スライドショースライドショースライドショー

フリーランスエンジニアにおすすめの言語。学習手順と独立方法も解説

フリーランスエンジニア おすすめ言語はコレ!


フリーランスのエンジニアとして独立したい!
そのためにはどんな言語を学んでおけばいいの?

いざフリーランスエンジニアになるための学習を始めようと思っても、このような疑問を抱くかもしれません。

フリーランスエンジニアとして活動する場合は、案件数が多く稼ぎやすいWeb系の言語がオススメです。Web系の案件は比較的受注しやすく、自由度が高い案件が多いのでフリーランスエンジニアとして活動するのにピッタリです。

この記事ではフリーランスエンジニアにオススメの言語は何か、どんなところで使われているのか、どのように学べばいいのかを紹介します。フリーランスエンジニアとして独立することを考えている人は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスエンジニアの仕事内容

free-lance

画像:Shutterstock

一言でフリーランスエンジニアといってもその仕事内容は多種多様です。

  • 委託元企業に常駐して開発業務に携わるエンジニア
  • 特定の業務を委託されて完成品を納品するリモートワーク型のエンジニア

上記のように、フリーランスエンジニアを大きく分けると、委託元の企業に常駐して業務を行うエンジニアと、リモートワークで働くエンジニアがいます。

SEやネットワークエンジニア、サーバエンジニアなどに常駐型の案件が多く、Webサイト・アプリの開発をメインに行うWeb系エンジニアにリモート型の案件が多くなっています。

そのため、リモートワークをメインに活動したいと考えている人はWeb系の案件でよく使われている言語を習得するのがオススメといえるでしょう。これからオススメの言語をいくつかピックアップして紹介するので、どの言語を学べばいいのかわからない人はぜひ参考にしてください。

フリーランスエンジニアにオススメの言語

画像:Shutterstock

それでは、フリーランスエンジニアとして活動することを目指している人にオススメの言語をいくつかみていきましょう。

PHP

PHPはサーバサイドのスクリプト言語の一種で、WebサイトやWebアプリの作成に幅広く用いられます。Web系エンジニアになるなら覚えておきたい言語なので、フリーランスとして活動するならしっかり習得しておくのがオススメです。

FacebookやWordpress、Slackなどの大手サービスでも使われている言語なので、案件数も非常に多いです。今後もさまざまなWebサービスで使われることが考えられるので、習得しておけば活動の幅が広がります。

Ruby

Rubyは1995年にリリースされた比較的古いプログラミング言語で、Webアプリの開発に用いられます。比較的習得が容易な言語で、開発にも使いやすいのでぜひチェックしてみてください。

コーディングの難易度も低めなので、初めて習得する人でも無理なく学べるでしょう。なお、Rubyが用いられている有名なWebアプリにはHuluやAirbnb、Cookpadなどがあります。

Rubyを利用する案件の数はJava、PHPに続いて3番目に多いので、習得難易度が低く実用性が高い言語を学びたい人にオススメです。

Python

PythonもWebアプリの開発によく使われる言語で、汎用性が高くさまざまなアプリケーションの開発に利用できます。今後はAIの開発にも幅広く使われていくことが予想されるので、習得しておいて損のない言語といえるかもしれません。

構文がシンプルで比較的習得難易度が低い言語なので、初めてプログラミングに触れる人にもオススメです。GoogleやYouTube、Spotifyなどの大手サービス開発にも利用されている言語であるため、将来性にも期待できるでしょう。

せっかく学ぶなら将来性がありそうな言語を習得したいと考えている人にオススメです。

Java

Javaは案件数が非常に多く、さまざまな場面で使われている言語です。そのため、フリーランスエンジニアとして活動するならぜひ習得しておきたい言語の1つといえるでしょう。

Javaは汎用性が高く、安定して稼働するので多くのシステムで使われています。銀行システムなどの金融系、電力会社のシステムなどのインフラ系でも使われていることからも信頼性・安定性の高い言語であることがわかるでしょう。

