インフラエンジニアの業務内容やキャリアプランを詳しく紹介!

あなたは「インフラエンジニア」という職種をご存じでしょうか。

インフラエンジニアはその名の通りインフラ周りに携わるエンジニアのことですが、一口にインフラエンジニアと言えどさまざまな業務を担います。

今回はインフラエンジニアの業務内容やキャリア・将来性について詳しく解説しています。インフラエンジニアを目指している方やインフラエンジニアについて知りたい方は、ぜひ最後まで目を通してください。

インフラエンジニアの業務内容とは

画像:インフラエンジニアの業務内容

まずは、インフラエンジニアの一連の業務内容について説明します。インフラエンジニアの業務は大きく分けて下記の3つに分かれます。

  • 設計
  • 構築
  • 運用・保守

それぞれ詳しく見ていきましょう。

設計

インフラエンジニアの業務の一つめは「設計」です。

設計は、サービスを運営する際にどの程度の予算・規模感で構築するべきかを考えるフェーズ。お客様からヒアリングを行い、導入する機器やサービスなどを洗い出して予算の見積もりをします。また設計書の作成の際には、メインでシステムが稼働する時間、運用後のメンテナンス性、バックアップの取得などを考慮することも重要です。

現在は自社でサーバーを用意する「オンプレミス」と、クラウド上でサーバーの構築・保守・運用を行う「クラウド」が存在するため、さまざまなケースでの環境構築経験持ち合わせているとインフラエンジニアとして重宝されます。

構築

設計が固まったら、次はインフラ環境の「構築」を行います。構築では、作成した設計書を元に実際にインフラ環境を組み立てていきます

設計の際に洗い出した機器を調達して、設置・接続・その他必要なミドルウェアやOSのインストールなどを実行。特にオンプレミス(自社で物理的にサーバを用意する)の場合、実際にサーバーをラックに置くために排熱や配線の場所を考慮した設置をしたり、機器の搬入作業を行う必要があります。

構築が完了したらテストを行い、テスト完了後にようやくサーバーを稼働させることができます。

運用・保守

サーバーが稼働したら「保守・運用」のフェーズに入ります。

システムにもよりますが、ウェブ上のサービスなどは基本的に24時間稼働しているため、非常事態に備えてシステムの動きを監視しておくのが必要不可欠。万が一トラブルがあった場合は、早急な原因究明・復旧作業が求められます。

また、動作が重かったりアクセスの負荷に耐えられず度々サーバーダウンしてしまうなど、なにかしらの問題があった際に対策を練って改善するのもインフラエンジニアの仕事です。

インフラエンジニアの業務内容は下記の記事にもまとめていますので、さらに詳細な内容を知りたい方はどうぞ!

インフラエンジニアとは?年収・資格・未経験からの転職方法も徹底解説!
更新日 : 2020年7月14日

インフラエンジニアの種類について

画像:インフラエンジニアの2つの種類

インフラエンジニアには大きく分けて「サーバーエンジニア」と「ネットワークエンジニア」の2種類が存在します。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアはその名の通り、サーバーの構築・保守・運用をするエンジニア

OSのインストールやデータベース周りなど、サーバー周辺の知見が求められます。インフラエンジニアと聞いて真っ先に思い浮かべるのがこの「サーバーエンジニア」、という方も多いでしょう。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計・構築・保守を行うエンジニア

ルーターの設置場所や配線の設計を行い、Wi-Fiなどのネット環境を整えるのが主な仕事です。他にも回線費用・ネットワーク維持コストといった費用の計算、適切な機器の選定、環境構築時のスケジュール調整の業務も担います。

ネットワークエンジニアに関してより詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

ネットワークエンジニアとは?主な仕事内容3つと必要なスキル6つ
更新日 : 2020年1月22日

インフラエンジニアの業務内容・3つのメリット

画像:インフラエンジニアの3つのメリット

ではここからは、インフラエンジニアのメリットについてお話ししていきます。

仕事がなくならない

一つめのメリットは、仕事がなくならないこと。今は多くのサービスが開発され続けているため、サービスの開発・保守・運用をするインフラエンジニアの需要も同時に高まっていると言えるでしょう。

AIの発展や便利ツールの普及でインフラの仕事も奪われてしまうのではないかという懸念もありますが、大切なのは常に新しい情報を仕入れることです。

単純作業のみしているエンジニアはAIにより仕事が自動化される可能性も否定できませんが、進化し続けるエンジニアはAIを活用するような便利システムを構築する側に立つこともできます

インフラ業界はもいまのなお発展を続けている業界なので、少なくとも十年以内に仕事がなくなってしまうということはないでしょう。

ITの中でも規模の大きな仕事

世の中には便利なサービスが溢れており、今もなお新たなサービスがさまざまな場所で誕生しています。そのようなサービスの基盤づくりにはインフラエンジニアの存在が欠かせません。

新規サービスはもちろん、インフラエンジニアとしてベテランになれば、大規模サービスの保守・運用に携わることもできます。世の中のシステム全般の基盤を担うインフラエンジニアは仕事の規模が大きく、参画する案件によっては非常に大きな達成感を感じることができるでしょう。

平均年収が高い

求人サイト「Find Job!」によると、2020年8月時点でのインフラエンジニアの平均年収は456万円でした。

その他の求人サイトなどを調査しても平均450万円~550万円の求人が多く、スキルによっては700万円~の求人もあるようです。このことからインフラエンジニアは他の職種と比べて平均年収が高めであることが分かるでしょう。

年収が高く設定されている求人の特徴として、インフラ以外の開発経験やプロジェクトマネージャーの経験がある人材を求める傾向があるので、より高い年収を求めるのであればまず経験を積んでおくのがおすすめです。

インフラエンジニアからのキャリアアップ

画像:インフラエンジニアのキャリアアップは3種類!

