AWSとは?Amazon Web Servicesの概要を基礎からわかりやすく解説

image (3)
灰猫
書いた人 灰猫

こんにちは!ライターの灰猫です。

突然ですが、AWS(Amazon Web Services)について調べていると、「難しい言葉が並んでいてよくわからない…」「知りたいことが書いていなかった…」という経験はありませんか?

AWSはAmazonが提供するサービスのことなのですが、公式の説明をみてもよくわからなかったり、AWSがどんなものなのか概要だけでも知りたい!という人も多いと思います。

そこで今回は初心者の方にも分かりやすいように、AWSとは何かを初心者向けに優しく解説していきたいと思います。

この記事では、

・AWSとは?
・AWSのクラウドコンピューティングとは?
・AWSで「できること」は?
・AWSを使う「メリット」とは?
・AWSの導入事例

といった内容を、専門用語を超噛み砕いて初心者でも分かるように解説していきます。

最後までお読みいただければ、AWSについて体系的に理解できるでしょう!

AWSとは?

AWSとは「Amazon Web Service」の略で、その名の通り、Amazonが提供する様々なWEBサービスです。

例えば、

・仮想サーバー
・コンテンツ配信
・オンラインストレージ
・データベース

などです。

これから順に解説していきますが、AWSは全部で50種類以上のサービスを提供しています。

さらに、そこから細かく分けると700以上ものサービスが提供されていて、現在もさらに増え続けています。

AWSは現代における「史上最強のクラウドコンピューティングサービス」と言えるでしょう。

AWSのクラウドコンピューティングとは?

クラウドコンピューティングとは、ユーザーがインターネットを通じて向こう側にあるサービスを利用することです。

例えば、Googleドライブなどのクラウドストレージサービスを利用する場合には、ユーザーの手元のパソコンやスマートフォンにある写真や動画などのファイルを、インターネットを通じて向こう側にあるGoogleのサーバーにファイルを保存しています。

このような技術がクラウドコンピューティングの例です。

ただし、クラウドサービスは便利ですが、すべてを自分で用意してサービスを提供するのはとても大変です。

そこで、AWSですでに用意されているサービスを利用することで時間や予算などのコストを削減することができます。

また、AWSはクラウドサービスのシェア1位の最強のサービスです。

AWSではたくさんのサービスが提供されているので様々な場面で利用する機会があると思います。

AWSで「できること」は?

仮想サーバー

AWSで最も有名なサービスで、この仮想サーバーのレンタルサービス自身がAWSと呼ばれることも多いです。

「AmazonEC2(Amazon Elastic Compute Cloud)」ではクラウド内での仮想サーバーマシンを利用することができます。

サーバーの規模を自動でに変更できる機能もあるのでサーバーダウンなどの心配もなくなります。

また、「EC2 Run Command」では総合インターフェースを利用してサーバー群全体の管理をすることもできます。

初期費用も不要で利用した分だけの料金なので小規模で利用したいという場合でも低コストで利用を開始することができます。

コンテンツ配信(ウェブサイト)

AWSを使えばウェブサイトなどで動画コンテンツの配信を行うこともできます。

「Amazon CloudFront」では動画や画像などのコンテンツを簡単に配信することができます。

配信するための契約や月々の利用料などは必要なく、実際に配信された量に応じて料金を支払う仕組みです。

ストレージ(バックアップ)

AWSのストレージサービスは使った分だけ料金を支払う従量課金制で、容量を気にすることなく利用できます。

「Amazon S3(Amazon Simple Storage Service)」はAWSのストレージサービスです。

ウェブ上のどこからでもデータを保存したり取得したりすることができます。

開発などの容量の大きいデータにも対応しているので、他のストレージサービスと比べて容量を気にすることなく利用することができます。

また、取り出しに時間がかかっても構わないデータや保存しておきたいバックアップデータは「Amazon Glacier」を利用することで「Amazon S3」より低コストで保存しておくことができます。

データベース(ビッグデータ)

AWSでは自動バックアップや、大規模なデータ構築や運用も可能なデータベースを扱うことができます。

「Amazon RDS(Amazon Relational Datebase Service)」ではクラウド上でリレーショナルデータベースを利用することができます。

MySQL、Oracle、SQLServerのデータベースの機能もそのまま利用することが可能です。

一部のサービスをご紹介しましたが、他にもビッグデータの活用、メールの送受信、動画変換サービスなど、他のAWSと連携して利用できるサービスなどもあります。

AWSを使う「メリット」とは?

