【入門者必見】WEBアプリ開発言語を選ぶべき3つの理由

eyecatch_template

プログラミングを学びはじめる以前の問題として

「そもそもどのプログラミング言語を学べばいいのか?」

という問題があります。

この「言語を選ぶ作業」(以下、言語選定)で抑えておきたい重要なポイントが有ります。

それは

『どのプログラミング言語を選ぶかで今後のエンジニア人生が決まる』

といっても過言ではないことです。

どのプログラミング言語を学ぶかによって、出来ることや、働ける業種、将来性など大きく変わってきます。また、難しい言語を選んでしまうと挫折しがちです。

そのような点から「選択を間違えたら時間を無駄にしてしまうかもしれない」「自分のやりたいことと違っていたらどうしよう」と考えて、迷ってしまうことはごく自然なことなのです。

そんな言語選びを迷っているあなたに、言語選びに失敗しないコツをご紹介します。

はじめに

どうしても迷ってしまう方へ

言語選定を迷ってしまうことは仕方がないことです。

なぜなら、まだ言語を使ったことがないですしプログラミングもしてないからです。

ですが、迷っている間は学習をはじめることができません。

重要なことは、学習をはじめてプログラミングができるようになることです。

なぜこういうことが言えるかというと、「1つの言語を習得してプログラミングができるようになれば、他の言語の習得も非常に容易になる」からです。

いってしまえば、間違ったプログラミング言語を選んでしまったとしても、他の言語も学習してしまえば問題ないともいえるのです。

プログラミングができるようになれば、他の言語を学習して転職するなど人生を変えることも容易になります。

まずは思い切って言語を選んでみましょう!

言語選びに失敗しないコツ

「そう言われても、言語選定で人生が決まるっていうくらいでしょ?なら失敗したくないじゃないか」
「実際に使ったことないから言語の違いもよく分からないし、選びようがないじゃないか」

と言われる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、最初の言語選定ができるように、選ぶコツをご紹介します。

それは「WEBアプリ開発言語を選ぶようにする」ことです。

いまプログラミング言語を迷っている方は、「WEBアプリ開発言語」を選んで学習をはじめることをおすすめします。

では、なぜWEBアプリ開発言語を選ぶべきなのか、順番に解説していきます。

WEBアプリ開発言語を選ぶ3つの理由

1. 必要な知識がスマホアプリに比べて少ない

shutterstock_244951207

スマホアプリ言語は初心者におすすめできない

アプリといえば、スマホアプリ!

と連想されるぐらい、スマホアプリは有名です。

ですので、プログラミングを学び始める最初の言語にAndroidアプリが作れる「Java」やiPhoneアプリが作成できる「Swift」を選ぶ人も多いでしょう。

しかし、これは言語選択に迷っている方にはあまりおすすめできません。

スマホアプリ言語がおすすめできない理由

なぜかというと、スマホアプリはどんどん高機能になっており、WEBの知識なしでアプリを作る機会がほとんどないからです。

サーバーと通信するアプリを作成する場合は、「スアホアプリの知識」「WEBの知識」の両方必要になりますので、習得に倍以上の時間が必要になるでしょう。

よってWebアプリの方が必要とされる知識量が少ないため、習得にかかる時間がスマホアプリに比べて少なくなります。

そのため、スマホアプリを作るプログラミング言語を学ぶよりWebアプリを作るプログラミング言語を学ぶことをおすすめします。

2. 汎用性が高いこと(作れるモノが多いこと)