ここからは、インフラエンジニアからのキャリアアップについて解説します。

マネージャー

マネージャーはプロジェクトの管理をする立場で、プロジェクトマネージャーとも呼ばれます。プロジェクト全体を管理するため、大きな責任が伴う職種。

インフラエンジニアはマネージャーの指揮のもとで作業を進めるので、マネージャーにはリーダーシップや決断力が求められます。インフラエンジニアを経験したのちのキャリアとして、「自らリーダーシップを発揮してプロジェクトをまとめたい」という方にはマネージャーがおすすめです。

スペシャリスト

スペシャリストはその名の通り、とことんインフラの知識・専門性を高める職種です。通常のインフラエンジニアがこなせないような高度な仕事をこなす必要があるため、新しいことに挑戦してスキルを高めるのが好きな人におすすめです。

現在のインフラ業界はクラウドなどの新しい技術が登場しているため、常にアンテナを張って情報をキャッチアップできる人が向いています。マネージャーの様にチームをまとめる機会は少ないですが、個人のスキルアップに繋げることでやりがいや達成感を感じることができるでしょう。

ITコンサルタント

インフラエンジニアを経験したのちに、その経験を活かしてITコンサルタントを目指すのもおすすめです。ITコンサルタントは企業の課題を解決するのが仕事なので、現在の業界の動向や顧客のニーズに合わせて適切な提案ができる力が求められます。

また一度マネージャーを経験してからITコンサルタントになると、企業全体の課題やプロジェクトの一連の流れを見る力が養われるため、より広い視野で課題の解決・提案できるでしょう。またITコンサルタントとしてプロジェクトに参加することで、ビジネスに貢献できる喜びを感じることができます。

インフラエンジニアのキャリアパスに関しては下記にもまとめているので、参考にしてみてください!

ネットワークエンジニアのキャリアパスとキャリアごとの年収や期間
更新日 : 2019年11月19日

インフラエンジニア業務内容の将来性

画像:インフラエンジニアの将来性

クラウド化の促進

現在のインフラ業界は、クラウド化が促進しています。

従来は自社に物理的にサーバーを設置して構築・運用を行うオンプレミスが主流でしたが、現在はクラウド上でサーバーを構築・運用できるサービスが台頭しています。このサービスの登場により、新規サービスを構築する際にクラウド上でのサーバー運用を採用したり、既存システムのサーバーをオンプレミスからクラウドに移行する動きが加速しています。

クラウドサービスのスキルが必要となる

現在、クラウド上でサーバーを運用できるサービスとして代表的なものがAWSです。AWSを利用するとサーバーやデータベース、ストレージといったインフラ周りの機能を全てクラウド上で管理できるようになります。

今後のクラウド化の促進に伴いAWSの需要が高まり、AWSに関する知識を持った人材が重宝されるようになるでしょう。

またインフラ業界のトレンドとして、インフラストラクチャをコードで表す「infrastructure as code」という考え方がでてきています。インフラエンジニアはプログラミング言語に直接関わる機会が少ないですが、プログラミングスキルを身に着けておくと業界のトレンドにいち早く触れたり、業務効率化ツールの作成に役立てることができるでしょう。

インフラエンジニアの業務内容はフリーランスでもできるの?

画像:インフラエンジニアはフリーランスでも可能?

客先常駐案件が多くなる

フリーランスのインフラエンジニアの働き方で多いのが、客先常駐型です。

インフラはシステムの基幹部分を担うため、緊急時に在宅での対応が難しい場合がほとんど。サーバーなどの物理的な機器を扱う機会が多いインフラエンジニアは、現場で実際に手を動かして作業する必要がある、というのも理由の一つです。

ただし在宅可の求人も少なからず存在するため、今後のインフラクラウド化の動きにともなって在宅案件が増える可能性はあります。

単価相場

インフラエンジニアは現場での経験値が重要視されるため、実務歴が長いほど単価が高くなる傾向にあります。5年の経験で年収1000万も見込めると言われることもあり、他の職種に比べて年収は高めです。

その分システムの基幹部分を担うため責任が伴う仕事でもあり、時代の流れに合わせて常に自身のスキルをアップデートしていく必要があります。

企業で業務経験を積んでから

インフラエンジニアを目指す際「フリーランスとして活動しやすいか」は、気になるポイントではないでしょうか? 結論、未経験でフリーランスのインフラエンジニアになるのは非常に難しいです。

特にIT業界での実務経験がない完全未経験者の場合は、どうしてもクライアントからの信頼が低くなってしまいます。クライアント側もインフラの基盤づくりには信頼できるエンジニアに仕事をお願いしたいはずです。

例えばインフラは未経験だがバックエンドの開発経験があるという場合には、バックエンドエンジニアとしての経験を活かしてインフラエンジニアに転向することは可能かもしれません。その場合でも現場での実務経験がなければフリーランスとしての活躍はなかなか難しいでしょう。

まとめ

今回はインフラエンジニアの業務内容について解説しました。

インフラエンジニアはシステムの基盤を担うため、信頼・実績・実務経験が問われる職種です。その分やりがいも大きい仕事なので、興味がある方はぜひインフラエンジニアになるために勉強をしてみて下さい。

侍エンジニアは「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら

あなたの目的に合わせた
SAMURAI ENGINEERの運営サービス

SAMURAI ENGINEER Pro

未経験でも挫折しないプログラミングスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Plus

日本最大級のサブスク型オンラインITスクール

詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER Freelance

「一人で稼げる」スキルを身につける

詳細はこちら