従量課金制によるコストの最適化

AWSは利用した分だけの課金なので、無駄な支出を抑えることができます。

仮想サーバーなどの利用は、使用した時間や通信量によって料金が発生します。

ストレージなどは利用した容量や通信量で料金が計算されます。

信頼性・セキリュティの高さ

Amazonが提供しているということでセキリュティの高さも人気の理由です。

16年以上Amazonを運営してきて大きなトラブルがないという実績があるので、ユーザーも安心して利用することができます。

柔軟性・拡張性の高さ

AWSは様々なサービスを提供しているのであらゆる場面で利用することができる柔軟性と、簡単に規模を大きくできる拡張性があります。

使用するデータの容量が大きくなったり、サービスの規模が大きくなっても簡単にそれに対応することができます。

例えば、サーバーの規模を100倍に増やしたいと思ったときにもそれを簡単に実現することが可能です。

AWSの導入事例

これまで説明したように、様々なメリットがあるAWSは誰でも知っているような大企業も利用しています。

【実際に利用している企業の例】
・シャープ
・任天堂
・ディー・エヌ・エー
・ジャパンネット銀行
・ソニー銀行
・KDDI
・ファーストリテイリング

サービスに必要なサーバーの容量や通信量が予測しにくく、柔軟な対応が必要な場合には、使った分のみの料金体系や、簡単に規模の拡張が可能になるAWSを利用することで、コスト削減や開発の時間短縮などにつながります。

急に別のシステムが必要になったりすると、その準備に時間や経費などのコストがかかりますが、AWSでは素早く移行できるように準備がされているので、素早く簡単にシステムを構築することができます。

AWSを使ってみよう!

AWSは個人でも利用することが可能です。

アカウントを作成し、ログインするだけで使うことができるので興味のある人はぜひ一度AWSをのぞいてみてください。

サインアップから12か月間無料で利用できるサービスもあります。

使い方がわからない!という人は、入門サイトや書籍で学んでみましょう。

次の記事では、おすすめの入門書を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?

この記事ではAWSについて解説しました。

AWSは個人でも使えるたくさんのサービスが提供されているので、自分に必要なサービスを探して上手に使いこなしてください。

もし、AWSについて忘れてしまったらこの記事を思い出してくださいね。


33歳、未経験だった僕がフリーエンジニアになれた理由
現在フリーでWEBエンジニアをやられている濱口直行さん。33歳で、プログラミングを学び始め、約半年という短い期間で独立までされた学習ログを余すことなくインタビューさせていただきました。

プログラミングを学習中の方はもちろん、独立をお考えの方まで幅広く活用できる記事になっています。この機会に是非活用していただければと思います。


最短でプログラミングを習得したい方へ

元々ITリテラシーのある方やプログラムの学び方がわかっている方は独学で習得することも可能でしょう。

ただし、実際の学習期間中はつまづいている時間がほとんどです。

「もう挫折したくない」
「本業と両立しながら、好きな時間で自分のペースで勉強を続けていきたい。」
「自分だけのカリキュラムで効率的に勉強したい」

そんな方はお気軽に侍エンジニア塾までご相談ください。

弊社では、

  • プログラミング基礎学習
  • オリジナルアプリ開発
  • 仕事獲得

までをひと通り学習できます。

まずは無料体験レッスンで、弊社のコンサルタントと一緒にあなた専用の学習方法やカリキュラムを考えてみませんか?

挫折しない学び方や、通常1000時間以上かかる学習時間を1/3にする方法などより具体的なアドバイスもさせていただいています。

詳しくは下の画像をクリックして弊社サービス内容をご確認ください。

cta1

学習者インタビュー

人気記事セレクション

プログラミング学習者必見

専属講師に質問し放題、レッスンし放題!最短1ヶ月でフリーランスエンジニア
プログラミング学習カリキュラム無料公開中
Ruby学習カリキュラム無料公開中
Python学習カリキュラム無料公開中
 1記事最大11,000円!テックライター募集


LINEで送る
Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!をしてフォローしよう

最新情報をお届けします

書いた人

灰猫

灰猫

プログラミングの学習を始めたギーク女子。電子回路や様々なガジェット好き。プログラムの羅列を眺めているだけでも幸せなので勉強が進まないのが最近の悩み。好きなショートカットキーはCtrl+Z