スライドショースライドショースライドショー

30代からのプログラミングの独学法2つ・メリットとデメリットは

「IT業界は人材が不足している」と言われている昨今では、将来のことを考え30代からプログラミングを独学で勉強しようと考えている人も多いでしょう。

この記事では、30代からのプログラミングの独学方法2つと、独学することのメリット・デメリットを紹介しています。

30代からでもプログラミングは独学で勉強できる?

プログラミング教育が小学校で必修化となった昨今、将来のことを考えてプログラミングを勉強し、IT業界への転職などを考えている30代の人は多いでしょう。

しかし会社勤めをしていると、プログラミングスクールに通う時間を確保するのは難しいため、独学で勉強できるのか不安を感じている人がほとんどです。

この記事ではそんな人のためにプログラミングの独学法と、独学で学ぶメリット・デメリットについて説明していきます。

30代でも遅くない

30代からIT業界を目指すのは遅いのではないか、と不安に感じている人もいるでしょう。しかし30代からプログラミングの独学をはじめても、決して遅いということはありません。

なぜなら、実際に30代でプログラミングの勉強を始めIT業界に転職した、という人が多く存在するからです。40代から50代のプログラマーが活躍している現場もあることを考えると、30代からIT業界を目指すことは可能なのです。

IT人材は需要がある

30代からプログラミングを独学で勉強するのは遅くないというのには、もう一つ理由があります。

世の中ではIT人材が不足しているため、30代のエンジニアにも需要があるためです。求人情報・転職サイトのdoda(デューダ)様からの情報によると、2020年1月のIT業界の転職求人倍率は、7.35倍です。

1人の転職希望者に対して約7倍の求人があるというのは、いかにエンジニアが不足しているかということが分かっていただけるでしょう。

30代から始めるプログラミングの独学法2選

30代からプログラミングを独学で勉強するなら、「本」と「インターネット」の2つの方法があります。しかし、いざ「プログラミングの勉強を始めよう」と思っても、どうしたらいいのか分からないのではないでしょうか。

ここでは「本」と「インターネット」で、それぞれどのように勉強していくのかを詳しく説明していきます。

独学法1:本

本を活用して、30代からプログラミングを独学で勉強するときには、まずプログラミングの基礎的な考え方が書いてある本を読み、その後プログラミング言語について学ぶという方法をおすすめします。

なぜなら、いきなりプログラミング言語を勉強しようとしても、何が書いてあるのか理解できない場合があるからです。

焦らずにきちんとプログラミングの基礎を理解することから始めると、その後のプログラミング言語習得がスムーズになるのです。

独学法2:インターネット

30代からインターネットを利用して、独学でのプログラミング学習をするには、プログラミングサイトを利用するのが手軽でよいでしょう。

なぜなら、IT業界の人材不足でエンジニアの需要が増えたため、以前よりもプログラミングの勉強がしやすい環境が整ってきたからです。中にはゲーム感覚でプログラミングの勉強ができるものもあるので、楽しみながらプログラミング学習に臨むことができます。

プログラミングを独学で学ぶメリット

30代からプログラミングを独学で学ぶのには、「時間」と「お金」の面で2つのメリットがあります。どちらも30代から新しいことを始める時に、多くの人が気になるポイントと言えるでしょう。

それぞれどのようなメリットがあるのか詳しく説明していきます。

メリット1:自分のペースでできる

30代でプログラミングを独学で学ぶメリットの1つ目は、自分のペースでできるということでしょう。なぜなら30代というと仕事も忙しく、プログラミングスクールに通うために決まった時間を確保するのが困難な場合が多いです。

しかし、独学で学ぶ場合は時間にとらわれることはありません。たとえば、通勤電車の中や昼食の時間にプログラミングの本を読むなど、柔軟に対応することが可能です。

メリット2:費用が少ない

30代でプログラミングを独学で学ぶメリットの2つ目は、何と言っても費用が少ないことでしょう。独学で学ぶ場合は本なら1冊千円強、プログラミングサイトも月額千円程度とプログラミング学習にあてる金額が少なくて済みます。

