挫折しない学習方法を身につけよう | 侍エンジニア塾ブログ(Samurai Blog) - プログラミング入門者向けサイト
スライドショースライドショースライドショー

挫折しない学習方法を身につけよう


本当にプログラミングができるようになるのかな
途中で諦めてしまいそう…

プログラミング初心者にとって、プログラミング学習は未知の領域で不安の方が大きいでしょう。

プログラミング学習は「続かない」「途中でやらなくなった」「自分で進められない」などの理由から、挫折する人が多くいます。

せっかく始めたのに、途中で辞めてしまうのは嫌ですよね。

そこで今回は、プログラミング学習者が挫折しやすいポイントとその対策について解説します。

  • 独学で学習することの課題
  • その課題を解決する方法

上記のようにプログラミング学習者がつまずくポイントを理解し、対策をすることでプログラミングスキルを身に着けることができます。

独学の課題1:教材の壁

プログラミング初心者がまずつまずくのが書籍です。書店に並ぶ関連書籍を手に取り、開いた瞬間呪文のような文字の羅列が目に飛び込んできて

こんなの、一人じゃ学べないよ・・・

と絶望を経験した人もいるでしょう。プログラミングの入門時点では難解な単語が陳列されているように見えます。

そして先に進むためには、その単語1つ1つをしっかりと理解していかなければなりません。近年では初学者向けの書籍が増え、書籍から学習をスタートしやすくなっています。しかし、それでも難しいと感じる人が多くいます。

本を利用する際もどういう意図で使うのかを明確に工夫する必要があります。

対策:教材の壁

対策1:まずは動画学習で雰囲気を掴む

そんな教材の壁ですが、今日ではプログラミングに関する質の高い無料教材がどんどんリリースされています。

特に初心者にとってオススメしたいのが、ドットインストールなどの動画教材です。

実際に動画学習はとても有効的な学習方法であるということも研究で認知されています。例えば、デジタルナレッジ社の調査によれば過去に動画学習を行ったことのある100人の男女にアンケートをした結果「満足・おおむね満足」と回答した人は全体の86%というデータが出ています。

引用元:デジタル・ナレッジ https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/1672/

回答者が感じたメリットとしては、「音声や映像つきでわかりやすい」と回答した人が81%、「場所・時間にとらわれず専門的な学習ができる」と回答した人が53%とのことです。

引用元:デジタル・ナレッジ https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/1672/

動画でプログラミングを学べば情報量が限られてる分、要点を抑えて学べます。

また、わからない言葉が出てきても動画は視覚的にも分かりやすいため、真似をすることによってスムーズに学習を進めることができます。専門用語の多いプログラミングにおいて、分かりやすい動画はとても効率のよい学習方法になります。

動画学習のコツは2回以上繰り返し勉強することです。そうすることによって、頭だけではなく、体に染み込ませることによって、プログラミング基礎を叩き込むことができます。

対策2:実践型学習サイトが自主学習に向いている

プログラミング学習では、アプトプットが非常に大切です。もちろん動画を見ながら手を動かすことでアウトプットを同時に行う方もいるかと思いますが、動画を巻き戻したりやり方が最適化されていないので大変ですよね。

そのため動画学習は雰囲気を掴むために使い、実践型学習サイトで基礎固めを本格的に行うことをオススメします。

Progateなどの実践型学習サイトは、項目ごとに分けられており学習しやすい状態で提供されているものがほとんどです。手を動かしながら学習できるものが多いので、非常に学習効率よく学習を進めることができます。

また、どこから学習したらいいか分からない超入門者の方でも安心して学習に取り組むことができます。

対策3:書籍は辞書がわりに使う

学習サイトでは効率よく、よく使う文法や知識をインプットできます。基礎的なことや少しの応用レベルはマスターできているかもしれません。しかし、いざ開発現場に入ると動画学習で学んだこと以外の予想もしない指示を受けることもあります。

ネットでググってもなかなか出てこない
そもそもなんて調べていいか分からない

こんな場面に遭遇することがよくあります。インターネット上の情報にも限界があり、書籍からの情報収拾も大切です。書籍は完璧にマスターする必要はありません。

書籍は学習後も辞書的に利用することで、より効率的に知識を得ることができます。

独学の課題1要約まとめ(読むのが面倒な方向け)

プログラミング学習において、動画学習がオススメということでした。動画学習では2回繰り返す勉強法を実践すると良いでしょう。繰り返すことで反復して頭だけでなく体で覚えていきます。動画学習サイトとして有名なのがドットインストールです。

さらに積極的に基礎固めする際にはProgateなどの実践型学習サイトを活用しましょう。手を動かしながらスムーズに学習ができるように設計されています。

このような実践型学習サイトは、頭と体で学習するには必須の学習環境となりつつあります。

しかし、動画学習サイトや実践型の学習サイトでは網羅しきれない箇所をどうするのか・・・

それは書籍での学習が必要となります。書籍学習では、書籍の内容を全て学習・理解する必要はありません。あなたが必要としている点を学習しましょう。それができたら辞書的に使う使い方をおすすめしています。

まとめると教材の壁を克服するには・・・

  • 動画学習で2回繰り返す学習方法をする
  • 実践型学習サイトで手を動かしながら基礎固めの学習をする
  • さらに応用的な学習には必要になった時に書籍を辞書的に使う

独学の課題2:時間の壁

この続きの内容は、会員限定になります。

会員登録後、続きを読むことができます。


会員登録する3つのメリット

  • ①ステップで学習方法がわかるから継続して学習できる
  • ②基礎知識を学べてWebアプリ完成までのイメージができる
  • ③未経験から転職するまでのノウハウを知ることができる

※会員登録をすることで利用規約プライバシーポリシーに同意したものとします。

一緒に読みたい「プログラミング基礎」の記事

3.プログラミング学習を始める

  1. a. 文系でもプログラミングができるようになる理由
  2. c. 世界の経営者がプログラミング学習を推薦する理由
  3. d. プログラミング学習に必要な道具や環境を準備しよう

次の項目「4.プログラミング言語の選び方」に進む

LINEで送る
Pocket

書いた人

侍ブログ編集部

侍ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去多くのフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
サービスページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説