shutterstock_343843892
「汎用」とは、「広くいろいろな方面で用いること」という意味があります。

なので、最初に学ぶプログラミング言語は汎用性の高い言語を選ぶべき、と言われれば、何を当たり前なことを…と怒られてしまうかもしれません。

しかし、意外と多くの方が、この「汎用性の高い言語」を選べていない現実があるのです。

特定のコンピューターに依存する言語は選ばない

1つ例を出してみると、「Objective-C」という言語が挙げられます。

Objective-CはiPhoneアプリやiPadアプリを作るプログラミング言語として有名な言語です。

しかし、Apple製品のアプリを作ることを得意としているので、特定のコンピューターに依存していることになります。

他の製品のアプリを作ろうとすると、違う新しいプログラミング言語の知識を要求されるので、「汎用性が低い」といえます。

一方でWEBアプリ言語はインターネットさえ繋がっていれば、どのコンピューターでも動かすことができるため汎用性が高いといえます。

3. 習得が容易であること

shutterstock_339199169
プログラミングの挫折率は90%以上と言われています。

ただでさえ、スキル自体の習得ハードルが高いのに、学習難易度の高いプログラミング言語を選んでしまう限りなく100%に近い確率で挫折してしまいます。

例えば、C#やJavaなどはWEBアプリも作ることができ、それ以外でもPCやスマートフォンなど特定のコンピューターに依存しないアプリを何でも作ることができます。

そのため、これらは非常に汎用性があり人気もある言語です。

汎用性が高すぎる言語は習得が難しい

しかし汎用性があまりに高い言語は規模が大きく、統合開発環境の複雑な操作、多彩に渡るライブラリやフレームワークの使い方などを覚える必要が出てきます。

ちょっと難しい言葉を使ってしまいましたが、「とにかく覚えることが多すぎるので難しい!」ということです。

アプリを作る上で要求される知識量が多いため、途中で挫折してしまう方が少なくありません。

その反面、WEBアプリだけを作る言語であれば必要最低限の知識で済みますので習得が容易です。

WEBアプリ開発言語の選び方

以上3つの理由で、迷った時はWEBアプリが開発できる言語をおすすめします。

かなり重要なので、改めておさらいで書いておきます。

  • 必要な知識がスマホアプリに比べて少ない
  • 汎用性が高い(作れるものが多い)
  • 習得が容易である

の3つです。

WEBアプリ開発言語の種類

ただ、ここでもう1つ問題があります。

WEBアプリ開発言語も実はたくさん種類があるんです。

ざっと挙げるだけでも、

  • Ruby
  • PHP
  • Python
  • JavaScript
  • Perl

などがあります。

「また迷ってしまう…」と不安になってしまうかもしれませんが、ご安心ください。

選んでも失敗しないおすすめのWEBアプリ開発言語を2つご紹介します。

選んでも失敗しない2つのWEBアプリ開発言語

shutterstock_341839655
まずは初心者にとって文法が簡単で分かりやすく、「仕事の多さ」「収入の高さ」「将来性」「人気度」などを考慮したおすすめ言語をご紹介します。

Ruby

Rubyは、自然な英語で読めるように工夫されており複雑な部分が排除されていること、わずかなコードで多くの機能が実現できるlことが最大の魅力です。

中でも「テキスト処理機能」が強力で、特にシステム開発などで効果を発揮しています。

プログラミングの自由度も非常に高いので、初心者から上級者まで高い人気を誇っています。

生産性が高い「Ruby on Rails」のフレームワークを使って開発を行うことができることもRubyを習得する大きなメリットとなっています。

Ruby on Railsが日本で普及し始めた2006年ごろはベンチャー企業を中心に採用されていましたが、最近では生産性が高いことを理由に一般企業でも採用が増えています。

生産性が高いため1つあたりの仕事単価が高いこと、またRubyは「プログラミングを楽しむ」ことを目的に作られているので楽しく働いている方ばかりです。

Python

Pythonは、文法などがシンプルですごくわかりやすい言語です。

シンプルですが非常に強力な言語で、Webアプリだけでなく、データ分析、人工知能、科学技術計算などの数学を使った専門的なモノも作ることができます。

数学が使える専用のツールやライブラリなどが充実しており、数学的な難しい機能も楽に作ることができます。

今の情報社会では「情報分析」「人工知能」などの高度な技術に非常に関心が集まっています。

注目度が非常に高い言語なので、これから間違いなく需要が上がっていく言語でしょう。

またこれらの専門的な分野をこなせるエンジニアは非常に少ないので、チャンスは大きいです。

他のWEBアプリ開発言語比較

他の言語に興味をお持ちの方のために、他の言語の比較記事をご紹介しておりますのでご覧いただくと1つに絞れるでしょう。

RubyとPythonなら、どっち?