高額な料金を支払うのはためらってしまいますが、これくらいの金額なら気軽にプログラミング学習をスタートさせられるでしょう。

プログラミングを独学で学ぶデメリット

一方で、30代からプログラミングを独学で学ぶのには、デメリットも存在します。これからプログラミングを独学で勉強するならば、デメリットについてもきちんと理解をした上で学習に取り組むことが重要です。

ここでは、プログラミングを独学で学ぶことのデメリットについて説明していきます。

デメリット1:挫折しやすい

1つ目のプログラミングを独学で勉強するデメリットは、挫折しやすいということです。

プログラミングを独学で勉強している場合、「どの教材がいいのか分からない」「不明な点があっても質問できる人がいない」「モチベーションを保つのが難しい」など、さまざまな理由から挫折してしまうことがあります。

事実、当社の調査では、プログラミングの挫折率は87.5%にも及ぶというデータも出ています(以下の記事を参照してください)

87.5%が挫折!?プログラミング独学のステップと成功のコツを解説
更新日 : 2020年6月30日

挫折しないためは「プログラミングを学習してどうなりたいか」を明確にしておくことが重要です。

デメリット2:質問できない

2つ目のプログラミングを独学で勉強するデメリットは、質問できないということです。プログラミングスクールで学習する人と違い、独学の場合は不明点を気軽に質問できる相手がいません。

インターネットや書籍を駆使し、自分で解決策を見つけなければいけません。問題解決策を見つけられるようになるには「慣れ」が必要です。プログラミング学習初心者のうちは、問題解決まで時間がかかることを覚悟しましょう。

デメリット3:就職支援がない

3つ目のプログラミングを独学で勉強するデメリットは、就職支援がないことです。スクールによってはプログラミングの学習が終了した後、就職支援をしてもらえます。

就職支援はプログラミングを学んで転職を考えている人にはとても嬉しいサービスです。独学でプログラミングを勉強している場合は、転職活動も自力で頑張らなければなりません。

30代から始めるプログラミングスクールは?

ここまで30代からプログラミングを独学で勉強する方法や、そのメリット・デメリットを説明してきました。中には「自分には独学でプログラミングを勉強するのは難しいかもしれない」と感じた人もいるでしょう。

ここではプログラミングを独学で勉強することに不安を感じている人のために、30代から始めるプログラミングスクールはどうなのかを説明していきます。

分からないことが質問できる

30代からプログラミングスクールを利用することのメリットは、分からないことが質問できるという点が大きいでしょう。

プログラミングを独学で勉強することのデメリットで説明したとおり、プログラミング学習初心者が不明点を一人で解決するにはそれなりの時間が必要です。

プログラミングスクールを利用することで、独学で勉強する人よりも早いスピードでプログラミングの技術を身に着けられます。

そんなに高くない

プログラミングスクールと聞くと高額なイメージをもっている人も多いでしょうが、実はそんなに高くありません。もちろん数十万円する高額なコースのスクールもありますが、10万円台でプログラミングを学べるスクールも数多くあります。

プログラミング学習を独学で行う場合の挫折率を考えると、10万円台でプログラミングスキルを身に着けられるならば、コストパフォーマンスがよいと言えるでしょう。

就職支援してくれるところも

30代からプログラミングスクールを利用する上で、メリットとも言えるのが就職支援です。就職支援には「転職サイトなどを運営している会社と提携している」「企業と提携しそのまま就職ができる」という2つのタイプが存在します。

30代で未経験のIT業界への転職を考えている人にとって、就職支援はぴったりの制度と言えるでしょう。

30代からのプログラミングの独学は困難もあるがメリットもある

将来のことを考えプログラミングを身に着けたいと考えている人は、ぜひ本やインターネットを利用して、プログラミングの独学を始めてみてください。30代からのプログラミングを独学で身に着けることは、挫折のしやすさや就職の面など困難な点もあります。

しかし、費用を抑えながら自分のペースで学習を進めることができるというメリットもあります。ぜひ独学でのプログラミング学習を始めてみましょう。

 

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

城戸健太

城戸健太

兵庫県西宮市出身。現在大学4年生。プログラミングスクールを卒業したのち侍エンジニア塾でインターン生として活動中。
記事の執筆や編集、業務改善システムの改善を担当中。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習やキャリアのお悩み、お気軽にご相談ください。