スライドショースライドショースライドショー

未経験Webデザイナー必見!ポートフォリオサイトを作るコツ

デザイナーのポートフォリオ その重要性と作るときのコツ

Webデザイナーとして就職や転職をしようと思った時、必ずといっていいほど提出を求められるのがポートフォリオサイトです。

わざわざ作るの面倒だな
どんなポートフォリオサイトが転職に有利なの?

なんだかよくわからないけど、必要だから作らなきゃと思っている人も多いですよね。

しかしWebデザイナーにとってポートフォリオサイトを作るのはとても大切です。しっかりと目的意識を持たずにポートフォリオサイトを作ると、採用や案件受注につながりにくくなってしまいます

そこでこの記事ではポートフォリオサイトがなぜ必要なのか作るときのコツを解説します。この記事を参考に採用や案件受注につながるポートフォリオサイトを作成しましょう。

ポートフォリオサイトを作る目的を明確にする

画像:Shutterstock

あなたはなんのためにポートフォリオサイトが必要なのでしょうか?

就職や転職のため? それとも副業やフリーランスとしての案件受注のためですか?

Webデザイナーはポートフォリオサイトを持っているから自分もなんとなく作るというのであれば、あなたが作った作品のただの羅列になってしまいます。ポートフォリオサイトは、あなたのスキルや得意なことを見る側にアピールするために作成します。

では見る側とは誰のことでしょうか? 就職や転職の場合、採用担当者ですよね。この人たちにあなたが必要だと興味を持ってもらう必要があります。そのためにはしっかりとコンセプトを考えて、それを説明できると良いでしょう。

そうすれば、あなたのコンセプトや考え方にに共感した企業からの採用が獲得しやすくなります。ポートフォリオサイトはただあればいいのではなく、その目的や伝えたい相手に届くように作ることが大切です。

Webデザイナーにとってポートフォリオサイトはプレゼン資料

画像:Shutterstock

Webデザイナーにとってポートフォリオサイトは、いわばクライアントへ自分を売り込むためのプレゼン資料です。

ポートフォリオがなければ、あなたを採用するかしないかを判断する材料がありません。実際に作ったものを見ないと、あなたを採用した後にどんな仕事を任せられるかイメージできないんですよね。

ポートフォリオサイトは、クライアントや採用担当者があなたに興味をもってもらえるかもらえないかの第一関門です。もし就職したい企業や業界が決まっているのであれば、そういった企業がどのようなものを好むのかリサーチして作ると良いでしょう。

もし明確な企業や業界が決まってない場合は、前トピックでもお伝えしたようにコンセプトを作りあなたのスキルや得意なことをわかってもらえるように意識して、ポートフォリオサイトを作りましょう。

ポートフォリオサイトには何をどれだけ載せればいい?

画像:Shutterstock

掲載する成果物の数は?

出来るだけ多くのプロダクトを掲載できるようにしましょう。最低でも5〜10の作品を掲載しましょう。多ければいろんなパターンが見れますし、あなたのやる気も垣間見ることができます。

ただ同じようなものばかりにならないように、いろんなコンセプトの物を掲載するように心がけましょう。サイトだけではなくバナーや広告、ロゴなどあなたが作ったものならば積極的にポートフォリオサイトでアピールしましょう。

またWebサイトのポートフォリオの場合、キービジュアルだけ載せるのではなく実際に触れるとなお良いですね。

制作のストーリーを伝えよう

どれくらいの期間で作ったかよりも制作ストーリーを説明するのが大切です。制作ストーリーとは、ポートフォリオができるまでの過程やあなたが考えたこと、工夫した点などです。

なぜそんなものが必要なのか? できた作品だけで評価されるんじゃないの? と思いますよね。もちろんWebデザイナーの仕事は、アウトプットしたプロダクトによって決まります。

しかしWebデザイナーは、クライアントの要望を具現化するという使命をもっています。そのためどんなに高品質で誰もが目を見張るデザインのWebサイトを作ったとしても、クライアントの要望や解決すべき課題が置き去りにされては意味がありません。

あなたを採用したい、あなたに仕事を発注したいと考えているクライアントは、次で紹介する3つのポイントなどから、あなたがどのように考え自主的にWebサイト制作に取り組んでいるかを判断するのです。

作品を作るときのコツ

ポートフォリオに掲載する作品を作るときに大切なのは、以下の3つを意識することです。

  • トンマナ
  • コンセプト
  • 課題

クライアントがWebサイトを発注するとき、クライアントがターゲットにしているユーザーがいます。さらにWebサイトを作る、またはリニューアルするのは何かしら解決すべき課題がある(使いにくい、売上アップ、認知を上げたい)からです。

また上の3つはWeb制作の上流工程にあたり、制作を進める上で核となる部分です。これらを意識すると、先ほど説明した制作プロセスや工夫点などが自然と説明できるようになります。

他にもGithubなどにソースを公開しておくと良いでしょう。ソースコードの書き方も一つの参考材料です。公開しておけばあなたがどんな組み立て方をするのかわかりますし、エンジニア同士の思わぬつながりもできるかもしれません。

ギャラリーサイトや人のポートフォリオサイトを参考にしよう

画像:Shutterstock

ギャラリーサイトの機能や見せ方などは、ポートフォリオサイトに活かせるところがたくさんあります。どのような見せ方やどのような切り口で紹介をしているか参考にしましょう。

紹介されているサイトも、あなたがサンプルとして作る自分のポートフォリオのヒントにもなります。そちらも合わせて研究してくださいね。

また、他のWebデザイナーのポートフォリオサイトを参考にみてみましょう。デザイナーそれぞれに特徴があるので、見ているだけでも楽しいですよ。

参考にしたいギャラリーサイト


参考にしたいポートフォリオサイト

ポートフォリオ作成の便利ツールを使うべきか使わないべきか

画像:Shutterstock

余裕があるなら自分でポートフォリオサイトも作った方が良いでしょう。ポートフォリオサイトも自分で作ったものであれば、他と差別化ができると同時にPRポイントにもなります。

最初にお伝えした通り、Webデザイナーにとってポートフォリオサイトは自分を売り込むプレゼン資料です。そのことをしっかりと意識しましょう。

だからといってプレッシャーに感じることはありません。あなたの良さを伝えられれば良いのです。

一度に全てやらなければと思うかもしれませんが、少しずつアップするものを増やしたりポートフォリオサイトを改修すれば良いので焦る必要はありません。

しかし物理的に時間がない場合もあるので、そういう場合は便利ツール使うのも良いでしょう。多くの便利ツールはドラッグ&ドロップで簡単に作れますし、無料で利用できるものがたくさんあります。

ただ、広告が入ったり他のポートフォリオサイトとの差別化をしにくいというデメリットがあります。Webデザイナーならその辺りもこだわりたいですね。

まとめ

いかがでしたか? ポートフォリオサイトを作るときはそのポートフォリオをどのように活用するのか、目的を明確にすることが必要でしたね。

ポートフォリオサイトはあなたが自分を売り込むためのツールです。

しっかりとあなたのスキルや得意なことをアピールするために活用してくださいね。

LINEで送る
Pocket

書いた人

モリシタ

モリシタ

猫をこよなく愛する、侍エンジニア塾ブログ編集部のモリシタです。
価値ある情報をお届けする為、日々精進しながら執筆活動に取組んでいます!

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説