シチュエーション別!取得すると有利なプログラマー資格5選

eyecatch_6717

こんにちは!侍エンジニア塾ブログ編集部です。

プログラマーやシステムエンジニアになるために資格って必要なの?
持っておくと有利な資格ってなに?

これからプログラマーやシステムエンジニアになろうとしている方や、収入を上げるために資格取得を考えている方はそんな疑問を抱えていると思います。

しかし、プログラマーやシステムエンジニア関連の資格はたくさんあります。
なので、「どれが今の自分に向いているのか」や、「本当に必要なのか」がわからないこともあるでしょう。

なので今回は、取得すると有利なプログラマー関連の資格を厳選して5つご紹介します!

シチュエーション別に、内容や取得するコツなども説明していますので、これを参考にすれば、今の自分の状況に合わせて最適な資格情報を知ることができます!

まずはじめに

shutterstock_349413722

まずはじめに説明しておくと、プログラマーやシステムエンジニアになるために資格が絶対必要かと言われると、そういうわけではありません

「現場経験が大事」や、「資格を取ったって実際の仕事には役に立たないよ」というセリフも誰しもが一度や二度は聞いたことがあると思います。

しかし、このセリフを言うのはだいたい「資格を持っていない人」です。
資格を持っている人からこのセリフを聞いたことはないと思います。

もちろん、資格をとることによってのメリットというものは存在します。

  • 基礎的知識が増えることで説得力や確信が増す
  • 資格手当や報奨金を貰える会社もある

このように、お客様に対して設計の説明をする時などに、基礎知識があることによって説得力が増したり、直接的に収入を増やすこともあります。

なので、プログラマーやシステムエンジニア関連の資格というのは、万人にぴったり当てはまるものはありませんが、目的やシチュエーションによっては適しているものがあるのです。

なので、あったら便利なおすすめ資格をシチュエーション別でそれぞれ紹介していきます。

自分の状況に照らし合わせて参考にしてみてください。

プログラマー・エンジニアに転職したい時は

Javaの資格:Java Silver SE 8

スクリーンショット 2016-06-22 22.07.24

公式サイト

内容

Oracle Certified Java Programmerは、オラクルが行っているJavaの認定資格です。

Oracle Certified Java Programmerは段階がゴールド・シルバー・ブロンズの3段階に分かれており、受験者の技量に合わせてレベルアップを図れる仕組みとなっています。

おすすめの理由

Javaは、大企業や公的な機関などの開発現場で多く採用されているプログラミング言語です。

Javaは堅牢性や万能性が高く、受託開発の企業ではNo.1の案件数を誇ります。

なのでそんなJavaの資格をもっていれば、転職する際の選択肢をグンと広げてくれます。

Javaの資格は多くありますが、その中でも一番シェアの高いSE8、そしてシルバーコースなら、「Javaが使えるという確固たる証明」にもなるのでおすすめです。

取得するコツ

こちらで過去問や詳しい勉強法などを学べますので参考にしてみてください。

未経験からプログラマー・エンジニアに就職したい時は

国家資格:IPA情報処理技術者試験

スクリーンショット 2016-06-22 16.49.59

公式サイト

内容

IPA基本情報処理技術者試験は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が「情報処理の促進に関する法律」に基づいて行っている国家試験です。

特定の言語やスキルに関する内容ではなく、情報処理の基礎を理解しているか、情報技術の原理や知識や技術が一定以上の水準であるかを総合的に評価します。

上級資格として、IPA応用情報処理技術者試験というものもあります。

応用は、技術だけではなく管理から経営に至るまで、高度IT人材となるための広い知識と応用力が試されます。

おすすめの理由

国家資格なので「幅広い基礎知識」があることがアピール出来ます。

未経験だと開発などの経験が乏しいと思いますが、この資格を持っていれば運用保守業務などにおいて一定の評価を得られるので、未経験からプログラマー・エンジニアに就職したい時には有効と言えるでしょう。

取得するコツ

こちらの資格試験は全てマーク式で、基本知識を問う全問必答の午前試験と、長文の穴埋め形式で応用力を問う一部選択式の午後試験があり、それぞれ6割の得点率で合格となります。

傾向として過去問から似たような問題が多く出題されるので、テキストでインプットをしたら、ひたすら過去問でアウトプットしていくのが良いでしょう。

こちら過去問や詳しい勉強法などを学べますので参考にしてみてください。

フリーランスエンジニア・プログラマとして活躍したい時は

PHPの資格:PHP技術者認定試験

スクリーンショット 2016-06-22 21.29.16

公式サイト

内容

プログラミング言語PHPの普及と発展のための組織である、PHP技術者認定機構が実施する認定試験です。

おすすめの理由

PHPは、WEB業界で昔から根強い人気を誇るプログラミング言語です。

とくに日本では開発現場で採用している企業も多く、フリーランス案件数は常に1.2位を争っています。

PHPは、世界中のWEBサイトの実に1/4がそれで作られているという「WordPress」とも相性が良く、その案件数と学びやすさから、これからフリーランスとして活躍していきたい方にはおすすめなプログラミング言語です。