「WEBサービスを作ってみたい方や楽しく働きたい方はRuby」
「数学が好きな方や専門的な分野で働きたい方にはPython」

を選択するといいでしょう。

まだイメージが湧かない方もRuby、Pythonは両方とも初心者が習得しやすい素晴らしい言語です。

選んで失敗することはありませんのでご安心ください。

RubyとPHPなら、どっち?

Rubyと一番比較されるのはPHPです。

両方とも同じWEBアプリケーションが作れますし、WEBサービスでよく使われる言語だからです。

PHPに興味があるんだけどRubyとどう違うの?…という方はこちらの記事をご覧ください。

PHPとJavaならどっち?

PHPとJavaでは、使われる業種やアプリケーションが違うため、純粋にどっちがいいとは言い切れません。

この2つの言語に興味をお持ちの方は、「作りたいもの」や「転職」などの目的別で決める方がいいでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

JavaとSwiftならどっち?

スマホアプリを作りたい方は、JavaかSwiftを学びたいとお考えでしょう。

しかし、JavaとSwiftは

「iPhoneアプリを作りたいけどJavaを学習すればAndroidだけでなくシステムやWEBアプリも作れるんだよなあ」
「Androidアプリ作りたいけど、Swiftは最近できた言語で将来性が高いからSwift学んだ方がいいかも」

などと一番選択を迷う言語でもあります。

決めきれない方はこちらで解説しておりますので、参考にしていただけると幸いです。

最後に

「Ruby」「Python」であればどちらを選択してもきっと将来あなたの役に立ちます。

迷ってしまうお気持ちはよく分かります。

けれども、何も学習を始めないことが最もあなたにとって不利益です。

重要なことですのでもう一度お伝えします。

1つの言語を習得すれば他の言語も容易に習得できます。

まずは学習を始めて1つの言語を習得し、プログラミングができるようになることが大事です。

さあ、迷わずにプログラミング習得へ向けて第一歩を踏み出してみましょう!


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


未経験者でも安心の徹底サポート!まずは完全無料の体験レッスン!

「プログラミングに興味があるけど未経験だし、、、」とお悩みの方はご安心ください。

  • 24時間質問し放題
  • あなただけのオーダーメイドカリキュラムで学習の効率化
  • 仕事獲得方法からオリジナルアプリ開発方法

侍エンジニア塾では徹底したサポートによる「オーダーメイドカリキュラム」を作成しています。

まずは無料体験レッスンで、「挫折しない学習方法」や「あなただけの学習ロードマップ」を知り、学習の効率化をしましょう。独学の難点である「オリジナルアプリの作り方やエラーの対処法」についてもアドバイスさせていただきます。

詳しいサービス内容は、下記よりご参照ください。

cta_mtm1

学習者インタビュー

32歳ベンチャー企業元役員が起業してプログラミングを学んだ話
ヨガスタジオのマネージャーだった私が3ヶ月でWeb制作をマスターするためにした”たった1つ”のこと
Uターン女子がRubyを学んで理想のライフスタイルを手に入れた話
ダメ営業マンがわずか3ヶ月でエンジニアデビューできた理由

プログラミング学習者必見

専属講師に質問し放題、レッスンし放題、最短1ヶ月でフリーランスエンジニア
プログラミング学習カリキュラム無料公開中
Ruby学習カリキュラム無料公開中
 1記事最大11,000円!テックライター募集


LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去100人以上のフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
ホームページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら