアにおすすめの転職サービスとして、転職サイトと転職エージェントを解説します。

インフラエンジニア向けおすすめ転職サイト3選

使いやすい転職サイトを利用することで、効率よく求人探しができます。ここでは、インフラエンジニア向けのおすすめ転職サイトを3つ紹介します。

  • doda
  • レバテックキャリア
  • Paiza転職

doda

引用元:doda

「doda」は転職求人全般を扱う求人サイトです。有名サイトだけあって使いやすく、勤務地・年収・働き方などで自分に合う求人を探しやすくできています。

年間休日数や在宅勤務可能な求人、残業時間などかなり細かい条件検索もできます。

転職ノウハウやイベント・セミナー情報なども掲載されており、インフラエンジニアに転職するときに必要な情報を入手するのにも向いています。

レバテックキャリア

「レバテックキャリア」は、ITエンジニア向けの転職サイトです。

ITエンジニア向けの転職サイトだけあって、インフラエンジニアの求人が探しやすいです。職種や言語から検索できるため、自分に適した仕事を見つけられます。

求人が探せるだけでなく、転職サポートなどエージェントサービスも利用できるため、効率よく転職を再考させたい人におすすめのサイトです。

Paiza転職

引用元:Paiza転職

「Paiza転職」はITエンジニア専門の転職サイトで、特徴的な選考方法を導入しています。

たとえば、スキルチェックで一定のスコアを出せば、書類選考なしで面接に進めます。また、スキルチェック時に作成したコードは自己PRにも使用可能です。

転職サイトでこうしたサービスを提供するサイトはあまりないため、コードを評価してほしい人におすすめのサイトです。

インフラエンジニア向けおすすめ転職エージェント3選

インフラエンジニアに転職する場合、転職サイトを使い自分で求人を探すことも可能です。しかし、それとは別で転職エージェントを利用して、効率的に転職活動をする方法もあります。

ここでは、インフラエンジニアにおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

  • マイナビITエージェント
  • リクルートエージェント
  • ワークポート

マイナビITエージェント

「マイナビITエージェント」は、就活サイトで有名な「マイナビ」が運営するITエンジニア向け転職エージェントです。

IT業界の転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しており、利用者のスキルや経験に合わせてサポートしてくれます。

面接対策や履歴書の添削、面接日程の調整代行なども依頼できます。はじめての転職で、サポートをしっかり受けたい人におすすめです。

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、就活サイトを運営するリクルートが運営する転職エージェントです。

IT特化型の転職サイトではありませんが、各業界に精通したアドバイザーが在籍しています。はじめての転職での悩みを解決しながら進められるのは魅力的です。

求人に関しては、一般転職サイトに掲載されていない非公開求人が10万件(2020年8月時点)あるそうです。求人数が豊富なため、たくさんの選択肢から自分に合う企業を選びたい人におすすめのエージェントです。

ワークポート

引用元:ワークポート

「ワークポート」は、利用者の希望を第一に考えた転職サポートが魅力的なエージェントです。

転職コンシェルジュとしっかりヒアリングを重ねたうえでその人に合う提案を行うため、自分に適した企業への転職を実現しやすいです。

IT業界に精通したコンシェルジュもいるため、インフラエンジニアになりたい人にも向いています。面接・履歴書対策などが充実している点も魅力ですね。

インフラエンジニアに転職するならSAMURAIの転職保証コースもおすすめ!

インフラエンジニアになるための学習や転職活動は1人でもできます。しかし、SAMURAI ENGINEERの「転職保証コース」を利用すればより効率的に転職を目指せます

転職保証コースの魅力は次の3つです。

  • 挫折率の低さ
  • マンツーマンレッスン
  • キャリアサポートなど

入学から卒業まで講師のマンツーマンレッスンが受けられるため、分からないところもすぐに解決できます。

転職サポートも充実しており、面接対策や履歴書の作成方法など、はじめての転職でも困らないようにサポートしています。

サービスは気になるけど利用するか迷っている人向けに、無料カウンセリングも実施しています。気軽に参加してください。

無料カウンセリングはこちら

ちなみに、インフラエンジニアへの転職を成功させた事例を次の記事で紹介しています。

未経験からITエンジニアへ転職!社内研修とプログラミングスクールの併用で即戦力へ
更新日:2022年11月6日

まとめ

今回は、インフラエンジニアに転職するために必要なスキルや転職の手順、おすすめの転職サービスなどを解説しました。

インフラエンジニアへの転職を成功させるには、まずネットワークやサーバーなど専門スキルを習得しなければいけません。そのうえで、転職サービスやプログラミングスクールなどをうまく活用すれば、効率的に転職を成功させることができます。

未経験からインフラエンジニアに転職するのは簡単ではありません。しかし、インフラエンジニアは需要がある仕事でもあるため、ぜひ前向きにチャレンジしてくださいね。

プログラミング学習の挫折率は約90%と言われています。学習を成功させるには、モチベーションを維持して成長を実感できる環境が必要です。

侍エンジニアなら「現役エンジニア講師」、「学習コーチ」、「Q&A掲示板」のトリプルサポート体制であなたの学習をサポートするほか、オーダーメイドカリキュラムで必要なことだけを学べるため、さまざまなランキングでNo1という実績を挙げています。

挫折せず最短でプログラミングを習得したいなら侍エンジニアがおすすめです!

詳しくはこちら

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI TERAKOYA

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら
ページ上部へ戻る
Close