http://www.sejuku.net/blog/wp-content/themes/voice_child/images/samurai_logo.png 侍エンジニア塾が運営するプログラミング入門者向け学習情報サイト

【絶対理解できる】Gitとは?特徴やできることまとめ!

兵政和
書いた人 兵政和


侍エンジニア塾ブログは、未経験からWebアプリ開発と仕事獲得をサポートする
侍エンジニア塾のオウンドメディアです。
プログラミング学習を覗き見

こんにちは!侍ブログ編集部の兵政和です!

最近よく聞くようになった「Git」
Gitは、エンジニアだけではなく、WEBデザイナーやWEBライターなど、今やITに携わるほとんどの方の必須知識となりました。

しかし、そんなGitですが、わかってるようでいまいちピンときていない方も多いのではないでしょうか?

なので今回は、Gitとはなんなのか?を、専門用語を少なめにシンプルに解説していきます!

これを読めば、今まで何を見ても理解できなかったGitの概要がすっきりわかるでしょう!

これからGitを使っていこうとしている方には、まず目を通してほしい内容になっていますので、是非参考にしてみてください。

そもそもGitとは?

shutterstock_414679273

まずは、Wikipediaでの説明をみてみましょう。

gitは、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムである。Linuxカーネルのソースコード管理に用いるためにリーナス・トーバルズによって開発され、それ以降ほかの多くのプロジェクトで採用されている。

gitでは、各ユーザのワーキングディレクトリに、全履歴を含んだリポジトリの完全な複製が作られる。したがって、ネットワークにアクセスできないなどの理由で中心リポジトリにアクセスできない環境でも、履歴の調査や変更の記録といったほとんどの作業を行うことができる。これが「分散型」と呼ばれる理由である。 / wiki

ちょっと小難しく聞こえますよね。
大丈夫です、まずはなんとなくでも触れていきましょう。

この解説をかみくだいて説明すると、Gitはリーナスさんというすごい人が作ったもので、オフラインでもプログラムの編集などができて、その変更履歴も管理できる。
といったようになります。

なんで生まれたの?

shutterstock_390425545

Gitとはなんなのか?を理解していく上では、なぜ生まれたのか?を知っておくと理解が早いでしょう。

世の中になにか新しいものやサービスが生まれる理由は、困りごとを解決するためです。

Gitに関しても、その困りごとや解決する方法を知ることで、使い方のイメージがわきやすくなります。

ファイル編集で困ってた

例えば、みなさんはあるファイルを編集前に戻す時にどうしますか?

一番簡単なのは、前もって編集前のファイルをコピーしておく方法です。
この方法の場合、ファイル名に編集した日付を追加しておくことが多いですよね?

しかし、ファイルを編集するごとに自分でファイルをコピーするというのは大変で、間違いも起こしやすくなります。

さらに、適当に名前を付けてしまった場合、どのファイルが最新のものか区別できない時があると思います。

チーム作業でも困ってた

チームで共有して作業しているファイルでは、編集者の名前を入れておくこともあります。

しかし、どのような変更を行ったか簡単にはわかりませんよね?

また、チームで共有しているファイルの場合では、二人で同時に編集してしまったために、先に編集した人の変更内容が消えてしまったという経験はないでしょうか。

このような問題を解決するために作られたのが、Gitという仕組みなんですね。

Gitの特徴は?

これまでの管理システムでは、サーバー上にある1つのフォルダを、利用者が共同で使っていました。

なので利用者が増えると、上で説明しているような問題が起こってしまい、整合性を維持することが大変だったんですね。

Gitの最大の特徴は、「分散型」と言われるとおり、自分のパソコンに全ての変更履歴を含む完全なフォルダの複製を作成できるということです。

これはつまり、元フォルダのコピーを手元に置いておけて、自由に編集できるということです。

Gitでなにができるの?

shutterstock_309067889

これまでの説明をまとめて、Gitでなにができるのか、なにが嬉しいのかをご紹介していきます。

ファイルの変更履歴が管理できる

Gitを使えば、「◯月◯日に、◯◯さんが◯◯を変更した」という変更履歴を管理できるので、ファイル名をいちいち変更して保存しておく必要がなくなります

ファイルが増えないので、自分のフォルダがすっきりしますね。

過去のファイルに戻せる

ファイルを編集していて、「あ、やっぱり変更前に戻したいな」って時ありますよね。
Gitを使えば、変更履歴をそれぞれ管理しているので、いつでも任意の時点のファイルに戻せます。

なんでも管理できる

Gitで管理できるのは、プログラムのソースコードだけではありません。
詳細な違いまでは管理できませんが、Excelファイルや、画像など、あらゆるファイルを管理できます。

チームで共有できる

ネット環境を使えば、同じチーム内の仲間とファイルの変更履歴などが共有できます。
複数人で仕事をやる時に起こりがちな問題なども回避することができます。

Gitを使う場面は?