小規模なシステムでもJavaが使われていることが多いため、Javaが使えるエンジニアが必要とされています。Javaの習得難易度はやや高めであるものの、集中して取り組めば十分に習得できるので、ぜひ挑戦してみてください。

他にフリーランスエンジニアに必要な知識・スキル

フリーランスエンジニアとして活動する場合、必要な開発スキルを身につけるだけでは不十分です。開発スキル以外にも「営業スキル」が必要とされるので、しっかり覚えておきましょう。

フリーランスエンジニアは自分で案件を獲得しなければならないため、IT企業に自分の技術を売り込む必要があります。いくら優秀なスキルを持っていても営業しないと案件を獲得できないので注意してください。

しっかり営業するためにもポートフォリオやこれまでの職務経歴などをしっかり整えておき、いつでも提示できるようにしておくのがいいでしょう。

最短でフリーランスエンジニアになるための学習方法

画像:Shutterstock

次に、最短で技術を身に着けてフリーランスエンジニアになるための方法をチェックしていきましょう。フリーランスエンジニアとして独立したい人は参考にしてください。

まずはフリーランスエンジニアとして活動する際にどういった働き方をしたいのか? から考えて学ぶべき言語を1つ決めて学習していくのがオススメです。

  • 書籍や教材を活用してプログラミングの基本から使い方までを学ぶ
  • IT企業に転職して実務経験を積む
  • フリーランスとして独立してさらにスキルを伸ばす

基本的にこのような流れで進めていくことになるので、しっかり覚えておきましょう。

Java・PHP学習にオススメのサイトや書籍

まずは無料学習サイトや書籍を利用してプログラミングについて学んでみましょう。とはいえ、一言で学習用のサイトや書籍といっても初心者向けから上級者向けまで存在しているので、どれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。

まずは手軽に学習が始められる以下の無料学習サイトにて学んでいきましょう。

  • Progate
  • ドットインストール

また、侍エンジニア塾オリジナルの無料学習サイトもあります。こちらでも幅広い言語や知識が学べるので見てみてください。

効率よく学習するならプログラミングスクールがオススメ

プログラミングを効率的に学ぶならスクールでの学習もオススメです。サイトや書籍を利用して独学で学ぼうとすると、わからないところが出てきた時に解決しにくいです。また、場合によっては集中して学べないかもしれません。

しかし、プログラミングスクールを利用すれば学習に最適な環境で、よく作り込まれたカリキュラムのもとで学ぶことができます。不明点も講師に質問することで解決でき、より効率的に学習できます。

侍エンジニア塾では個別指導のため、独学で学ぶよりも何倍も効率よく、着実に必要なスキルを習得することができます。また、オーダーメイドカリキュラムのため、受講期間で獲得した案件を講師と共にこなす経験も可能です。

未経験から実務に必要なスキルを無理なく身につけられるので、オススメのプログラミングスクールです。これからプログラミングを学ぼうと考えている人は、ぜひ検討してみてください。

まとめ

今回はフリーランスのエンジニアを目指す際に習得しておきたいプログラミング言語をいくつか紹介しました。案件数や自由度などの観点から見ると、Web系の言語を習得するのがオススメです。

JavaやPHP、Pythonなどの需要が高い言語をマスターしておけば多数の案件を獲得でき、フリーランスとして活動するのに役立ちます。今後もエンジニアの需要は増え続けると予想されるので、今のうちにぜひスキルを身に付けましょう。

まずは言語を決めることが必要なので、下記のボタンよりあなたにオススメの言語を診断する「プログラミング学習診断アプリ」をご活用ください。

プログラミング学習診断

LINEで送る
Pocket

「プログラミング、右も左もわからない…」という方にオススメ

当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

その経験を通して、プログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。

侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。

cta_under_bnr

「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

cta_under_btn

書いた人

深町 一雄

深町 一雄

元ウェブディレクター/編集者
メイン機はOS9時代からMac。
最近はUnityに興味があります。

おすすめコンテンツ

あなたにぴったりなプログラミング学習プランを無料で診断!

プログラミング学習の効率を劇的に上げる学習メソッドを解説