そしてこの資格を取得すれば、PHPエンジニアとしての技術力を「正式」に評価されます。

案件の紹介元に「スタンダードな知識」が有ることや、勉強習慣があることをアピール出来るので、案件獲得に有利に働かせることができるでしょう。

取得するコツ

こちらで効率の良い勉強方法や、おすすめ教材などをまとめて紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

ここからプログラミングを始めていこうという時は

Rubyの資格:Ruby技術者認定試験

スクリーンショット 2016-06-22 18.54.34

公式サイト

内容

プログラミング言語Rubyの普及と発展のための組織である、Rubyアソシエーションが実施する認定試験です。

「Ruby技術者認定試験制度」は、Rubyベースのシステムを設計、開発、運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師などを対象としています。

現在は初級・中級者向けの「Silver」と、上級者向けの「Gold」という形で2種類に分類されています。

おすすめの理由

Rubyは、収入面やシェア面などで今一番勢いがあるプログラミング言語といっても過言ではないです。

初心者にもわかりやすいため、これからプログラミングを学習していこうとしている大学生の方などにはぴったりです。

そしてこの資格を取得すれば、Rubyエンジニアとしての技術力を「正式」に評価されます。

つまり、高い水準のRubyによるシステム開発能力を持つと認められ、さらに基礎的な知識と応用力をもつこともアピールすることができるので、これからプログラミングに取り組んでいこうとしている方はぜひ挑戦してみてください。

取得するコツ

こちらで効率の良い勉強方法や、おすすめ教材などをまとめて紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

少しでも自信をつけたい時は

国家試験:ITパスポート

スクリーンショット 2016-06-22 16.53.05

公式サイト

内容

ITパスポートとは、ITを利用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

IT技術者を目指す方の登竜門とも言われています。

おすすめの理由

このITパスポートを取得することによって、IT業界で必要な基礎能力を身に着けることができます。

ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、データベース、プログラミング基礎、設計思想など、総合的にITの基礎知識を身に着けることができる点がおすすめの理由です。

取得するコツ

ITパスポートの試験はすべて4択問題になっています。

こちらの資格試験も傾向として過去問や、単語の意味を問う問題が非常に多いです。
なので、

  • 過去問をしっかりと解くこと
  • 単語の分野を意識して選択肢を減らしてから答える癖付けをすること

このあたりを意識できれば、そこまで難しいものは出ないので、問題なく取得できると思います。

こちら過去問や詳しい勉強法などを学べますので参考にしてみてください。

最後に

Rubyカリキュラム無料公開中!
この記事はRuby入門完全攻略ガイド【基礎学習/アプリ開発/仕事獲得】の一部になります。このカリキュラムは、プログラミング入門者が、基礎学習からアプリ開発、さらには仕事獲得まで体系的に学べる内容となっています。

Ruby学習に必要な情報を一つにまとめていますので効率よくRubyを学ぶことが出来ます。この機会に是非活用していただければと思います。


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


Rubyを最短で習得したい方へ
近年では様々なWEBサービスが流通するようになりました。

WEBサービスの普及が進むにつれて、それらを素早く開発するのに長けたRubyの人気は今後さらに増し、Rubyエンジニアの需要も自ずと増えることは間違いなしでしょう。

元々ITリテラシーの高い方や他言語を習得している方であれば、独学でRubyを習得することが可能です。

ただし、プログラミング学習をしている方の多くは

「自分に合った教材が見つけられずに挫折してしまった」
「勉強のための勉強になってしまい、ゴールが見えない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決するのに何日もかかってしまう」
このような悩みを抱えたまま挫折してしまうのが現実となっています。

  • もう挫折したくない
  • 本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい
  • 自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい
  • WEBアプリケーション開発までしっかりサポートして欲しい
そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

お一人お一人に専属のインストラクターがつくので、初心者の方がつまづきがちな、「CookPad」、「Wantedly」、「食べログ」のようなWEBアプリケーション開発方法もスムーズに学習することできます。

実際にオリジナルWEBアプリを開発し、成果物として認められて仕事獲得に成功した塾生は数多くいます。

このように、オリジナルアプリ開発から仕事獲得まで徹底的にサポートすることでプログラミング初心者の方でも安心して基礎学習に取り組むことができます。

まずは『無料体験レッスン』で、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方法やカリキュラムを考えてみませんか?

Rubyならではの学習方法や、現役フリーランスRubyエンジニアから貴重なアドバイスを受けることができます。

詳しくは下の画像から弊社サービス内容をご確認ください。

ruby_a2

プログラミング学習者必見

専属講師に質問し放題、レッスンし放題、最短1ヶ月でフリーランスエンジニア
プログラミング学習カリキュラム無料公開中
Ruby学習カリキュラム無料公開中
 1記事最大11,000円!テックライター募集


LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾ブログ編集部

侍エンジニア塾は「人生を変えるプログラミング学習」をコンセンプトに、過去100人以上のフリーランスエンジニアを輩出したプログラミングスクールです。プログラミングに役立つ情報や有用な情報を発信していきます。
ホームページはこちら
ツイッターはこちら
フェイスブックはこちら