629513078

プログラミング

ここまで説明してきたとおり、プログラミングでソースコードを書くときに利用されます。

また、先述したようにバージョン管理がしやすく、チームでプログラミングを行う場合にGitはよく使われています。

Webデザイン

Webデザイナーの方も利用するようになってきました。

Gitは、テキストデータの変更履歴を管理することが得意です。

Webデザイナーが作成するHTMLCSSもテキストデータですから、GitとWebデザインも相性が良いことが分かりますね。

Webライター

実はWebライターも利用が始まっています。

遠隔地で原稿を書くWebライターが、後述するGitHubBitbucketを活用して、原稿を納品していくケースがあります。

Webライターが取り扱うデータは、テキストデータが主ですから、やはりGitと相性が良いというわけです。

Gitの機能を使えるアプリはあるの?

520492693

Git

Linuxで動作するGit以外に、Windowsで動作するGit for Windowsや、Mac OSで使用するためのインストーラーも用意されていますので、好きな環境で利用できます。

ここまで触れてきませんでしたが、GitはCUIツール(コマンドラインツール)です。

CUIというのは、黒い背景の画面に、キーボードでコマンドを入力して操作するインターフェースのことです。

そういった操作に慣れた方には使いやすいのかもしれませんが、Windowsなどでメニューをクリックして…といった操作に慣れていると使いこなすのは難しいですね。

この記事では、あえてGitのコマンドを紹介しませんが、Gitのコマンドって…とどうしても気になる方は、以下の2つの記事をご覧ください!

Git Bash

Git for Windowsをインストールすると、Git Bashというツールもインストールされます。

Git Bashは、Windowsのコマンドプロンプトと同じようなツールで、Linuxでよく使用されているlsコマンドなどを利用できます。

正確にはGitの機能を使えるアプリというわけではなく、Gitを活用するシェルスクリプトを、Windowsでも使えるようにするためのツールと考えると良いでしょう。

やっぱり、CUIから離れられないのか…と思ったあなたには次のツールをオススメします!

SourceTree

Gitの機能を使えるアプリケーション(GUIツール)です。

CUIで操作する必要がほとんどなくなるスーパーツールです。

SourceTreeは、以下の記事でも紹介しています。本当にオススメですから、ぜひご覧ください!

GitとGitHubは同じもの?

344824130

GitGitHub同じものではありません。

GitHubの使いかたを紹介する上で、Gitの使いかたも紹介しなければいけなくなりますから、いろいろな記事を読んで混乱してしまうのもわかります。

みんな一度は通る道です。せっかくなのでここで違いをしっかり把握しておきましょう。

GitHub

GitHubは、このGitの仕組みを利用して、世界中の人たちがプログラムコードやデザインデータなどを保存できるウェブサービスです。

運営しているのはGitHub社(日本法人はギットハブ・ジャパン合同会社)です。

GitHubは以下の記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

Bitbucket

Bitbucketは、GitHubに似たウェブサービスで、Atlassian社(日本法人はアトラシアン株式会社)が運営しています。

BitbucketはGitHubと比べてシンプルに抑えてあるので、GitHubはゴチャゴチャして嫌…という方にはBitbucketをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?
Gitとは?という概要からGitの特徴、Gitを使ってできることなどを説明してきました。

Gitがあれば、作業中に出てくるストレスを減らして、作業効率をグンとあげられるでしょう。

この記事を参考に、これからGitを使いこなしていって頂ければ嬉しいです!

関連記事


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


未経験者でも安心の徹底サポート!まずは完全無料の体験レッスン!

「プログラミングに興味があるけど未経験だし、、、」とお悩みの方はご安心ください。

  • 24時間質問し放題
  • あなただけのオーダーメイドカリキュラムで学習の効率化
  • 仕事獲得方法からオリジナルアプリ開発方法

侍エンジニア塾では徹底したサポートによる「オーダーメイドカリキュラム」を作成しています。

まずは無料体験レッスンで、「挫折しない学習方法」や「あなただけの学習ロードマップ」を知り、学習の効率化をしましょう。独学の難点である「オリジナルアプリの作り方やエラーの対処法」についてもアドバイスさせていただきます。

詳しいサービス内容は、下記よりご参照ください。

cta_mtm1

非常識な結果を出した卒業生

活躍する現役エンジニア

人気記事セレクション

LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

兵政和

兵政和

フリーランスコンサルタント。侍メディア事業部でのメディア運営・ライター業務なども担当。好きなショートカットキーは、command + w。愛機はMac Book Air。漢字は違うけど、名前がキングダムしがち。